Webライターにおすすめ転職サイト・エージェント16選!

Webライターにおすすめ転職サイト・エージェントランキング

【PR】サイト上のアフィリエイト広告利用について
転職サイト比較plusは、企業とアフィリエイトプログラムを提携しております。 そのため当サイト経由で登録・利用があった場合、掲載企業からアフィリエイト報酬を受け取っております。 収益に関しましてはサイトのコンテンツ向上に使用し、より正確な情報提供を行ってまいります。

広告代理店やメディアのライター職へ転職したいそこのあなた。

ライター職の転職に特化したサイトやエージェン卜をご存知ですか?

専門的な職業に転職するには、その分野に特化した転職サイトやエージェントを利用することが必須なんですよ!

そこでこの記事では、ライター職へ転職したい方向けに「ライター職への転職に特化した転職サイト・エージェン卜」をランキング形式で紹介します。

様々な特徴を把握して、比較していきましょう!

当サイトで人気の転職サイト
初めての転職ならdoda!求人数No.1の転職サイト
doda doda
公開求人数 40,000件以上
非公開求人 80%以上
対象エリア 全国
おすすめタイプ 着実なキャリアアップ

\はじめての転職ならココ!圧倒的求人数/

公式サイトはこちら

目次

Webライターに転職する前に知っておくべき全知識

Webライターへ転職したい方向けに、Webライターに転職する前に知っておくべき知識を紹介します。

読み飛ばしたい方は下記のボタンで、おすすめのWebライター向け転職エージェントの部分に飛べます。

Webライターにおすすめランキングへ飛ぶ

Webライターの仕事内容

Webライターの仕事内容は、主にWebメディアで使用するコンテンツの作成を行います。

記事のライティング業務だけではなく、コンテンツ作成のために以下の作業を実施することもあります。

  • Webコンテンツの編集・加筆作業
  • コンテンツで使用する画像・動画の作成
  • 対象企業へのインタビュー
  • 実際に使用したレビューの収集

いままでは文章を書くことのみに集中しているパターンが多い傾向にありましたが、Webコンテンツが多角的になっていくにつれてWebライターに求められる業務内容も変わりつつあります。

しかし担当できるジャンルは様々ありますから、自分の興味のあるジャンルを優先的に対応することも可能です。

Webライターに求められるスキル

Webライターは紙面のライターとは異なり、多角的なスキルが求められる職業です。

業務をこなしていく上で、以下のスキルが求められる可能性があります。

  • Webでのライティングスキル
  • htmlの理解
  • SEOライティング
  • マーケティングスキル

最近ではコンテンツを軸にマーケティングを行う企業も増えていますから、Webライターとして活躍する際に活用できる可能性もあります。

Webライターの将来性は記事を書くだけでは暗め

ただ記事を書くだけのWebライターの場合、将来は暗いといえます。

最近ではChatGPTなどの大規模言語化モデル、AIが進歩してきています。

複数の情報を一気にまとめられるだけではなく、ターゲットに応じた文章構成も可能です。

そのためWebライターとしてただ淡々と記事を書くだけではなく、コンテンツとして価値のある文章や記事を書くことが求められます。

Webライターが転職サイト・エージェントを選ぶポイント3選

初めてWebライターとして転職先を探すのであれば、下記野ポイントを踏まえておくと良いでしょう。

目的に合わせて選ばないと、以下のような状況に陥る可能性が出てきます。

Webライターが転職サービス選びを間違えると
  • コンサルタントから希望の求人を紹介してもらえない
  • 転職活動に時間がかかり希望時期に転職できない
  • 転職先が上手くみつからない

状況に合わせた選び方を、以下で解説していきます。

読み飛ばしたい方は下記のボタンで、おすすめのWebライター向け転職エージェントの部分に飛べます。

Webライターにおすすめランキングへ飛ぶ

未経験から転職するなら求人数の多い総合型の転職サイト・エージェント

未経験の状態からWebライターに転職したいのであれば、総合型の転職サイト・エージェントを利用することをおすすめします。

総合型の転職サイト・エージェントを利用するメリットは以下の通り。

総合型の転職サイト・エージェントのメリット
  • 求人数が多く色々な求人を比較検討できる
  • 未経験OKの求人多数
  • 専門のコンサルタントからのサポートが受けられる

