TOP > 外壁塗装 > 外壁塗装業者の選び方はどうすれば失敗しない?優良塗装会社を見極めて選ぶポイント

外壁塗装業者の選び方はどうすれば失敗しない?優良塗装会社を見極めて選ぶポイント

【更新日】2023-12-07
このエントリーをはてなブックマークに追加
外壁塗装業者の選び方
本ページにはPRリンクが含まれます。
当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者から委託を受け広告収益を得て運営しております。

外壁塗装を検討している方の多くは、どの業者に依頼すれば良いか悩むケースが多いです。

外壁塗装は特別な免許や許可がなくても開業できるため、幅広い業態のリフォーム業者が参入しており、ハウスメーカーなども含めれば膨大な数の業者が存在します。

外壁塗装業者の実力はピンキリですが、傍から見ると差が分かりにくく、どこが優良業者なのか初心者は判断しかねます。

業界への参入基準が低い分、悪徳業者と契約してしまう可能性も高いので、外壁塗装業者をしっかり選ぶことはリフォームの成功に繋がるだけでなく、損失を被ったり詐欺にあったりするのを避ける目的があります。

外壁塗装業者を選ぶ際は、具体的にどんな点に注目すれば失敗しないのか、詳しく解説していきます。

【2023年】外壁塗装おすすめ塗料ランキング27選!目的・性能別に人気塗料を比較
塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ

外壁塗装業者選びのチェックポイント

取り扱う塗料の種類は、どんな業態の塗装業者でもそこまで違いはありません。

しかし、全く同じプランで依頼をしても、工事の質や出来栄え、価格や保証サービスは業者によって大きく異なります。

外壁塗装業者を選ぶ際にチェックすべき6つのポイントを紹介していきます。

見積もり価格が適切かチェック

工事の契約を交わす前に、業者が見積もり書に記載している価格が適正かどうか必ず確認しましょう。

本来の工事の適正価格より高すぎる業者に依頼するのは損ですし、価格が低すぎる場合も塗料を薄めるなどの悪徳行為をして工事費を削っているリスクがあるので危険です。

塗装工事は外壁の状況や利用している壁材や塗料、エリアによっても異なるので、○○万円~△△万円の間が適切といった目安の価格帯が全てのケースに存在する訳ではありません。

依頼者自身が複数社に見積もりを依頼して結果を共有してもらい、複数社の平均見積もり価格を計算することで初めて適正価格が分かります。

外壁塗装工事の見積もり価格は業者によって数十万円の差があるケースも多く、適当に1社だけ選んで依頼をすると、気付かないまま他の業者より高い料金を支払って損している可能性があります。

