Webディレクターに強いおすすめ転職サイト・エージェントランキング【2024年】

Webディレクターに強いおすすめ転職サイト・エージェント

【PR】サイト上のアフィリエイト広告利用について
転職サイト比較plusは、企業とアフィリエイトプログラムを提携しております。 そのため当サイト経由で登録・利用があった場合、掲載企業からアフィリエイト報酬を受け取っております。 収益に関しましてはサイトのコンテンツ向上に使用し、より正確な情報提供を行ってまいります。

今生活の中でWebサイトは必要不可欠な存在になっています。

そのため、Webに関する業界の需要も高くなっています。

今回はWeb関連の仕事の中でも責任範囲の広い業種「Webディレクター」について解説します。

これからWebディレクターを目指す人に役立つ情報をまとめて紹介するので是非参考にしてみてください。

目次

Webディレクターに転職したい人におすすめの転職サイト8選

Web業界を目指す人が増えてきている時代でもあるので、Web業界やIT業界への転職に力を入れている転職エージェントも多く存在します。

以下ではWebディレクターをこれから目指す人におすすめの転職エージェントを8社紹介します。

doda

doda

Webディレクター関連の求人数 1600件程度
対象エリア 全国
未経験
dodaのおすすめポイント

dodaは他の転職エージェントと比べて、求人数が圧倒的に多いのが特徴です。

そのため、条件を絞っても自分の理想の企業に出会える可能性が非常に高く、多くの転職希望者から利用されています。

また公開求人だけでなく非公開求人も多く取り揃えており、その全ての企業の質が高いとされています。

首都圏だけでなく地方や海外への転職にも幅広く対応しているので、必ず転職活動の際には登録してみるべきだと思います。

dodaを実際に利用した人たちの口コミ・評判

dodaはサイトとエージェントをサービス内で併用できるのが良かったです。dodaとリクルートエージェントのエージェントは他者よりも対応が丁寧でした。dodaのエージェントは今までと違った種類の求人に応募すると、本当に応募してよいか確認を取ってくれました。利用者一人一人に対して、気を配っている印象があり、とても好印象でした。
25歳 男性
キャリアチェンジで27の時に、Web業界へを志しました。書類で落ちることも多かったですが、dodaから応募した求人は書類は通過しやすかった印象があります。サイト自体も非常に使いやすく、見やすかったです。総合的な転職サイトで求人数も多いので、何を使っていいか分からない方はdodaに登録しておくと間違いないと思います。
28歳 女性

doda詳細ページ

レバテックキャリア

レバテックキャリア

Webディレクター関連の求人数 560件程度
対象エリア 全国
未経験
レバテックキャリアのおすすめポイント

レバテックキャリアは、IT・WEB業界の求人に特化したサービス。

利用者の60%以上が、年収アップに成功しているエージェントです。

15年の経験からあなたのニーズに合った求人をアドバイザーが提案してくれますよ。

マッチング精度が高く、初回の提案での内定率は90%。

なるべく早く転職先を決めたい方におすすめ。

Webディレクター関連の求人は、550件程度です。

最速で1週間の内定実績もあるエージェントサービスですよ。

レバテックキャリアを実際に利用した人たちの口コミ・評判

IT・Web業界内での転職を考えている方は、間違いなく登録すべきサービスです。求人数も多く、質もかなり高い印象でした。エージェントも業界内の転職事情に特化しているので、どこよりも深い情報を提供してくれました。役立つ情報が多く、書類の添削もどこよりも細かかったです。
29歳 男性
ブラック企業気味の会社から抜け出すためにこちらに登録しました。月残業時間40時間以内の会社を希望条件にエージェントに交渉したところ、希望にあった求人を紹介してもらいました。すぐに面接に至り、あっという間に次の就職先が決まりました。年収は数十万円程度下がりましたが、心にも時間にも余裕ができたので、一度も転職をして後悔はしていません。
32歳 女性

 