総合型の転職サイト・エージェントの場合、転職サポートが充実していることがほとんどです。

未経験の状態から転職するには、強みや企業分析、自分に合った企業選びが大切です。

そのため総合型の転職エージェントのような包括的なサービスを提供しているところがおすすめ。

未経験者の転職サポートの実績もありますので、初めての転職活動でも安心です。

キャリアアップ目的ならWeb特化型の転職サイト・エージェント

Webライターとしての一定の経験があり、さらにキャリアアップを検討しているのであれば、Web特化型の転職サイト・エージェントがおすすめです。

Webライターとしてライティング業務だけではなく、ディレクションやサイトの運営にも携われることで、ライターとしてだけではないキャリアパスを選択することも可能です。

現在のスキルを活かしてさらにもう一段階レベルアップしたいのであれば、Webに特化した転職サイト・エージェントがおすすめです。

複数の転職サイト・エージェントに登録することが大切

経験未経験問わず、転職サイト・エージェントを選ぶときには、複数のサービスに同時登録しておくことが大切です。

ひとつの転職サイト・エージェントに登録するのも問題ないですが、担当者との相性が悪くなったり、規模の条件の求人が見つからなかったりした場合、他のサイトに切り替えるまでに時間がかかる場合があります。

複数の転職サービスに同時に登録しておくことで、万が一利用しているサービスが合わなかったとしてもすぐに切り替えることが可能です。

Webライターにおすすめの転職サイト・エージェント

Webライターの転職におすすめの転職サイト・エージェントは、以下の通りです。

転職サイト名 特徴
doda ・豊富な求人数
・全国各地の求人を保有
・専門のキャリアアドバイザーがサポート
リクナビNEXT ・正規・非正規雇用両方掲載
・アプリでサクサク検索OK
・求人の絞り込み条件が豊富
ワークポート ・若手未経験OK求人多数
・WEB関連求人多数
・専門性の高いアドバイザーのサポートあり
DXキャリア ・Web業界・広告の転職に特化
・専任コンサルタントのサポート
・広告業界の転職実績多数
マスメディアン ・クリエイティブ職の求人がメイン
・ライター求人あり
・若手転職がメイン
リクルートエージェント ・全国各地の求人多数
・専門のコンサルタントがサポート
・経験を活かした転職が可能

以下で詳しく解説していきます。

1位 doda

doda

引用:公式サイト

項目別おすすめ度
4.86
求人数
(5.0)
第二新卒
(5.0)
ハイクラス
(4.0)
転職サポート
(5.0)
異業種
(5.0)
都市
(5.0)
地方
(5.0)
dodaの基本情報を詳しく見る
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数  210,637件(2024年1月時点)
対応エリア 全国
面談可能時間 平日(9:00~22:00)
土日(10:00~19:00)
サポート内容 ・求人情報検索
・コンサルタントによる求人紹介サービス・
スカウトサービス
・提携エージェントからのスカウトサービス
・メールマガジンでの求人の配信
・転職イベント・セミナー
・各種診断ツール
公式サイト
dodaの独自のサービス内容を詳しく見る
サービス名 サービス内容
年収査定 186万人のデータから機械学習で以下情報を算出
・適性年収
・今後年間の年収推移
・キャリアの可能性
・適性年収からの求人提案
人気企業300社の合格診断 転職人気企業ランキング2023の上位300社の中から転職できる可能性のある企業を診断してくれるサービス
レジュメビルダー ガイドに沿って入力するだけで簡単に職務経歴書を作成できるサービス。wordやPDFでダウンロード可能
自己PR発掘診断 16問の設問に答えるだけでアピールポイントを発見できるサービス。
キャリアタイプ診断 診断内容に沿って回答するだけで性格や気質傾向、向いている仕事スタイル等全部で5項目の診断が可能
適職タイプ診断 適職探しのヒントになる診断機能
生き方・キャリアに効く!モヤモヤ解消診断 20の質問に答えることで、仕事やプライベートで抱えやすいモヤモヤを明確にできるサービス。
オンライン仕事力診断 リモートワークをするにあたって必要になるオンラインでの仕事の適性があるかを診断してくれるサービス。

