【2022年版】おすすめのヘッドハンティング会社おすすめ利用時のポイントや選び方も徹底解説

「転職したいけど出来るだけいい条件で成功したい」「自分を認めてくれる会社で働きたい」と考えているそこのあなた。

転職サイトや転職エージェントの求人だけでは満足できないと感じてはいませんか?

一般的な転職サービスで掲載されている求人は、幅広い年齢層やスキルに沿って掲載されていることが多く、企業内で成績を残されている皆さんからしたら条件に満足できないケースがあるのも仕方のないことです。

いい条件で転職する、いわゆるハイクラス転職を検討している方におすすめなのが、ヘッドハンティング会社経由での転職。

しかしどのヘッドハンティング会社を利用したらいいのか、またどんなサービスを提供しているのかわからない!という方も居ることでしょう。

そこで今回はおすすめのヘッドハンティング会社から、利用するときの流れやポイントまで、徹底的に解説していきます。

ヘッドハンティング会社って何をするの?

そもそもヘッドハンティング会社経由で転職するといっても、具体的に何をするのか思いつかないという方も居ることでしょう。

ヘッドハンティング会社には、下記の3つの特徴があります。

優秀な人材を企業へ紹介する

ヘッドハンティング会社の1つめの特徴は、優秀な人材だけに焦点を当てて、企業に紹介することです。

一般的な転職サービスの場合、登録して求人に応募するのは自由ですし、転職者の属性も若手から年齢の高い層まで幅広いスキルや背景を持った人が利用しています。

一方でヘッドハンティング会社では、ある程度のスキルや経歴を持った人をターゲットにして、求人の紹介を行っています。

企業側としても一発で良い人材を採用したいと考えますから、ヘッドハンティング会社から優先的にいい人材を紹介してもらえるのは、効率的なんです。

登録型とサーチ型がある

ヘッドハンティング会社には登録型とサーチ型の2つのパターンがあります。

登録型のヘッドハンティング会社の場合、企業のサイトから利用登録をしてから、担当のヘッドハンターから経歴に合わせて求人紹介を受けられます。

一方でサーチ型のヘッドハンティング会社は、自分からヘッドハンティング会社にアプローチをかけることはできません。

ヘッドハンティング会社が様々な情報から人材を見つけ出し、個人的にアプローチをかけて求人の提案を行います。

登録型の方が自分の市場価値を理解しやすくなりますので、転職活動の軸を決めやすくなるでしょう、

経営者層や管理職クラスの求人が多い

ヘッドハンティング会社が紹介してくれる求人の多くは、経営者層や管理職層の求人が多いのも一つの特徴です。

企業内部で転職活動を始めるのは、若手層だけではなく現状からさらに成長を目指して、企業の上層部が転職することもあります。

抜けた穴を補填する、または企業内に新しい考えを取り入れようとして、外部から新しく経営者層を迎えることもあるのです。

2022年版おすすめのヘッドハンティング会社を紹介

株式会社アサイン

株式会社アサイン

株式会社アサインは、20代-30代のハイエンドに特化した転職サービスを提供しています。

早期からのキャリア形成が求められる昨今、足元の転職だけではなく、キャリア全般について相談をしたいという要望を叶えるキャリア支援の会社です。

初回の面談では、案件のご紹介から始まるのではなく、まずは、現職の課題感やお悩みをお伺いします。その後、なりたい将来像から逆算して得るべきスキルや経験を棚卸しした上でキャリアプランを考え、転職先をご提案しています。

転職ありきではなく、キャリアの相談ができる点が株式会社アサインの大きな特徴となっています。

また、株式会社アサインでは、転職サービスだけではなく、若手ハイクラス向け転職サイト「VIEW」というアプリを運営しています。経歴と価値観の入力でAIキャリア診断が受けられたり、一人一人にカスタマイズされたコラムや案件のご紹介など、キャリア情報へのアクセスを容易にします。

また、4,600人中最も高い結果を出したエージェントに送られる「JAPAN HEADHUNTER AWARDS」を受賞するなど、高い実力を持つエージェントからのスカウトも受けられます。