ワークポート

ワークポート

Webディレクター関連の求人数 400件程度
対象エリア 全国
未経験
ワークポートのおすすめポイント

ワークポートは、IT・WEB業界を得意とする転職エージェント。

総合型のエージェントでありながら、IT・WEB業界の求人を多く扱っているのが特徴。

Webディレクター関係の求人は、400件程度扱っています。

オリジナル転職支援ツールと転職コンシェルジュのサポートにより、あなたの転職を成功に導きます。

ツールで簡単に履歴書や職務経歴書を作れるので、とりあえず登録してみるのがおすすめ。

19年間で積み上げてきた実績を元に転職コンシェルジュがあなたの状況に合わせた求人を紹介してくれますよ。

ワークポートを実際に利用した人たちの口コミ・評判

最初に担当になった人は適当な印象でしたが、交代で担当してもらった方は非常に優秀でした。紹介してもらう求人もどれも自分のニーズに合うものでした。書類審査で落ちてしまうものが多かったですが、面接対策のアドバイスや書類添削などのサポートの手厚さも含めると、サービス自体には非常に満足しています。
24歳 男性
メルマガが多く配信されるのが気になりましたが、それ以外は満足です。エージェントが紹介してくれる求人も、評判の低い企業は見当たりませんでした。適当に紹介しているわけではないことがちゃんと分かりました。面接前日の対策は非常にためになり、本番で聞かれるものが多かったです。面接本番でアタフタすることなく対応できたので、良かったです。無事ワークポートに紹介してもらった求人に内定をもらえ、転職しました。
29歳 女性

リクナビNEXT

リクナビNEXT

Webディレクター関連の求人数 400件程度
対象エリア 全国
未経験
リクナビNEXTのおすすめポイント

リクナビNEXTは大手求人サイトであり、リクルートグループが運営しているため知名度も高く転職活動をしている人も多数利用しているといわれています。

また大手なだけあって幅広い業種や職種の求人を多く取り扱っており、企業に対するこだわりが強い人にもおすすめの転職エージェントです。

週に2回新しい求人がアップデートされるので、日々新着の求人をチェックすると良いでしょう。

リクナビNEXTの求人サイトはとにかく使いやすく便利なので登録だけでもしてみてください。

リクナビNEXTを実際に利用した人たちの口コミ・評判

リクナビNEXTは地方に住む私にとってはとても重宝しました。求人数が多く、他の転職サイトよりも圧倒的に地方求人が多かったです。サイト自体が使いやすかったので、基本的にリクナビをメインで利用していました。
24歳 男性
上司ガチャに失敗し、毎日無視される日々に耐えられず、半年で辞めました。リクナビNEXTで転職活動をしていると、オファーが来ます。オファーが来た会社の中に、自分が気になった会社もあったので、何社か受けました。2社から内定をもらえ、1か月で無事転職活動を終わらせられました。
29歳 女性

リクナビNEXT詳細ページ

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント

Webディレクター関連の求人数
対象エリア 全国
未経験
マイナビエージェントのおすすめポイント

マイナビエージェントは、20代・第二新卒・30代前半の比較的若年層向けの求人を取り扱っている転職エージェントです。

大手人材会社のマイナビが運営していることもあり、知名度は非常に高く多くの人が利用しているエージェントです。

マイナビエージェントはWeb業界やIT業界に特化しており、その業界に特化したアドバイザーが在籍しています。

Web業界やIT業界に詳しいアドバイザーが手厚く転職活動のサポートをしてくれるのも人気の理由のひとつです。

マイナビエージェントを実際に利用した人たちの口コミ・評判

1社目に勤めた会社で任せられていた仕事にやりがいを感じられず、すぐに転職することに決め、こちらに登録しました。ここのエージェントはとても親切でした。職務経歴書はこと細かく指摘を受け、具体的な数字を入れたり、表現を直したりなどブラッシュアップしました。書類審査通過率が今までの2倍くらいになったので、エージェントさんには非常に感謝しています。
24歳 男性
いろんなエージェントに登録しましたが、やはり大手のマイナビとリクルートエージェントの対応が良かったです。マイナーなサービスだと、初回面談後に連絡がないことが多々ありました。それに対して、マイナビのエージェントは求人紹介もその後の対応も他のサービスより提供が早かったです。結論ファーストで説明してくれるので、話も非常に聞きやすかったです。困った時は毎回、マイナビのエージェントに聞くようにしていました。
31歳 男性

