TOP > 土地活用 > コインランドリー経営 > コインランドリー経営の仕組みは?成功するためのポイントを解説

コインランドリー経営の仕組みは?成功するためのポイントを解説

【更新日】2023-11-22
このエントリーをはてなブックマークに追加
コインランドリー経営の仕組みは?成功するためのポイントを解説
本ページにはPRリンクが含まれます。
当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者から委託を受け広告収益を得て運営しております。

「コインランドリー経営はどんな仕組み?」

「コインランドリー経営を成功させるには?」

コインランドリー経営は儲かると聞いて、始めようか気になっている人も多いのではないでしょうか。

コインランドリー経営は住宅街などニーズがあれば、年齢層に関係なく需要が見込めます。

メリットとデメリットを理解して、始めるかどうか判断しましょう。

この記事では、コインランドリー経営の仕組みやメリット・デメリット、さらに、コインランドリー経営を成功させるポイントを解説します。

土地活用のアイデア9選!土地の広さ別に発想のヒントを紹介

コインランドリー経営の仕組み

コインランドリー経営とは、店舗内に洗濯機や乾燥機を設置して利用料金を取る仕組みです。

「〇分〇円」のように利用料金が固定で決まっているため無人で運営できます。

中には店舗の空き区画をコインランドリーとして利用することも可能です。

コインランドリー経営は洗濯機と乾燥機を設置しますが、乾燥機の方が収入源となります。

雨の日になると乾燥機の利用を目的に顧客が増えることもあるので、一気に売上が伸びることも想定できます。

かかる初期費用

コインランドリー経営では、主に次のような初期費用が掛かります。

初期費用 金額
機器代 約2000万円
内装設備工事費 約1000万円
外装工事費 約500万円

店舗を準備するための費用が掛かります。

新たに店舗を建てる際は内装工事と外装工事はほぼ必須なので、計算しておきましょう。

お金のかからない土地活用方法5選!資金なしでも始められる方法と注意点・節税対策を解説

コインランドリー経営のメリット

コインランドリー経営では、次のようなメリットがあります。

  • 節税効果がある
  • 土地の形が悪くても始められる
  • 利回りが良い

放置している土地があれば、活用するとメリットも大きいです。

以下にそれぞれのメリットを解説します。

節税効果がある

空いている土地をコインランドリーとして利用した場合は、相続税を節税できます。

「小規模宅地などの特例」という制度が適用されるため、400㎡までの土地であれば、相続税が70~80%が減税できるので非常にお得です。

将来的に相続することを想定すると、更地のまま相続するよりも圧倒的に節税効果が高くなっています。

節税する目的があれば、店舗の大きさにも意識してみると良いです。

土地の形が悪くても始められる

コインランドリー経営では、洗濯機や乾燥機を設置するだけで始めることができます。

そのため土地の形がそれほど重要ではなく、狭い土地や地形が悪い場合でも問題ありません。

特に狭い土地でも、コインランドリー自体のニーズが高い土地であれば高い収入が見込めます。

土地が狭いと他の土地活用は難しいので、コインランドリー経営を始めるのはおすすめです。

利回りが良い

コインランドリー経営の利回りは8~10%と、他の土地活用に比べて高くなっています。

一般的に10年以内に初期費用が回収できると言われているので、これから始める人に非常におすすめです。

またコインランドリー経営は粗利率が高くなっています。

運用を始めてからのランニングコストが抑えられているため、高い収益性が確保しやすい特徴があります。

粗利率も70~80%となっているため、他の土地活用に比べて費用を回収しやすくなっています。

コインランドリー経営のデメリット

コインランドリー経営を始めるとメリットも多いですが、次のようなデメリットもあるので確認しておきましょう。

  • 初期費用が高い
  • 防犯上のリスクが高い
  • 競合が出やすい

コインランドリー経営は収益性が高い一方、初期費用が掛かりやすい傾向があります。

どの程度の費用が掛かるか計算しておかないと、費用が想定以上にかさんでしまうこともあるので気を付けてください。

以下にそれぞれのデメリットを解説します。

初期費用が高い

コインランドリー経営は初期費用が2000万円~5000万円程度はかかるので、高額となっています。

外装工事費や内装費、機器代で相当の金額がかかりますが、節約もできない部分なので初期費用は掛かるものと計算しておきましょう。