見積もり価格が適切かどうかは、必ず他社を比較した上で見極めましょう。

施工実績の確認

塗装施工の質に自信がある塗装業者の大多数が、宣伝を兼ねて、過去に実行した施工実績を公式サイト上に公開しています。

具体的には、工事前後の写真掲載や工事の内容、施工期間などの詳細な情報が一覧で公開されています。

また業者によっては、施工実績を掲載していない場合もあります。

そういう会社ほど怪しいと思われる方が多いですが、塗装業界はIT化があまり進んでいない業界なため、業者によってはHPそのものを用意していないこともあります。

仮に公式サイトがない業者に依頼するときは、見積書の依頼をすると同時に、直接来社して過去の施工実績について伺って確認を取りましょう。

営業方法が適切かチェック

外壁塗装業者が飛び込みで訪問営業に来るケースもありますが、その場で契約するのは控えましょう。

営業マンが「今なら塗装工事の費用が半額です!」などと言ってきたのを受けて勢いで契約を結んだ結果、悪徳業者に騙されるケースは非常に多いです。

塗装の剥がれや膨らみは外から見て一目瞭然なので、訪問営業をするほうもセールストークを準備しやすく、営業経験者なら素人を簡単に騙せてしまいます。

訪問営業をしてくる業者の中には優良業者も当然いますが、他の業者と比較できず考える時間もない中で契約してしまうのは危険です。

訪問営業に来た業者を気に入ったとしても営業マンには一度帰ってもらい、他の業者とも比較をした上で最終決定しましょう。

HP内に不安要素がないかチェック

外壁塗装業者を選ぶ際は、各社のHPを隅々までチェックしましょう。

特に従業員の顔写真やプロフィールが掲載されているかどうかは、信頼できる業者かを測るバロメータになります。

その他にも、どんな資格や認可があるかもチェックするようにしましょう。

外壁塗装業者はアナログな業界なので、簡素なHPの業者だからといって仕事の質が低いとは限りません。

ただ、Web上で全く露出していないと、どういう業者か判断できないので注意が必要です。

許可・資格を保有しているかチェック

塗装技能士の資格や、建設業許可の有無もチェックをしましょう。

特に、一級塗装技能士は開業から取得まで最低9年かかるので、取得している塗装業者は信頼できると思って間違いありません。

建設業許可は国・自治体から正規の建設業者と認められた者にだけ付与されます。

許可を受けている業者でも悪質な営業を指摘されることはありますが、少なくても架空の塗装業者を謳う詐欺団体である可能性はありません。

保険・保証は整っているかチェック

業者が入っておくべき保険に加入しているかどうか、アフターフォローはしっかりしているかどうかは選び方という以前に必ず確認しておくべきポイントですので覚えておきましょう。

万が一、工事中の事故や、業者の不備により家や人に被害があった場合、保険会社から費用の負担があります。

事故などはないことが一番ですが、もしものことを考えた場合、保険に加入している業者の方が安心です。

事前に工事に不備や欠陥があった場合や、のちに不具合が出てきた際にアフターフォローとして補修工事をおこなってくれるかどうか確認しておきましょう。

小さなヒビや多少の汚れはしょうがないことなのですが、あまりにも気になる大きな不備があるときはすぐに直しに駆けつけてくれる業者が好ましいです。

とはいっても、避けることのできないような本当に小さなヒビなどは自己負担となることが多いので、あくまで目に見える欠陥の補修をサービスしてくれるかどうかに注目しましょう。