マイナビエージェント詳細ページ

Geekly(ギークリー)

ギークリー

Webディレクター関連の求人数 510件程度
対象エリア 首都圏中心
未経験
Geeklyのおすすめポイント

Geeklyは、IT・WEB・ゲーム業界専門の転職エージェント。

求人と就職希望者のマッチング精度が高く、書類通過率が高いのが特徴。

書類審査が通過せず、悩んでいる方に特におすすめ。

利用者の88%が現職を続けながら、転職成功しています。

忙しい合間を縫って、転職活動している方は、利用してみるのがおすすめですよ。

Webディレクターの求人数は、500件程度と多く扱っています。

Geeklyを実際に利用した人たちの口コミ・評判

GeeklyがITに強いサービスであると聞いたので、登録しました。Webディレクター求人を探していたのですが、他のサイトよりもかなり多かったです。エージェントの対応も普通で特にサービスに不満を感じることはありませんでした。レスポンスは早かったので、総合的にはとても満足しています。
29歳 男性
担当者がとても接しやすい方で、非常に頼りやすかったです。自分の経験を生かせる求人をいくつか紹介してもらえました。企業ごとの内情も把握しているようで、雰囲気の良い会社を中心に紹介してくれました。働きやすい環境で働けており、ギークリーを利用して良かったと思っています。

マスメディアン

マスメディアン

Webディレクター関連の求人数 380件程度
対象エリア 全国
未経験
マスメディアンのおすすめポイント

マスメディアンは広告業界やWeb業界、マスコミ業界への転職に特化している転職エージェントです。

求人数はそれほど多くないですが、業界に特化していることからそれらの業界への転職希望者からは人気のある転職エージェントとなっています。

しかし、首都圏内の企業の求人がほとんどなので、地方への転職を考えている人は他の転職エージェントと併用して利用することをおすすめします。

マスメディアンを実際に利用した人たちの口コミ・評判

メディアを限定して探せる機能があったので、便利だと思い利用しました。サービスに含まれる面接サポートが非常に重宝しました。面接で聞かれることやNGな受けごたえの仕方を教えてもらい、転職始めての私には非常に助かりました。
25歳 男性
マスメディアンを利用して、2回転職した者です。マスコミ業界の内情を、在籍しているエージェントが一番把握しているサービスだと思います。業界知識は他者のエージェントと圧倒的に差がありました。キャリアアドバイザーのアドバイスもこちらの要望を聞いた上で、提案してくれているものなので、とても納得できました。
29歳 女性

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント×IT 画像

Webディレクター関連の求人数 510件程度
対象エリア 全国
未経験
リクルートエージェントのおすすめポイント

リクルートエージェントもまた、業界最大手の「リクルートグループ」の運営する転職エージェントです。

リクルートエージェントは転職希望者の内定実績が業界でトップクラスであり、日本で1番利用者が多いとされています。

優良企業の求人が多く、実績を積んだアドバイザーが内定までのサポートを丁寧に行ってくれるので安心です。

リクルートエージェントを実際に利用した人たちの口コミ・評判

エージェントは沢山使いましたが、リクルートエージェントの担当者が一番頼りになりました。面接前日に毎回連絡をくれたのが、とても心打たれました。他サービスで応募した求人に対しても、いろんなアドバイスをくれました。業界大手の会社が運営しているサービスとしてふさわしいと感じました。
28歳 男性
初めての転職で手探りでやっているときに、こちらを利用させてもらいました。エージェントがとても優秀で初回面談から求人紹介、面接対策まで他のサービスよりも深く対応してくれました。例えば、面接シートを送ってくれたり、面接官がどんな人でどんなところを見ているのかまで、教えてくれました。誰でも利用しやすいサービスだと思いました。内定ももらえたので、とても満足しています。
27歳 女性

