TOP > 家を売る > 家を売却するなら仲介と買取のどっちを選ぶ?各売却方法の違いや利用に適した場面について徹底解説

家を売却するなら仲介と買取のどっちを選ぶ?各売却方法の違いや利用に適した場面について徹底解説

【更新日】2024-06-11
編集者:不動産プラザ編集部【東晶貿易株式会社
このエントリーをはてなブックマークに追加
家 買取 仲介
本ページにはPRリンクが含まれます。
当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者から委託を受け広告収益を得て運営しております。

戸建て住宅やマンションなどの不動産を売却する方法は多岐に渡ります。

中でも、仲介売却と不動産買取は、数ある不動産売却の方法の中では最もスタンダードな方法として活用されています。

どちらの方法を選択するかは、売りに出す物件の状態や売主の事情・ニーズによって変わってくるため、一概にどちらの方法が優れているとは言い切れません。

そこで今回は、仲介売却と不動産買取の特徴と違い、利用上のメリット・デメリットの解説に加えて、利用に適した場面をそれぞれ紹介します。

【図解付】不動産売却の流れ全8ステップを手順に沿って解説!全体図から必要事項まで完全網羅

仲介売却・買取の特徴と違い

ここでは、スタンダードな売却方法として使用される頻度が多い、仲介売却と不動産買取の特徴と売却手順、特徴から読み取れる違いについて解説して行きます。

仲介売却とは?

仲介売却とは、不動産仲介業者を介して第三者に物件を売却する方式のことを指します。

この方式での売却を行う場合、業者は売主と買主の間の取引をサポートし、その仲介業務に対して手数料を受け取ります。

売却価格は、市場価格を基にしたものとなるため、家を高値で売却できる可能性があります。

しかし、希望価格での取引が成立するまで3~6ヶ月近い時間を要します。

また、物件の状態や立地、市場状況によっては売却が難しい場合も考えられます。

不動産の仲介売買とは?メリット・デメリットや注意点を解説

買取とは?

買取とは、不動産会社が直接売主から物件を購入する方式のことを指します。

この方法では、不動産会社が物件の評価を行い、その評価額を基に購入価格を提案します。

不動産買取には、即日買取買取保証の2方法があります。

以下は、それぞれの買取方法に見られる特徴です。

即日買取

即日買取とは、不動産やその他の貴重な商品を業者が申し込み日に即座に購入するサービスのことを指します。

この方法を選ぶ理由は、緊急性が高く、すぐに資金が必要な場合が多いです。即日買取を希望する場合、最初に信頼性の高い買取専門業者を選び、事前に物件や商品の詳細情報を提供します。