質問に対して適切な回答が出せているかどうか

塗装業者選びでは、業者がお客様の質問に適切に答えることが非常に重要なポイントです。

具体的には、塗装の手法や使用する塗料の種類、塗装工事の時間やコストなど、具体的な業務内容について詳しく説明できるかどうかを確認しましょう。

また、不明点があった場合には、迅速かつ正確に解説し、お客様の不安を取り除く対応ができるかも見極めることが大切です。

質問への回答が適切かどうかを見ることで、業者の専門性や信頼性を判断できます。

アフターサービスの内容を確認

塗装工事が完了した後のアフターサービスも、業者選びの重要な要素です。

アフターサービスの内容や対応が充実しているかどうかを確認することで、万が一、工事後のトラブルが発生した際にも安心して対応できます。

具体的には、定期的な点検・メンテナンスの有無、トラブル発生時の対応体制や保証期間の長さなどをチェックしましょう。

アフターサービスがしっかりとしている業者は、工事の品質にも自信があると言えます。

地域の口コミ・評判を確認

地域の口コミや評判も、塗装業者選びにおける大切なチェックポイントです。

実際に業者と契約して工事を行った人々の評価は、その業者の実力や対応を評価する上で参考になります。

例えば、インターネット上のレビューサイトやSNS、地元の住民からの評判などから情報の確認ができます。

これらの情報から、業者が期待通りの品質で作業を行い、トラブルに迅速かつ適切に対応できるかどうかの判断ができます。

価格の安さだけで外壁塗装業者を選んではいけない理由

外壁塗装業者はどこもプロだから、希望のプランと塗料で依頼しておけば施工費が安い業者に依頼してもトラブルは起きないと思っている方は多いです。

ただ、外壁塗装業者選びに失敗すると、希望のプランを選んだとしても大きな効果は見込めません。

塗料の発色や耐用年数、剥がれや凹凸なども業者の実力によって大きく変わるので、キチンと業者選びをしなければ塗料の最低限の効果も発揮されないためです。

塗料がすぐ剥がれてしまい、すぐに違う業者へ依頼した場合のトータルコストは、大手の優良業者に1回依頼した場合のコストよりも高額になってしまいます。

外壁塗装業者を選ぶ際は価格だけでなく工事の実績や担当者の人柄、保証サービスなどもあわせてチェックをしましょう。

安すぎる見積もりの裏に潜む5つのリスク

常に雨風などの天候にさらされている外壁や屋根は、定期的にメンテナンスを施してあげないと、自宅の劣化や瑕疵を作る原因になります。

その原因を避けるためにも、定期的に塗装工事を施すわけですが、メンテナンス費用を少しでも安く済ませたいと思う人が一定数はいます。

しかし、極端に安すぎる見積もりを立てる業者に塗装工事の依頼を出すと、手痛い目に遭ったり、物件そのものの状態を悪化させる原因にもなります。

ここでは、安すぎる見積もりの裏に潜む5つのリスクについて紹介します。

塗料を薄めて材料費をカット

塗装工事において安すぎる見積もりの一つに、「塗料を薄めて材料費をカット」があります。

この手法は、初めから塗料を十分に混ぜず、薄めて使用することでコストを削減します。

しかし、これは一見効果的な節約策に見えますが、塗装の質に大きな影響を及ぼします。

塗料が薄まることで、塗装面の防水性や耐久性が低下し、結果として短期間で再塗装が必要になることが多々あります。

また、色落ちや色あせが早く起こり、外観も損なわれます。

このように、初めの見積もりが安すぎると長期的な維持費が高くなる恐れがあります。

乾燥時間を厳守せず人件費のカット