コインランドリーの店舗の大きさによって初期費用は変わってくるため、予算と相談して始めるようにしましょう。

ただし、ランニングコストはそれほど高くない上、利益も回収もしやすいので、初期費用が準備できるなら始めるのはおすすめです。

防犯上のリスクが高い

コインランドリー経営は無人でも経営できるメリットがありますが、反対に言えば無人経営なので盗難被害も高まります。

洗濯機に投入された硬貨や、両替機にたまった現金が盗まれる可能性もあります。

始める前には盗難被害に遭わないように、コインランドリー管理会社に相談しておきましょう。

盗難被害に遭うと損壊保険会社や警察とやり取りしないといけなくなるので、手間がかかります。

競合が出やすい

コインランドリー経営は始めるのにおすすめと解説していますが、他の人にとっても同じです。

新規参入しやすいビジネスなので、競合店が現れやすくなっています。

特に住宅街などの人気のあるエリアでは、新規業者が参入してきて競争が激化することもあり得ます。

新規でコインランドリー会社が参入してくると、それまで上手くいっていた経営も危うくなるケースがあるのでリスクはあります。

利用客が逃げないように、店舗サービスも改善し続けることが重要です。

コインランドリー経営で成功するポイント

コインランドリー経営を成功させるためには、次のポイントを意識しましょう。

  • 土地の需要を確認する
  • コスパの良い機械で始める
  • キャッシュフローを計算する

コインランドリー経営を始める前の準備が重要です。

以下にそれぞれのポイントを解説します。

土地の需要を確認する

コインランドリー経営で重要なのは、土地の需要を確認する事です。

立地によってコインランドリーの利用者数が大きく変わるため、始める際は次のような立地を選びましょう。

  • 住宅街
  • 学校が近くにある土地
  • タワーマンションの近く

共稼ぎ世帯は家で洗濯機を使う時間が取れないので、コインランドリーを利用してくれることが多いです。

またコインランドリーの設備が良ければ、家に洗濯機があっても利用してくれることがあります。

ニーズが高い立地を理解して、コインランドリー経営を始めるか判断しましょう。

コスパの良い機械で始める

コインランドリー経営は設備が十分であれば、一定の利益が見込めます。

そのため必要以上に高額高性能な設備を準備する必要はなく、初期費用を抑えるためにもコスパの良い設備を準備しましょう。

質の良い中古機などがあれば非常にコスパが良いのでお勧めです。

キャッシュフローを計算する

コインランドリー経営を始める際はキャッシュフローを計算しておくことが重要です。

コインランドリーの店舗にもよりますが、収入は40~80万円が平均で、郊外にある大型の店舗では150万円を越えるところもあります。

利回りで計算すると約8%程度の利回りが期待できるので、始める際はこの数値を目標に計算すると良いでしょう。

コインランドリー経営は人気の土地活用なので競合店がいないかなどを確認して、キャッシュフローを計算してから始めましょう。

コインランドリー経営は収益性の高い土地活用!

コインランドリー経営はこれから始める場合でも、特に収益性の高い土地活用方法です。

初期費用は2000万円以上とある程度かかりますが、始めてからのランニングコストは低いため、十年程度で回収できます。

コインランドリー経営のメリットとデメリットを理解してから、土地活用に迷っている人は検討してみましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

特集記事

【2024年最新】大手不動産リースバック業者比較ランキング!おすすめ会社の口コミ徹底比較
リースバック業者ランキングを紹介!口コミ・内容を比較して人気の会社をランキング形式で紹介していきま…
【2024年6月】不動産一括査定サイトおすすめ比較ランキング!不動産売却におすすめの人気16社を厳選紹介
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2024年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産売却とは?不動産を売るなら読むべき鉄則【専門家監修】
不動産売却を行う理由は多岐に渡り、売却方法も理由や事情などに合わせて選んでいく必要があります。 ま…
pmark image
お客様の個人情報保護のため、プライバシーマークを取得しております。
個人情報を適正に取り扱うことができる企業のみ認定されてる制度です。