20代-30代の貴重な時間を、自己実現のために使いたいのであれば、是非株式会社アサインの提供するキャリアサポートサービスを利用してみてください。

会社名 株式会社アサイン
所在地 東京都千代田区内幸町2丁目1-1
設立 2016年12月27日

ビズリーチ

ビズリーチ

会社名 株式会社ビズリーチ
得意な業界 幅広い業界に対応
成功実績 多数
強み ベンチャーから大手まで幅広い求人を取り扱っている。アプリからも利用可能
本社所在地 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目15−1 渋谷クロスタワー 12F

ビズリーチは登録型のハイクラス向けヘッドハンティングサービスです。

紹介される求人の多くが年収600万円以上であり、中には年収1000万円を超える求人もあります。

メールアドレスを登録して専用の職務経歴書にこれまでの経歴や、アピールポイントを記載しておくだけでOKです。

様々な企業のヘッドハンターたちが集っているので、幅広い業界の求人提案が受けられるのがポイントです。

他のヘッドハンティング会社とは異なり、月額利用料がかかるので、短期間で確実にハイクラス転職を成功させたい人におすすめのサービスであるといえるでしょう。

ヘッドハンティング会社経由で転職を成功させる方法

ハイクラス転職を検討している皆さんが、ヘッドハンティング会社経由で転職を成功させる方法は、以下の6つです。

  1. 提示された求人の条件を細かく確認する
  2. 求人を紹介した理由を聞いてみる
  3. ヘッドハンターの情報を細かく聞いてみる
  4. 紹介された企業の情報を自分でも確認してみる
  5. スカウトを受けてもすぐに退職しない
  6. 企業内で転職することをにおわせない

以下で詳しく解説していきます。

提示された求人の条件を細かく確認する

ヘッドハンティング会社から求人を提示されたら、提示された求人の条件を細かく確認しておくことをおすすめします。

紹介を受ける求人は皆さんの条件やこれまでの経験を加味して決められているものの、中には現在の待遇と変わらないものも存在します。

また自分の希望している条件を妥協せざるを得ないケースもありますから、紹介されたからすぐに応募するのではなく、ビジョンを元に本当に応募すべきなのかを判断してみて下さい。

特に注目すべきは給料とポジションで行える業務です。

せっかく転職したのに前職よりも給料が落ちてしまったり、やりたい業務ができないのであれば本末転倒です。

求人を紹介した理由を聞いてみる

ヘッドハンターから求人の紹介を受けた場合には、求人を紹介した理由を聞いてみる事もおすすめします。

求人を根拠を持って提案していることがわかれば、本当に自分のためを思って提案してくれている求人かが判別がつくためです。

ヘッドハンティング会社が企業から受け取る紹介料は高額に設定されていることが多く、中には悪質なヘッドハンターが紛れていることもあるためです。

信頼できる相手に大切な転職活動を任せるためにも、相手の提案の根拠から見極めていきましょう。

ヘッドハンターの情報を細かく聞いてみる

求人提案の根拠だけではなく、ヘッドハンター自身の情報を細かく聞いてみる事も大切です。

ヘッドハンターと対等な関係性を築くには、皆さんからの情報開示だけではなく、相手の情報を知ってお互いのことを理解することが大切です。

逆に素性を明かしてくれないヘッドハンターの場合、隠す理由があると考えられますから、注意が必要です。

紹介された企業の情報を自分でも確認してみる

ヘッドハンターから求人を紹介された場合、紹介された企業の情報を自分でも確認してみましょう。

求人の紹介を受ける時には、企業の詳細な情報を共有してもらえることがほとんどですが、自分で調査して判断することも重要です。

文章上に書かれている内容だけでは、読み手の受取方で印象が変わってしまいますので、伝聞で受けた情報と実際の印象が変わることもあります。

紹介された企業の情報を自分でも確認してみる事で、転職先を見つけるいい判断材料になります。

スカウトを受けてもすぐに退職しない

ヘッドハンティング会社からスカウトを受けたとしても、転職が確実だとは思わずに、すぐに退職に向けて動き出さないことも重要です。

ヘッドハンターがスカウトしてくれるのはあくまで見込み段階の話で、企業側と採用に向けた話が確実に進んでいるわけではないためです。

スカウトをもらったからといって、退職の話を企業内でしてしまうと、周囲から腫れ物扱いを受けてしまうこともあります。

また転職が成功しなかったときに居づらい雰囲気を感じ取ってしまうこともあるため、注意が必要です。

企業内で転職することをにおわせない

ヘッドハンティング会社を利用して転職するときには、企業内で転職することをにおわせないことも重要です。

転職先が決まって確実に日取りが決まってからでないと、周囲から引き留められてしまう可能性もあるためです。

SNSやInstagramで普段は取らない行動を見せてしまったり、引継ぎのための資料を作成していると、周囲から感づかれてしまうこともありますので、注意が必要です。

