咳を止める効果のある飲み物5選|空咳を止める・のどの痛みを改善する秘訣!

咳を止める効果のある飲み物5選|空咳を止める・のどの痛みを改善する秘訣!

「空咳が出る」「毎日のようにのどが痛む」などの症状を引き起こしている人がいませんか?

のどの痛みや咳は万病のもととも言われており、ウイルスや細菌が付着して風邪につながる可能性が高いです。

そのため、咳の症状を感じたら早急に対策をしなければなりませんが、咳を止めるのに最も手軽な方法はのどに良い飲み物を摂取する方法です。

この記事では咳を止めてのどの痛みを緩和するおすすめの飲み物と予防方法を紹介していきます。

プレミアムウォーター
プレミアムウォーターバナー画像
総合評価
5.00
総合評価
5.0
月額費用 3,680円(税抜き)
水の種類 天然水
ボトルタイプ 使い捨て(ワンウェイ方式)
配送地域 全国対応 ※沖縄と離島を除く

特長

  • 非加熱製法にこだわりぬいた天然水
  • サーバーのデザイン性も高い!

キャンペーン情報

  • Amazonギフト券2,000円分プレゼント
  • 他社からの乗り換えで16,500円キャッシュバック

咳を止める効果のある飲みもの6選

咳を止める効果のある飲みもの6選

咳を止める効果が期待できる飲み物を6つ厳選して紹介していきます。いずれもコンビニやスーパーで手に入るものばかりなので、参考にしてみてくださいね。

  • 緑茶
  • ハーブティー
  • ホットコーヒー
  • ココア
  • 生姜を含んでいる飲みもの
  • はちみつ入りの飲みもの

緑茶

番茶とほうじ茶の違いとは?意外と知らないお茶事情を詳しく解説!

緑茶には茶カテキンが含まれており、カテキンは植物の色素成分であるポリフェノールの一種で、抗酸化作用があることが知られています。

アレルギー情報を伝達する物質の生成を抑える作用が確認され、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンの放出を抑える働きもあるのではないかと考えられています。