dodaは国内の転職サイトの中でも特に求人数の多い、転職サイト・エージェントです。

転職サポートのコンテンツも充実しており、未経験からの転職活動でも安心して利用出来るサービスです。

dodaを利用するメリット
  • 転職サイトとしても転職エージェントとしても利用可能
  • 全国各地の求人多数!地方でもWebライターとして転職できる
  • リモートワーク案件も多数取り扱いアリ
dodaを使用するデメリット
  • 取扱い求人が多いので応募求人管理が大変
  • スピード感がありゆっくりとした転職活動には向かない

dodaは求人を検索するだけの転職サイトとしても、専門のキャリアアドバイザーからのサポートの受けられる転職サービスとしても活用可能です。

総合型の転職サイト・エージェントですので、全国各地の求人がありますので、地方での転職活動を検討している方でも求人を探しやすいでしょう。

またリモートワークの求人の取扱いもありますので、地方から都心部の求人を探したい方にもおすすめです。

 

2位 リクナビNEXT

リクナビNEXT

引用:公式サイト

項目別おすすめ度
4.71
求人数
(5.0)
第二新卒
(5.0)
ハイクラス
(4.0)
転職サポート
(5.0)
異業種
(4.0)
都市
(5.0)
地方
(5.0)
リクナビNEXTの基本情報を詳しく見る
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数  100,000件(2024年1月時点)
対応エリア 全国
面談可能時間 面談無し
サポート内容 ・求人検索サービス
・オファーサービス
・グッドポイント診断
・イベント・セミナー
・専用のアプリ
・条件ごとの求人特集
公式サイト https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXTは株式会社リクルートの運営する、総合型の転職サイトです。

ほかの転職サービスとは異なり、転職エージェントのサポート機能はつきませんが、自分のペースで求人を検索することが可能です。

リクナビNEXTを利用するメリット
  • 全国の求人を職種や働き方から検索できる
  • 未経験者歓迎求人に絞込検索ができる
  • 毎日求人がアップロードされている
リクナビNEXTを使用するデメリット
  • 専門のコンサルタントによるサポートはない
  • 定期的に自分で求人をチェックする必要がある

リクナビNEXTは大手人材紹介会社のリクルートが運営していることもあり、多くの企業とのコネクションを保有しています。

自分のタイミングで好みの求人をブックマークできるほか、スキマ時間を活用した転職活動もできるので、希望の転職先が見つかりやすいといえるでしょう。

3位 ワークポート

ワークポート

項目別おすすめ度
4.33
求人数
(4.0)
第二新卒
(5.0)
ハイクラス
(4.0)
転職サポート
(5.0)
エージェントの質
(4.0)
異業種
(4.0)
ワークポートの基本情報を詳しく見る
運営会社 株式会社ワークポート
公開求人数  78,758件(2024年1月時点)
対応エリア 全国
面談可能時間 平日10時~20時30分
サポート内容 ・履歴書・職務経歴書テンプレート
・履歴書・職務経歴書オンライン作成ツール
・企業別採用選考ポイント
・転職仕事の調査データ
・CUBIC適性検査
・専門のコンサルタントによる転職サポート
公式サイト https://www.workport.co.jp/

ワークポートは全国各地の求人を取り扱っている転職サイト・エージェントです。

リクナビNEXTが実施している「GOOD AGENT RANKING~2022年度下半期~」で 転職決定人数部門で第1位を獲得しており、サポート力の高さが見て取れます。

またこれまでの転職相談実績が67万人と、信頼と実績のある転職サービスです。

ワークポートを利用するメリット
  • 20代の若手向けの求人を多数取り扱っている
  • 全国各地の求人を取り扱っている
  • 専門性の高いコンサルタントからのサポートが受けられる
ワークポートを使用するデメリット
  • 年代が高いと転職先が見つからない可能性がある
  • 定期的にコンサルタントと連絡を取る必要がある

ワークポートは20代の若手向けの求人を多く取り扱っていますので、若手の転職活動にも向いているといえるでしょう。

またIT系の求人にも強いので、Webライターとしてのコンテンツ力やスキルを活かせる転職先が見つかる可能性もあります。

サポートを担当してくれるコンサルタントの対応力に定評がありますので、初めての転職活動でも安心して利用できるでしょう。

 

