転職会議はあてにならない?口コミの信憑性とメリット・デメリットも解説

転職会議はあてにならない?口コミの信憑性とメリット・デメリットも解説

転職を検討する時、やはり気になってしまうのが企業の口コミですよね。

転職に関する口コミを専門に扱う国内最大級の口コミサイトである「転職会議」は、企業研究や評判の確認でもよく利用されています。

ただ、リアルな情報が手に入るメリットがある一方で、転職会議の口コミはあてにならないなんて声も。

そこでこの記事では、転職会議の口コミの信憑性や転職会議を利用するメリット・デメリットについて紹介していきます。

情報収集のツールとして転職会議を活用したいという方はぜひ目を通してみてください。

転職会議とは

転職会議とは、株式会社リブセンスによって運営されている口コミサイトです。

転職系専門の口コミ情報を提供していて、国内でも最大規模の口コミ情報量を誇っていることから、多くのユーザーに利用されていますよ。

口コミの閲覧だけでなく求人検索もできるため、転職活動に活用している人も多いでしょう。

転職会議とは?実際に利用した人たちの口コミ・評判まとめ

転職会議の基本情報

転職会議の基本情報については下記の通りです。

転職会議の基本情報
口コミ登録企業数 約172,908件
求人数 約199,793件
会員数 700万人以上
エージェントサービス なし
対象エリア 全国

転職会議が当てにならないといわれる理由

転職会議は当てにならないという声もありますが、そのように言われている理由は主に下記の3つです。

  • 信憑性についての精査は十分とはいえない
  • そもそも口コミには主観が含まれている
  • 身バレを恐れて本音を書けない人もいる

信憑性についての精査は十分とはいえない

転職会議の口コミはその仕組み上、誰でも自由に書き込むことができます。

企業のイメージアップのために意図的にポジティブな内容を書いたり、反対に企業に恨みがある人が事実以上にネガティブな内容を書くこともできてしまうんですね。

転職会議では目視によるやらせ・不正対策が行われていますが、目視だけでやらせや不正を判断できるのかは疑問が残ります。

信憑性を精査する体制としてはやや頼りない印象がありますね。

そもそも口コミには主観が含まれている

口コミにはそもそも投稿者の主観が含まれるものです。

投稿が本当に事実に基づいているかを判断するのは難しいですし、投稿者の感じ方によっては多少オーバーな表現で口コミがかかれることもあるでしょう。

口コミというもの自体の性質として、内容を完全に信用するのはリスクがあるということも理解したうえで利用するのが良いですね。

身バレを恐れて本音を書けない人もいる

自分の経験を活かしてもらえるよう口コミの投稿を検討する人の中でも、身バレを恐れてなかなか本音を書けない人もいます。

投稿はする物の、実際の投稿者の感覚よりもだいぶ控えめな内容になってしまったということもあるでしょう。

投稿者の持つ温度感がそのまま口コミに反映されるかはわからないということですね。

転職会議に投稿したことはバレる?特定される経緯を徹底解説

転職会議のメリット

転職会議の2つのメリット

転職会議を利用する主なメリットは下記の2つです。

  • 国内最大クラスの口コミ情報量
  • 求人検索も可能

国内最大クラスの口コミ情報量

転職会議は口コミ数ももちろん多いですが、その情報量にも定評があります。

会社に対する評価や年収、有休消化率や残業時間等、様々な項目ごとの口コミを閲覧することができますよ。

一度に様々なカテゴリの情報収集でできるのがメリットですね。

求人検索も可能

転職会議では、口コミの確認だけでなく求人検索も可能です。

サイト内で紹介されている口コミ情報と一緒に、約3万社の求人を検索することができますよ。

職種や勤務地で絞り込むことができ、口コミも同時にチェックできるところも転職会議のメリットですね。

転職会議のデメリット

転職会議の2つのデメリット

転職会議を利用するうえでの主なデメリットは下記の2つです。

  • 口コミは会員にならないと閲覧できない
  • 口コミには閲覧制限がある

口コミは会員にならないと閲覧できない

転職会議の口コミは誰でも閲覧できるものではなく、見るためには会員登録が必要です。

