准看護師の転職は厳しい?30代・40代にもおすすめ転職先の選び方

准看護師の転職は厳しい?30代・40代にもおすすめ転職先の選び方

【PR】サイト上のアフィリエイト広告利用について
転職サイト比較plusは、企業とアフィリエイトプログラムを提携しております。 そのため当サイト経由で登録・利用があった場合、掲載企業からアフィリエイト報酬を受け取っております。 収益に関しましてはサイトのコンテンツ向上に使用し、より正確な情報提供を行ってまいります。

転職を考えた時、誰もが考えるのが自分の年齢と、求人があるかどうか、ということですよね。

「年齢があがるほど転職は難しいのでは?」「求人が少ないのでは?」と、不安になる人は多いでしょう。

そこで今回は准看護師の転職について、みなさんの不安を解消するべく、さまざまな視点から転職に関する情報をご紹介していきます。

転職という挑戦のスタートを切る前に、不安要素を減らしておくことも重要です。

准看護師に絶対おすすめの転職サイト・エージェントランキング

正社員求人を探すのにおすすめ転職サイト
doda
doda
求人数
 250,127件(2024年6月17日時点)
対応エリア
全国
おすすめポイント
・条件に応じた求人紹介あり ・正社員募集がわかりやすい ・週2回求人更新

准看護師の転職は厳しい?

准看護師だから転職が難しく、正看護師だから簡単、ということはありません。

准看護師の求人も十分見つけることができるので安心してください。

准看護師の求人数は多い

准看護師を募集している求人の特徴としては、個人の病院や診療所・中小の病院やクリニック、訪問看護や老人ホームなどが多い傾向にあります。

実際にいくつかの求人サイトを確認したところ約4,000件もの求人が見つかり、准看護師の需要が十分あることがわかりました。

今の日本が慢性的な人手不足の状態であることや、今後は高齢者が増加していくことから、准看護師が様々な現場で欠かせない存在であることは間違いないでしょう。

准看護師の転職は難しいのかもしれない、と不安に感じている人はぜひ一度求人サイトを確認してみてはいかがでしょうか。

30代・40代でも准看護師の求人もある

准看護師は30代、40代から資格を取得しようと学校に通い始める人も多く、社会人になってから准看護師を目指すケースが増えています。

またある調査によれば、30代以下の准看護師の割合は約25%のみとなっており、30代~40代のほうが活躍している人が多いことがわかっています。

経験値のある30代だからこそ、看護の現場での活躍が期待でき、即戦力となってくれるだろう、と高く評価してもらえる可能性は高いのです。

そのため30・40代だから求人がない、ということはなく、探せばいくらでも求人を見つけることができます。

さらに今後高齢者が増加していけば、介護施設の人ではもっと必要になり、准看護師の求人募集も増えていくでしょう。

年齢を重ねても准看護師の資格取得に挑戦する人がいるように、年齢に関係なく活躍する場があるのです。

年齢にとらわれず、求める職場や働き方を見つけられるように、転職活動を始めてみましょう。

おすすめ看護師転職サイト一覧!最新版のおすすめを紹介!

 

准看護師の転職は厳しい?キャリアチェンジを考える理由

准看護師として働きながら、現在の職場に疑問を感じることは珍しくありません。

職場環境や将来への不安から転職を考える准看護師も多くいるでしょう。

転職する理由は多岐にわたります。

具体的にどのような状況で転職を考えるのか、具体例を見ていきましょう。

看護師の美容クリニック転職におすすめ転職サイト・エージェントランキング7選!

