秋田県で利用できるおすすめのウォーターサーバー比較ランキング!【2021年最新版】

秋田県で利用できるおすすめのウォーターサーバー比較ランキング!

「秋田県で利用できるウォーターサーバーとは?」
「秋田県でもウォーターサーバーはつかえるの?」

ウォーターサーバーを利用しようとしている秋田県民の中には、上記のような疑問を感じている人もいるでしょう。

ウォーターサーバーは全国的にサービスを展開しているものの、一部地域では利用できないケースもあります。

そこでこの記事では、秋田県におすすめのウォーターサーバーを厳選して5つ紹介していきます。

秋田県民の人はぜひ参考にしてみてくださいね。

秋田県で人気のウォーターサーバーランキングベスト5

秋田県でおすすめのウォーターサーバーランキングベスト5は、以下の通りです。

1位 コスモウォーター
2位 ふじざくら命水
3位 信濃湧水
4位 ワンウェイウォーター
5位 フレシャス

【秋田県でおすすめ1位】:コスモウォーター

コスモウォーター 商標 1028

コスモウォーターは全国一律で配送料がかからないため、東北地方の秋田県でもボトル配送料が無料となります。

配送料がかかるメーカーの場合、1回の配送につき500円~1,000円の配送料がかかるため、かなりの出費に繋がることも。

コスモウォーターでは月々水代のみの料金で利用できるので、とてもリーズナブルに利用できます。

また、コスモウォーターはボトル交換口が足元についており、ボトルを持ち上げて交換する必要が無いのポイント。

女性や高齢者でもカンタンにボトル交換ができるので、利用していく中で負担がかかりません。

秋田県への配送料 無料
水代 1900円(12L)
レンタル代 水ボトルの利用料による(無料~500円)
電気代 465円
ボトルの種類 ワンウェイ式
水の種類 天然水
採水地 京都府福知山市
静岡県御殿場市
大分県日田市

【秋田県でおすすめ2位】:ふじざくら命水

【秋田県でおすすめ2位】:ふじざくら命水

ふじざくら命水のサーバーには、4段階温度調節機能・省エネ運転機能・高温循環機能など様々な機能が搭載されています。

他社と比較してもこれだけ多くの機能を搭載しているサーバーは少ないため、便利で高性能なサーバーを利用できます。

そんなふじざくら命水では富士山の湧水が利用されており、ミネラル成分をはじめ、水質や味わいがトップクラスです。

水にこだわっている人でも満足できるような天然水なので、秋田県で味わい・水質の良い天然水を楽しみたい人におすすめです。

秋田県への配送料 無料
水代 1,550円(11.5L) 1,350円(9L)
レンタル代 水ボトルの利用料による(無料~500円)
電気代 1,200円
ボトルの種類 ボックス型
水の種類 天然水
採水地 富士山水脈

【秋田県でおすすめ3位】:信濃湧水

信濃湧水の評判は良い?悪い?口コミからわかるメリット・デメリット

信濃湧水で使われているお水は長野県の飛騨山脈の1つである爺ヶ岳から採水されており、衛生的にも水質的にも非常に洗練されている天然水です。

水の硬度が16の超軟水なので、クセが無く透き通っており、口当たりが良いため赤ちゃんのミルクにも活用可能。

ダブルチャイルドロック・自動クリーニング機能・ECOモードなど、サーバーに搭載されている機能も豊富です。

秋田県への配送料 無料
水代 1,500円(11.4L)
レンタル代 水ボトルの利用料による(無料~500円)
電気代 465円
ボトルの種類 ワンウェイ式
水の種類 RO水
採水地 長野県/飛騨山脈