リクルートエージェント詳細ページ

20代のWebディレクターにおすすめの転職エージェント

20代のWebディレクターが活用できるエージェントをチェックしましょう。

将来のキャリアパスを考えてくれる転職エージェントは、転職で強い味方になります。

20代向けの転職エージェントを確認してください。

doda

doda

Webディレクターの公開求人数 1,800件以上
対応エリア 全国・海外
転職のサポートの有無
料金 無料
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※2024年1月時点

dodaは、20代に特におすすめの転職エージェントです。

WEB業界の求人数が圧倒的に多く、幅広い選択肢からマッチする企業を見つけやすい特徴があります。

専任のキャリアアドバイザーが丁寧に指導してくれることもメリットですね。

自分のキャリアをしっかりと考えながら転職活動を進めることができます。

求人情報の質も高く、将来性のある企業との出会いが期待できるでしょう。

dodaの詳細はこちら

リクルートエージェント

リクルートエージェント

Webディレクターの公開求人数 290件以上
対応エリア 全国・海外
転職のサポートの有無
料金 無料
運営会社 株式会社リクルート

※2024年1月時点

リクルートエージェントは、20代の転職活動にもおすすめです。

ポテンシャルを活かせる求人の紹介が受けられるエージェントです。

実績豊富なサポート体制が整っていることから、丁寧に転職活動をサポートしてくれます。

大手企業からベンチャーまで幅広い求人情報があることも、リクルートエージェントの特徴ですね。

自分に合った転職先を見つけたい人は、リクルートエージェントを活用してください。

エージェントの活用により、転職成功に近づけるしょう。

リクルートエージェントの詳細はこちら

30代のWebディレクターにおすすめの転職エージェント

30代のWebディレクターにおすすめの転職エージェントを紹介します。

ミドル世代の経験者は、転職で即戦力を求められることが多くなるでしょう。

スキルや実績をPRできれば、高いポジションの転職につなげられます。

30代の転職にベストな転職サービスを活用してください。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

Webディレクターの公開求人数 530件
対応エリア 全国・海外
転職のサポートの有無
料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ

※2024年1月時点

マイナビエージェントは、今後のキャリアに向けて転職活動が行えます。

キャリアのゴールや目標を、一緒に考えてくれるエージェントです。

WEB業界の豊富な求人数を誇るため、自分にぴったりの求人を見つけられるでしょう。

信頼性の高い大手の運営で、手厚いサポート体制も魅力です。

将来を見据えながら、着実に転職を成功させたい30代におすすめのエージェントです。

マイナビエージェントの詳細はこちら

ワークポート

ワークポート

Webディレクターの公開求人数 900件以上
対応エリア 全国・海外
転職のサポートの有無
料金 無料
運営会社 株式会社ワークポート

※2024年1月時点

ワークポートは、IT業界に強い転職エージェントです。

転職サポートでは、業界や職種、地域に特化した専任のアドバイザーが付きます。

専門性の高いサービスを提供しており、自分にあった求人を見つけられるでしょう。

30代にとって、スキルや経験が生きる転職活動の手助けになります。

キャリアの発展を考えている人にもおすすめのエージェントです。

ワークポートの詳細はこちら

40代のWebディレクターにおすすめの転職エージェント

40代のWebディレクターは、転職エージェント選びにこだわりましょう。

転職では、人の名以上のスキルや経験を求められる傾向があります。

転職エージェントを利用することで、理想の転職先と出会う可能性がアップします。

type転職エージェント

type転職エージェント 画像

Webディレクターの公開求人数 240件以上
対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉 首都圏のみ
転職のサポートの有無
料金 無料
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター

※2024年1月時点

type転職エージェントは、キャリアアドバイザーが専任で転職活動をサポートします。

非公開求人が約60%存在し、自分では探せない求人も保有しているエージェントです。

一般には公開されていない、魅力的なWebディレクターの求人を共有してもらいましょう。

企業とのやり取りもキャリアアドバイザーが代行し、スムーズな転職活動をサポートしてもらえます。

エージェント独自の求人もあり、幅広い転職先を見つけられるでしょう。

type転職エージェントの詳細はこちら

JACリクルートメント

JACリクルートメント

Webディレクターの公開求人数 80件以上
対応エリア 全国・海外
転職のサポートの有無
料金 無料
運営会社 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント

