酔いやすいお酒ランキング!飲みやすくてアルコール度数が高いお酒7つを紹介!

酔いやすいお酒ランキング!飲みやすくてアルコール度数が高いお酒7つを紹介!

お酒には、ビールやカクテル、日本酒などなど多くの種類があり、飲みやすいものから飲みにくいものまで様々です。

種類によってアルコール度数も異なるので、どのお酒が最も酔いやすいのか気になりませんか?

アルコール度数が高くても。お酒が飲みやすいとついつい飲み過ぎてしまうと、二日酔いなどに繋がる可能性も…

そこでこの記事では、飲みやすいけどアルコール度数が高いため、酔いやすいお酒についてランキング形式で紹介していきます。

お酒についてある程度の知識を身につけてから、楽しく飲むようにしましょう!

この記事でわかること

  • 酔いやすいお酒ベスト7
  • 身近なお酒のアルコール度数
  • お酒を飲み過ぎないようにするコツ
プレミアムウォーター
プレミアムウォーターバナー画像
総合評価
5.00
総合評価
5.0
月額費用 3,680円(税抜き)
水の種類 天然水
ボトルタイプ 使い捨て(ワンウェイ方式)
配送地域 全国対応 ※沖縄と離島を除く

特長

  • 非加熱製法にこだわりぬいた天然水
  • サーバーのデザイン性も高い!