そのため、咳が出る時にヒスタミンが含まれている緑茶を摂取することにより、器官の収縮が緩和されて咳を止める効果が期待できます。

紅茶

紅茶

紅茶に含まれているカフェインには気管支を広げて咳を緩和する効果があると期待されています。

また、紅茶の主要成分であるタンニンは殺菌作用・炎症を抑える働きがあるため、辛い咳を抑制してくれます。

紅茶にはレモンティーやミルクティーなど様々な種類がありますが、中でもおすすめなのがハーブティーです。

ハーブにはリラックス効果に加えて、抗菌作用・高ウイルス成分が含まれており、辛い咳の症状を和らげてくれます。

ホットコーヒー

コーヒー 温度

コーヒーの主要成分であるカフェインには、炎症を抑える働きや咳の元となる気管支の収縮を緩和する働きがあります。

また、温かい飲みものはのどへの負担も少ないため、コーヒーを摂取する際にはホットがおすすめです。

しかし、コーヒーの飲み過ぎはカフェインの過剰摂取を引き起こし、手足の震えや脱水症につながることも。

くれぐれもコーヒーの摂取量にはをつける様にしましょう。

ココア

ココア

ココアに含まれる苦み成分のテオフィリンには、強力な気管支拡張作用があります。

このテオフィリンは医薬品にも利用されている成分であり、のどの痛みや咳の症状を緩和する働きが期待できます。

また、ココアにはビタミン・ポリフェノール・食物繊維などの成分も含まれているため、体調をくずしている時にぴったりの飲み物です。

生姜を含んでいる飲みもの

生姜を含んでいる飲みもの

生姜には喉の痛みをやわらげる殺菌効果や体を温める働きがあるため、のどの違和感や咳が出る時にぴったりです。

姜が含まれている市販の飲み物はかなり少ないため、生の生姜をすりおろしてお湯やお茶の中に入れて摂取するのがおすすめです。

チューブタイプの生姜だと添加物が含まれているため、生の生姜ほどの働きを期待できません。

はちみつ入りの飲みもの

白湯 はちみつ

はちみつには抗炎症作用・抗菌作用・抗酸化作用があり、ウイルスや細菌によって引き起こされるのどの痛みや咳に効果的です。

また、はちみつ特有の粘り気がのどの粘膜を保護し、うるおいを与えてくれる働きも。

市販ではちみつ入りの飲み物も販売されていますが、かなり微量なので、紅茶や好みの飲み物にはちみつを直接入れて摂取することをおすすめします。

咳が出るのは異物を体外に排出しようとしているため

咳が出るのは肺や器官などの肺呼吸を守るために、体外から入ってきたウイルスやほこりなどの異物を体外に排出するために起こる生体防御反応です。

まず異物が口に侵入すると気管支・器官が反応し、粘膜の表面にあるセンサーが感じ取ります。

センサーが感じ取った刺激が脳に伝わると、横隔膜や粘膜などの呼吸筋が反応して咳が発生します。これが咳が出るメカニズムです。

空咳が出る時・のどが痛む時摂取しない方が良い飲み物や食べ物

空咳やのどが痛む際には飲み物を摂取することによってその症状を緩和することができます。

しかし、のみものによっては余計に症状を悪化させてしまうものも。どんな飲み物が摂取すべきではないのか下記で紹介していきます。

<摂取しない方が良い飲み物>

  • 冷たい飲み物
  • 炭酸飲料
  • アルコール
  • 乳製品(牛乳・ヨーグルト)

<摂取しない方が良い食べ物>

  • 辛い食べ物
  • スパイスなどの刺激のある食べ物
  • 粘着性のある食べ物

空咳やのどの痛みを予防する秘訣

空咳やのどの痛みを予防する秘訣

空咳やのどの痛みは発症するとかなり長引く傾向があるため、できるだけ予防しておく必要があります。

そこでここ化からは空咳やのどの痛みを予防する方法を紹介していきます。

  • のどに負担をかけない
  • 鼻呼吸をする習慣を身につける
  • うがいを定期的に行う
  • 加湿器で室内の乾燥を防ぐ

のどに負担をかけない

空咳をださないために一番大切なのはのどに負担をかけないことです。

  • 長時間のカラオケ
  • 刺激物の摂取
  • お酒の飲み過ぎ

これらはのどに負担をかけてしまうため、のどの痛みや空咳を発症してしまいます。

できるだけのどへの負担をかけない生活を送るようにしましょう。

鼻呼吸をする習慣を身につける

口呼吸の癖がついてしまうと唾液は蒸発してしまい、口の中が乾燥してしまいます。

口内の乾燥はのどの痛みはもちろん、風邪を発症する大きな原因になるので、かなり危険です。

そのため、口で呼吸する癖を改善し、できるだけ鼻で呼吸する癖をつけましょう。

口呼吸がなかなか直らず、無意識に口が開いてしまう人や、唇・のどが乾燥しやすい人は、耳鼻咽喉科で検診してもらうことをおすすめします。

うがいを定期的に行う

定期的なうがいも風邪予防・のどの痛みの予防に効果的です。

外出から帰った時・就寝前・起床後など、一日に何回もうがいをする習慣をつけていきましょう。

うがいにはウイルス・ほこりを体外に排出するのはもちろん、のどにうるおいも与えてくれます。

加湿器で室内の乾燥を防ぐ

のどの痛みや咳の大きな原因は乾燥です。過ごしてる時間の長いリビングや寝室などが乾燥していると、のどに負担がかかってしまいます。

室内に潤いを与えるためにも加湿器を設置することをおすすめします。

室内の湿度を調整してくれるのはもちろん、ウイルス・細菌の除去にもつながり、効果的な予防ができます。

日常的な対策を施して咳が出ない様にしよう!

のどの痛みや空咳は発症すると中々治らないため、対策を十分に施してしっかりと予防するようにしましょう。

未然に症状を防げれば、辛いのどの痛みや咳の症状を感じずに済みます。

対策を施しても咳が出てしまった場合には、この記事で紹介してきた飲み物を摂取して症状を改善してくださいね。