通勤電車が辛いと感じる原因とは?具体的な対処法をご紹介

通勤電車が辛いと感じる原因とは?具体的な対処法をご紹介

通勤するために、交通機関である「電車」を利用している方は多いと思います。

しかし、「通勤電車が辛い」と悩まれることがあるのではないでしょうか?

この記事では、通勤電車が辛いと感じる原因と具体的な対処法について解説します。

通勤電車の辛さを我慢することで仕事に対するモチベーションが下がるので、通勤電車が辛いと感じている方は、ぜひ最後までご覧ください。

通勤電車が「辛い」と感じている方は多い

通勤するために電車を利用している方は、「辛い」と感じることが多いようです。

市場調査メディア「ホノテ」が「通勤通学電車でストレスを感じますか?」というアンケートを実施したところ、約95%の方が「感じる」と回答しています。

その理由は、「満員電車・混雑」「乗車時に出入口から動かない乗客」「乗客のにおい」などが挙げられています。

このアンケートから分かるように、通勤電車に対して辛いと感じている方は多いです。

通勤電車に辛いと感じている方は我慢することなく、何か行動を起こすことをおすすめします。

通勤電車が辛いと感じる原因

通勤電車に対する辛さを解消するには、辛いと感じる原因を理解することが大切です。

通勤電車が辛いと感じている原因として考えられるものをいくつかご紹介します。

通勤電車の辛さを解消するために、下記に記載されている原因を参考にしてみてください。

車内の混雑

基本的にどの会社でも同じ勤務時間が定められているため、通勤電車は混雑していることが多いです。

特に、会社が多い東京や大阪、名古屋などの通勤電車では、満員になっていることがほとんどです。

そのため、通勤電車が辛いと感じる原因として、「車内の混雑」が挙げられます。

車内が混雑していることで、椅子に座ることはできず立ちっぱなしになり、他人と接触する機会が多くなります。

人によっては30分以上、混雑している状態の電車で通勤しなければいけないことがあり、辛いと感じている方は多いと思います。

上記でお伝えした「ホノテ」が実施したアンケートでも、「満員電車・混雑」ということが最も多い原因として挙げられていました。

におい・騒音

上記でお伝えした通り、通勤電車は混雑しているケースが多く、「におい・騒音」から辛いと感じることがあります。

辛いと感じることの多いにおいとして、「タバコ・汗・加齢臭」などが挙げられます。特に、仕事終わりの通勤電車では、きついにおいが蔓延していることが多いです。

また、騒音は他の乗客の通話やイヤホンから漏れている音、大きな声での会話などが原因になります。

イヤホンをして通勤している方は、騒音が辛いと感じることはないと思いますが、イヤホンをしていない方は辛いと感じる原因の1つになると考えられます。

乗客のマナー

電車に乗るときは、さまざまなマナーが定められています。

「車内では電話しない」「荷物は上の棚に置く」「出入口を開ける」などさまざまなマナーが定められていますが、そのマナーを反している乗客が辛いと感じる1つの原因として挙げられます。