職場の人間関係に悩んだとき

職場の人間関係に疲れた場合、准看護師が転職を考える可能性は十分にあります。

人間関係でストレスを感じると、モチベーション低下に影響するでしょう。

長時間働く勤務環境では、職場での人間関係の悪さは、作業効率を下げます。

職場の人間関係が改善されない場合は、自分の環境を変えたいと思う看護師も多いです。

理不尽な扱いを受けたとき

医療現場は厳しい環境で、理不尽な扱いを受けることもあります。

働く中で不平等な労働条件や、管理職からの不適切な対応に直面すると、転職を考える人もいるでしょう。

いただきにくい環境は、准看護師の職務への影響が考えられます。

理不尽な扱いが多いことは、転職を考える重要な理由となります。

ミスが重なったとき

ミスが重なり、自信を失うこともあるでしょう。

新しい環境でスキルを見直すために転職を考える可能性もあります。

ミスは誰にでも起こりますが、それが連続すると医療現場では命取りになります。

自分の能力に疑問を持つのではないでしょうか。

場合が多いとき、新たな職場でリスタートを切りたいと思う看護師もいるでしょう。

有給休暇が取りにくい環境

有給休暇が取りにくい環境に身を置くと、仕事とプライベートのバランスが崩れる可能性があります。

ストレスが溜まりやすくなるでしょう。

希望する休暇が取りにくいと、自分のメンタルに悪影響が出てしまいますね。

有給休暇が取りにくい環境は、転職を考える大きな要因と考えられます。

時間外の勤務が多い

時間外勤務が多い場合、適度な休息を取ることが難しくなります。

心身の健康に悪影響があるでしょう。

長時間勤務は、疲労やストレスの蓄積につながるので注意してください。

仕事のパフォーマンスに影響を及ぼすこともあります。

過度な時間外勤務が続く場合、転職を考える准看護師もいるのではないでしょうか。

人手不足が解消されない

人手不足が続く職場では、職員一人ひとりの負担が増えます。

働き方に影響を及ぼす原因には、適切な人員配置が整っていない場合もあるでしょう。

病院全体のサービス品質や、患者へのケアが低下する可能性に気をつけてください。

人手不足が解消されない仕事場は、離脱を考える人も多い傾向です。

スキルアップの見込みがなくなった

看護師の仕事では、常に新しい知識やスキルを学ぶことが求められます。

現在の職場でスキルアップの機会が減ってしまった場合、自身の成長が停滞してしまう恐れがあります。

このような状況では、キャリアアップのための転職も解決の選択肢です。

スキルアップのために、新しい環境を目指すことは悪いことではありません。

専門的な分野への興味が出た

自身のキャリアをより一層充実させるために、転職を考えることもあります。

特に、専門的なスキルや知識を追求したい場合は、働く環境を変えることがおすすめです。

自分の知識を生かせる業務なら、年収アップも考えられますね。

新しい仕事に挑戦するために、違う職場で働きたいという人もいるでしょう。

勤務先と方向性が合わない

自身の働き方や看護の理念が、勤務先の方向性と合わないと転職を考えることもあります。

価値観や目指す方向性が一致しないと、職場での満足度が低下するでしょう。

仕事に対するモチベーションも下がる可能性があります。

このような場合、自己実現を図るために転職を考えることは不思議ではありません。

准看護師の転職で気を付けるべき3つの注意点

希望の働き方を明確にする

これは看護師に限ったことではありませんが、転職をする場合自分がどんなことを望んでいるのか、どんな職場なら理想の働き方ができるのか、を明確にしておくことは非常に重要です。

