白湯の驚くべき5つの効果!健康・美容に効く白湯の作り方・飲み方を紹介!

白湯には美容効果がある!?効果的な飲み方とは?

白湯とは沸かしただけの何も入れていないお湯のことです。体を冷やしたくない人の中には頻繁に摂取する人もいるでしょう。

そんな白湯が美容や健康へ様々な働きをもたらしてくれるのを知っていますか?

この記事では、白湯を飲むことで期待できる効果や白湯の正しい作り方を紹介していきます。

美容・健康の意識を高めたい人や白湯に興味がある人はぜひチェックしてみてくださいね。

白湯を飲むことで期待できる5つの効果

白湯を飲むことで期待できる5つの効果

白湯を飲むことで様々な効果が期待できます、

  • 美肌効果
  • 肩こりや腰痛などの改善
  • 便秘解消・デトックス効果
  • 冷え性の改善
  • 花粉症の改善

美肌効果

肌が荒れてしまう原因は、体内に老廃物が溜まっている・乾燥しているなどがあげられます。

そんな時に白湯を飲むことにより、体内温度が上がるため、血液の循環が活発になります。体内に溜まっている老廃物を体外に排出する効果が得られるため、美肌効果が期待できるのです。

また、白湯には腸の働きを活発にする効果もあります。

腸の働きを活発にすることで、食べ物の消化を促進でき、栄養素の吸収率を上げられるため、老廃物が排出されやすくなるのです。

肩こりや腰痛などの改善

肩こりや腰痛が発症する主な原因は、体が冷えることによる血液の巡りが悪くなるためです。

白湯を飲むと体内温度が高くなるので、血の巡りが良くなり、肩こりや腰痛の改善が期待できます。

慢性的な肩こりや腰痛などを感じてる人にとてもおすすめです。

マッサージに行ったり、器具を購入するよりも経済的なので、お金をかけずに手軽に症状を改善したい人にピッタリです。

便秘解消・デトックス効果

白湯を飲むことで内臓が温められて腸の動きが活発になります。

腸の働きが活発になることにより、消化器系の働きも活発になるため、便秘を解消する効果が期待できます。

とても手軽にできる便秘解消法なので、便秘に悩んでいる人はぜひ白湯を飲んでみてください。

冷え性の改善

冷え性になると血行が悪くなり、新陳代謝が行われなくなってしまうことで、肌のターンオーバーが遅れてしまいます。

肌のターンオーバーが遅れると、潤いがなくなりたるみやしわの原因にもなります。

また、肌にメラニンがたまることでシミができやすくなるため、冷え性は美容の大敵と言えます。

しかし、白湯を飲むことで内臓が温められて腸の動きが活発になります。

花粉症の改善

白湯を飲むことで体が芯から温まって免疫力が上がり、鼻水・くしゃみなどの花粉のアレルギー症状を抑える効果が期待できます。

花粉症に悩んでいる人にとって、白湯を飲んでいるだけで症状を改善できるのは大きな魅力です。

美容に効果的な白湯を飲むタイミング紹介

美容に効果的な白湯を飲むタイミング紹介

白湯は美容に効果的ですが、ただ飲むだけでは効果を最大限引き出せません。

効果的なタイミングがいくつかあるため、紹介していきます。

  • 朝起きた時
  • 食事の30分後
  • 夜寝る前

朝起きた時

朝起きた時は胃腸が冷えているため、白湯飲むのがおすすめです。

胃腸が冷えていると、消化機能が低くなり、老廃物が排出されずに溜まってしまうので、白湯を飲んで体を温めると、内蔵が温まり胃腸の消化機能を上げられます。

1度に大量に飲まず、コップ1杯を20分くらいかけてゆっくり飲むのが最も効果的です。

また、朝飲む場合は、必ず朝食を食べる前にしましょう。

朝食前に飲むと、胃腸の消化機能が活発になり、栄養素を消化・吸収しやすくなって老廃物が排出されやすくなります。

食事の30分後

食事をする30分前も白湯を飲むタイミングとしておすすめです。

食事の30分前に白湯を飲むと、消化機能が活発化し、消化を促進させる効果が期待できるためです。

しかし、食後に飲むのはあまりおすすめできません。消化器官の機能が低下してしまうためです。

食事中に白湯を飲むのは良くなく、胃液を薄めて食べ物の消化を妨げてしまいます。

夜寝る前

夜寝る前に白湯を飲むと、リラックス効果が得られて快眠につながります。

寝不足や睡眠の質が低いと、肌荒れの原因になってしまいます。

白湯を飲むとリラックスでき、睡眠の質も上がるため、寝つきが悪い方におすすめです。

美容にいい白湯の飲み方

美容に効果的な白湯の飲み方をいくつか紹介します。

美容目的で白湯を飲む際は、必ず以下の事柄を守って飲みましょう。

小分けにして飲む

白湯は1度に大量に飲むのではなく、必ず小分けにして飲むようにしましょう。

10~20分ほどかけて少量ずつ飲むのがおすすめです。

温度は50℃前後に保っておきましょう。

1度に大量に飲むと、むくみや腹痛の原因になるため、注意が必要です。

白湯を飲む量の目安は1回200ml

白湯は小分けにして飲むのがおすすめで、1回に200mlほど飲むのが効果的です。

200mlを5回ほどに分け、1日に多くても1Lまでに抑えておきましょう。

あまり飲み過ぎると、胃液を薄めて消化不良を起こして、吸収するべき栄養素も流してしまう危険があります。

白湯の効果はいつから出始める?