4位 DXキャリア

DXキャリア

項目別おすすめ度
3.67
求人数
(5.0)
第二新卒
(4.0)
ハイクラス
(3.0)
転職サポート
(3.0)
エージェントの質
(4.0)
異業種
(3.0)
DXキャリアの基本情報を詳しく見る
運営会社 株式会社プロフェッショナルメディア
公開求人数  192件(2024年1月時点)
対応エリア 全国
面談可能時間 面談不可
サポート内容 ・ニュースコンテンツ
・自作レジュメアップロード可能
・Web履歴書機能
公式サイト https://www.koukokutenshoku.com/app/user.php/top

DXキャリアはWeb・IT・クリエイティブ業界の総合求人サイトです。

全国各地の関連職種の求人を取り扱っており、さまざまな雇用形態の求人を扱っています。

DXキャリアを利用するメリット
  • 専門性を活かして働ける求人が多数ある
  • 職種から検索でき、Weライターに絞った求人検索が可能
  • 自分のペースで転職活動を進められる
DXキャリアを使用するデメリット
  • ほかの転職サイトと比較して求人数が少ない
  • 専門のコンサルタントからのサポートは受けられない

専門スキルを活かして転職できる求人が揃っているほかWebライターで絞りこんで求人検索もできるので、経験のあるWebライターにおすすめのサイトです。

自分のペースで求人を検索できるので、仕事と並行しながら転職先を探すことも可能です。

ただ他の転職サイトと比較してみると、専門性が高いぶん求人数が少ないため、他の転職サイト都併用することをおすすめします。

 

5位 マスメディアン

マスメディアン

項目別おすすめ度
3.67
求人数
(5.0)
第二新卒
(4.0)
ハイクラス
(3.0)
転職サポート
(3.0)
エージェントの質
(4.0)
異業種
(3.0)
マスメディアンの基本情報を詳しく見る
運営会社 株式会社マスメディアン
公開求人数  4019件(2024年1月時点)
対応エリア 関東・関西・九州・東海・中部・北陸
面談可能時間 不明
サポート内容 ・専門のコンサルタントによるサポート
・個別相談会
・転職事例ガイド
公式サイト https://www.koukokutenshoku.com/app/user.php/top

マスメディアンは株式会社マスメディアンが運営する、広告業界専門の転職サイト・エージェントです。

宣伝会議グループの企業が運営していることもあり、様々な企業とのコネクションがあります。

マスメディアンを利用するメリット
  • クリエイティブ・マーケティング領域の求人が多数掲載されている
  • 専門のコンサルタントからのサポートが受けられる
  • 定期的に転職なんでも個別相談会が実施される
マスメディアンを使用するデメリット
  • 利用出来る地域が限られている
  • 求人数が大手サイトよりは少ない

クリエイティブやマーケティング領域の求人を多く取り扱っていることもあり、Webライターとして転職先を探している方におすすめのサービスです。

定期的に転職なんでも個別相談会が実施されているので、地方で転職を検討している方でも安心して利用できます。

Uターン・Iターン転職の個別相談会も開かれているので、都市部から転勤したい方におすすめです。

6位 リクルートエージェント

リクルートエージェント

項目別おすすめ度
3.67
求人数
(5.0)
第二新卒
(4.0)
ハイクラス
(3.0)
転職サポート
(3.0)
エージェントの質
(4.0)
異業種
(3.0)
リクルートエージェントの基本情報を詳しく見る
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数  100,000件(2024年1月時点)
対応エリア 全国
面談可能時間 不明
サポート内容 ・専門のコンサルタントによるサポート
・職種ごとの専門サイト
・転職成功ガイド
公式サイト https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは大手人材紹介会社リクルートが運営する、総合型の転職エージェントです。

様々な企業とのコネクションを活かした求人紹介が魅力で、Webライターとしての専門性を活かして転職したい方におすすめです。

リクルートエージェントを利用するメリット
  • 大手リクルートの保有しているノウハウをフル活用した転職サポート
  • 専門性の高いコンサルタントが在籍している
  • 全国各地に拠点があるので地方でも利用しやすい
リクルートエージェントを使用するデメリット
  • 未経験の状態からの転職活動には向かない
  • コンサルタントの対応力にばらつきがある

