ボトル交換が楽なウォーターサーバーおすすめランキング!費用や特徴を比較

ボトル交換が楽なウォーターサーバーおすすめランキング!費用や特徴を比較

新鮮でおいしい水をいつでも利用できるウォーターサーバーは一家に一台あると非常に便利です。

そんなウォーターサーバーを使用する上で面倒なのが、使用したボトルを外して新しいボトルを差し込むボトル交換。

ウォーターサーバーで使われているボトルはかなり重ためで、ボトル交換は毎月行わなけれなばならないのでかなりの負担になります。

快適に利用するためにはボトル交換が楽にできるサーバーを選ぶのが大切です。

そこでこの記事では、ボトル交換が楽にできるウォーターサーバーをおすすめ順にランキング形式で紹介していきます。

ウォーターサーバーを快適に利用するにはボトル交換が楽かがポイント!

ウォーターサーバー ボトル交換が楽

ウォーターサーバーで使用されているボトルは12ℓ容量のものが多く、重さにすると12㎏にもなります。

普段の生活で12㎏もあるものを持ち上げて交換する機会はあまりないため、想像している以上の負担です。

毎月最低でも2回ボトル交換をしなければならないため、負担を少しでも軽減してストレスなく利用するには、楽にボトル交換をできるサーバーを選ぶ必要があります。

<家の中にある生活用品の重さ>

家の中にあるもの 重さ
ウォーターサーバーのボトル 約12㎏
Macbook 2k㎏
スイカ1玉 5㎏
テレビ本体 5㎏~7㎏
お米1袋 10㎏
電子レンジ 10㎏

