ジャパネットウォーターを交換したい!交換と返品の手続きを詳しく解説!

ジャパネットウォーターを交換したい!交換と返品の手続きを詳しく解説!

ジャパネットウォーターの不具合やサーバーの劣化などにより、サーバーを交換しようとしている人がいませんか?

ジャパネットウォーターではサーバーの交換を受け付けていますが、いくつか条件があるため、正しい方法で交換しないと余計な費用が発生してしまうことも。

せっかく新しいサーバーに交換するのであれば、余計な費用をかけず、スムーズに交換したいですよね。

そこでこの記事では、ジャパネットウォーターのサーバー交換の手順や注意点について、詳しく紹介していきます。

ジャパネットウォーターを交換する際の手順

ジャパネットウォーターを交換する際の手順

ジャパネットウォーターを交換する際の手順は簡単2ステップで完了します。

手順通りに分かりやすく紹介していくので、参考にしてみてください。

  1. 購入履歴から対象の商品を返品するを選択
  2. フォーム内で必要事項を入力

ステップ1:購入履歴から対象の商品を返品するを選択

ジャパネットの公式ホームページにある、マイページの購入履歴から、ウォーターサーバーを返品するを選択します。

マイページにログインする際には、IDとパスワードが必要になるのであらかじめ用意しておきましょう。

なお、IDとパスワードを忘れてしまった場合は、再発行の手続きを済ませておくとログインできるようになります。

ステップ2:フォーム内で必要事項を入力

返品するを選択したら、フォーム内で必要事項を入力します。

入力する情報は住所・利用者情報などです。

全ての手続きはスマホ1つで行えて、数分で完了するので、とても簡単にできます。

ジャパネットウォーターは電話での返品手続きも可能!

スマホで交換手続きをするのがめんどくさいと感じる人もいるかもしれません。

そんな人には、電話からの手続きをおすすめします。

ジャパネットたかたのカスタマーセンターへの電話で交換・返品手続きが可能です。

カスタマーセンターのスタッフに不明点などを相談しつつ、手続きができるため、分からないことや不安なことがある人は電話で手続きを進めていきましょう。

ジャパネットたかたカスタマーサービスセンター
電話番号 0120-551-661
※携帯電話・PHSの場合:092-235-7888
受付時間 10:00~22:00
※平日および土曜・日曜・祝日
(年始・システムメンテナンス日は除く)