※2024年1月時点

JACリクルートメントは、エージェントです。

実績のあるシニア世代にも、丁寧なサポートを行っています。

WEB業界に精通したキャリアアドバイザーから、アドバイスが受けられるでしょう。

加えて、高年収やハイクラスの求人情報を豊富に提供しています。

グローバル人材にも特化しており、語学力を生かしたキャリアチャンスにも出会えるでしょう。

JACリクルートメントのサポートを受けて、理想の転職先を見つけてください。

JACリクルートメントの詳細はこちら

50代のWebディレクターにおすすめの転職エージェント

50代のWebディレクターにおすすめのエージェントを紹介します。

シニアは定年までの時間が長くはないため、転職先が見つかりづらいことが課題です。

転職成功のためには、正社員以外のキャリアも考えましょう。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

Webディレクターの公開求人数 1,400件以上
対応エリア 全国・海外
転職のサポートの有無 ×
料金 無料
運営会社 株式会社リクルート

※2024年1月時点

リクナビNEXTは、自分のペースで転職活動が行える求人サイトです。

求人数が多く、幅広い転職先をチェックできるでしょう。

2万社以上の利用企業や、400社以上の転職エージェントからのオファー機能が便利です。

非公開求人の紹介オファーもあり、自分に合った求人情報を受け取ることができます。

こだわり条件で検索が可能で、求人情報が一目で分かりやすいことも特徴ですね。

リクナビNEXTを活用すれば、理想に近い転職先に出会えるでしょう。

ただし、書類添削や模擬面接といったエージェントサービスは受けられないので注意してください。

リクナビNEXTの詳細はこちら

フロム40

フロム40

Webディレクターの公開求人数 2件
対応エリア 全国
転職のサポートの有無
料金 無料
運営会社 株式会社ダトラ

※2024年1月時点

フロム40は、40代や50代のミドル・シニア・中高年向けの転職サイトです。

正社員だけでなく、契約社員・派遣・パート・アルバイトなど、幅広い雇用形態の求人を扱っています。

企業からのオファー機能もあり、自分に合った求人情報が受け取れるサービスです。

WEBディレクターとしての経験が活かせる求人も、効率的にチェックできます。

フロム40を活用して、新たなキャリアの可能性を追求しましょう。

フロム40の詳細はこちら

第二新卒のWebディレクターにおすすめの転職エージェント

第二新卒のWebディレクターに向けておすすめのエージェントを紹介します。

入社してからの日が浅い第二新卒は、高い経験値を求められない企業を選びましょう。

未経験歓迎の求人に応募してもいいですね。

大手企業では第二新卒を歓迎しているケースもあります。

転職エージェントを利用することで、自分とマッチ率が高い転職先を見つけられます。

ジョブドラフトNext

ジョブドラフトNext

求人数 非公開
対応エリア 全国
転職のサポートの有無
料金 無料
運営会社  株式会社ジンジブ

※2024年1月時点

ジョブドラフトNextは、若年層に特化している転職エージェントです。

高卒・第二新卒者や既卒者を対象に、正規雇用での就職・転職サポートを行っています。

徹底的な転職指導が受けられ、自分の可能性を最大限に引き出すことが可能です。

エージェントでは各種講座も提供されており、スキルアップにも役立ちます。

Webディレクターだけでなく、Web関係の仕事全般を視野に入れた転職にもおすすめです。

DYM転職の詳細はこちら

ワークポート

ワークポート

Webディレクターの公開求人数 900件以上
対応エリア 全国・海外
転職のサポートの有無
料金 無料
運営会社 株式会社ワークポート

※2024年1月時点

ワークポートは、未経験でも応募できる求人を多く保有しているエージェントです。

経験者が転職で有利になるためには、あえて未経験歓迎の人材募集を選ぶこともおすすめです。

キャリアアドバイザーは、第二新卒や若手層の転職サポートに強みがあります。

豊富な実績を持つアドバイザーから、丁寧なサポートが受けられるでしょう。

転職のノウハウも豊富で、Webディレクターとして長くキャリアを続けたい第二新卒の活用しやすいエージェントです。

ワークポートを活用することで、自分にマッチする条件の転職先と出会えるでしょう。

積極的にサービスを活用して、新しいキャリアへの可能性を広げてください。

ワークポートの詳細はこちら

Webディレクターとは

Webディレクターとは、Web制作の現場における責任者のことを言います。

クライアントと制作現場の間に立ち、制作チームをまとめる役割をしています。

決して簡単な仕事ではなく、今後のWeb業界を支えるとても重要な役割をになっています。

Webディレクターの仕事内容

Web業界にはさまざまな役割をもつ職種が存在しますが、Webディレクターは制作現場の監督のような立ち位置です。

クライアント企業からの要望やニーズを考慮して設計図を作り、制作の進行を指揮していきます。

また、人員の確保や必要な予算などを決めるのもWebディレクターの仕事になるので、Webディレクターの仕事内容は多岐に渡り、相当な知識量とスキルが必要とされています。