リクルートエージェントは業界内でも特に多い求人数を保有しているので、とにかく求人を紹介してほしいという方に向いているサービスです。

担当してくれるコンサルタントもしっかりとノウハウを体得しているので、安心して転職活動を任せられます。

ただコンサルタントの社員数が多く、まれに対応に満足できないという声もあるので、利用時には注意が必要です。

当サイトで人気の転職サイト
初めての転職ならdoda!求人数No.1の転職サイト
doda doda
公開求人数 40,000件以上
非公開求人 80%以上
対象エリア 全国
おすすめタイプ 着実なキャリアアップ

\はじめての転職ならココ!圧倒的求人数/

公式サイトはこちら

20代のWebライターにおすすめの転職エージェント

20代はキャリアの形成期と言える時期です。

新たなステージへの挑戦に最適なタイミングでしょう。

職種によって、転職市場の動向や注意点が異なります。

webライターという特殊性を踏まえた上で、転職活動を進めていくことが重要です。

doda

doda

公開求人数 202,000件以上
対応エリア 全国・海外
転職のサポートの有無
料金 無料
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※2024年1月時点

dodaは、求人数が圧倒的に多く丁寧なサポートが魅力です。

さまざまな業界や職種から、自分にピッタリの仕事を見つけられるでしょう。

webライターの求人も比較しやすく、仕事を見つけやすいという特徴があります。

さらに、地域特化型のサービスも提供しているため、特定のエリアでの就職を希望する人にもおすすめです。

スカウトサービスを利用すれば、企業からオファーをもらえる機会があるでしょう。

dodaは初めての転職を考える20代にも、使いやすいエージェントと言えます。

dodaの詳細はこちら

リクナビNEXT

リクナビNEXT

公開求人数 100,000件以上
対応エリア 全国・海外
転職のサポートの有無 ×
料金 無料
運営会社 株式会社リクルート

※2024年1月時点

リクナビNEXTは、2万社以上の企業と400社以上の転職エージェントからオファーをもらえる可能性があります。

非公開求人の紹介オファーも含まれており、効率的に転職活動が進められるエージェントです。

一般に公開されていない求人情報もチェックできるでしょう。

自分のこだわり条件で検索する機能も搭載しており、最適な転職先を見つけやすいサービスです。

エージェントとの直接的なサポートはありませんが、自分のペースで転職活動を進めたい人におすすめです。

リクナビNEXTの詳細はこちら

30代のWebライターにおすすめの転職エージェント

30代はこれまでの経験を活かしつつ、より高いレベルの職務に挑戦する大切な時期です。

特にマネジメントレベルへのステップアップを考えている方にとっては、求人の質にこだわりたい時期でもあります。

マッチする転職エージェントを選び、次のステージへの一歩を踏み出しましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