さらに自分自身も150文字以上の口コミを1件投稿しない限り、会員登録をしても口コミを見れる時間は48時間限定です。

一度会員登録すればいつでも見られるという仕組みでもないため、転職活動中に活用したいなら会員登録のタイミングも考えなくてはいけませんね。

口コミには閲覧制限がある

お伝えしたように無料会員は基本的に口コミの閲覧時間が48時間と制限されています。

さらにすべての投稿を見れるわけではなく、閲覧数にも制限がかけられているのですね。

全ての口コミを見るためには口コミパスの購入、または口コミ投稿が必要ですよ。

ただし上記のどちらの方法でも、期限は39日間となりますので注意しましょう。

信憑性の高い口コミを見極めるポイント

転職会議の口コミの信憑性をどのようい判断したらいいかわからないという方も多いでしょう。

そこでどんな口コミに注意が必要で、そんな口コミは信憑性が高いと言えるのかのポイントを紹介していきます。

  • 当たり障りのない内容には注意
  • 具体的な数字を入れた口コミは信憑性が高い傾向

当たり障りのない内容には注意

転職会議の口コミの中でも、企業を褒めるでも批判するでもない、当たり障りのない内容には注意しましょう。

転職会議の口コミをたくさん閲覧たくさん閲覧するためには、自身も口コミを投稿する必要があります。

そんな風に口コミを閲覧したい人が、とりあえずで登校した内容である可能性があるのですね。

「年収は自分次第」
「忙しいこともあれば楽な時もあります」

こういった投稿の場合、信憑性はあまり高くないでしょう。

具体的な数字を入れた口コミは信憑性が高い傾向

具体的な数字が入った口コミは、事実に基づいて作成されている可能性が高く、自分の在籍している会社とも比べ安いため参考にもしやすいです。

口コミを閲覧するために取り合えず書いておこう、という人は数字を入れて具体的に説明しようという手間をかけないことが多いですからね。

純粋に参考にしてもらいたい、自分の経験を活かして注意喚起したいというような意図があっての口コミが多く、比較的信憑性が高いと言えます。

転職会議以外でおすすめの転職サービス

転職会議の情報の信憑性に不安がある方におすすめの、信頼度の高い転職サービスを2つ紹介します。

  • doda
  • リクルートエージェント

doda

doda

dodaは幅広い求人を取りそろえる転職エージェントサービスの一つです。

中でもITやweb・エンジニア関連の求人に特に強いのが特徴ですね。

業界経験者でも未経験者でも、エージェントが手厚くサポートしてくれます。

転職会議にはエージェントサービスがありませんので、一人での転職が不安な方にもおすすめです。

大手企業から中小企業の求人まで充実していますので、希望の条件にマッチする求人をきっと見つけられるでしょう。

doda(デューダ)の良い・悪い口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートと言えば、誰もが一度は聞いたことがある大手転職サービスですね。

保有求人数は業界トップクラスで非公開求人も豊富であり、企業側からの信頼も厚いです。

こちらも同じくエージェントサービスを利用できますので、一人での転職活動が不安な方や初めての転職の方にもおすすめです。

業界最大手ならではの、蓄積した転職ノウハウを活かしたサポートで、様々な職種や業界の転職に対応してくれますよ。

非公開求人とは?非公開の理由やメリット・デメリット、応募時の注意点も解説

リクルートエージェントの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

転職会議の口コミは参考程度に活用しよう

転職会議の口コミの信憑性や転職会議を利用するメリット・デメリットについて紹介しました。

転職会議はあてにならないという声もありますが、気になり企業の評判やリアルな声を知ることができる貴重なツールでもあります。

投稿者の主観が入っていたり、本当に事実に基づいているのかの判断が難しい所はありますが、参考程度にチェックすることで思わぬ情報を得ることができるかもしれません。

紹介した信憑性の高い口コミの見極め方も参考にしながら、うまく活用していただきたいと思いますよ。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件