白湯を実際に飲んでいる人の口コミを見てみると、効果が表れるのは1週間~10日後が目安と言えるでしょう。

かなり短い期間で効果が期待できますが、飲んですぐに効果を得られるわけではありません。

また、体質などで効果が出始めるのに差があるのであらかじめ注意しておきましょう。

美容に効果的な白湯アレンジ方法!

美容に効果的な白湯アレンジ方法!

白湯は、そのまま飲んでも美容に効果がありますが、いろいろなものを加えてアレンジすると、より効果をアップさせられます。

白湯は無味で飲みにくいという方でも、アレンジすると味が出て飲みやすくなります。

  • 白湯+はちみつ
  • 白湯+レモン
  • 白湯+生姜
  • 白湯+ココナッツオイル
  • 白湯+梅干し

白湯+はちみつ

はちみつは、白湯に甘みが加わるため、一気に飲みやすくなります。

作り方は、白湯にはちみつを小さじ1杯ほど入れて、混ぜるだけです。

はちみつには、むくみを予防する効果があります。

また、はちみつは脳を活性化させる働きがあるため、朝起きた時の1杯に最適ですよ。

喉に優しいため、風邪気味の時も安心して飲むことができるでしょう。

白湯+レモン

レモンは白湯にさわやかさが加わるため、おすすめのアレンジレシピです。

レモンに含まれるビタミンCには、美肌効果があり、白湯を合わせて飲むと効果抜群です。

作り方は、白湯にレモン1/2個分の果汁を入れるだけです。

レモンがない場合は、市販のレモン汁でも代用可能です。

しかし、レモンに含まれるソラレンという成分は、紫外線を吸収しやすいため、デメリットもあります。

そのため、レモン果汁入りの白湯は、夕方以降に飲むのがいいでしょう。

白湯+生姜

生姜には体を温める効果があるため、白湯と相性がいい食材の1つです。

作り方は、薄く切った生姜のスライス数枚を入れるだけで完成です。

生姜がない方は、チューブ生姜小さじ1杯でも代用可能です。

生姜入り白湯は体内を温めるため、胃腸の働きを活発にして、老廃物の排出やダイエットに効果的です。

寒い日の朝や、外出から帰ってきた際の1杯におすすめですよ!

白湯+ココナッツオイル

スーパーフードの代表であるココナッツオイルも、白湯との相性が非常にいいです。

ココナッツオイルには、脂肪を燃焼させる中鎖脂肪酸が含まれているため、ダイエット効果が期待できます。

しかし、過剰に飲み過ぎると、カロリーが高いため、太ってしまいますよ。

作り方は、白湯に大さじ1杯のココナッツオイルを入れるだけで完成です。

白湯+梅干し

白湯と梅干も非常に相性が良く、美味しく飲めます。

梅干しには梅ポリフェノールが含まれており、梅ポリフェノールには、血行を良くして血管の老化を防ぐ働きがあります。

血流が良くなると、脳梗塞や動脈硬化を予防できるため、美容以外にも健康にも良い影響があります。

しかし、梅干を入れすぎると、塩分の過剰摂取になってしまうため、1日1粒を目安にしてください。

作り方は、白湯に梅干1個を入れるだけで完成です。

潰しながら飲むと美味しいですよ。

白湯を作る3つの方法

白湯を作る3つの方法

白湯の作り方を紹介していきます。

使用する水の種類により、作り方が異なるため、参考にしてください。

  • 水道水は沸騰させて作る
  • ミネラルウォーターは電子レンジを活用する
  • ウォーターサーバーは温水機能を活用する

水道水は沸騰させて作る

水道水で白湯を作る際は、沸騰させる必要があります。

手順は以下の通りです。

  1.  やかんや鍋に水道水を入れて加熱する
  2.  沸騰したら蓋を取り、10分以上加熱を続ける
  3.  コップに入れて冷まして完成

沸騰させる理由は、水道水に含まれる塩素などの不純物を除去するためです。

水道水に含まれるトリハロメタンという物質は、水温が上がると濃度が高くなる性質を持っています。

そのため、中途半端に温めると、危険度が上がってしまいます。

トリハロメタンを完全に除去するためにも、水道水は必ず10分以上沸騰させましょう。

ミネラルウォーターは電子レンジを活用する

ミネラルウォーターを使用する際は、電子レンジを使用するのが簡単です。

作り方は、500wの電子レンジで約1分30秒~3分温めるだけです。

水の量によって温める時間は異なるため、様子を見ながら温めましょう。

ミネラルウォーターには、純物が含まれていないため、沸騰させる必要がありません。

ウォーターサーバーの温水機能を活用する

ウォーターサーバーを利用して白湯を作る際は、温水機能を活用しましょう。

ウォーターサーバーの水もミネラルウォーターと同様に、不純物が含まれていないため、沸騰をさせる必要がありません。

ウォーターサーバーでの白湯の作り方としては、温水と冷水を混ぜて、適温にするだけです。

金額が上記の2つよりも高めですが、便利さは1番でしょう。

白湯を毎日飲むのであれば、市販の水を購入して白湯を作るよりはお得でしょう。

白湯を飲んで美容効果を得よう!

いかがだったでしょうか。

白湯を飲み続けると、美容にいい効果がたくさん期待できます。

1日2日飲むだけでは、効果は望めないため、美容目的で飲むのなら、最低3か月以上は継続して飲みましょう。

毎日だと飽きてしまう方でも、今回紹介したアレンジレシピを活用すれば、毎日美味しく飲めるでしょう!

作り方も簡単なため、ぜひ試してみてください!