看護師の場合、夜勤や休日出勤、緊急外来など、働く職場によって自分にかかってくる負担が変わってきます。

バリバリ働いてキャリアを積むのか、プライベートや家庭との両立を優先するのか、あなたが何を望むかによって選ぶ求人は変わってきます。

どんなスタイルが理想なのか、転職活動を始める前に明確にしておきましょう。

准看護師だから、と差別されない職場を選ぶ

正看護師と准看護師は、実際の業務内容はほとんど同じなのに、准看護師は正看護師に比べると収入や昇進に差があることが少なくありません。

実際の業務に差がなく、同じ責任を負っているのに収入が低い、ということに納得できない人も多いでしょう。

そこで転職する際は、准看護師と正看護師の収入や待遇が近い、または同じであるかどうかをチェックしておきましょう。

正看護師と准看護師は別々の資格なので、待遇に差があることは違法ではありませんが、同じように能力や経験を評価してくれる職場を探すことをおすすめします。

複数の方法で求人を探す

1つの情報源で求人を探すと、偏った求人しか見つけられないことが多く、理想の求人に出会うことが難しくなります。

また、1人で多くの求人を確認し、その中から良い求人を見つけることもなかなか難しく、効率も悪いです。

そこで、「転職サイト」と「転職エージェント」や、「ハローワーク」と「転職エージェント」のように、複数の方法を併用して転職活動を行うことをおすすめします。

ハローワークでは地域求人の傾向を確認できますし、転職エージェントなら相場や市場価値など、客観的な判断材料を得ることができます。

これらを合わせて求人を探すことでより効率よく、スムーズに求人を探すことができます。

さらに転職エージェントを利用すれば、転職までの手厚いサポートも受けることができるのでなにかと安心です。

准看護師の転職は厳しい?仕事で悩んだ場合の対処法

准看護師として、仕事に悩むこともあるでしょう。

悩みの解決策は多岐にわたります。

自分に合った対処法を見つけ、問題を解消してください。

ここからは、仕事で悩んだ場合の具体的な対処法について見ていきましょう。

祝い金が貰えるおすすめ看護師転職サイト・エージェント

気持ちを切り替える

ストレスが溜まった時、最初に試したいことは気持ちの切り替えです。

適度なリラクゼーションや自分へのご褒美を作りましょう。

働くモチベーションを再び取り戻せます。

自分自身を大切にすることで、仕事への意欲を保つことが可能です。

仕事について上司に相談する

仕事に困ったとき、上司への相談も有効な手段です。

悩みや問題を共有することで、解決策を見つける手助けをしてもらえるでしょう。

上司からのフィードバックがもらえれば、自身のスキル向上に役立ちます。

経験豊富な先輩や上司に相談することは、自分にとってプラスになると考えてください。

准看護師の転職は厳しい?キャリアアップする方法

病院には「主任」や「看護部長」などの役職がありますが、能力的・年齢的に同じ条件の人がいたとして、この地位に就きやすいのは准看護師よりも正看護師でしょう。

一般的に准看護師は役職に就くことが難しいといわれています。

また看護師と准看護師は、業務内容はほとんど変わりませんが看護師のほうが資格取得に時間がかかる分、給与水準が高くなっています。

そのため、「キャリアアップしたい」「上の立場に立ちたい」という人も当然でてくるでしょう。

では、准看護師からキャリアアップしたい場合はどうすればいいのでしょうか?

准看護師のキャリアアップの方法を、2つにわけてご紹介します。

1. 正看護師へのキャリアアップ

キャリアアップとして一番直接的な方法が、准看護師から正看護師になることです。

准看護師と正看護師の資格は別ものですが、准看護師資格があれば正看護師へ転換することができます。方法は2つ。

①看護師学校で学びなおす

看護師資格を取得するためには、准看護師のカリキュラムでの不足部分を看護師学校で勉強し、国家試験に合格することが必要です。

最短コースは全日制で2年、定時制であれば3年かけて勉強します。

どちらも学校に通って学ぶ必要があるので、働きながら通うのは少しハードルが高いかもしれませんが、全日制で学ぶのが資格取得への最短コースになります。

②実務経験10年以上の場合 ※経験年数は進学する学校により異なる

准看護師としてキャリアがある人の場合、看護学校の通信課程を受講することで看護師の勉強をすることができます。

不足している部分を学んだのち、①の方法同様に、国家試験を受け合格すれば正看護師になることができます。

通信講座なので学校に行く必要がなく、定時制に比べて働きながらでも勉強することが可能です。

2. 病院以外の場所へ転職する

准看護師が必要とされるのは病院だけではありません。企業や学校、大学、地方自治体など、看護師の知識を活かせる求人はいくつもあり、様々な選択肢があります。

また高齢化社会の日本では介護施設や老人福祉施設は年々増えているため、看護師の求人は増加傾向にあります。

病院で働くことにこだわる場合は別ですが、病院以外でも知識や経験を活かして働くことはいくらでも可能なのです。

看護師としての知識を活かし、病院以外の場所でのキャリアをスタートさせることも一つの選択ではないでしょうか。

しかし、病院以外で働く場合は業務内容が看護以外の業務にも及ぶことがある、ということは理解しておく必要があります。

例えば介護施設なら入居者の介護やリハビリといった肉体労働や、企業や学校なら看護実務よりも、知識を活かした企画の立案や相談対応などの事務的な業務の方が多くなるでしょう。

病院以外へのキャリアアップは、看護業務以外の仕事が必ずついてきます。

こういった業務には人それぞれ向き、不向きはもちろん好みもありますので、自分にとってどのような仕事ならやりやすく、挑戦してみたいのか、しっかり判断するようにしましょう。

フリーランス看護師の年収って?給料事情や年収UPをするための方法を解説

3.需要の高い医療知識を勉強する

医療知識を深めることは、准看護師としてのスキルアップにつながります。

新しい医療技術や疾患の知識を身につけましょう。

患者への対応力を高めれば、自信を持って業務を遂行できるでしょう。

ニーズの高い最新の医療知識をチェックしてください。

 