【秋田県でおすすめ4位】:ワンウェイウォーター

ワンウェイウォーター 商標 1207

ワンウェイウォーターでは、12L当たりの水が1.250円の業界最安値で楽しめるのが大きな魅力です。

他社メーカーの場合、2,000円近くするサーバーもあるので、ランニングコストをぐっと抑えることができます。

RO水だけではなく天然水の3種類楽しめるので、好みや気分に合わせて利用可能。

また、Acroという機種には自動掃除機が搭載されており、ウォーターサーバー・自動掃除機2つの役割を果たしてくれます。

秋田県への配送料 無料
水代 プラスプレミアム 12L 1,250円(税込み)
富士の銘水 彩(SAYA) ¥2,052(税込み)
奥京都三岳山麓「京の湧水」 ¥2,052(税込み)
九州日田「天寿の水」 ¥2,052(税込み)
レンタル代 無料
電気代 約1,000円
ボトルの種類 ボックス
水の種類 天然水
採水地 富士、京都、九州

【秋田県でおすすめ5位】:フレシャス

フレシャス 商標 1028

フレシャスはトップクラスの知名度と人気を誇っている人気のウォーターサーバーで、国内シェアも非常に高いのが特徴です。

デザイン性・天然水の水質や味わい・搭載している機能など、どの点をとってもハイスペック。

サーバーのラインナップが8種類と豊富で、いずれもデザイン性が高くインテリアとしても活躍してくれます。

採用されているボトルは7.2ℓの軽量ボトルで、足元で交換できるので高齢者でも楽々利用ができます。

秋田県への配送料 無料
水代 1,140円~1,170円(7.2L)
レンタル代 水ボトルの利用料による(無料~500円)
電気代 460~1000円
ボトルの種類 パック式
水の種類 天然水
採水地 「富士」「朝霞高原」「木曽」

秋田県でウォーターサーバーを利用するメリット・デメリット

秋田県でウォーターサーバーを利用するメリット・デメリット

秋田県でウォーターサーバーを利用するメリット・デメリットは以下の通りです。

  • メリット①:熱いお湯をすぐに利用できる
  • メリット②:水を配送してくれる
  • デメリット①:都心部に比べて配送料が高い
  • デメリット②:利用できる天然水が限られてしまうケースも

メリット①:熱いお湯をすぐに利用できる

秋田県でウォーターサーバーを利用するメリットは、熱いお湯をすぐに利用できる点です。

秋田県で雪の降る寒い冬場には、お湯を利用する機会も多く、やかんやケトルなどでお湯を沸かすとなると非常に手間がかかります。

そこでウォーターサーバーがあれば、常に熱いお湯が新鮮な状態で使うことができ、すぐに熱いお湯を使えるので便利です。

メリット②:水を配送してくれる

2つ目のメリットは、水を配送してくれる点です。

都心から離れている秋田県の場合、コンビニやスーパーが無い事も多く、多くの飲料水を購入しに行くのが面倒と感じる人も多いでしょう。

また、雪が多く降り積もる冬場では、わざわざ出かけるのもかなり大変ですよね。

ウォーターサーバーでは自宅までボトルを配送してくれるので、水を購入するために出かける手間が減ります。

デメリット①:都心部に比べて配送料が高い

ウォーターサーバーは都心部などでは配送料を無料としているものの、地方部では配送料がかかる傾向があります。

秋田県も地方に含まれるので、メーカーによっては配送料が有料となってしまう事も。

事前に配送料がかかるのか、かかるとしたらいくらかかるのか確認しておきましょう。

デメリット②:利用できる天然水が限られてしまうケースも

2つ目のデメリットは、利用できる天然水が限られてしまうケースがある点です。

ウォーターサーバーは、それぞれの採水地からボトルが配送されるので、秋田県などの地方の場合は特定の採水地からのみの配送となる可能性があります。

利用できる天然水が限られてしまうので、採水地を選ぶことはできません。

契約する前に秋田県では、どの水が利用できるか確認するようにしましょう。

ウォーターサーバーを使って快適な生活を手に入れよう

今回は、秋田県で利用できるおすすめのウォーターサーバーについて、ランキング形式でご紹介しました。

秋田県に在住の人にとって、ウォーターサーバーを利用することで、様々なメリットがあります。

ウォーターサーバーには今回ご紹介したように、多くの種類があるので自分にあったものを探してみてください。

ぜひこの記事を参考に、ウォーターサーバーの契約を検討してみてはいかがでしょうか。