業者はこれを基に査定を行い、価格を提示します。

提示された価格に合意すれば、その日のうちに契約を締結し、資金の受け取りが可能です。

しかし、迅速な取引のため、市場価格よりも若干低めの価格に設定されることが一般的です。

不動産買取とは?業者買取と仲介売却のどっちがお得?メリット・デメリットと損しないための注意点

買取保証

買取保証とは、ある期間内に物件が売却できなかった時、媒介契約時に決定した価格で業者側が家を買い取ってくれるサービスです。

買取保証は、仲介売却と不動産買取を掛け合わせた売却方法で、売主はそれぞれの方法が持つリスクを最小限に抑えることができます。

買取保証を利用する際、最初に業者と契約を締結し、保証価格や保証期間などの詳細を定めます。

保証期間内に第三者からの適切なオファーがない場合、業者は契約に基づき保証価格で家を買い取ります。

このサービスは、売却のタイミングを逃さず、かつ安定した売却価格を確保したい売主にとって非常に魅力的です。

ただし、保証価格は市場価格よりもやや低く設定されるので、納得の上で契約を交わしましょう。

不動産買取保証とは?各社のサービス比較とメリット・注意点を詳しく解説

仲介売却・買取の違い

仲介売却と買取は、不動産の売却方法として広く利用されていますが、その過程や特性には大きな違いがあります。

例えば、仲介売却の場合、不動産会社が物件の売主と買主の間に立って、双方をつなぐ役割を果たします。

この場合、不動産会社は物件の売却が成功した際に仲介手数料を受け取ることが一般的です。

売却価格や売却までの期間は市場の状況や物件の特性に左右され、売買契約が締結するまで3~6ヶ月以上もの時間を要します。

また、買主の内覧の要望や条件交渉などの対応が売主側に求められます。

一方、買取の場合、不動産会社が直接物件を購入します。

このため、市場での買主を探すプロセスが省略され、比較的短期間での売却が可能となります。

売主は仲介手数料を支払う必要がなく、買取価格として提示された金額がそのまま売主に支払われる形となります。

ただし、買取価格は市場価格よりもやや低く設定されることが多いため、最高の価格を希望する場合は注意が必要です。

それぞれの違いをまとめると、以下のような形になります。

売却方法 仲介売却 不動産買取
買主 個人のお客様 不動産会社
売却期間 3~6ヶ月以上 1ヶ月前後
売却価格 市場価格の相場で売却ができる 買取後、再販を行うため市場価格の6~8割で買取を依頼する
仲介手数料 あり なし
契約不適合責任 あり なし

家売却で仲介・買取の利用が適している場面・条件

前節で仲介売却と不動産買取の特徴と方法の違いについて解説しました。

どちらの方法を選択するかは、売主の事情や物件の状態などによって選択する方法が決まってきます。

ここでは、仲介売却と不動産買取を利用するのに適した場面について紹介します。

家売却で仲介売却の利用が適している場面・条件

家の売却を考える際、仲介売却は一般的な方法として多くの場面で適しています。

特に、以下のような場面や条件で仲介売却を選択するのがおすすめです。

場面・条件 理由
最高の価格を得たい 仲介売却は物件を市場価格で売ることを目指します。そのため、物件の魅力や周辺環境を最大限に活かし、競合となる他の物件と比較して最適な価格で売却することが期待できます。
時間に余裕がある 仲介売却は買主を見つけるまでに時間がかかることがあります。そのため、時間的な余裕がある場合には、より良い条件の買主を待つことができる利点があります。
物件の情報を多くの人に知ってもらいたい 不動産仲介業者は、自らのネットワークや広告活動を活用して、物件情報を多くの人に知ってもらうためのプロモーションを行います。
契約のサポートを受けたい 仲介業者は契約の手続きや書類の作成など、売却に関する全てのプロセスをサポートしてくれます。このため、初めての売却や手続きに不慣れな人には特に有利です。
競争を引き起こすような魅力的な物件 仲介を利用することで、多くの買主との競争が期待でき、より高い価格での売却が見込まれる場合があります。

前節でも触れたように仲介売却は、物件を市場価値に近い価格で売却できる方法です。

特に、物件が人気のエリアに位置する場合や、独特な特徴や魅力を持つ物件の場合、多くの買い手からの競争を引き起こす可能性があり、仲介売却を通じて高値で売却ができます。

また、時間に余裕があり、最適な買主を待つことができる場合も、仲介売却が適しています。

仲介業者が広範なネットワークや販売手段を利用して物件を宣伝し、最良の買主を見つけるサポートを行います。

家売却で買取の利用が適している場面・条件

買取は特定の状況や条件下で非常に有利な選択肢となることがあります。

特に、以下のような場面や条件では、買取の利用を検討する価値があります。

場面・条件 理由
迅速な売却を希望 何らかの理由で速やかに現金化が必要な場合、買取は非常に適しています。不動産会社が直接買い取るため、市場の動向を気にせず、短期間での売却が期待できます。
物件に特定の欠陥や問題がある 一般の買主が難色を示すような欠陥や問題を持つ物件でも、買取なら業者が柔軟に対応してくれる可能性があります。
住宅ローンの残債がある ローン残高がある場合、買取業者がその返済をサポートしてくれることが期待できます。
内覧を避けたい 買取の場合、多数の買主の内覧を受け入れる必要がないため、プライバシーを守りたい人には適しています。
市場での売却が難しい物件 一般的な市場では需要が少ない特殊な物件や、古い物件など、仲介での売却が難しい場合でも、買取業者は柔軟に対応してくれることが多いです。

