ビズリーチを使うと会社に転職活動がバレるって本当?真偽のほどを徹底解説

ビズリーチを使うと会社に転職活動がバレるって本当?真偽のほどを徹底解説

ハイクラス向けの転職に特化した「ビズリーチ」はスカウト機能を持つ転職サイトです。

ビズリーチはハイクラスの転職がスムーズになるため、転職活動に活用している人もいます。

しかしビズリーチを利用すると、転職活動していることがバレてしまうのではないかと不安になってしまうこともあるでしょう。

そこでこの記事では、ビズリーチを使っての転職がバレない原因とバレてしまう原因と対処法を紹介します。

ビズリーチの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

ビズリーチを使っても会社に転職活動がバレることはない

結論から言うと、ビズリーチを使って転職活動してもバレることはありません。

ヘッドハンティング機能をもつビズリーチでは、登録時に氏名・電話番号・生年月日・メールアドレスなどが必要となるため、そこから会社にバレてしまうのでは?と不安になる人もいます。

しかし氏名や電話番号などの登録された情報が企業に公開されることはなく、企業が見られるのは経験やスキルだけですのでバレる心配がないと言えるのです。

情報管理が徹底している

ビズリーチでは、情報管理を徹底しているので在職する会社がビズリーチを利用していてもバレることはありません。

ただスカウトが来たときや求人に応募するときに、「名前を表示」「連絡先を表示」のチェックを外し忘れてしまうと、スカウト送った企業側に名前や連絡先がバレてしまいます。

このスカウトを送ったのが取引のある企業や在職する企業の関連会社であると、転職活動を行っていることがそこからバレてしまう可能性があります。

絶対にバレたくないという人は、チェックを外すように注意してください。

企業ブロック機能がある

名前や連絡先を非公開にしているからと言っても、必ずしも安心とは言えません。

なぜなら在職中の会社が転職者の職務経歴書を見て、あなただということに気づいてしまう可能性もあるからです。

特に特定の資格を持っている・経歴が豊富だとバレてしまう可能性は高くなります。それを回避する機能もビズリーチにはあります。

ビズリーチでは、特定の企業をブロックする機能があり、このブロック機能を使えば在職中の会社を含む、バレる恐れのある会社をすべてブロックでき相手は見ることができなくなります。