車内には駅員がいないため、マナー違反している乗客がとても多くなっています。

マナーを守っている方にとっては、辛いと感じる原因になると考えられます。

電車の遅延

通勤電車が辛いと感じる原因の1つとして、「電車の遅延」ということが考えられます。

電車が遅延することは仕方がないことですが、勤務時間が定められている社会人にとっては、辛いと感じる原因の1つです。

特に、乗客同士のトラブルや、鉄道会社側の不手際が遅延の原因になった場合は、辛いと感じやすいと思います。

時間の消費

通勤するために電車を利用する時間は人それぞれですが、平均して1時間20分(往復)と言われています。

通勤するだけに1時間20分もの時間を消費することが、辛いと感じる原因の1つとして挙げられます。

通勤時間は労働時間に含まれないため、賃金は発生しません。

賃金が発生しないにも関わらず、満員電車で通勤していることを考えると、辛いと感じている方は多いと考えられます。

「通勤する」ということは1週間に5日〜6日が生じるので、時間の消費に辛いと感じている方は、すぐに対処することをおすすめします。

会社のズル休みに使える理由60選!バレない方法も紹介します

通勤時間の辛さを解消する対処法

通勤時間を辛いと感じる原因によっては、簡単に対処することが可能です。

通勤時間を辛いと感じている方は、我慢せずに対処することをおすすめします。

通勤時間の辛さを解消する具体的な対処法をご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

乗車する時間帯を変える

通勤電車が辛いと感じる原因として、「車内の混雑」「におい・騒音」などが当てはまる方には、乗車する時間帯を変えてみることをおすすめします。

乗車する電車を1本早くすることで、車内の混雑は緩和されて、辛いと感じにくくなります。

時間帯が早くなればなるほど、電車は混雑しにくくなるので、「早めに出勤しても良い」という方は、乗車する時間帯を変えてみてください。

また、乗車する位置を変更することもおすすめです。

基本的に改札に近い車両や、エスカレーターの前に到着する車両などは混雑しやすいので、乗車する車両を変えるだけで混雑が緩和される可能性があります。

違う駅から乗車する

駅によって乗車する人数が異なるので、いつもと違う駅から乗車することで通勤電車の辛さを解消できる可能性があります。

特に、電車を利用する人が多い駅から乗車している場合は、前の駅から乗車することで、椅子に座れたり、混雑しにくい場所を確保しやすくなります。

ただし、最も近い駅を利用している方がほとんどだと思うので、違う駅から乗車することで通勤時間が増えてしまいます。

この対処法は、「通勤電車で座りたい」という方におすすめです。

電車以外の交通手段を考える

会社に通勤する手段は、電車以外にもあります。

電車以外の交通機関であるバスや、所有している自転車・車で通勤することも可能なので、辛さを解消する対処法として、「交通手段を変える」ということが挙げられます。

バスは電車よりも混雑しにくいですし、自転車や車では他人と接触することがなく、通勤電車で感じる辛いという気持ちは解消することが可能です。

もし、「電車で通勤すること自体が辛い」と感じている方は、他の交通手段を試してみることをおすすめします。

職場の近くに引っ越しをする

「通勤電車の遅延」や「通勤時間の消費」に対して辛いと感じている方には、職場の近くに引っ越すことをおすすめします。

職場の近くに引っ越しをするだけで、「通勤時間」を最小限にでき、通勤電車の辛さを解消できます。

また、「忘れ物を取りに帰れる」「睡眠時間が増える」などのメリットも生じます。

ただし、引っ越しをすることにはお金が必要です。

家賃が高くなる可能性も考えられますし、引っ越しすること自体にもお金が発生します。

「お金よりも通勤電車の辛さを解消することを優先したい」という方には、職場の近くに引っ越しをすることをおすすめします。

他の企業へ転職する

通勤電車の辛さを解消する対処法としておすすめなのは、「他の企業へ転職する」ということです。

他の企業へ転職することで勤務する職場が変わり、通勤電車の辛さを解消できます。

「通勤電車の辛さを解消するために転職?」と思われるかもしれませんが、毎日辛い思いをしているのであれば、転職して解消すべきです。

その辛さを解消することで、仕事に対するモチベーションが上がったり、ストレスを抱えなくなり休日が充実しやすくなります。

また、転職することでキャリアアップできる可能性も考えられます。

待遇や年収が高くなる可能性があるので、通勤電車の辛さを解消する対処法として転職がおすすめです。

毎日仕事に行きたくない!気分の落ち込みがヤバい原因や対処法を解説します

通勤電車が辛い方におすすめの転職先

通勤電車が辛いことが理由で転職するときには、通勤電車の辛さを感じることがない企業を選ぶことが大切です。

通勤電車が辛いと感じている方におすすめの転職先をいくつかご紹介します。

フレックスタイム制を導入している企業

通勤電車が辛いと感じる大きな原因である「車内が混雑している」ということを避けるために、フレックスタイム制を導入している企業がおすすめです。

フレックスタイム制とは、勤務時間が固定されておらず、自分の都合に合わせて働く時間を調整できる制度になります。

必ず勤務しなければいけない「コアタイム」という時間は定められているのですが、10時〜14時の間で定められていることが多いため、通勤ラッシュを避けて通勤することができます。

フレックスタイム制を導入している企業へ転職できれば、通勤電車が辛いと感じることはなくなると考えられます。

在宅勤務を導入している企業

在宅勤務を導入している企業では、「通勤する」という機会が少なくなります。

そのため通勤電車が辛いと感じている方におすすめの転職先として挙げられます。

また、在宅勤務を導入している企業は、フレックスタイム制も導入している傾向があるので、勤務日でも通勤ラッシュは避けることが可能です。

ただし、在宅勤務ができる職種は限られていて、販売員や営業職では導入されていないことが多いので、注意してください。

通勤電車が混雑しない地域にある企業

通勤電車が混雑する理由は、オフィス街に職場があるということが関係しています。

基本的に「住宅街の多い街→オフィス街」という流れで動いていることが多いです。

そのため、オフィス街と言われる地域以外にある企業を選ぶことをおすすめします。

例えば、住宅街の中にある企業へ転職すると、本来通勤ラッシュの時間帯でも通勤電車が混雑していることは考えにくいです。

また、「東京→埼玉」「東京→栃木」「大阪→奈良」など、オフィスが少ない地域への通勤では、電車が混雑しにくい傾向があります。

「車内の混雑」や「におい・騒音」などが原因で辛いと感じている方には、通勤電車が混雑しない地域にある企業が転職先としておすすめです。

通勤電車の辛さは対処することが可能

この記事では、通勤電車が辛いと感じる原因と対処法についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

通勤電車が辛いと感じる大きな原因としては、「車内の混雑」が挙げられます。

車内が混雑していることで、通勤中は立ちっぱなしになり、他人と接触する機会も多いです。

他にも通勤電車が辛いと感じる原因はさまざま考えられます。

もし、通勤電車が辛いと感じている方は、我慢することなく何か行動を起こしてみることをおすすめします。

この記事でお伝えした内容を参考にして、通勤電車の辛さを解消してみてください。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件