代理店営業は辛い!辛いといわれる理由から解決方法を徹底解説します

代理店営業とは、さまざまな業界で取り入れられている営業方法の一つで、商品の販路拡大にはとても有効な手段でもあります。

しかし代理店営業と聞くと、キツイ・辛いと言われることもあり、大変な仕事とイメージされることも少なくありません。

そこでこの記事では、代理店営業がなぜ辛いと言われるのかその理由から、解決方法までを解説します。

営業に向いている人の特徴・共通点12選!自己適性チェックに活用しよう

代理店営業とは一般的に広告代理店のこと

代理店営業とは、一般的な個人営業や法人営業とはまったく違う営業を行い、必要な能力やスキルも別となってきます

。代理店営業と聞くと、一般的に広告代理店の営業をイメージする人が多くいますが、これも代理店営業の一つです。

広告代理店は人気の業界の一つで、その営業となると華やかないイメージもあります。

ただその激務さから退職する人も多く、大変な仕事と言われることもあります。

ただ代理店営業は広告代理店だけでなく、さまざまな業界で活躍する仕事となっています。

代理店営業が辛いといわれる8つの理由

代理店営業と聞くと、新規開拓や直販営業よりも楽なイメージを持っている人も多く転職先として人気ではありますが、実際はきついことも多く退職者からは辛いという意見を目にすることもあります。

なぜ代理店営業がきついと言われているのか、それは8つの理由があります。

そこでここでは、代理店営業がキツイ・辛いと言われている理由を紹介します。

大手広告代理店の過労死報道からのイメージ

代理店営業と聞くと広告代理店をイメージすることも理由の一つとなっています。

過去に大手広告代理店で過労死報道が出たことで、広告代理店はブラックという印象があるからです。

残業時間が多く法令順守されていない、ワークライフバランスが悪い、有休も取れないなど激務であり過労により自殺してしまうほどなのでは?とイメージから、代理店営業=キツイと言われているのです。

クライアントからの連絡が深夜帯に来る

広告代理店での営業はクライアントからの連絡が深夜帯にくることもあり、仕事の時間が不規則であることもきついと言われている理由となっています。

特に広告代理店では、広告効果が悪いと深夜でも土日でも関係なく連絡が来ることも多く、昼夜関係なく対応しなければいけなくなります。

このようにクライアントに常に対応しなければいけないことをプレッシャーに感じてしまい、きついと感じてしまうようです。

取り扱う案件の多さ

大手広告代理店になると取り扱う案件も多くなり、一人にかかる業務量負担も増えてしまいます。

そうなると平日では間に合わず、土日や深夜に業務をこなさなければいけなくなってしまいます。

特に取り扱う予算が大きい案件だと激務さは増してしまいます。

大手になればなるほど取り扱う案件数も増え、必然的に激務となるためきついと言われてしまうのです。

広告出稿が次から次へとある

広告出稿が多ければ多いほど広告代理店は儲かります。そのため広告出稿のサイクルが早い業界や会社の担当になると大変になります。

特にBtoCの業界と言われる飲食やアパレル・コンビニなどになると、シーズンごとにキャンペーンなどの商戦を仕掛けるため、広告出稿頻度も高くなります。

そうなると1つの広告出稿に10~20の案をクライアントに出す代理店営業は、必然的に忙しくなってしまいます。

こういった事情もあり、広告代理店営業はきついと言われているのです。

入稿のデッドラインが常に迫ってくる

広告には入稿期限というものが定められており、これを守らないと広告を出せません。

そのため案件を多く抱えている人だと、常に入稿のデッドラインに追われてしまう余裕がなくなってしまうのです。

この期限を過ぎてしまうと広告枠を購入していても広告を出せず、大きな損害となってしまいます。こ

のように広告入稿期限に常に追われて業務をこなす必要があることも、キツイ・つらいと言われている理由の一つです。

頻繁に問い合わせが来る

クライアントから頻繁に広告に関する問い合わせが来ると、いつでも対応を求められます。

特に広告効果が悪いと時間関係なく連絡が来るようです。

抱えるクライアント数や出稿先が増えると問い合わせの数が増えてしまい、捌ききれず業務負担が大きくなります。

問い合わせのチャットなどタスクを残したままにはできず、土日や深夜に対応することも少なくないようです。

営業としての権限が少ない

広告代理店の営業は権限が少なく、出稿する広告を決めるのは広告主です。

広告主が大手となると決済権限は、係長クラスと課長や部長などの2パターンあります。

係長クラスの決済ですんなり決まれば良いですが、最終決裁者が出てきて急に「やり直し」ということも珍しくありません。

このように営業がすべてを決められず権限が少なく、クライアント次第では一からやり直しとなってしまうことも、広告代理店営業がつらい・キツイと言われてしまう原因となっています。