買取は、迅速に資金を得る必要がある場合や、短期間での売却を希望する場合に最適です。

特に、急な転勤や緊急の資金調達が必要な状況下では、買取によって短期間での売却が行えます。

また、物件の状態や特性によっては、市場での需要が限られる場合があります。

そのような場面であっても、不動産会社が直接買い取ってくれる「買取」では、市場での売却が難しい特殊な物件でも、確実に手放すことができます。

さらに、近隣の住人や知人に売却の情報を知られたくない方や、プライバシーを重視する方にとっても最適です。

内覧や看板の設置など、目に見える売却活動を最小限に抑えられます。

家の売却で仲介売却を利用するメリット

家を高値で売却したいや、住宅ローンの完済等を目的とするなら、高値で家が売れる仲介売却を利用するのが得策です。

ここでは、家の売却で仲介売却を利用するメリットについて紹介します。

希望価格で売却ができる

仲介売却を利用する最大のメリットの一つは、物件を希望価格近くで売却できることです。

不動産仲介業者は、市場動向や類似物件の取引実績をもとに、適正な価格帯をアドバイスしてくれます。

これにより、過大評価や過小評価を避け、実際の市場価格に近い価格で売却活動が行えます。

また、業者のネットワークや情報提供能力を利用することで、適切な買主が短期間で見つけられます。

契約書類の作成を会社側が行ってくれる

不動産取引には多数の契約書類が伴います。

これらの書類作成は専門的知識が要求されるため、一般の売主には難しい場合が多いです。

仲介売却を利用すると、不動産業者がこれらの契約書類の作成を代行してくれます。

専門家が書類を作成するため、内容の正確性や法的な問題を回避することが期待できます。

法律に触れずに住宅売却が済ませられる

住宅の売却には様々な法律や規定が関与します。

これらの法律を熟知していないと、売却後に法的なトラブルが発生するリスクが高まります。

しかし、仲介売却を利用すれば、不動産業者が法律の専門家として取引をサポートしてくれます。

業者の知識や経験を活かし、法律的な問題やリスクを未然に防ぐアドバイスがもらえるため、売主は安心して売却手続きが組めます。

売却トラブルの仲裁をお願いできる

住宅の売却においては、取引の過程で様々なトラブルが発生する可能性があります。

例えば、物件の瑕疵や隠れた欠陥に関するトラブルや、契約内容に関する不一致などが考えられます。

仲介売却を利用すると、このようなトラブルが発生した際、不動産業者が中立的な立場から仲裁を行ってくれます。

業者の知識や経験、ネゴシエーションスキルを活かして、公平かつ迅速な解決を目指すことができるため、売主にとっては大きな安心感が得られます。

家の売却で買取を利用するメリット

買取は、急な転勤や築古の物件を手放したいときに有効的です。

ここでは、家の売却で不動産買取を利用するメリットについて解説します。

仲介手数料がかからない

買取を利用する最大のメリットの一つは、不動産業者に仲介手数料を支払う必要がありません。

通常、仲介売却の際には、物件の売却価格の一定割合を仲介業者へ手数料として支払う必要があります。

しかし、買取の場合、不動産会社が直接買い取る形になるため、このような手数料は発生しません。

これにより、売却に関する支出を最小限に抑えられます。

短期間で物件売却ができる

買取の際のもう一つの明確なメリットは、物件の売却プロセスが大幅に短縮されることです。

仲介売却の場合、適切な買主を見つけるまでに時間がかかることが多いですが、買取の場合、不動産会社が即座に購入の意向を示すため、短期間で売却が完了します。

これは、急な転勤や資金調達の必要など、短期間での売却が求められる場合に非常に有効です。

契約不適合責任が適用されない

買取の場合、不動産会社が物件の現状をしっかりと確認し、その上で購入するため、後から隠れた欠陥や瑕疵に関するクレームが生じるリスクが低くなります。