Webディレクターに求められるスキル

ここでは、Webディレクターが求められるスキルを3つ紹介します。

Web制作に関する知識

WebディレクターはWebに関するビジネスですので、Webに関する知識を身に付けることは必須です。

制作にどれくらいの日数が必要か、どのようなシステムが最適か、など知識がなければ、指揮をとることはできないでしょう。

そのため、実際にプログラミングをするわけではありませんが、ある程度のWebに関する知識は持っておくべきです。

マネジメントスキル

WebディレクターはWebを制作するにあたって、人員の確保や予算の設定が必要です。

また、どの役割の人にどの仕事を任せるのか指示を出していかなければなりません。

そのため、関わる全ての人に指示を出し円滑にプロジェクトを進めていくためにはマネジメントスキルも求められます。

コミュニケーションスキル

Webディレクターはクライアントだけでなく、エンジニアやプログラマーなど制作に関わる全ての人とコミュニケーションを取らなければなりません。

そのため、コミュニケーション能力も必要とされています。

Webディレクターは未経験でもなれるのか

Webディレクターは未経験からでも目指すことのできる職種です。

しかし、相当な知識量やスキルが求められるのでWebに関する知識がそれほど備わっていない人にはおすすめしません。

まずはエンジニア職やプログラマーなど制作に関わる職種からチャレンジすると良いでしょう。

Webディレクターの年収事情

IT業界やWeb業界は他の業界と比べると年収が高いとされています。

IT技術の普及が進んでいる現在では、IT業界やWeb業界の仕事内容は難しいものとされています。

このことから、年収が高く設定されているのは、相応の仕事量であるということがわかります。

また実績重視の業界になるので、良い結果を出せなければいつまでも年収は上がらないでしょう。

反対に、頑張り次第では年収が大幅に上がることも期待できるので常に向上心を高く保たなければなりません。

Webディレクターが持っていると良い資格

Webディレクターになるのに、必須で取得しなければならない資格はありません。

しかし、転職をする際に有利になる資格もあるので、取得する人は少なくありません。

以下では、Webディレクターを目指す人におすすめの資格を紹介します。

Web検定

Web検定とはWeb業界を目指す人が必要な知識や技術を習得できる検定です。

難易度はそれほど高くなく、Webに関する知識のない初心者でも受けやすい内容。

Web検定資格を取得していることで、Webに関する基礎的な知識を持っていることを企業にもアピールできるので、まずはここから初めてみると良いのではないでしょうか。

ITパスポート

ITパスポートは、ITの基礎的な知識を習得することのできる国家資格です。

また、ITの知識だけでなく経営管理の知識やマネジメントの知識も習得できるのでWebディレクターを目指す人にはぴったりの資格だと考えられます。

ITパスポートはかなりメジャーな資格なので、保有していると転職活動でも必ず有利に働くことでしょう。

ネットマーケティング検定

ネットマーケティング検定では、インターネットを活用したビジネスで最も効果的なマーケティング方法を習得できる資格です。

ビジネスの企画や立案をする際に活かすことのできる知識を幅広く学ぶことができ、Webディレクターになった後も役に立つ資格だと考えられます。

ITやWebに関する資格だけでなく、マーケティング関連も習得することをおすすめします。

Webディレクターに向いている人の特徴

未経験ではその役目を果たすことが難しいとされるWebディレクター。

ここではWebディレクターに向いている人の特徴を紹介します。

是非自分と照らし合わせてみてください。