求人数 395,000件以上
対応エリア 全国・海外
転職のサポートの有無
料金 無料
運営会社 株式会社リクルート

※2024年1月時点

リクルートエージェントは人材大手の運営で、専門のコンサルタントによるサポートが受けられます。

求職者の立場から見ても、安心感があるエージェントでしょう。

コンサルタントは各業界に精通しており、その経験を活かして求職者の転職活動を徹底的にサポートします。

転職支援のノウハウを保有しているため、30代に合った転職の進め方を提案してもらえるでしょう。

リクルートエージェントの詳細はこちら

マスメディアン

マスメディアン

求人数 3,900件以上
対応エリア 全国
転職のサポートの有無
料金 無料
運営会社 株式会社マスメディアン

※2024年1月時点

マスメディアンは大手有名企業、外資系企業、急成長中企業の求人を扱っています。

Webライターとして、より上を目指す30代におすすめのエージェントです。

特にマーケティングやクリエイティブ系の求人も多く、広範な職種の転職を考えている方には最適です。

コンサルタントの能力が高いため、転職活動を全面的にサポートしてもらえるでしょう。

マスメディアンの詳細はこちら

40代のWebライターにおすすめの転職エージェント

40代は転職活動で重要視されるスキルや経験が増える時期です。

経験を活かした転職を考える人も多いのではないでしょうか。

経験値のあるwebライターにマッチする転職エージェントを選ぶことが、成功のカギとなります。

Green

Green

求人数 29,000件以上
対応エリア 全国・海外
転職のサポートの有無
料金 無料
運営会社 株式会社アトラエ

※2024年1月時点

Greenは、特にIT・Web業界の求人情報が多数そろっています。

これからIT・Web業界への転職を考えている方にとっては、チェックする価値があるでしょう。

すべての手続きをスマホ一つで行えるので、時間と場所を問わずに転職活動が可能です。

企業とのやり取りもチャット形式で行えるため、気軽にコミュニケーションが取れますね。

Greenの詳細はこちら

Geekly

ギークリー

求人数 19,000件以上
対応エリア 全国・海外
転職のサポートの有無
料金 無料
運営会社 株式会社Geekly

※2024年1月時点

Geeklyは、業界専門のコンサルタントが在籍しています。

IT系求人を中心に豊富な情報を提供してくれる、転職エージェントです。

IT系の職種への転職を考えている方には、特にオススメのサービスと言えるでしょう。

徹底的な転職指導を行ってくれるので、自分に合った求人を見つけられます。

Geeklyの詳細はこちら

50代のWebライターにおすすめの転職エージェント

50代は、経験やスキルを活かし、さらに高みを目指す時期です。

転職エージェントは、自分にあったものを選んでください。

自身のキャリアを深め、次のステージへ進むためのものとなります。

ワークポート

ワークポート

求人数 72,100以上
対応エリア 全国・海外
転職のサポートの有無
料金 無料
運営会社 株式会社ワークポート

※2024年1月時点

ワークポートは、専任の転職コンシェルジュが転職をサポートしてくれるサービスです。

業界の深い事情まで共有してもらえるため、成功するための転職活動が可能です。

スピーディーな転職も可能で、個人の希望にできるだけ寄り添ってもらえます。

新たな職場探しを、すぐに始めたい方にもおすすめです。

ワークポートの詳細はこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェント

公開求人数 63,000以上
対応エリア 全国・海外
転職のサポートの有無
料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ

※2024年1月時点

マイナビエージェントは、豊富な実績を持つ業界専任のアドバイザーが在籍しています。

webライターに特化したサポートが受けられるでしょう。

非公開求人も数多く扱っており、自分の経験やスキルを活かせる転職先をチェックできます。

ライフワークバランスの調整を考えている50代にも、マイナビエージェントはおすすめです。

マイナビエージェントの詳細はこちら

第二新卒におすすめの転職エージェント

第二新卒とは、新卒入社後に早期に退職し、再び転職活動を行う人材を指します。

第二新卒の場合、まだ職歴が浅いため、自分のキャリアパスを明確にすることが重要です。

第二新卒に向けたサポートが手厚い転職エージェントを選んでください。

doda

doda

公開求人数 202,000件以上
対応エリア 全国・海外
転職のサポートの有無
料金 無料
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※2024年1月時点

dodaは、自分にぴったりの求人が探せる転職エージェントです。

求人数が多いため、自分の希望に合った職種を見つけやすい特長があります。

業界に詳しいアドバイザーがついてくれることも、dodaの魅力ですね。

自分一人で新しい仕事を探すよりも、有利に転職活動を進められます。

dodaの詳細はこちら

リクルートエージェント

リクルートエージェント

求人数 395,000件以上
対応エリア 全国・海外
転職のサポートの有無
料金 無料
運営会社 株式会社リクルート

※2024年1月時点

リクルートエージェントは、職種に精通したプロのサポートが受けられます。

若年層のサポートに強いこともメリットですね。

20代前半のwebライターが活躍できる、非公開求人も多数扱っています。

自分の希望やスキルに沿った求人を紹介してもらえるでしょう。

これからのキャリアパスをしっかりと考えながら、転職活動ができます。

リクルートエージェントの詳細はこちら

未経験からWebライターを始めるための5つのポイント

ライターとして企業内で活躍したい!と考えている人の多くが、ライターとしての経験がない状態の方も多いでしょう。

実は皆さんも懸念しているとおり、ライター職自体は経験を重視する企業も多く、どうやったらライターとしてのキャリアの第一歩を踏み出せるか悩んでいる方も居ることでしょう。