つまり、売主は買取後に物件の状態に関する責任を問われることが少ないというメリットがあります。

これは、安心して物件を売却する上で非常に重要な点となります。

近隣住人に知られることなく売却できる

仲介売却の場合、物件の内外を見るための内覧や看板の設置など、近隣の住人に売却活動が知られる可能性があります。

一方、買取の場合、不動産会社が直接買い取るので、多くの内覧や看板の設置などの活動は不要となります。

これは、プライバシーを重視する売主にとって大きな魅力となります。

家の売却で仲介売却を利用するデメリット

高値で取引できる一方、仲介売却の利用が適さない場面があります。

ここでは、仲介売却の利用が適さない場面を踏まえて、仲介売却を利用するデメリットについて解説します。

短期間での売却が難しい

仲介売却を選択すると、物件の適切な買主を見つけるまでに時間がかかることが多いです。

不動産会社は市場に物件を出して、適切な買主を探す作業を行いますが、市場の状況や物件の特性によっては、売却までの期間が長引く場合も考えられます。

特に、短期間で資金を手に入れたいという売主の希望に応えるのが難しいというデメリットがあります。

契約不適合責任を問われる可能性がある

仲介売却の場合、物件の状態や隠れた欠陥などに関して、買主との間でトラブルが生じる可能性があります。

このような状況が発生した場合、売主が契約不適合責任を問われるリスクが存在します。

つまり、物件の隠れた瑕疵や不具合が後から明らかになった場合、修復費用や損害賠償の責任を負う可能性があるというデメリットが考えられます。

仲介手数料がかかる

物件の売却に成功した場合、仲介として働いた不動産会社に対して、仲介手数料を支払う必要があります。

この手数料は物件の売却価格の一定の割合として計算され、売却の経費として直接的に影響するため、結果として得られる金額が減少します。

このコストは、買取の場合には発生しないため、仲介売却を選ぶ際のデメリットになります。

内覧対応が必要

仲介売却の際には、物件を実際に見たいという買主の希望に応じて、内覧の対応が必要となります。

これには時間や手間がかかり、また、物件の中を見られることに対する抵抗感やプライバシーの問題も考えられます。

内覧の回数やタイミングによっては、日常生活に影響が出てきます。

家の売却で買取を利用するデメリット

短期間で家を売ることができる一方、不動産買取の利用が適さない場面があります。

ここでは、不動産買取の利用が適さない場面を踏まえて、不動産買取を利用するデメリットについて解説します。

市場価値の2~4割減で買い取られる

買取の最大のデメリットとして、多くの場合、物件の市場価値よりも低い価格で買い取られるリスクが挙げられます。

一般的に、不動産会社は再販の際の利益を見込むため、市場価値から2~4割程度低い価格での買取を提案することが一般的です。

仲介売却を選ぶ場合と比較すると、最終的に得られる金額が低くなる可能性が高まります。

そのため、最高の価格での売却を目指す場合、買取の選択は慎重に検討する必要があります。

買取を断られてしまうことがある

買取の場合、不動産会社はその物件を自らの資産として保有するか、あるいは再販を前提として購入します。

そのため、物件の立地や状態、市場動向などを考慮して、買取の判断を下します。

この結果、特定の条件や市場環境下では、不動産会社から買取を断られることも考えられます。

特に、独特な特徴を持つ物件や、市場での需要が見込めない物件の場合、買取の提案を得られないリスクが高まります。

売却を急ぐ場合や、特定の不動産会社に依存する形になるので、選択肢が限られてしまいます。

仲介・買取に関する質問

ここでは、仲介売却と不動産買取に関する疑問を解説して行きます。

住宅ローンが残っていても仲介売却・買取で家の売却ができる?