キャンペーン情報

  • Amazonギフト券2,000円分プレゼント
  • 他社からの乗り換えで16,500円キャッシュバック

1位:カルーアミルク

カルーアミルク

コーヒー牛乳のような味わいが特徴的なカルーアミルク。

お酒特有のアルコール臭さが全くないため、お酒が苦手な人でも、割と飲めてしまいます。

アルコール度数自体は7℃~8℃と、そこまで高いわけではありませんが、たくさん飲んでしまうので注意です。

SNS上でもカルーアミルクの餌食になってしまった人がたくさんいるようです…

カルーアミルクには様々なフレーバーがある

コーヒー牛乳のような味わいが特徴的なカルーアミルクですが、実はイチゴや抹茶など色んな味わいのリキュールが販売されています。

いずれも牛乳リキュールを割るだけで簡単い作れるので、お店だけではなく自宅でも楽しめます。

2位:スクリュードライバー

スクリュードライバー

ウォッカとオレンジジュースを混ぜるだけで簡単に作れるスクリュードライバー。

別名「レディキラー」という名前が付けられているように、飲みやすさと酔いやすさを兼ね備えているのが大きな特徴です。

スクリュードライバーに使われれているウォッカはアルコール度数が、40度近くあり、非常にきついお酒です。

オレンジジュースで割ったとしても、13℃~15℃くらいなので、飲みやすさとアルコール度数を兼ね備えています。

ウォッカ特有のアルコール臭も、オレンジジュースによってかき消されてしまうので、お酒が苦手な人でもついつい飲み過ぎてしまう味わいなのも酔いやすいポイントです。

3位:ファジーネーブル

ファジーネーブル

ファジーネーブルはピーチリキュールとオレンジジュースを混ぜて作る、とてもシンプルで飲みやすいカクテルです。

アルコールの度数は3度~5度と比較的低いものの、お酒とは思えない飲みやすさが特徴で、ジュースのようにごくごく飲めてしまいます。

4位:サングリア

サングリア

サングリアは、赤ワインとフルーツ、シナモンスティックなどが入っている少し大人な味わいのお酒です。

ワインを使っているため、アルコール度数が高く、おおよそ15度前後。

甘すぎず爽やかな味わいが特徴的で、ワインの味わいが好きな人にとって、すごく好き味だと思います。

5位:レゲエパンチ

レゲエパンチ

レゲエパンチは、別名ピーチウーロンとも呼ばれ。名前の通りピーチのリキュールとウーロン茶で作るカクテルです。

アルコール特有の風味や味わいが全くなく、ジュースに近い味わいなので、お酒が苦手な人やお酒を飲み始めた人にもおすすめです。

レゲエパンチの度数はおおよそ5%で、ビールとほぼ変割りません。

アルコール度数自体は低いものの、ジュースのように飲み過ぎてしまうので、要注意です。

また、レゲエパンチはウーロン茶を使っており、一杯当たりのカロリーが60~70Calなので体に気を使っている人にもおすすめです。

因みにレゲエパンチの名前の由来は、宮城県仙台市にあるバーのレゲエ好きの常連さんが良く飲んでいたのが由来だそう。

6位:梅酒

梅酒

お酒が苦手な女性や若い女性にとても人気のある梅酒は、ストレートや水割り、炭酸割りなど様々なアレンジができます。

あまり酔いやすいイメージがあるお酒ではありませんが、意外にも梅酒自体のアルコール度数は8度から15度。

ここまで高い度数のお酒を、ストレートでごくごく飲んでしまうと、かなり酔いが回ってしまいます。

7位:ジェントルマンズショコラ

ジェントルマンズショコラは、ウイスキーをベースにチョコレートリキュールとコーヒーリキュール、生クリームを合わせて作るカクテルです。

あまり聞き馴染みのないお酒かもしれませんが、お酒が好きな人・詳しい人にとっては知っている人も多いでしょう。

チョコレート系の甘いリキュールと、生クリームを使用しているため、デザートのような感覚で楽しむことができます。

ウイスキーのアルコール感が程よく残っているものの、甘いリキュールによって程よくアルコール分が無くなっているのでとても飲みやすいです。

飲みやすさと甘い味わいによって、甘いもの好きな女性にとても人気が高いお酒となっています。

アルコール度数はおおよそ20度前後となっています。

お酒を飲み過ぎないためにできるコツ

お酒を飲むと気分が良くなりついつい飲み過ぎてしまう人も多いでしょう。

しかし、お酒を飲み過ぎてしまうと、吐き気や頭痛などにつながったり、二日酔いに悩まされたりする可能性も。

そんな状況に陥らないためにも、飲み過ぎてしまいがちな、お酒を飲み過ぎないコツを紹介していきます。

  • お酒と一緒に水を飲む
  • 空腹の状態でお酒を飲まない
  • 自分が楽しく飲める量を理解する

お酒と一緒に水を飲む

お酒を飲む際には、水も一緒に補給するようにしましょう。

お酒と一緒に水を飲むことによって、体内のアルコール成分を排出でき、飲み過ぎや酔い過ぎを防ぐことができます。

水を飲むことによって、利尿を促すことができ、過度にアルコールを摂取しなくて済むのです。

あまり飲み過ぎたくない・酔いすぎたくないと考えている人は、必ず水を用意しておきましょう。

空腹の状態でお酒を飲まない

空腹の状態でお酒を飲むと、アルコールの吸収速度が速くなってしまうため、酔いが回りやすくなります。

急速に酔いを加速させないためにも、食事をある程度済ませてからお酒を飲むようにしましょう。

食べものを食べてからお酒を飲めば、アルコールの吸収速度がゆるやかになり、二日酔いを予防できます。

自分が楽しく飲める量を理解する

人によってお酒の摂取量や体質が異なるため、どのくらいが適量なのか・どのくらい飲むとだめなのかが違ってきます。

そのため、自分が摂取できるお酒の摂取量を見極める様にしましょう。

自分が摂取できるアルコール量が分かれば、お酒で潰れたり、辛い二日酔いに陥ったりするリスクがありません。

しかし、自分のキャパを理解するには、ある程度お酒を飲んでいかないと分からないことなので初めは少しずつ摂取していくようにしましょう。

お酒は嗜む程度でたくさん飲み過ぎないようにしよう!

お酒はあくまでも嗜む程度で、飲み過ぎるのはくれぐれも禁物です。

お酒を飲み過ぎると、体への負担が大きくなってしまい、最悪の場合アルコール依存症に陥ってしまうリスクも。

そのような状況に陥ってしまうと、人生を棒に振ってしまいます。

お酒は本来楽しむためのものなので、自分が楽しめる範囲内にしましょう!