会社の運動会に行きたくない。参加を断るおすすめの口実を解説

会社の運動会に行きたくない。参加を断るおすすめの口実を解説

多くの会社で、「ゴルフコンペ・社員旅行・ハロウィン仮装イベント」などの行事が設けられています。

会社にある行事の1つに運動会があるのですが、「会社の運動会に行きたくない…」と悩まれている方は多いのではないでしょうか?

この記事では、会社の運動会への参加を断るおすすめの口実について解説します。

会社の運動会を欠席したときの注意点などもご紹介しているので、運動会に行きたくないと悩んでいる方は、ぜひ最後までご覧ください。

会社の運動会に行きたくないと感じている方は多い

会社の運動会に行きたくないと感じている方は、「自分だけなのかな?」と悩まれているかもしれませんが、会社の運動会に行きたくないと感じている方は多いようです。

お役立ち情報マガジンである「CAREER INDEX」が「会社にある嫌な制度・イベントは何ですか?」というアンケートを実施したところ、第一位が「運動会」という結果になりました。

運動会と答えた方は、「休日に開催されるから」「拘束時間が長い」という理由を挙げています。

このアンケートから分かるように、会社の運動会に行きたくないと感じている方は多いです。

会社の運動会に行きたくないと感じる理由とは?

会社の運動会に行きたくないと感じる理由は、大きく3つ挙げられます。

  • 運動することが苦手
  • せっかくの休日がなくなる
  • 全力で楽しめない

会社の運動会に行きたくないと感じる3つの理由について詳しくご紹介します。

運動することが苦手

会社の行事として運動会が開催されていますが、「リレー・障害物競走・綱引き」などしっかりと体を動かす種目が多いです。

そのため「運動することが苦手」ということが、運動会に行きたくないと感じる理由の1つとして考えられます。

また、社内で運動できないイメージを持たれていない方にとっては、より行きたくないと感じます。

運動が得意な方にとっては、イメージアップにつながる行事でもあるので、行きたくないと感じている方は少ないと思います。

せっかくの休日がなくなる

会社の運動会は休日に開催されることがほとんどです。

また、数時間で終わる行事ではなく、朝から夕方まで拘束されるため、「せっかくの休日がなくなる」という理由が運動会に行きたくないと感じる理由として考えられます。

運動会を企画している役員の方々にとっては、「運動会でリフレッシュできる」と考えているかもしれませんが、上司や先輩社員と同じ空間に拘束されている状態でリフレッシュはできないです。

プライベートの時間を大切にしている方ほど、行きたくないと感じることになると思います。

全力で楽しめない

会社の運動会には、上司や先輩社員、社長など多くの方が参加します。

会社の中で地位を確立できている方にとっては、楽しい行事かもしれませんが、入社して間もない方などにとっては、全力で楽しめない行事です。

休日がなくなるうえに、楽しむことができない行事に対して、「行きたい」という感情は湧かないと思います。

運動会に限らず、会社の行事は社内で地位を確立できている方だけが楽しめる傾向があります。

会社の運動会の参加を断るおすすめの口実

会社の運動会は「強制参加」になっていないため、理由によっては断ることが可能です。

ただし、「参加が当たり前」という認識になっているため、簡単に断ることはできません。

会社の運動会の参加を断るおすすめの口実をいくつかご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

親族・知人の結婚式

会社の運動会の参加を断る口実として最もおすすめなのが、「親戚・知人の結婚式」です。

結婚式は一生に一度のことなので、運動会の欠席をスムーズに承認してもらえます。

知人の結婚式であれば、深掘りされる可能性が低いため、「運動会に行きたくない」と感じていることがバレることは考えにくいです。

ただし、「どこの結婚式場なの?」などと話が広がる可能性があるので、ある程度の情報は備えておくことをおすすめします。

結婚式を口実に参加を断るときは、数カ月前から欠席する旨を伝えることをおすすめします。

親族の法事

「会社の行事よりも家族の方が大切」と考えている方が多いため、参加を断る口実として「親族の法事」がおすすめです。

法事は軽い気持ちで踏み込めないことなので、「誰の法事?」「何回忌?」などと質問される可能性が低くなっています。

また、法事は決まった時期におこなわれるため、数年間は法事を口実に運動会を欠席することが可能です。

家族旅行

運動会の日時が発表されたときに参加を断る口実としては、「家族旅行」がおすすめです。

運動会の日時が発表されてから時間が経っていると、「運動会を欠席するために、家族旅行を計画したのか?」と疑われることになるので、日時が発表されたタイミングで伝えことをおすすめします。