塗装工事では、塗料が十分に乾燥する時間を設けることが重要です。

しかしながら、工事を速やかに進めるために、この乾燥時間を省略したり短縮する業者がいます。

乾燥時間を短くすることによって、短期間で多くの工事をこなすことができ、人件費をカットすることができます。

しかし、塗料が完全に乾燥していない状態で、次の塗装作業に入ると、塗装の仕上がりが悪くなります。

また、完全に乾燥していない塗料は剥がれやすく、場合によっては再塗装を施す必要があります。

こうした問題は、初期の見積もりが安すぎる場合に考慮すべきリスクとなります。

単管足場を使用して足場代をカット

塗装工事では、安全で確実な作業を行うために適切な足場の設置が必要です。

しかし、単管足場を使用することで足場代をカットする業者がいます。

単管足場とは、設置と解体が容易に行える足場で、コスト削減効果があります。

しかし、単管足場は安定性に欠け、作業員の安全を確保するのが非常に難しいです。

さらに、不安定な足場で品質の高い塗装作業を行うのは難しく、塗装の仕上がりに悪影響を及ぼす可能性があります。

初期の見積もりが安すぎる場合、このような安全面や品質面のリスクを背負うことになります。

別途費用の追加請求

安すぎる見積もりには、「別途費用の追加請求」が隠されている場合があります。

最初の見積もりが安すぎる場合、工事中に「これが見落とされていた」や「これが予期せずに発生した」として、別途費用を請求される場合があります。

このような追加請求がなされると、最終的な工事費用が当初の見積もりを大幅に上回ることもあります。

したがって、見積もりが安すぎる場合は、そこにどのような内容が含まれているのか、細部までしっかりと確認しましょう。

低品質の塗料を使用する

コスト削減の一環として、低品質の塗料を使用する場合もあります。

低価格の塗料は、一見するとコストパフォーマンスが良さそうに見えますが、多くの場合、品質もそれに比例します。

低品質の塗料を使用すると、防水性や耐候性、塗料の色持ちなどが低下し、結果的に塗装の寿命が短くなる可能性があります。

最悪の場合、短期間で再塗装を施す羽目になり、余計な出費を被る可能性があります。

よって、見積もりが安すぎる場合は、使用される塗料の品質にも注意を払う必要があります。

外壁塗装業者選びで失敗した事例

外壁塗装業者選びで失敗すると、様々なトラブルが発生する恐れがあります。

今回は、外壁塗装で業者選びに失敗した時に起こりがちなトラブルを紹介していきます。

失敗例➀契約前に作業を勝手に進める

塗装業者に相談をして見積もりをもらった段階で、まだ契約をしていないのに足場を組まれるケースなどが報告されています。

結果的に契約を結んだのであれば大きな問題ではありませんが、一般的なマナーやルールから逸脱しているので他にリスクが発生していたとしても不思議ではありません。

こうした業者が契約前に作業を進めていくのは、既成事実を作って契約せざるを得なくする意図があります。

まだ契約を結んでいないのであれば、組み立てた足場を撤去してもらい、契約を結ばないようにしましょう。

失敗例②無断でスケジュールを延期される

外壁塗装は気温や湿度・天候によって予定よりも工期が延びるケースは珍しくありません。

梅雨の時期や積雪の多い冬などはスケジュールが不安定なのは仕方ない部分もあります。

ただ、故意の工期延長でなかったとしても、完了日がズレる場合は一声かけるのが普通です。また、気候の理由で工期が延びそうな場合は、事前にその旨の共有がある業者が親切です。