自分に合ったヘッドハンティング会社を選ぶ方法

ヘッドハンティング会社と一口にいっても、企業によって得意とする分野や皆さんの属性と相性がいいかは変わります。

相性の悪いヘッドハンティング会社を利用してしまうと、思うように転職が進まないこともあります。

そこで以下では自分に合ったヘッドハンティング会社を選ぶ方法を紹介していきます。

希望業界への専門性が高い会社を選ぶ

自分に合ったヘッドハンティング会社を選ぶには、希望業界への専門性が高い会社を選択しましょう。

ヘッドハンティング会社の中には、外資系企業や日系企業に特化しているところもあれば、エンジニアなどIT業界に特化しているところもあります。

自分が転職を希望している業界に特化した企業を選ぶことで、働きやすく自分の専門領域で転職活動を戦い抜くことができるでしょう。

口コミ・評判が掲載されている企業を選ぶ

ヘッドハンティング会社を選ぶときには、口コミ・評判が掲載されている企業を優先して選ぶようにしましょう。

サービスを利用するときには、第三者の口コミ・評判は非常に参考になります。

口コミ・評判が掲載されているということは、それだけの利用者層がいることの証明にもなります。

ただし口コミ・評判を探す時には、内容を100%信じ込まないことが重要です。

ただの誹謗中傷が含まれることもあり、正常にサービスを判断することができなくなる可能性もありますから、話半分程度に聞いておくことをおすすめします。

ヘッドハンティング会社を利用するときによくあるQ&A

ヘッドハンティング会社を利用する前によくあるQ&Aを以下で紹介していきます。

ヘッドハンティング会社経由で転職すると料金はかかるの?

ヘッドハンティング会社経由で転職する場合、料金がかからないことがほとんどです。

ヘッドハンティング会社は企業の代わりに転職者を探してきて、紹介しています。

そのため企業側はヘッドハンティング会社に対して手数料を支払うことになりますから、転職者である皆さんに料金を請求することはありません。

ただしビズリーチの場合、月額料金の発生するプランもありますので、サービス内容を確認しておくことをおすすめします。

ヘッドハンティングされやすい人の特徴はあるの?

ヘッドハンティングされやすい人の特徴は以下の通りです。

  • 管理職や経営者の経験がある
  • 突出した専門的スキルがある
  • 成績がいい

ヘッドハンティング会社を使う企業の多くは、自社で即戦力になってくれる人材を探していますから、優秀な人材を欲しがります。

管理職経験や専門的スキル、成績の良さなどが求められることが多いです。

最近では語学力が求められることもあるので、英語だけではなくアジア圏の言語がしゃべれることも重要になります。

合わないスカウトは断っても大丈夫?

ヘッドハンティング会社から提案される求人を断っても問題ありません。

あくまで皆さんの希望に沿った転職が重要になるので、合わないと思ったスカウトはきちんと断りましょう。

外資系企業の求人もある?

ヘッドハンティング会社によって得意不得意はあるものの、外資系の企業求人もあります。

外資系企業への転職を希望しているなら、外資系のヘッドハンティング会社を利用したほうが近道でしょう。

ヘッドハンティング会社を利用して転職を成功させよう

いかがでしたか?

ヘッドハンティング会社は皆さんの経歴をもとに、企業から引き受けたハイクラスな求人を紹介してくれるサービスです。

スキルや経験に自信のある皆さんであれば、きっといい転職先が見つかる可能性がありますので、是非利用を検討してみて下さい。

今回紹介したヘッドハンティング会社以外にも、気に入るサービスはあるでしょうから、是非他のサービスも検索してみてくださいね!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件