ジャパネットウォーターを交換する際の注意点

ジャパネットウォーターを交換する際の注意点

ジャパネットウォーターは簡単に交換手続きができますが、いくつか注意点があることを理解しておきましょう。

注意点をあらかじめ理解しておかないと、交換手続きを済ませてから後悔することも。

そんな状況にならないように、注意点を紹介していきます。

  • 契約期間はリセットされる
  • 利用者の事情で天然水の受け取りをしないと返品手数料がかかることも

契約期間はリセットされる

ジャパネットウォーター サーバー交換

ジャパネットウォーターには契約から2年の規定利用期間が定められており、規定期間利用していない状態で解約すると、12,800円中途解約手数料がかかります。

この規定利用期間は、サーバーを交換するとリセットされてしまいます。

交換から新たに2年間利用しなければならないため、別のサーバーへの乗り換えやサーバーの解約がしづらくなってしまうことに。

そのため、ジャパネットウォーターのサーバーを交換する場合は、新たに2年間利用しなければならない縛りができることを理解しておきましょう。

利用者の事情で天然水の受け取りをしないと返品手数料がかかることも

配送されてきた天然水に欠陥がある場合を除いて、天然水の交換・返品は原則できません。

利用者の事情で天然水を受け取らないと、1回の配送につき、天然水代及び返品手数料として、1,100円(税込)の費用が発生します。

また、強制的にサーバーの所有権がなくなってしまい、配送を停止されることも。

面倒な事態に陥る可能性があるので十分に注意しておきましょう。

ジャパネットウォーターを交換した方が良い2つのケース

ジャパネットウォーターを交換した方が良い2つのケース

ジャパネットウォーターを交換すべきなのか、しない方が良いのか初めて交換する人にとっては悩ましいポイントですよね。

そこでここからは、ジャパネットウォーターを交換すべき2つのケースを紹介していきます。

  • メンテナンスをしても汚れが取れない場合
  • ウォーターサーバーが正常に動かない場合

メンテナンスをしても汚れが取れない場合

ジャパネットウォーターは利用していく中で、ほこりや雑菌などが付着し繁殖するため、自分でメンテナンスをしなければなりません。

しかし、サーバーを自分でメンテナンスするには限界があり、利用年数を重ねると汚れが取れなくなるケースも。

その汚れは水の鮮度や衛生状態に影響してしまうため、明らかに汚れが目立つ場合は交換した方が良いでしょう。

サーバーを交換すれば真っ新な状態のサーバーを利用できるので、衛生状態も非常に高く、安心して利用できます。

ウォーターサーバーが正常に動かない場合

ウォーターサーバーは冷蔵庫や洗濯機と同じ様に、家電製品に分類されます。

そのため、いくら正しく利用しても利用年数に応じて、正常に動かなくなります。

正常に動かなくなると、水の鮮度をキープできなくなったり、不具合が生じてしまうことに。

無理に自分で直そうとすると、逆に壊れてしまう可能性があるので、交換することをおすすめします。

実際にジャパネットウォーターを交換・返品している人の声

新しいウォーターサーバーに乗り換えるのもおすすめ!

ジャパネットウォーターのサーバーを交換して同じサーバーをもう2年使用するのもありですが、この機会に全く新しいサーバーに乗り換えるのもおすすめです。

同じウォーターサーバーでも、メーカーによって特徴が大きく異なるので、より自分に適したサーバーに出会えます。

そこでここからはおすすめのウォーターサーバーを3つ紹介していきます。

  • コスモウォーター
  • プレミアムウォーター
  • アクアクララ

コスモウォーター

コスモウォーターの評判は良い?口コミからわかるメリット・デメリットを詳しく紹介!

コスモウォーターはボトル差し込み口が足元部分についているのが特徴で、グッドデザイン賞を受賞している経歴もあります。

サーバーの下部分にボトル交換口が付いており、専用のバスケットに入れてスライドさせるだけでボトル交換ができます。

サーバーレンタル料金・初期費用・配送料・メンテナンス費用全て無料で、月々の料金が水代だけなのでリーズナブルに利用できるのも魅力です。

プレミアムウォーター

プレミアムウォーターの口コミと評判!メリット・デメリットを詳しく解説!

プレミアムウォーターは、数あるウォーターサーバー業界の中でもトップクラスのシェアを誇る人気メーカーです。

特にデザイン性が高いのが特徴で、ウォーターサーバーとしてだけではなく、インテリアとしても活躍します。

他社からの乗り換えで現金最大15.000円キャッシュバックされるので、規定期間を満たしていなくても違約金が発生しないのも魅力です。

ワンウェイウォーター

ワンウェイウォーター 商標 1207

ワンウェイウォーターは、12ℓあたりの水代が1,250円(税込)で利用できる非常にお財布に優しいメーカーです。

また、サーバーにエコ機能が搭載されており、消費電力を削減でくるので、月々の電気代はおよそ446円で済みます。

足元でボトル交換ができるので、ボトル交換の負担がかからない点でもおすすめです。

ジャパネットウォーターの交換は正しくおこなおう!

ジャパネットウォーターは条件をクリアして、正しく手続きをおこなえばスムーズにサーバーの交換ができます。

しかし、間違った方法で交換してしまうと、余計な費用がかかったり面倒な手続きをしなければならないことも。

そんな状況にならないためにも、正しくサーバー交換の手続きを行いスムーズに交換ができる様にしましょう!