ボトル交換が楽なウォーターサーバーの4つの特徴

ボトル交換が楽なウォーターサーバーの4つの特徴

様々な種類があるウォーターサーバーのなかで、比較的簡単にボトル交換ができるサーバーには4つの特徴があります。

  • 【足元でボトル交換ができる】ボトル下置き型
  • 軽量ボトル
  • 水道直結型
  • パック式

【足元でボトル交換ができる】ボトル下置き型サーバー

一般的なウォーターサーバーは、ボトルをサーバーの上部に取り付けますが、足元部分でボトル交換ができるウォーターサーバーも展開しています。

足元でボトル交換ができるので、重たいボトルを持ち上げて新しいボトルと交換する手間がなくなります。

簡単にボトル交換ができるので、ストレスなく利用することができます。

ボトル下置き型サーバーのデメリット

ボトル下置き型サーバーは、使用する際に水の組み上げる音がする音が鳴ってしまいます。

水がサーバーの下部に取り付けられているため、ポンプで水を組み上げなければならず、組み上げる際にかなり大きな音がするのです。

また、水を下からくみ上げる必要のあるボトル下置きタイプは、電気が切れると使えなくなります。

災害時などの停電になった際に、ウォーターサーバーが使えなくなってしまうのはデメリットと言えます。

【持ち運びが楽々!】軽量ボトル

多くのウォーターサーバーは12Lボトルを採用しており、重さにすると12㎏にもなります。

ボトル交換をする度に10㎏以上のものを持ち上げなればならず、女性やお年寄りにとっては重労働です。

しかし、メーカーによっては10㎏以下の軽量ボトルを使用しており、ボトルが軽いため簡単にボトル交換ができます。

また、ボトルが小さくかさばらないため、保管するためのスペースも削減できます。

軽量ボトルのデメリット

ボトル交換が簡単にできて便利な軽量ボトルですが、容量が少ない分ボトル交換をする頻度が多くなるデメリットがあります。

ひと月ごとに何回もボトルを交換しなければならないので、ボトル交換が楽になった分、交換回数が増えます。

また、12Lボトルに比べて、軽量ボトルは水の料金が割高な傾向があるので注意しておきましょう。

【通常のボトルよりも交換が簡単にできる】ビニールパック式

ウォーターサーバーは一般的にプラスチックタイプのボトルが採用されており、サーバーとボトルを取り付けなければならないので面倒です。

そんな人におすすめなのが、ビニールパック式のウォーターサーバーです。

サーバーとボトルを接続する必要がないため、簡単にボトル交換ができ、非常に使い勝手が良いです。

また、ボトルに比べてビニールパックの方がサイズが小さくかさばらないため、保管するためのスペースを削減できます。

ビニールパック式のデメリット

ビニールパックを採用しているユーザーから「水がビニール臭い」「変な味がする」などの不満がSNS上に多く上がっています。

美味しい水を飲もうとしているにも関わらず、変な味がするのは不満が溜まりますよね。

しかし、ビニールパックの水がまずくなるのは、保管方法が適切ではないケースがほとんど。

  • 直射日光の当たる場所
  • 湿度が高く気温が高い
  • 開封してから2週間以上経過している
  • 賞味期限が切れている

4つの条件に当てはまってしまうと水質や味わいに影響が出てしまい、水がまずくなってしまいます。

そのため、適切な方法で保管し、定められた期間内に消費しきるようにしましょう。

水道直結型

「ボトルの交換自体が面倒くさい」と感じる人は、ボトルを利用しない水道直結型のウォーターサーバーがおすすめです。

直結型のウォーターサーバーは、水道水をろ過して綺麗な水に変えられるため、浄水器とウォーターサーバーの中間ものと言えます。

また、水は水道水をしようするため、ウォーターサーバーの料金の大半を占める水代がかからないのも嬉しいポイント。

月額料金は定額でどれだけ水を飲んでも料金が変わらないため、水を多く消費する家庭にとてもおすすめです。

水道直結型のデメリット

水道直結型のウォーターサーバーは、水道に取り付けなければならないため、設置時に簡単な工事をしなければなりません

壁を壊すなどの大規模な工事ではありませんが、壁に器具を取り付けたり、くりぬいたりするため賃貸などでは使用できないことも。

また、味や水質に問題があるわけではありませんが、ウォーターサーバーで楽しめる水と比べると味わいや成分などの面で劣ってしまいます。

加えて、サーバーのレンタル料が高いため、水の使用量が少ないと元が取れません。

ボトルが下置きでおすすめのウォーターサーバー

数多くのウォーターサーバーが販売されている中で、ボトル下置きのウォーターサーバーは全部で5種類しか販売されていません。

5種類の中から、当サイトがおすすめする下置き型のサーバーを3つ紹介していきます。

  • フレシャス/スラット
  • コスモウォーター/スマートプラス
  • プレミアムウォーター/cado

フレシャス/スラット

フレシャスで販売されているスラットは、ボトルが下置きで使い勝手の良さが大きな魅力です。

最新式のエコモードを搭載し、消費電量を大幅カットできるため、月々の電気代を押えられます。

その他にも、再加熱機能や浄水機能などの豊富な機能を搭載。

月々のレンタル料が高くなってしまうデメリットがあるものの、豊富な機能を搭載しているサーバーを使いたい人にとてもおすすめです。

交換の楽さ
ボトル位置 下置き
ボトル容量 9.3ℓ
ボトルのタイプ ワンウェイ方式

コスモウォーター/スマートプラス

月々のコストを抑えたい人におすすめなのが、コスモウォーターのスマートです。

下置き型のウォーターサーバーは、レンタル料が発生する場合が多いですが、スマートプラスはレンタル料が無料。

省エネ機能も搭載されているため、電気代を節約でき月額料金を押えられます。

その他にも、自動的に内部を掃除してくれるクリーン機能やチャイルドロックなど、機能が豊富に搭載されています。

また、グットデザイン賞を受賞している経歴もあり、おしゃれなサーバーを探している人にもおすすめです。

交換の楽さ
ボトル位置 下置き
ボトル容量 12L
ボトルのタイプ ワンウェイ方式