准看護師の転職は厳しい?年収について解説

准看護士が転職を決める前に、まずは自分の状況を確認しましょう。

ここからは仕事でもらえる給料についてまとめました。

やはり、正看護師と比べると准看護師の待遇は高くはありません。

准看護師の年収は平均約400万

准看護師の年収は、平均約400万といわれています。

看護の求人に関する調査を行っているサイトによると、年収は地域差や、経験年数、男女によって異なることがわかっており、平均的な数字の詳細は以下のとおりになります。

平均年収 406万円
平均月収 28万円
年間賞与 66万円
勤続年数 12万円
所定内実労働時間 162時間
超過実労働時間 4時間
平均時給 1700円

実際に准看護師として働いていて、状況を知っている人であれば准看護師が身を置く労働環境や、勤務形態、労働時間などを考慮すると想像以上に給与水準が低い、もっと高くてもいいはず、と感じる人もいるかもしれません。

勤め先によって得られる報酬や給与水準には差があるため、自分の働きに見合う報酬を得られる職場を見つけることが重要になってきます。

看護師よりも待遇は低い

准看護師は都道府県知事が発行する免許ということもあり、国家免許資格である正看護師にくらべると、給与水準が低いといわれています。

業務内容が同じであっても、資格が異なることで看護師と准看護師の年収には、約70~90万ほどの差があります。

また、勤務先の違いから見ると、大学院・大学病院などの大きな病院では正看護師の募集が圧倒的に多く、准看護師の採用は限られていることが多いです。

しかし逆にいえばクリニックや診療所、地域のかかりつけ医などの規模が小さい場所では准看護師は歓迎されるので、自分に合った働き方ができる職場を見つけやすいともいえます。

大病院ほど忙しくなく、夜勤もない、定時上がりも可能なことが多いでしょう。

また人の生死に直面する場面もぐっと減るでしょうから、精神的に楽になる可能性もあります。

このように考えると、正看護師との待遇の差は必ずしもデメリットばかりとは限りません。

看護師転職サイトは使わない方がいい?自力で理想の転職を実現するには?

准看護師におすすめの転職サイト

看護roo!

看護ルー202312

東証プライム上場企業の運営する缶ふぉし専門の転職^サイトで、実力・人気ともに高い転職サイトです。手厚いサポートが受けられることでも有名。

看護roo!の特徴は、病院件数の中から、厳選した好条件の求人を紹介してくれること。

病院の内部情報も事前に教えてもらえて、給与アップの交渉もしてくれます。准看護師で転職を考えている人は、登録しておいて損はないサイトです。

看護roo!の詳細ページ

マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職でお馴染みのマイナビが運営する看護師の求人・転職サイトです。

都市部から地方までの求人を網羅しており、どの地域でも安心してサービスを受けることができます。

また非公開求人も多数扱っているので、ここでしか出会えない求人も見つかります。

キャリアアドバイザーが希望条件をしっかりヒアリングした上で求人を紹介してくれるので、自分で求人を探すより格段に効率もあがります。

マイナビ看護師の詳細ページ

ナース人材バンク

ナース人材バンク

ナース人材バンクは年間10万人が利用する、知名度・人気ともに抜群に高い転職エージェントです。

圧倒的な求人数をほこり、准看護師の求人も数多く保持しています。

病院からクリニック、介護施設や知見、といったさまざまな求人を扱っていて、好条件の案件も揃っているので、きっとあなたが求める理想の求人に出会えるでしょう。

ナース人材バンクの詳細ページ

また看護師におすすめの転職サイトはこちらの記事でも詳しく紹介しています。

准看護師の転職は必ずしも厳しいものではない

准看護師としての転職は必ずしも厳しいものではありません。

新しい環境でキャリアを築くことは、自身の成長に繋がります。

仕事で悩んだときには対処法を見つけ、キャリアアップの方法を探ることも大切です。

あなたの状況に最適な方法を選んで、看護師のキャリアを進めましょう。

准看護師としての転職は必ずしも厳しいものではありません。

新しい環境でキャリアを築くことは、自身の成長に繋がります。

仕事で悩んだときには対処法を見つけ、キャリアアップの方法を探ることも大切です。

あなたの状況に最適な方法を選んで、看護師のキャリアを進めましょう。

准看護師が使うべき絶対おすすめの転職サイト・エージェント

看護師におすすめ!転職サイトランキング【口コミ徹底比較!】

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件