お酒のアルコールを早く抜く方法とコツを詳しく紹介!

お酒のアルコールを早く抜く方法とコツを詳しく紹介!

お酒を飲んだ次の日、二日酔いによる頭痛や吐き気などなかなか治りませんよね。

そんな時に考えるのが、「どうすれば早くお酒抜くことができるのか」という点です。

二日酔いに悩んでいる方に向けて、お酒のアルコールを早く抜く方法とコツを紹介していきます。

合わせて、間違ったお酒の抜き方を紹介した行くので、是非参考にしてみてくださいね。

この記事を読んでわかること

  • お酒を早く抜く秘策
  • お酒を抜くために効果的な飲みものと食べ物
  • お酒を抜く際の間違った常識
プレミアムウォーター
プレミアムウォーターバナー画像
総合評価
5.00
総合評価
5.0
月額費用 3,680円(税抜き)
水の種類 天然水
ボトルタイプ 使い捨て(ワンウェイ方式)
配送地域 全国対応 ※沖縄と離島を除く

特長

  • 非加熱製法にこだわりぬいた天然水
  • サーバーのデザイン性も高い!

キャンペーン情報

  • Amazonギフト券2,000円分プレゼント
  • 他社からの乗り換えで16,500円キャッシュバック

お酒を早く抜く明確な方法はない!

まずはじめに結論から言うと、お酒を早く抜く明確な方法はありません。

というのも、お酒の強さやお酒が抜ける速度に関しては、遺伝や体質の要因が大きいので対策してもあまり意味がないためです。

ヘタにお酒を抜こうとすると、余計に吐き気や頭痛を促進させてしまう可能性もあるので危険です。

お酒を早く抜くためにできること

お酒を早く抜く方法はないものの、できるだけ早く抜くために、できることはいくつかあります。

それぞれの方法について紹介していきます。

安静に過ごす

最も効果的なのはとにかく安静に過ごすことです。

二日酔いにもかかわらずアグレッシブに行動してしまうと、事態を悪化させてしまいます。

自宅で横になり、自然にお酒が抜けるのを待ちましょう。

こまめに水分補給をする

安静にする際はなるべく多くの水分をこまめに摂取してください。

水を摂取することによって体内に残っている、アルコール成分を外に排出することができます。

アルコール成分が抜ければ、自然と二日酔いの症状も解消されていくことに。

一気に飲み過ぎると体を冷やしてしまうリスクもあるので、常温の水をできるだけこまめに1 L 程度摂取しましょう。

お酒のアルコールを抜くためにおすすめの飲み物

お酒のアルコールを抜くのに効果的な飲み物が大きく分けて三つあります。

  • トマトジュース
  • スポーツドリンク
  • カルピスジュース
  • コーヒー

トマトジュース

トマトジュースには、アセトアルデヒドという代謝に必要なビタミン C が豊富に含まれています。

また抗酸化交換のある、リコピンも豊富に含まれているので、二日酔いはもちろん肌荒れの改善にも効果的。

トマトジュースを飲んですぐに二日酔いが治るわけではありませんが、比較的短期間で症状が改善されます。

スポーツドリンク

スポーツドリンクには体内に吸収されやすい電解質を含んでいるため、体内の水分量が減りがちな二日酔いの朝に効果的です。

またスポーツドリンクには適度な糖分が含まれているので、低血糖の改善にもつながります。

スポーツドリンクは二日酔いに利く! スポドリの効果を徹底解説!