未経験からライターを始めるためには、下記の5つのポイントを把握しておくことをおすすめします。

  • 目指したい業界に合わせた技能を身に着ける
  • 積極的に文章に関連するコンテストに応募して実績作り
  • 文章を書く事を習慣化する
  • 応募するときの志望理由は何回も推敲する
  • 転職エージェントを活用して未経験OKの求人を探す

以下で詳しく解説していきます。

目指したい業界に合わせた技能を身に着ける

未経験からライター職を目指したいのであれば、目指したい方向性にあわせた技能を身に着けることも重要です。

ライターといえども実は取り扱う商材が異なる場合、求められるスキルも大きく変わることをご存じでしょうか。

一般的にイメージされるライター職は、出版社に勤めて記事を作成することを思い浮かべることが多いでしょうが、最近では出版業界以外でもライティングスキルが求められることがあるのです。

ネット上のコンテンツならWebライティング

最近ライター職としての求人が増加しているのは、Webメディアのコンテンツを作成するWebライターです。

近年紙コンテンツではなくネット上の記事が読まれる機会が増加しており、様々な企業でライティングの出来る人材が求められています。

Webライティングで求められるのは、文章の技巧を凝らして表現する技法ではありません。

読んでいる人が頭を使わずとも意味が読みとれる文章を書くことが求められるので、簡潔かつわかりやすい文章を書けるスキルが求められるのです。

作文とは異なり、要点を搔い摘んだ表現が必要になります。

ランサーズなどのクラウドソーシングで受注する企業も多いものの、自社で所有しているオウンドメディアの運営者を求める企業も多いため、今後も需要が高くなる可能性があります。

出版社系なら表現力の巧みな文章能力

出版社に努めたいと考えているなら、表現力の巧みな文章能力が求められることが多いです。

読んでいる側に伝わりやすく、状況をイメージさせやすい言葉遣いをすることが求められるので、日本語の語彙力が必要になります。

また自分の表現力だけではなく、編集長からのOKが出なければ世にでることはないので、経験を積む必要もあります。

積極的に文章に関連するコンテストに応募して実績作り

未経験からライター職に転職したい場合には、積極的に文章に関連するコンテストに応募して実績を作ることも大切です。

ライター職は日々文章に触れることになるので、ある程度の文章力を面接官に示すことが重要になります。

ライティング能力を示すためにクラウドソーシングで請け負ったコンテンツの単価を示すのもOKですし、小説のコンテストに応募して受賞した歴を示すでもよいでしょう。

第三者目線から見た客観的評価を示すことで、皆さんの文章力を示すことができるので、普段から実績作りをしておくことをおすすめします。

文章を書くことを習慣化する

ライターになりたいのであれば、普段から文章を書くことを習慣化しておきましょう。

上述した通り、ライター職は毎日文章を書く事になりますから、普段から書くことに慣れていないといざ転職できても仕事が辛くなってしまいます。

また面接で文章を書くことがすきと伝えても、習慣的に書いていることが伝わらなければ、相手に不信感をいだかれてしまうでしょう。

毎日少しでも文章を書く事を日常に取り入れていくことをおすすめします。

応募するときの志望理由は何回も推敲する

未経験でライター職に応募するときには、志望理由などの文章記入欄は何度も推敲することをおすすめします。

ライター採用をするとき、書類に記載されている文章がグダグダな場合、採用担当者から書類選考の段階で採用見送りにされてしまう可能性があるのです。

いくら文章が得意でも相手に伝わりづらい文章になってしまっては、転職の最初の関門である書類選考を突破することはできません。

採用確率をUPさせるためにも、応募するときの志望理由は何回も推敲して、伝わりやすいかをチェックしておくことをおすすめします。

転職エージェントを活用して未経験OKの求人を探す

未経験からライターに転職したいのであれば、転職エージェントを活用して、未経験OKの求人を優先して紹介してもらうようにしましょう。

転職エージェントでは皆さんの要望に合わせて求人紹介をしてくれますので、自社で取り扱っている未経験可のライター求人を優先的に紹介してくれるかもしれません。

ただし1社だけの利用だと集められる求人が少ない可能性もありますので、転職エージェントを複数活用することをおすすめします。

当サイトで人気の転職サイト
初めての転職ならdoda!求人数No.1の転職サイト
doda doda
公開求人数 40,000件以上
非公開求人 80%以上
対象エリア 全国
おすすめタイプ 着実なキャリアアップ