住宅ローンが残っている状態でも家の売却は可能です。

しかし、売却の際に得られる売却代金の中から、まず住宅ローンの残債を完済する必要があります。

仲介売却や買取の際には、物件の売却代金と住宅ローンの残高との関係を明確にするため、事前にローンの残高を確認しておくことが重要です。

また、完済後の残額が予想される場合は、それを考慮して売却価格を設定する必要があります。

一部の金融機関では、売却と同時にローンの返済ができる「併売返済」の制度も提供している場合があります。

住宅ローンの残債が残る不動産を売却!銀行へ連絡するタイミングはいつ?

他社で仲介売却を依頼していても買取依頼は出せる?

他社で仲介売却を依頼している状態でも、買取の依頼は可能です。

ただし、専用専属媒介契約や専任媒介契約を結んでいる場合、一定期間内は他の業者に売却依頼を出すことができません。

このような媒介契約を結んでいる場合、他の業者への買取依頼前に契約内容を再確認し、必要に応じて契約の解除や変更を検討することが必要です。

ただし一般媒介契約の場合は、他の業者への買取依頼が問題なく出せます。

不動産買取で発生するよくあるトラブルは?

不動産買取においては、以下のようなトラブルが発生する可能性があります。

不動産買取で発生するよくあるトラブル

  • 評価額の不一致
  • 隠れた瑕疵の発見
  • 適切な情報の不提供
  • 査定価格の引き下げ

これらのトラブルを避けるためには、買取を依頼する前に業者の買取実績を確認したり、契約内容をよく理解してから署名するなど、物件の詳細や状況を正確に業者に伝えるなどの対策が必要です。

家の売却で仲介・買取のどっちを利用するかは売却の目的によって決まってくる

家を売るという大きな決断を前に、多くの人は「仲介売却」と「買取」の2つの選択肢に迫られます。

どちらの方法を選ぶかは、売却の目的や状況、さらには期待する成果に大きく左右されます。

つまり、家の売却方法を選ぶ際は、自らの売却目的を明確にし、それに合わせた最適な方法の選択が求められます。

また、仲介売却も買取も、それぞれに独自のメリットとデメリットが存在するため、売却の目的に応じて適切な選択を行うことが、成功への第一歩となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

家の売却相場はいくら?相場の調べ方と築年数・立地の関係を詳しく解説
家を相場よりも高く売るには、まず築年数・アクセスに注目する必要があります。特に築年数が過ぎると価格…
家を売ったお金で家を買う方法は?住み替えにかかる費用や注意点を解説
基本的に、住み替えする際は「買い先行」「売り先行」のいずれを選んで行っています。 この記事では、家…
持ち家売却はどうやる?売る流れとかかる費用・不動産会社の選び方を解説
持ち家をはじめて売るという方必見!この記事では持ち家売却に関する疑問をすべて解決しています。売却を…

特集記事

【2024年最新】大手不動産リースバック業者比較ランキング!おすすめ会社の口コミ徹底比較
リースバック業者ランキングを紹介!口コミ・内容を比較して人気の会社をランキング形式で紹介していきま…
【2024年6月】不動産一括査定サイトおすすめ比較ランキング!不動産売却におすすめの人気16社を厳選紹介
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2024年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産売却とは?不動産を売るなら読むべき鉄則【専門家監修】
不動産売却を行う理由は多岐に渡り、売却方法も理由や事情などに合わせて選んでいく必要があります。 ま…
pmark image
お客様の個人情報保護のため、プライバシーマークを取得しております。
個人情報を適正に取り扱うことができる企業のみ認定されてる制度です。