カルピスジュース

低血糖に陥りがちな二日酔いにおいて、手っ取り早く糖分を補給したいならカルピスウォーターがおすすめです。

カルピスウォーターには、頭部がたっぷりと含まれており、乳酸菌も含まれているので胃の状態を解消してくれます。

コンビニで手に入るカルピスもいいですが、原液を水で割るカルピスの方が手軽に糖分の摂取ができます。

コーヒー

コーヒーにはアセトアルデヒドの血管拡張作用を抑制する効果があります。

血管の収縮を助けるカフェインを多く含んでいるコーヒーを摂取することにより、二日酔い特有の頭痛を助けてくれます。

もちろん、ブラックコーヒーだけではなく、カフェラテやカフェオレでもOKです。

お酒のアルコールを早く抜くためにおすすめの食べ物

二日酔いの改善に最も大切な水分補給ですが、食事でも二日酔いを改善する効果があるものもあります。

  • キウイとバナナ
  • しじみのお味噌汁
  • ご飯や麺類

キウイとバナナ

キウイやバナナにはカリウムが豊富に含まれています。

カリウムには利尿作用があり、体内に残っているアルコール成分を体外に排出してくれるので、お酒を早く抜くことができます。

しじみのお味噌汁

しじみにはタウリンというアミノ酸の一種が含まれているので、アルコールを分解している肝臓の働きを促進してくれます。

くわえて、アセトアルデヒドの分解を促進してくれるグルタミンや、血中アセトアルデヒド濃度を下げてくれるアラニンなども含まれています。

アルコールによって不足している塩分もみそによって摂取できるので、しじみのみそ汁は二日酔いの朝に欠かせない食料なのです。

ごはんや麺類

酒を飲みすぎると低血糖になり、吐き気や頭痛と言った作用を発症してしまいます。

低血糖を改善するには糖質の摂取が重要です。

ご飯や麺類には糖質がたっぷりと含まれており、低血糖の改善に役立ちます。

二日酔いがひどい時などにはあまり食べれないかもしれませんが、症状が軽くなったら少しずつ食べてみましょう。

お酒のアルコールを早く抜くための間違った常識

ここからは、お酒のアルコールを早く抜くための間違った常識を紹介していきます。

  • サウナで汗をかく
  • 運動する
  • 深呼吸をする

上記の三つがなぜ意味がないのか詳しく紹介していきます。

サウナで汗をかく


飲酒した直後から利尿作用により水分が抜けていくため、サウナに入るとますます体内の水分が抜けて脱水症状が悪化する一方です。

同じ理由で翌日二日酔いの状態でサウナに入るのも、脱水症状を加速させる要因に。

また、急激に血行が良くなれば、血中にあるアセトアルデヒドが全身に回るスピードが加速して、二日酔いの症状が悪化するリスクもあります。

サウナで汗をかいても、汗と一緒にアセトアルデヒドが体外に排出され、お酒が抜けるわけではありません。

様々なリスクを引き起こしてしまう可能性があるので、無理にサウナに入るのは辞めましょう。

運動する

二日酔いの状態で運動を行って血流が良くなると、サウナと同様のトラブルが起こる可能性が非常に高いです。

走っている途中に脱水症に陥ってしまったり、ふらついて転倒したりするケースも考えられるのでとても危険です。

そのため二日酔いの時は運動せず、安静にして過ごしましょう。

深呼吸をする

深呼吸をするとお酒が早く抜けるというウワサを耳にしたことのある¥人が多いかもしれませんが、全く証拠のないウワサです。

確かに、酸素は血中を巡って全身に送り届けられるものであり、酸素がたっぷりと全身に送られればアルコールが抜けるのでは?と思うかもしれません。

ただ、証拠が全くないのであくまでも気持ち的な解決にしかなりません。

お酒を飲むまえに飲み過ぎを防ぐためにできること

二日酔いは頭が痛くなったり、吐き気がしたりと嫌なことだらけなので、できることなら未然に防いでおいた方が賢明です。

そこでここからは、二日酔いを予防するための対処法を紹介していきます。

空腹の状態でお酒を飲まない

空腹の状態でお酒を飲むと、アルコールの吸収速度が速くなってしまうため、酔いが回りやすくなり危険です。

そのため、ある程度のご飯を食べてからお酒を飲むようにしましょう。

食べものを食べてからお酒を飲めば、アルコールの吸収速度がゆるやかになり、二日酔いを予防できます。

できれば、オリーブオイルが使われており、クエン酸や酢酸が含まれているマリネやカルパッチョなどがおすすめです。

二日酔い防止の栄養ドリンクを飲む

飲む前に健康ドリンクを飲めば、肝臓の働きを助けてくれるので、飲み過ぎても二日酔いになるリスクを防げます。

お酒を飲む前に飲むだけなので、とても手軽にできるのも嬉しいポイント。

二日酔いを予防するための栄養リンクは非常に多く販売されていますが、ドラッグストアなどで販売されているものには主に2種類です。

1つはアルコールの分解を促進するもの、もう1つはアセトアルデヒドの分解を促進するもの。

基本的には二日酔いの原因となる、アセトアルデヒドを分解するためのドリンクがおすすめです。

お酒を飲んでいる時でも水をこまめに飲む

お酒と一緒に水をこまめに摂取するのも二日酔い防止に効果的です。

水を摂取すれば摂取されるアルコール分を薄めてくれるので、アルコール分の体外への排出も促進してくれます。

また、飲み過ぎも防止してくれるおまけ付きなのでお酒の席では、必ず水を注文しておきましょう。

お酒を早く抜くには安静が一番!

お酒を早く抜くには安静に過ごし、こまめに水分補給するのが一番です。

お酒は体外に排出しないと、空だから抜けていかないので、とにかく水を飲んで尿としてアルコールを出しましょう。

安静に過ごしていく中で、自然と気が楽になり始めます。

ただ、お酒を飲み過ぎないのが予防につながるので、お酒は適量を守って飲んでくださいね。