ブロックする上限はないようですので、少しでも心配のある企業はブロックしておくと安心です。

このような機能があることも、ビズリーチの利用から転職活動がバレることはないと言える理由となっています。

会社と取引のあるヘッドハンターもブロックできる

ブロック機能同様に、ヘッドハンティング機能でも企業ブロックが可能です。

ビズリーチ最大の特徴でもあるヘッドハンティングですが、これは転職者の職歴などから興味のある人に送っています。

そのため、経歴が豊富な人が業界内で転職を目指す場合に、関連会社や取引会社にバレてしまうことが考えられるのです。

それを防ぐための設定がヘッドハンティングブロック機能です。

この会社からのヘッドハンターをブロックしたいと思った場合に、クリック一つで完了するため簡単に設定できます。

これも上限はありませんので、考えら不安だと思う企業はすべてブロックしておくと安心です。

ビズリーチを使っていて転職活動がバレる原因

ビズリーチから天書活動を行っていることがバレない理由について解説しました。

ビズリーチのサイト運営はしっかりされており、機能をきちんと使っていればサイトから周囲に転職活動がバレる心配はありません。

ただしビズリーチではない理由で転職活動がバレてしまう可能性もあります。

転職活動をしていることが周囲にバレてしまうと、気まずい思いや足を引っ張られてしまう可能性もあるため、なるべくバレないようにするのが良いでしょう。

そのためには、どのような状況でバレてしまうのかを知っておくことも大切です。

そこでここでは、ビズリーチを使った転職でバレてしまう原因を解説します。

会社でビズリーチを使っているのがバレた

会社でビズリーチを使っているのを同僚に目撃されてしまい、バレてしまうことがあります。

休憩中にスマホや携帯でサイトやスカウトメールを確認しているのを見られてしまい、そこから噂的に広がってしまった経験を持つ人もいます。

また会社のパソコンで閲覧していると、大手企業などでは閲覧履歴を管理されている可能性もあるため、バレてしまうので絶対にやめましょう。

会社にいる時は、なるべくサイトやスカウトメールを確認しないようにすると、バレるリスクを減らせます。

ビズリーチを利用開始したことを周囲に漏らしてしまう

自分でビズリーチに登録し利用していることを周囲に漏らしてしまい、バレることも珍しくありません。

信用している人にだけ話したつもりが、そこから上司や人事など上の人に伝わってしまうこともあります。

気心知れている相手だからと、大切な転職に関して打ち明けてしまうことで足を取られてしまうことがあることも理解しておいてください。

また意外と危険なのが飲み会などの場です。

このような場では、酔った勢いで話してしまうこともありますので、注意してそのようなことがないようにしましょう。

もし退職のことを同僚に話すのであれば、転職先が決まり退職願を出す直前にするのが良いでしょう。

SNSでビズリーチを利用していることがバレてしまう

SNSでビズリーチを利用していることを呟いてしまい、バレてしまうこともあります。

プライベートのアカウントであっても、会社の誰が見ているかわかりません。

ビズリーチを利用していること・転職活動をしていることを安易に書き込んでしまうと、それを見られてしまい他の同僚や上司に伝わることもあります。

プライベートでSNSが身近な人は書き込みたくなるかもしれませんが、転職に関することはなるべく書かないようにしておくのが安心です。

異様に退勤時間が速くなる

転職活動を始めると、退勤後に面接の予定が組まれることは珍しくなく、そのために極端に退勤時間が早くなってしまいバレてしまうこともあります。

それまでは普通に数時間の残業をしていた人が、急に定時上がりが多くなる・有休を使うことが増えることで、周囲の人の中に疑問に感じて「転職活動なのでは」と勘ぐってくることもあります。

そこから転職活動がバレてしまい、噂になってしまうこともあるため注意が必要です。

ただ定時退勤や有休は当たり前の権利なので、噂がたっても気にしないそぶりを続けるのと良いでしょう。

ビズリーチの利用が会社にバレた時の対処法

ビズリーチを利用して転職活動をしていると、さまざまなところでバレてしまうリスクがあることがわかりました。

しかし転職活動は決して悪いことではなく、自分のキャリアアップや収入アップなど希望を叶えるためには必要なことといえます。

バレてしまっても会社に文句を言われる筋合いはありませんが、円満に退職するためには対処法を知っておくことも重要です。

そこでここでは、ビズリーチの利用が会社にバレてしまったときの対処法を解説します。

正直に転職したい旨を伝える

転職活動のためにビズリーチを利用しているのがバレてしまった場合、変に隠さず正直に退職したい旨を伝えましょう。

転職自体は悪いことではなく、働く人がより良い環境を求めることは自然なことです。

隠さずに転職を考えていることを話し、その後も業務は誠心誠意向き合う姿勢を持ってください。

ただバレた理由が就業時間内にサイトを閲覧していたなど、転職活動を行っていると就業規則に違反してしまうため、まずは謝罪をするのが先です。

転職を止められたら話し合いをしっかりする

転職がバレてしまうと、引き留められてしまうこともあります。その際には、きちんと話し合いをして会社の意見も行くようにしてください。

なぜ転職したいと思ったのか、できればネガティブな理由ではなく「もっとキャリアアップをしたい」などポジティブな理由を述べると、会社も引き留めにくくなります。

転職は悪いことではなく前向きな気持ちで行っていることが分かれば、会社も理解を示してくれるのではないでしょうか。

転職活動を辞めたふりをする

転職活動がバレてしまい会社や同僚からの引き留めなどが多いと、面倒になってしまう人もいます。

その場合は、一旦転職活動をやめたふりをして休日や退勤後にひっそりと進めるようにしてください。

そうすればいつの間にか周囲は転職活動していたことを忘れ、いつも通りになるでしょう。

淡々と業務こなしながらも、水面下で粛々と転職活動を進め転職先が決まったら退職の申し出をするのもおすすめです。

ビズリーチを使っても転職活動はバレないので安心

ビズリーチを使うと転職活動がバレるのか?ということについて解説しました。

ビズリーチのサイトから会社にバレるリスクは低く、問題なく安心して転職活動に利用できるでしょう。

ビズリーチを利用すれば、より条件の良い企業にヘッドハンティングされる可能性もあるため、転職活動ではぜひ活用したい転職サイトの一つです。

ビズリーチからバレる心配はありませんが、別のことが原因で転職活動がバレてしまうことがあるため、在職中の転職活動は注意して行うことが大切です。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件