プレミアムウォーター/cado

おしゃれな家電を販売している家電メーカーcadoと共同開発して作られた、cado×プレミアムウォーター。

デザイン性の高さはもちろんですが、エコモードやクリーンモード、再加熱機能や4段階の温度調整機能も付いており人気を集めています。

また、ウォーターサーバーの操作は電子タッチパネル式で、スタイリッシュな操作が可能。

部屋の印象や雰囲気を壊さないため、インテリアとしても活躍すること間違いなしです。

交換の楽さ
ボトル位置 下置き
ボトル容量 7.6ℓ
ボトルのタイプ ビニールパック

軽量ボトル・パック式でおすすめのウォーターサーバー

軽量ボトルは容量が10L以下なので、一般的なボトルよりも簡単にボトル交換ができます。

軽量ボトルを使用しているおすすめのウォーターサーバーを紹介していきます。

  • フレシャス/dewo
  • アクアクララ/アクアウィズ
  • クリクラ

フレシャス/dewo

フレシャスdewoは、ウォーターサーバー業界の中でも珍しい、ビニールパックを採用しています。

水の交換が非常に簡単に行えて、使い終わった時も小さく折り畳んで捨てられるため、ごみかさばる心配がありません。

またグットデザイン賞を受賞している経歴もあるため、おしゃれなウォーターサーバーを探している人にもおすすめです。

交換の楽さ
ボトル位置 下置き
ボトル容量 7.6L
ボトルのタイプ ビニールパック

アクアクララ/アクアウィズ

アクアクララでは12Lボトル・7Lボトルの2つから、好みに合わせてボトルサイズを選べます。

ボトルも下置きでセットできるため、ボトル交換の時にストレスを感じません。

また、アクアクララではRO水を使われており、天然水に比べてリーズナブルな値段でウォーターサーバーを使えます。

安心パックも付いており、月額料金を支払えば、故障などのトラブル時に手厚いサポートが受けられます。

交換の楽さ
ボトル位置 アクアウィズ:下置き
その他の機種:上置き
ボトル容量 12ℓ・7ℓ
ボトルのタイプ リターナブル方式

クリクラ

クリクラ 商標 20210520

水代以外の料金が一切かからず、とてもリーズナブルな値段で使用できるクリクラ。

アクアクララ同様にRO水が使われており、500mlに換算するおよそ66円で、月額料金が安いウォーターサーバーを求めている人にとてもおすすめです。

しかし、リターナブル方式なので、業者が回収しにくるまでボトルを保管しておかなければならないのが大きなデメリット。

ウォーターサーバーのボトルは意外とかさばるため、保管しておくのにかなりのスペースを取ってしまいます。

交換の楽さ
ボトル位置 アクアウィズ:下置き
その他の機種:上置き
ボトル容量 12ℓ・5.8ℓ
ボトルのタイプ リターナブル方式

水道直結型でおすすめのウォーターサーバー

「そもそもボトル交換をするのが面倒くさい!」という人には、水道水を使う水道直結型のウォーターサーバーがおすすめです。

水道直結型のおすすめ機種2つを紹介していきます。

  • ウォータースタンド
  • ダイオーズ/ピュレスト

ウォータースタンド

人気タレントのさかなクンがCMをしてることで注目を集めているウォータースタンドは、水道直結型サーバーの中で最も人気のメーカーです。

ウォータースタンドで採用されているろ過システムは、静電気吸着式で他の水道直結型のサーバーに比べて、浄水能力の高さが特徴。

ウォータースタンドが提供している機種の中で、最も人気なのはナノラピアネオ。

コンパクトさ・機能性の高さ・レンタル料金の安さなど、あらゆる面で非常に高性能です。

もちろん、ナノラピアネオ以外にも10種類以上を取り扱っているため、あなたにピッタリウォーターサーバーが見つけられます。

ダイオーズ/ピュレスト

ダイオーズでは通常のウォーターサーバー以外に、水道直結型のウォーターサーバーであるピュレストを取り扱っています。

ピュレストは温水・冷水機能はもちろん、再加熱機能も搭載し置ており、必要に応じて温度の調整が可能。

また、サーバーレンタル料も2.9800円と非常にリーズナブルなので、お得な料金で使用できます。

ハミングウォーター

ハミングウォーター 商標

ハミングウォーターは毎月3,000円(税抜き)の定額制で利用できる、水道直結型のウォーターサーバーです。

どれだけ利用しても水道代は変わらないので、たくさん水を利用したいと考えている人におすすめ。

安心パックも用意されており、トラブル時の対応やメンテナンスを受けられるのもポイントです。

ボトル交換が楽なウォーターサーバーランキング

下置き型・軽量ボトル・水道直結型それぞれのおすすめのサーバーを紹介してきましたが、「結局どれが良いのか分からない!」という人もいるでしょう。

そんな人のために、当サイトがおすすめするボトル交換が楽なウォーターサーバーをランキング形式で紹介していきます。

ぜひチェックしてみてくださいね。

第1位:フレシャス/スラット

ボトル交換の楽さ
ボトル容量 9.3L
ボトル位置 下置き
ボトルのタイプ ワンウェイ方式(使い捨て)
サーバーレンタル料 900円~前月のボトル注文数によって無料
月額料金 5193円

第2位:フレシャス/dewo

ボトル交換の楽さ
ボトル容量 12L
ボトル位置 下置き
ボトルのタイプ ワンウェイ方式(使い捨て)ビニールパック
サーバーレンタル料 500円~前月のボトル注文数によって無料
月額料金 5960円

第3位:コスモウォーター/スマートプラス

ボトル交換の楽さ
ボトル容量 12L
ボトル位置 上置き
ボトルのタイプ ワンウェイ方式(使い捨て)
サーバーレンタル料 無料
月額料金 3800円

ボトル交換が楽にできるサーバーを利用して快適な生活を送ろう!

ボトル交換が簡単にできるサーバーには4つのポイントがあります。

  • ボトル下置き型
  • 軽量ボトル
  • 水道直結型
  • パック式

簡単にボトル交換ができればストレスなく利用できるので、快適なウォーターサーバーライフを送れます。

これからウォーターサーバーを利用しようとしている人は、ボトル交換のしやすさにも注目してサーバーを選んでみてくださいね。