\はじめての転職ならココ!圧倒的求人数/

公式サイトはこちら

Webライターに向いている人の特徴

ライターに向いている人の特徴は、以下の通りです。

  • 文章を書くのが好きな人
  • 色んな事に興味関心がある人
  • タイピングが得意な人

ライターは文章を使って担当者に対して色んな情報を発信していくので、文章を書くのが好きな人に向いているといえるでしょう。

ただ作文が得意とかではなく、言葉で何かを説明することが好きな人の方が向いているといえるでしょう。

またいろんなことに興味関心がある人も、ライターへの転職が向いているといえます。

ライターとして働く際には、自分の専門領域外のことでも調査を実施して、わかりやすく記載することが求められます。

興味関心の幅を広げて、新しい知識を吸収することが苦にならない人にも、適性があるといえます。

業務は基本的にパソコンで実施していくので、タイピングが苦にならない人も向いているといえるでしょう。

Webライターで市場価値を高める方法

Webライターとして市場価値を高めたい人は、以下のポイントをチェックしましょう。

  • 専門性を身に着ける
  • 企画提案や取材の経験を積む
  • 関係法律を把握して法律遵守の記事を書ける
  • ニーズに合ったライティングができる

ライティングスキルに、専門性やレアリティがある人はどの業界でも重宝される傾向です。

報酬アップにもつながるので、スキルを磨きましょう。

専門性を身に着ける

ライターとして専門性が身に付けられれば、より報酬が高い案件の記事を担当できます。

自分が興味のある分野からトライし、詳しいスキルや情報などを紹介しましょう。

専門性が高いライターは、クライアントからの信頼がアップします。

継続的な依頼につながるだけでなく、高単価の案件を担当できる可能性があるので、専門性を磨きましょう。

企画提案や取材の経験を積む

企画提案や取材の経験があれば、コンテンツ立案やインタビューの案件が請け負えます。

どんなインタビュー対象者にも適切なコミュニケーションをとり、ニーズに合った記事を書く技術があればあらゆる業界から重宝されます。

コミュニケーション能力が高くフットワークが軽いライターは、仕事の幅が広げられるでしょう。

ライティングだけでなくコンテンツ制作の付加価値を高めることで、よりレベルの高い案件を担当できる可能性がアップします。

関係法律を把握して法律遵守の記事を書ける

Webライターは執筆記事に関係する法律の理解が重要です。

コンテンツ著作権だけでなく、化粧品や健康食品に関わる薬機法などに詳しくなりましょう。

法律関係のライティングをする場合は、民法や商法、独占禁止法など全体的な知識が求められます。

法律関係を題材にしたライティングは、深い理解があれば高単価が望めるため、市場価値のアップが期待できるでしょう。

法律の把握は、担当する案件によって範囲が異なるので注意してください。

ニーズに合ったライティングができる

Webライターは、ニーズに合ったライティングをすることが基本です。

読者が求める情報をまとめ客観的に評価される文章を書かなくては、市場価値はアップしません。

クライアントのターゲットによっても求められる記事の内容が異なります。

コラムや広告など依頼されるコンテンツによって様々なスタイルを使い分けることで、Webライターとしてのスキルも磨けるでしょう。

自分の志望業界に合わせた転職サイト・エージェントを利用しよう!

いかがでしたか?

この記事ではライター職の転職に利用できる転職サイト・エージェントを紹介してきました。

どのサービスも広告業界やWEB業界など専門とする業界がわかれています。

自分の興味のある業界に合わせてサービスを選ぶことで、より希望に沿った転職ができるでしょう!

今回この記事で紹介した転職サイト・エージェントで興味があるものがあれば、是非登録してみてくださいね!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件