また、「キャンセル料のかかるプランで予約している」「自分以外の家族も休みをとっている」などと伝えると、あっさりと承認してもらいやすくなります。

ただし、家族旅行の場合はお土産を買う必要があるので、注意してください。

家族の体調不良

会社の運動会を当日欠席したいときの口実としては、「家族の体調不良」がおすすめです。

家族の体調不良で運動会を欠席するときは、しっかりと理由を伝えることが大切になります。

「パートナーが体調を崩してしまい、病院に行かなければいけないので欠席します」

「子供が体調を崩してしまい、奥さん(旦那)が仕事なので運動会は欠席します」

このように理由までしっかりと伝えることで、欠席を承認してもらいやすいです。

ただし、当日の欠席は会社に少なからず迷惑をかけてしまうので、可能であれば上記でお伝えした口実で運動会の参加を断ることをおすすめします。

会社の運動会を欠席したときの注意点

会社の運動会を欠席したときには、いくつか注意すべきことがあります。

運動会を欠席したことがマイナスイメージにつながらないように、下記の注意点を参考にしてみてください。

SNSを投稿しないようにする

会社の運動会を欠席したときは、SNSを投稿しないようにすべきです。

会社の方にSNSをフォローされている方は多いと思いますし、フォローしていない状態でも、どこから情報が流れるか分かりません。

気付かないうちに仕事関係者からフォローされている可能性も考えられるので、当日はSNSを更新しないように注意してください。

当日はなるべく外出しない

会社の運動会を欠席した当日に会社の方と会ってしまうと、言い逃れできない状態になってしまう可能性が考えられるので、当日は外出しないようにしてください。

例えば、「結婚式で欠席する」と伝えているにも関わらず、ラフな格好で買い物している姿を目撃されてしまうと、「あの人はウソの理由で運動会を欠席した」と思われてしまいます。

また、離れた場所でも取引先の方と遭遇してしまう可能性が考えられるので、「運動会の会場から離れておけば良い」というわけでもありません。

そのような噂はすぐは広まってしまうので、なるべく外出しないことをおすすめします。

会社の運動会に行きたくない方は転職を考えるべき

会社の運動会に行きたくない方には、別の会社へ転職することをおすすめします。

会社の行事として運動会が設けられている場合は、少なくても1年に1回は開催されます。

1年に1回は嫌な気持ちを味わうことになるのであれば、思い切って転職すべきです。

行事を1つも設けていない会社もあれば、参加が自由な行事を設けている会社もあります。

「転職は成功するのかな?」と不安に感じるかもしれませんが、しっかりと時間をかけて転職活動をおこなえば、希望通りに転職できる可能性が高いです。

ただし、今の会社を退職してしまうと、「早く転職先を決めないと…」と焦る気持ちが芽生えるので、働きながら転職活動をおこなうことをおすすめします。

運動会のない会社を見つける方法

運動会に行きたくないという理由で転職する場合は、行事がない会社へ転職すべきです。

運動会のような行事が設けられていない会社を見つける方法を3つご紹介します。

転職したことを後悔しないように、下記の方法を参考にしてみてください。

会社のホームページを見る

会社の行事はホームページに記載されていることがあります。

「〇〇株式会社 行事」「〇〇株式会社 運動会」などと検索すると、該当するページが表示されます。

もし、会社の行事や運動会に関するページが表示されなかった場合は、その会社は運動会を開催していない可能性が高いです。

ただし、全ての会社がホームページに行事を記載しているわけではありません。

記載していない会社もあるので、ホームページを見るということは1つの方法として参考にしてみてください。

会社の口コミを確認する

全国的に知名度の高い会社や社員数の多い会社は、口コミサイトに多くの口コミが寄せられています。

その口コミから「会社の運動会があるのか」ということを判断することが可能です。

また、口コミサイトだけではなく、SNSを活用することも大切です。

Twitterなどで、「〇〇株式会社 運動会」などと検索すると、働いていた方の投稿を見つけられる可能性があります。

実際に働いていた方の口コミや投稿から、運動会のない会社を見つけることができます。

転職会議とは?実際に利用した人たちの口コミ・評判まとめ

転職エージェントを利用する

運動会のない会社を見つける3つ目の方法が、「転職エージェントを利用する」ということです。

転職エージェントでは、転職のプロであるキャリアアドバイザーが転職に関することを幅広くサポートしてくれます。

そのキャリアアドバイザーに「運動会のない会社を紹介してください」と伝えると、運動会のない会社だけを紹介してもらうことができます。

キャリアアドバイザーは会社の採用担当者などとコミュニケーションをとる機会があるので、ホームページなどに記載されていない情報を知っていることが多いです。

ホームページや口コミで判断できない場合は、転職エージェントを利用してみてください。

20代におすすめ転職サイト ・エージェント比較ランキング! 【2022年版】

会社の運動会に行きたくない人は転職すべき

この記事では、会社の運動会に行きたくないときの口実についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

会社の運動会は「強制参加」というわけではないので、理由によっては欠席することが可能です。行きたくないと感じている方は、無理せず欠席することをおすすめします。

ただし、会社の運動会は毎年あるので、悩んでいる方は他の会社へ転職すべきです。

全ての会社が運動会を開催しているわけではないので、他の会社へ転職することで悩みを解決できます。

この記事でお伝えした内容を参考に、「会社の運動会に行きたくない」という悩みを解決しましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件