責任感が強く、リーダー的気質がある

Webディレクターは制作チーム全般の指揮をとっていかなければなりません。

責任感が強く、普段から仲間の中心に経つリーダー的な存在の人に向いている職業だと言えます。

ただ指示を出すのだけではなく、チーム全員のメンタル面にも考慮して作業を進めていくのもWebディレクターの仕事のひとつです。

そのため「うまくチームをまとめることに自信がある!」とリーダー気質のある人には向いているでしょう。

新しい事を学び続けることができる

日々新しい情報が飛び交うWeb業界では、常に新しい情報をアップデートしていかなければなりません。

Web業界で働くということは毎日が勉強であり、次々に入ってくる難しい知識に挫折してしまう人も多くいます。

そのため常に新しいことに興味を持つことができ、学び続けることができる人に向いている職業です。

Webディレクターに転職するためにしておくと良いこと

Webディレクターになる前に何か準備しておくと良いことはあるのでしょうか。

以下ではWebディレクターに転職したい人が、しておくと役立つことを紹介します。

転職エージェントに登録する

未経験であれば転職エージェントを頼りましょう。

Webディレクターは未経験では難しいとされていますが、IT業界やWeb業界では人手不足が問題となっているので1から育成してくれる企業も存在します。

転職エージェントではそういった企業の提案もしてくれますので、是非一度相談してみるべきだと考えます。

Web関連の資格を取得する

Web業界に足を踏み入れる前に、ある程度のWebに関する知識を身に付けましょう。

そのため、初心者でも取得しやすい資格の取得にチャレンジすると良いでしょう。

資格取得をすることで企業から目をつけてもらうこともできるかもしれません。

転職にも有利になりますし、入社後も役立つ知識を習得できるので資格の取得を強くおすすめします。

企業の情報収集を行う

どのような業界を目指すとしても、企業の情報収集は必須です。

初心者でWebディレクターへの転職を希望するのであれば、企業がどのような研修を行っているのかを重視しましょう。

情報収集の方法は企業のホームページやクチコミサイト、実際に企業を見学させてもらうなどさまざまです。

企業を知ることで入社後のギャップを少しでも軽減できて安心です。

Webディレクターって激務なの?激務と言われる理由

「Webディレクター」と検索すると「激務」や「ハードワーク」と出てくることが多いです。

Web業界にはたくさんの難しい知識が必要なので、それを一般の人に説明をし理解してもらうことは難しいでしょう。

そのため、クライアントとのコミュニケーションがうまくいかなかったり、思うように営業が進まなくてモチベーションが下がったりとさまざまな理由で続けられない人が少なくありません。

また、新しいことを学び続けないとならない業界なので休日にも勉強しないと追いつけなくて、プライベートとのオンオフがうまくできないようになってしまうことも。

そのため、Web関連の仕事に就く人は自分のスケジュール管理をしっかりできる人でないと続けることが難しいと考えられます。

まとめ

今回この記事では、これからWebディレクターに転職を考えている方に役立つ情報を紹介しました。

Webディレクターは仕事の内容が多岐に渡りハイレベルな知識や能力が求められる仕事です。

しかし、チームで制作に取り掛かり、Webサイトを作り上げる現場の中心に立つWebディレクターの仕事はとてもやりがいのある仕事です。

未経験でも努力次第では目指すことのできる職種です。

必要な情報をたくさん集めて、Web業界にチャレンジしてみてください!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件