空腹に水を飲むとどうなる?期待できる10個の効果と水を飲む際の注意点を紹介!

空腹に水を飲むとどうなる?期待できる10個の効果と水を飲む際の注意点を紹介!

「空腹時に水を飲むとどうなるのか」

こんな疑問を感じている人がいるかもしれませんね。

空腹時は基本的にごはんなどを食べて空腹を解消するのが一般的ですが、水を飲むとどうなるのでしょうか?

この記事では、空腹時に水を飲むことで得られる働きや水を摂取する際の注意点について紹介していきます。

空腹に水を飲むことで期待できる10個の効果

空腹に水を飲むことで期待できる10個の効果

水は体に良いと一般的に認知されていますが、空腹時に水を摂取するとさらに良い働きが期待できます。

  • 空腹感が紛れる
  • 消化不良を解消し便通が良くなる
  • 利尿作用を促進しデトックス効果
  • 新陳代謝を活発にする
  • 免疫力の向上
  • 健康的なダイエット作用
  • 髪・肌を健康に保つ
  • むくみの解消
  • 泌尿器系の病気の予防
  • 筋肉の働きを活性化させてパフォーマンスの向上
  • 体温を一定に保つ

空腹感が紛れる

空腹を感じた際にご飯やパン、麺などを食べるのに比べて、水を飲むことによりノンカロリーで空腹感を紛らわすことができます。

水は仕事中や深夜など、小腹がすいた際の強い味方です。

ダイエット中の人や健康に気を使っている人にとっては大きな魅力と言えます。

消化不良を解消し便通が良くなる

空腹時に水を摂取することにより、胃の中の酸を押し下げる働きが得られます。

胃の中の酸が下がると、消化物が体外に排出される働きが活発になり、消化不良の解消につながります。

便秘に悩んでる人は積極的に空腹時に水を摂取するのがおすすめです。

利尿作用を促進しデトックス効果

水をたくさん摂取することにより、利尿作用を促進させて体内の物質を体外に排出できます。

体外に排出される際には、毒素や不純物といった体に悪影響を及ぼす物質とともに流し出してくれるため、デトックス効果が期待できます。

基礎代謝の向上

基礎代謝とは、呼吸や心臓を動かすなど生きているだけで消費されるエネルギーのことで、基礎代謝が低ければ痩せにくく、逆に高ければ痩せやすくなります。

空腹時に水を飲むことにより、基礎代謝を向上させることができるのです。

水で基礎代謝が向上するのは、水を飲むことで体温が低くなり、一旦冷えた身体をもとの体温に戻そうとする機能が働くため。

代謝の向上により、細胞の働きも活発になるので、痩せやすい体つくりにつながるのです。

免疫力の向上

人間は呼吸により口と鼻から空気を取り込みます。その過程で、空気とともにウイルスや異物なども体内に取り込んでしまいます。

体内の水分量が少ないと、異物をキャッチする粘膜が乾燥してしまい、風邪などの病気につながりやすくなるのです。

しかし、空腹時を含めて頻繁に水を飲むことにより、粘液が潤い粘膜の保護につながります。

一度体内に侵入したウイルスなどの異物もスムーズに体外に排出できるので、免疫力の向上につながるのです。

健康的なダイエット作用

空腹時に水を飲むことにより、空腹感をごまかすことができ、基礎代謝の向上も期待できます。

無理なダイエットと比べて、健康的なダイエットができるので体への負担も少なく、リバウンドするリスクも極めて低くいです。

既にダイエットをしていて中々体重が減らない人・これからダイエットを使用としている人にとてもおすすめです。

髪・肌を健康に保つ

空腹時の水の摂取はダイエットへの働きだけではなく、髪や肌を健康に保つ働きも期待できます。

というのも、水分摂取量が少なくなり、体内の水分量が少なくなると髪・肌も乾燥してしまうことに。

乾燥は美肌・美髪の天敵です。適量の水をこまめに摂取することにより、髪・肌を健康に保つ働きが期待できます。

むくみの解消

空腹時に水を摂取することにより、体内に蓄積されている毒素・不純物を尿として体外に排出できます。

むくみの原因となる毒素や不純物が体内になくなるため、むくみの解消に効果的です。

むくみができやすい人・疲労が蓄積している人は、空腹時にこまめに水を摂取できるようにしましょう。

泌尿器系の病気の予防

体内に水分が足りていない状態は、肝臓の水分不足してしまうため、あらゆる泌尿器系の感染症を引き起こすリスクがあります。

そのため、空腹時に水を摂取すると肝臓を含めて体内に水分が循環するので、泌尿器系の病気の予防につながります。

筋肉の働きを活性化させてパフォーマンスの向上

水を摂取すると筋繊維にも水分がいき届き、筋肉の動きを円滑にしてくれます。

筋肉の動きがスムーズになると、スポーツでのパフォーマンス力の向上に一役買ってくれます。

また、スポーツ中は汗や呼吸から水分がどんどん失われていくので、失われた水分を補う意味でも効果的。

脱水症や熱中症の予防にもつながります。

空腹で水を飲む際の注意点

空腹で水を飲む際の注意点

空腹時に水を飲むことにより様々な働きがあることが分かります。

しかし、いくつか注意点があるのも事実。闇雲に水を飲むことによるリスクもあるので、あらかじめ理解しておきましょう。

  • 飲み過ぎるとおなかを壊してしまう
  • 栄養が偏ってしまう

飲み過ぎるとおなかを壊してしまう

適度に水を飲む分には問題ありませんが、一度にたくさんの水を摂取すると胃腸の働きが狂ってしまいお腹を壊してしまいます。

お腹を壊してしまい、下痢になると、折角摂取した水分が対外に派出されてしまいます。

結果的に脱水症に陥る可能性が高くなることに。

お腹を壊さないためにも、水を飲む際にはコップ1杯分(200ml)を数回に分けて摂取することを心がけましょう。

栄養が偏ってしまう

主にダイエットをしている人に当てはまりますが、水ばかり飲んでいると当然栄養が偏ります。

当たり前ですが水には栄養となるような成分が含まれているわけではないため、くれぐれも食事などのバランスには気を付けるようにしましょう。

水を飲むに適したタイミングを理解しておこう

水を飲むに適したタイミングを理解しておこう

普段から何気なく摂取している水ですが、実は摂取するのに適したタイミングがあります。

水を飲むのに適した2つのタイミングを紹介していきます。

  • 就寝前・起床後
  • お風呂の前後

就寝前・起床後

人は寝ている間に呼吸・汗・皮膚などからかなりの量の水分を失っています。

就寝前と起床後では体内の水分量がかなり異なっているため、部屋の温度や体調などの悪い条件が重なってしまうと脱水症につながることも。

そんな状況に陥らないためにも、就寝前・起床後にコップ一杯(200ml)の水を摂取するようにしましょう。

お風呂の前後

お風呂に入ると体内の温度が上昇し、汗として体内の水分が排出されます。

お風呂の時間が長いと脱水症を引き起こす可能性もあるので、お風呂に入る前に水を摂取しておくことを心がけましょう。

また、入浴時間が長くなる場合には、水を準備しておきこまめに水分を摂取しておくと脱水症を防げます。

空腹時に水を飲むと良いことをがたくさん!こまめに水分補給する習慣をつけよう!

空腹時に水を摂取すると体にとって良い働きがたくさん得られるので、こまめに摂取する習慣付けをするようにしましょう。

水を飲む習慣をつけていくだけで、体調と体質の改善が期待できます。

最も手軽にできる健康法なので、ダイエットをしている人・健康志向が高い人などはこまめに水分を摂取していきましょう。