失敗例③出来上がりの色がイメージと違う

打ち合わせで話していた色と出来上がりの色が異なるケースは非常に多く、大きなトラブルに発展しがちです。

このトラブルの原因としては、以下の2点が挙げられます。

  • 相談した色と型番がズレている
  • カタログの色と比べて光の当たり具合などが異なる

相談した色と型番がズレている場合は明確な塗装業者のミスにあたるため、塗り直しをしてもらうことが出来ます。

打ち合わせで確認した色と実際の色が異なるのは日光の当たり方や住宅の大きさなどが関係しているので、必ずしも業者のミスではありません。

ミスを避けるためには、カタログを見ただけで色を決定せず、実際の塗板を見せてもらうのがおすすめです。

失敗例④塗料がすぐに剥がれてしまう

施工した直後は落ち度に気付きにくいですが、時間が経過するとすぐに塗料が剥がれてしまったり、凹凸が目立ってきたりするケースがあります。

塗装がすぐに剥がれてしまうのは、壁に付着しているゴミや汚れの除去や凹凸を埋める下地処理を怠っていることが主な原因です。

手抜き工事が原因で剥がれが起きているなら、すぐに塗装業者へ連絡をして塗り直しをしてもらいましょう

外壁塗装業者の特徴と施工費用の相場

外壁塗装業者と一言で言っても、施工業務を請け負っている会社は多々あります。

ここからは、外壁塗装を請け負ってる業者の特徴と施工費用の相場をそれぞれ紹介します。

ハウスメーカー

ハウスメーカーは新築住宅の設計・施工から保証に至るまでトータルで請け負っています。

その業務範囲には、外壁塗装も含まれます。

ハウスメーカーの特徴はそのシステム全体が一元化されていることで、統一された品質管理とアフターサービスが期待できます。

しかし、一方で塗装に特化した技術力が欠けることもあり、施工費用は一般的に高めに設定されています。

日本での相場は、一般的な戸建て住宅で約200万円~400万円程度です。

工務店

工務店は地域密着型の小規模な建設会社で、新築・改築・リフォームを手がけると共に、外壁塗装も行います。

工務店の特徴は、地域に密着したサービスと、顧客との直接的なコミュニケーションにあります。

そのため、顧客のニーズに柔軟な対応を取ってくれます。

しかし、専門性に乏しかったり、塗装原料の品質にばらつきが出るケースがあります。

施工費用は約150万円~300万円と、ハウスメーカーよりは低めです。

リフォーム業者

リフォーム業者は既存の住宅の修繕や改修を主に行う企業で、その中に外壁塗装も含まれます。

リフォーム業者の特徴は、豊富な施工経験と専門知識を持っていることで、既存の住宅に最適な塗装方法を提案してくれます。

しかし、業者によっては相場より高い費用を請求する場合もあります。

一般的な施工費用の相場は約150万円~250万円となります。

塗装専門業者

塗装専門業者は外壁塗装を主に行う企業で、最新の塗料知識や技術を持っています。

そのため、最適な塗装方法を提案し、高品質な施工を行うことが可能です。

また、価格もリーズナブルな場合が多く、費用対効果の観点から選択肢の1つに加えられます。

ただし、全ての塗装専門業者が同等の品質を提供しているわけではないため、業者選びには注意が必要です。

施工費用の相場は約100万円~250万円程度となります。

外壁塗装に対応している会社の特徴を比較

外壁塗装を依頼できる業者は、大きく以下の4種類に分けられます。

  • 外壁塗装専門業者
  • リフォーム業者
  • 総合系ハウスメーカー
  • 工務店

それぞれの特徴を大まかに比較すると、特に工事費用と技術力に大きな差があります。

種類 費用 技術力
外壁塗装専門業者 安値 高値
リフォーム業者 高値 平均的
ハウスメーカー 高値 高値
工務店 安値 平均的

リフォーム業者は費用が高く技術力も平均的で、他の2社と比較すると劣る印象です。

リフォーム業は建築・修繕工事がメインで、外壁塗装は簡単に始められるから建築工事の傍らで実施しているだけなのが多くのリフォーム会社の現状です。

外壁塗装の需要は近年拡大してきたこともあり、総合系のリフォーム業者が新たに塗装事業を始める機会も増えましたが、やはり長年の実績がある専門業者とはサービスの差が生じてしまいます。

ただ、他のリフォーム工事と合わせて塗装を依頼したい場合などは総合系のリフォーム業者に頼むことでトータルコストを安く抑えることができます。

費用をかけてでも圧倒的に質の高い工事を依頼するなら、資金力のある大手ハウスメーカーもおすすめです。

高級機材を所有しており、他の業者では対応できないダイナミックな工事をおこなえるのが特徴です。

ただし、作業を下請け業者に依頼する分、人件費が高くかかり費用が高額になります。

特定の業者に依頼をすれば必ず成功する保証はなく、ケースに合わせて柔軟に依頼先を判断する必要があります。

外壁塗装業者を選ぶ3つの方法

HPを探して依頼する

現在では、ネットを使って塗装業者を見つけるのが最も効率が良いです。

外壁塗装業者のHPに記載されている実績や従業員の顔社員、サービス内容などをチェックすれば、信頼できそうかどうかはある程度分かります。

1社ずつ連絡をして見積もりを依頼するのが面倒な方は、一括見積もりサイトを利用しましょう。

知人に紹介してもらう

近所の方や、友人が利用した業者を紹介してもらうという方法です。

すでに知人は業者について知っていますので、その紹介であれば安心することができますね。

この時、どんなとところが良くて、不満であったのか聞いておきましょう。先に多くの情報を知っていれば対応できますよ。

注意点としては、紹介してもらったことで、他社への見積もりや相談をしにくくなってしまうということがあります。

なので、紹介にて業者を決める際は慎重になりましょう。自分には合っていないと感じるようであればしっかり断りましょう。

一括見積りサービスを利用する

外壁塗装の工事内容や、家の情報などを入力することで、複数の業者から見積もりを出してもらえるというサービスです。

このサービスを利用することで、数ある業者を絞る手間を省くことができますよ!

