信濃湧水の電気代はいくら?電気代を安くするコツと電気代が安いおすすめサーバーを紹介!

現在、信濃湧水のサーバーを使っている人、これから申し込もうとしている人は電気代がどのくらいかかるのか気になっていませんか?

ウォーターサーバーの電気代は毎月かかる固定費用なので、少しでも安く抑えられれば大きな節約につながるので、電気代が安い方が経済的に利用できます。

そこでこの記事では、信濃湧水の気になる電気代を他社と比較していきます!

合わせて、電気代を押さえる3つのポイントや電気代が安いおすすめのサーバーを紹介していくので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

信濃湧水の電気代は機種によって異なる!

信濃湧水で使用できるサーバーは、スタンダードサーバーとエコサーバーの2つで、それぞれのサーバーで電気代は当然異なります。

それぞれのサーバーの電気代の差や特徴などを紹介していきます。

信濃湧水/スタンダードサーバーの電気代は約800円

スタンダードサーバーは信濃雄水が販売しているデフォルトの機種で、多くの人が利用している実績がありとても人気を集めています。

そんなスタンダードサーバーの電気代は約800円と公式サイトで公表されています。

ウォーターサーバーの一般的な電気代と変わらないため、そこまで電気代が高いというわけではなく、レンタル料がかからない点を踏まえるとかなりお得に利用できます。

参照:信濃湧水「よくある質問-ウォーターサーバーの電気代はどれくらいかかりますか?

電気代 約1.000円~
サーバーレンタル代 無料
ボトル配送費 無料(住んでいる地域によっては有料)
サーバーサイズ W310×D330×H1300
ボトル交換口 サーバー上部

信濃湧水/エコサーバーの電気代はおおよそ450円

電気代 信濃湧水 電気代
スタンダードサーバーとデザイン自体は同じですが、エコモードやクリーン機能を搭載しているエコサーバー。

エコモードに切り替えて使用すれば、スタンダードサーバーに比べて消費電力を最大42%カットできます。

料金に換算するとおおよそ450円程度になるので、電気代をかなり安く抑えられます。

また、自動的にクリーニングしてくれる機能を搭載しているため、サーバー内を衛生的に利用できるのもポイントです。

電気代 約300円~
サーバーレンタル代 300円
水配送費 無料(住んでいる地域によっては有料)
サーバーサイズ W310×D330×H1300
ボトル交換口 サーバー上部

信濃湧水の電気代を他社メーカーと比較!

ここからは、信濃湧水の電気代と他社ウォーターサーバーの電気代を比較していきます。

下記の表で紹介しているので、メーカーごとにチェックしてみて下さいね。

メーカー サーバー名 電気代
信濃湧水 スタンダードサーバー 約1.000円
エコサーバー 約300円
コスモウォーター smartプラス 約465円
ECOTTO 約125円
プレミアムウォーター amadanaウォーターサーバー 約980円
amadanaスタンダードサーバー 約1.060円
Cado×プレミアムウォーター 通常時:約840円

エコモード時約670円

クリクラ サーバーL 約1.283円
ワンウェイウォーター smart 通常時:約494円

エコモード時;約436円

スタイリッシュサーバー 約688円
お掃除ロボット一体型サーバー 約744円
うるのん スタンダードサーバー 約1.000円
ウォーターサーバーグランデ 通常時:約755円

エコモード時:513円

ピュアハワイアンウォーター スタンダードサーバー 約800円
エコサーバー 約470円
アルピナウォーター 床置きタイプ 約1.000円
フレシャス slat 約380円(すべてのエコ機能稼働時)
Slat+café 約380円(すべてのエコ機能稼働時)
Dewo 約330円(すべてのエコ機能稼働時

信濃湧水の電気代は他社と比べて30~660円ほど高い

上記の表で紹介した各メーカーの平均的な電気代は約400円~500円程度なので、信濃湧水の電気代はわずかに割高なのが分かります。

そのため、少しでもウォーターサーバーにかかる電気代を押えたい人にはエコサーバーをおすすめします。

電気代は毎月発生する固定料金なので、見くびっていると年間を通してかなりの支出になるので、十分に気を付けておきましょう。

電気代は高いものの信濃湧水には様々な魅力がある!

電気代は高いものの信濃湧水には様々な魅力がある!

信濃湧水には電気代の他に様々な魅力があるウォーターサーバーです。

どの様な魅力があるのか紹介していきます。

  • 月々にかかる料金が電気代を除いて水代のみ!
  • 標高1220mから採水した天然水を11.4ℓ1,500円で利用できる!

月々にかかる料金が電気代を除いて水代のみ!

信濃湧水ではサーバーレンタル費用・水の配送料・メンテナンス料が全て無料となっており、発生する料金が水代だけです。

ランニングコストをぐっと抑えられるので、少しでも安く利用したいと考えている人にぴったり。

様々な面でお財布に優しい価格設定となっているので、利用者からすればかなり大きなメリットと言えます。

※エコサーバーは別途レンタル料がかかります。

標高1220mから採水した天然水を11.4ℓ1,500円で利用できる!