精神的に追い詰められやすくなる

上司やクライアントなどたくさんの人と接する広告代理店営業は、出稿期限・数値目標など社内外からのプレッシャーで精神的に追い詰められてしまいがちです。

数値目標が達成できないと上司からなぜ達成できないのかと詰められ、広告効果が悪いとクライアントから改善を求められるなど、そのプレッシャーはとても大きなものです。

これが退職になってしまう大きな原因の一つとなっているのです。

代理店営業をすぐに辞める時のデメリット

代理店営業は、時間が不規則で残業も多くワークライフバランスが取りづらいことだけでなく、社内外からのプレッシャーで退職を選択する人も少なくありません。

しかしせっかく就職した代理店営業をすぐに辞めてしまうことのデメリットもあります。

もちろん辛いと思う仕事を続けていくのは大変ですが、退職前にデメリットを考え本当に退職が自分にとって正しいことなのかじっくり検討するようにしてください。

代理店勤務のネームバリューを失う

広告代理店勤務と言うと、華やかさもあり人に与える印象も良いものになります。

これは代理店勤務だというネームバリューが影響していると言えます。退職するということは、このネームバリューを失うことになるのは大きなデメリットとなります。

「ネームバリューくらい」と思うかもしれませんが、広告代理店勤務というだけで転職先が決まりやすくなるなどキャリア形成に影響することもあります。

大手広告代理店で勤務期間していたという実績を積む前に、辞めてしまうともったいないこともあることを知っておいてください。

早期退職で転職時に悪印象になる

転職する際に早期退職で悪い印象を与えてしまう可能性もデメリットです。職歴に早期退職があると、絶対的に退職理由を聞かれます。

致し方ない事情であれば問題なく転職が決まるかもしれませんが、あまり良い印象を与えないことは確かです。

これは早期退職するのではないか、辛いことがあると来なくなってしまうのでは?と会社に不安を与えてしまうためです。

このデメリットがあったとしても、退職を選ぶべきなのか慎重に考える必要があります。

年収が下がる可能性がある

大手広告代理店から転職すると転職先によって変わりはしますが、年収が下がる可能性が高くなります。

これは大きなデメリットとなってしまうため、理解しておく必要があります。

大手広告代理店に勤めていれば、年収もそれなりに良いと考えられます。

ただ早期退職で転職すると、転職前より年収含め好条件で転職できるとは考えにくいでしょう。

年収が下がってしまってから後悔するのでは遅いので、どのくらい下がるのか許容範囲なのか事前に調べておく必要があります。

代理店営業で辛いと感じているときの対処法

代理店営業の仕事は華やかなイメージとは裏腹に、キツイ・辛い部分が多くあります。

辛いと感じながら働くのは非常に大変です。中には身体だけでなく精神に不調をきたしてしまう恐れもあります。

心や体が不調になってしまうと、長く働けなくなってしまいもっと困ったという経験をした人もいます。

そうなる前に対処することが大切です。ここでは代理店営業で辛いと感じているときの対処法を紹介します。

一旦仕事から離れる決断も重要

仕事が辛いと感じたら一旦仕事から離れる決断も重要です。

つい限界まで頑張ってしまいがちですが、休職するなど一旦仕事から離れ業務を忘れてのんびり過ごすことで、心身共に回復を目指してください。

仕事から離れる決断は簡単ではありませんが、自分の体調を最優先するためにもキツイと感じたときは、すぐに退職ではなくまずは休職で様子見も大切です。

スキルを活かして働ける職場を探す

休職をしても元の職場に復帰して働くのが難しい場合には、退職し新たな職場を探す選択する必要もあります。

その際には、スキルを活かして働ける場所を探すのがおすすめです。

代理店営業ではさまざまなスキルが必要とされるため、働いているとスキルや能力を身に付きます。

このスキルや経験は他の業界でも役に立つこともあり、それを活かして働ける場所なら好条件での転職も叶います。

そのような職場を探すようにしてください。

代理店営業からの転職でおすすめな転職エージェント

代理店営業から転職をする際には、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントを活用すれば、自分で探すよりも好条件での転職が叶います。

転職エージェントで効率的に転職活動をすすめてください。

ここではおすすめの転職エージェントを紹介します。

doda

doda

dodaは「大手・優良企業」「完全週休二日」「未経験者歓迎」など、たくさんの優良求人を保有する転職エージェントです。

求人紹介だけでなく、面接対策や履歴書添削など転職に関するトータルサポートを行っているのも特徴です。

代理店営業の求人も数多く保有しており、前職を考慮しての転職も叶います。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、専任のスタッフが転職サポートをしてくれるだけでなく、非公開求人を含む7万件以上と豊富な案件が魅力の転職エージェントです。

転職者の状況に合わせて最適な求人を提案してくれるので、スキルを活かした転職先を見つけやすくなっています。

代理店営業が辛いなら他の職業に移るのも一つの手

代理店営業が辛いと言われる8つの理由と、対処法を中心に解説しました。

働く時間や過度の精神的プレッシャーから、退職を選択する人も少なくありません。

代理店営業が辛いと感じたら、無理をせず休職や転職するのも有効な手段も一つです。

ただその際はゆっくりと考え後悔のない決断にする必要があります。

代理店営業のスキルを活かしより良い転職ができるように、転職エージェントの活用も検討してください。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件