また、大手業者から地元業者まで幅広く紹介してもらうことができるので多くの情報を手に入れることができますので、ぜひこのサービスの利用も考えてみてくださいね。

時間をかなり短縮することができるので、業者の決定まで多くの時間を必要としないのも魅力です。

外壁塗装業者選びで失敗しないコツ

全てのサービスに対応した万能な外壁塗装業者は存在せず、どの業者にも得意・不得意が存在します。

外壁塗装工事に対して要望があるなら、それに合わせた業者選びをおこなうことが大切です。

価格の安さ重視なら地元業者に依頼する

外壁塗装を安く済ませたいのであれば、地元の業者に依頼をするのがおすすめです。

全国規模の大手業者だと、人件費などがかかってきて工事費用が高くなってしまうので注意しましょう。

また、破格の安さで見積もりをしてくる業者の場合は、以下のリスクも存在するので注意しましょう。

  • 塗料を薄めて使おうとしている
  • 見積書と違う塗料を使おうとしている
  • 塗装を乾燥させる時間を取らない

アフターサービスで業者を選ぶ

外壁塗装をしても、将来的に塗料の剥がれやチョーキングが発生するリスクはあります。

こうした事態に備えて、保証や定期メンテナンスを実施している業者を選ぶのも一つの手です。

保証サービスに別途でオプション料がかかるのではなく、基本料金で対応してくれる業者が良いですね。

工事の信頼性で業者を選ぶ

信頼して工事を任せられる業者といえば、多くの方が大手業者を思い浮かべるかと思います。

ただ、大手になるほど工事は下請けに任せるなど、作業自体は雑なケースもあるので、一概に会社規模が大きいから安心という訳ではありません。

どの業者が信頼できるかどうかは、最終的には依頼者自身が判断する必要があります。

外壁塗装業者に関する質問

ここでは、外壁塗装業者を選ぶ前に知っておきたいことや解決しておきたい疑問を質問形式で解説して行きます。

外壁塗装の塗料によって費用は変わってくる?

外壁塗装の費用は選ぶ塗料の種類によって大きく変動します。

一般的に、水性塗料は価格が比較的低いですが、耐久性や保護性能は他の塗料に比べて劣ることがあります。

一方、シリコンやフッ素塗料などの塗料は、価格が高いものの、耐候性や汚れ防止性能が高く、長期的に見ればコストパフォーマンスがいいです。

また、防汚性能や断熱性能など、特殊な機能を持つ塗料は非常に高価です。

塗料選びは予算だけでなく、家の状態や地域の気候なども考慮しましょう。

外壁塗装の相場はいくら?

外壁塗装の費用相場は多くの要素によって変わります。

そのため、一概に価格を言うことは難しいですが、一般的な相場としては、一戸建ての家であれば、約50万円から100万円程度が目安とされています。

この価格は、家の大きさや塗装する面積、使用する塗料の種類、業者の技術レベルなどにより変動します。

また、下地処理の必要性や追加の修繕作業が必要な場合は、さらに費用が増える可能性があります。

外壁塗装を施すのに適した時期・タイミングはある?

外壁塗装を施すに適した時期やタイミングは、気温や湿度、天候などに大きく影響されます。

一般的には、気温が10~30℃、湿度が60~85%未満の穏やかな天候の時が最適とされています。

このような条件は、春から秋にかけての期間に多く見られます。

また、塗料がきちんと乾くためには、雨天や高湿度は避けるべきです。

しかし、家の外壁の状態や塗料の性質、業者の技術などによって、施工可能な条件は異なるため、具体的なタイミングは専門家に相談しましょう。

自分の希望に合った外壁塗装業者を選ぼう

外壁塗装業者を選ぶ際は、まずは悪徳業者と契約してしまうリスクを避けなければいけません。

その後に、希望にあった施工をしてくれる外壁塗装業者を選ぶかどうかをチェックする必要があります。

どんな依頼にも対応してくれる万能な外壁塗装業者はないので、希望をかなえてくれる業者を選ぶことが成功の近道です。

外壁塗装を依頼する際に、目的や要望を固めていない方も多いので、まずはどんな業者に依頼すべきかの方向性を決定しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ

関連する他の記事

特集記事

不動産売却とは?不動産を売るなら読むべき鉄則【専門家監修】
不動産売却を行う理由は多岐に渡り、売却方法も理由や事情などに合わせて選んでいく必要があります。 ま…
【2024年最新】大手不動産リースバック業者比較ランキング!おすすめ会社の口コミ徹底比較
リースバック業者ランキングを紹介!口コミ・内容を比較して人気の会社をランキング形式で紹介していきま…
【2024年6月】不動産一括査定サイトおすすめ比較ランキング!不動産売却におすすめの人気16社を厳選紹介
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2024年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
pmark image
お客様の個人情報保護のため、プライバシーマークを取得しております。
個人情報を適正に取り扱うことができる企業のみ認定されてる制度です。