信濃湧水で使われているお水は長野県の飛騨山脈の1つである、爺ヶ岳から採水されております。

険しい自然環境に加えて一般人の立ち入りを制限しているため、富士山のように観光客が訪れることもなく、水源を汚される要因がありません。

そのため、衛生的にも水質的にも非常に洗練されている天然水で水の硬度が16の超軟水なので、年齢や性別を問わずにあらゆる人が利用できます。

水の硬度が16の超軟水なので、クセが無く透き通っており、口当たりが良いため赤ちゃんのミルクにも活用可能です。

信濃湧水の電気代を抑える3つのポイント

信濃湧水の電気代を押さえる3つのポイント

信濃湧水の電気代は他のメーカーと比べて少し高めですが、電気代は毎月払わなければならない固定費なので少しでも安く抑えたいですよね。

そこでここからは、ウォーターサーバーの電気代を低く抑えるための節約術を紹介していきます。

  • エコモードやスリープモードを搭載しているサーバーを選ぶ
  • 直射日光が当たらない場所にウォーターサーバーを設置する
  • 電気代を節約すために電源を切らない

エコモードやスリープモードを搭載しているサーバーを選ぶ

電気代を少しでも安く抑えたいと考えている人はエコモードやスリープモードを搭載しているウォーターサーバーを利用しましょう。

夜間になると自動的にスリープモードになる機能や、ボタンを押してエコモードに切り替える機能など、消費電力を削減できる機能が豊富に搭載されています。

直射日光が当たらない場所にウォーターサーバーを設置する

ウォーターサーバーを設置する際は、回りに家具や壁が無くて設置するスペースにゆとりがあるか確認しておきましょう。

ウォーターサーバーは稼働している中で熱を発しているため、サーバーの回りに物があると熱が内部に籠ってしまい、冷却効果が低くなるので余計な消費電力を使ってしまうことになります。

しかし、サーバーの周りにスペースを空けておけば、放熱効果が高まって電気代を押さえられます。

また、直射日光が当たる場所もサーバーの放熱効果が低くなってしまい、無駄な電力を消費してしまうので避ける様にしましょう。

電気代を節約すために電源を切らない

電気代を節約する目的で頻繁にウォーターサーバーの電源を切ると、却って余計な消費電力を使ってしまいます。

電源を切るとサーバー内の温水が冷めてしまい、冷めた温水をもう一度温め直そうとして沸かすため、消費電力が大きくなるためです。

ウォーターサーバーは冷蔵庫と同じ様に、電源を入れっぱなしにして使うことを前提として作られているので、常にコンセントを指しておくようにしましょう。

また、電気代が高くなるだけでなく、タンク内の温度が下がってしまい衛生状態も悪くなってしまいます。

ウォーターサーバーは電源をこまめに抜くのではなく、常に電源を入れた状態にしておきましょう。

電気代が安いおすすめのウォーターサーバーを紹介

電気代が安いおすすめのウォーターサーバーを紹介

それでは最後に、エコ機能やスリープ機能を搭載しており、電気代が安いおすすめのウォーターサーバーを紹介していきます。

おすすめのウォーターサーバーは下記の3つ。

  • コスモウォーター/ECOTTO
  • フレシャス/dewo
  • ワンウェイウォーター/smart

それぞれのサーバーの特徴や電気代、そのほかの料金を紹介していくので、サーバー選びの参考にしてみて下さいね。

コスモウォーター/ECOTTO

コスモウォーター ECOTTOまず初めに紹介するのは、電気ケトルとウォーターサーバーが一体になったデザインが特徴のECOTTO。

お湯が必要な時に電気ケトルで沸かすタイプなので、温水の温度をキープしておくための電気代がかかりません。

ウォーターサーバーの電気代が高くなる要因である、温水の温度を保つための電力を使わないため、電気代を安く抑えられるのです。

そのため、月々の電気代は約125円と非常にリーズナブルなので、とてもおすすめです。

フレシャス/dewo

次に紹介するのは、サーバーデザインでグットデザイン賞を受賞した、フレシャスdewoです。

ウォーターサーバーはボトル差し込み口が上についているのが一般的ですが、dewoでは足元に付いておりボトル交換が楽々。

また、スリープ機能・エコモード・デュアルタンクと3つの省エネ機能を搭載しており、従来よりも70%以上の電気代カットを実現しました。

3つの省エネ機能を使用した場合の電気代は、330円と非常にお手頃な価格に。

少しでも電気代を節約したい人におすすめのサーバーです。

ワンウェイウォーター

ワンウェイウォーター 商標 1207
最後に紹介するのは、12Lボトル1本あたりの価格が1,250円と非常にリーズナブルなワンウェイウォーターです。

他社の水代よりも500円~1.000円ほど安く、利用者によっては嬉しいポイント。

また、省エネ機能を使えば、消費電力を50%~60%削減でき、電気代を400円代に抑えられます。

ボトル交換口が足元に付いているのも、女性や高齢者にとっては大きなメリットですね。

信濃湧水の電気代は割高!電気代を抑えたい人は別のサーバーに乗り換えよう!

信濃湧水の電気代はスタンダードサーバーで約800円・エコサーバーの場合は400円~500円程度です。

電気代が安いサーバーと比べて僅かに電気代が高いため、少しでも電気代を抑えたい人は電気代が安いウォーターサーバーに乗り換えることをおすすめします。

電気代はひと月で見ると少ない金額ですが、1年間を通して考えるとかなり嵩んでしまいます。

経済的に利用するためにも、電気代を抑えて利用していきましょう!