株式投資

株式投資における取引時間とは?株の売買ができるのは平日のお昼だけで土日はできないってほんと?

取引時間とは

副業として株式投資がしたい方にとって、株式市場における「取引時間」は大変重要なものですよね。

「株式の売買ができるのは日中だけ」という情報を耳にした方も多いのではないでしょうか。

平日の日中は多くの方はお仕事をされている時間帯ですし気になりますね。

そこで今回は、株式投資の取引時間について詳しく解説していきます。

株式投資の取引時間はいつ?

株式投資の取引時間は「平日の日中」

結論から申し上げますと、株式投資の取引時間は「平日の日中のみ」です。

「じゃあ仕事がある自分は株式投資できないの…」と諦め気味のそこのあなた!安心してください!

「平日の日中」というのは、あくまでも取引が成立する時間のことです。

つまり、「買い注文」や「売り注文」は24時間いつでも可能なのです。

「いまいちわからない…」となっている方が多いと思いますので、詳しくご説明していきます。

日本には4つの証券所が存在!取引時間も変わる

まず、先ほど株式市場の取引時間は「平日の日中」とかなりざっくりした伝え方をしましたが、「具体的に何時から何時なの?」と疑問に思われている方が多いのではないでしょうか。

実は細かい時間は証券所によって異なります。

そもそも日本には4つの証券所があることをご存じですか?

  • 東京(東証)
  • 名古屋(名証)
  • 札幌(札証)
  • 福岡(福証)

このうち、東京にある東京証券取引所が上場数や取引数が圧倒的です。

テレビなどでもよく「東証一部上場」という言葉を耳にするかと思いますが、それはこの東京証券所のことです。

もちろん地方にも優良な銘柄が存在していますが、地方の証券所に上場している企業の多くは東証にも上場しています。

そのため、特に初心者の方は東証で取引することをおすすめします。

では、具体的な取引時間を見ていきましょう。

以下の表にまとめましたので、ぜひチェックしてください。

証券所 前場 後場
東京証券取引所 9:00~11:30 12:30~15:00
名古屋証券取引所 9:00~11:30 12:30~15:30
札幌証券取引所 9:00~11:30 12:30~15:30
福岡証券取引所 9:00~11:30 12:30~15:30

後場は東京証券取引所のみ15時までとなっていますが、大きな違いはありません。

また、証券所と取引時間に関する基礎知識として最低限知っておいてほしいポイントをご紹介します。

  • 立会時間(たちあいじかん)…取引ができる時間
    日本の証券所の特徴は、お昼休憩があること
  • お昼休憩の前を「前場」(ぜんば)、お昼休憩の後を「後場」(ごば)という
  • 証券取引所の休日…土日祝日(振替休日含む)、大晦日と正月三が日

まとめると、株式投資の取引時間は主に「平日の日中である」ということです。

海外の証券所にはサマータイムがあることに注意!

ちなみに、株式投資はもちろん海外でも行われています。

時差もありますし、日本とは異なる時間帯に取引されています。

以下に主な海外の証券所の取引時間をまとめましたので、海外の銘柄も取引したい方は、ぜひ参考にしてください。

【海外の主な証券取引所と取引時間】

証券取引所 取引時間(日本時間で換算)
ニューヨーク証券取引所 23時30分~翌日6時
夏:22時30分~翌朝5時
ロンドン証券取引所 17時~翌朝1時30分
夏:16時~翌日1時30分
上海証券取引所 10時30分~12時30分 14時~16時

ちなみに、海外の株式投資の取引時間で最も注意してほしいのが「サマータイム」です。

ニューヨーク市場やロンドン市場は、夏はサマータイムで取引時間が1時間早まるため注意が必要です。

株式の「注文」は24時間可能!

冒頭で、株式投資の「取引時間」は平日の日中のみだけど「注文」は24時間可能だとお伝えしました。

「どういうこと?」と思われている方も多いと思いますので、詳しくご説明していきます。

ネット証券は個人投資家の強い味方!注文が24時間可能

そもそもの前提として、株式投資をするには証券所で口座を開設しなければなりません。

その際、実店舗がある「総合証券」と実店舗がないネット上の証券会社である「ネット証券」のどちらかを選ぶ必要があります。

日中に仕事がある方は、必ず「ネット証券」を選ぶようにしてください。

なぜなら、ネット証券であれば取引時間後も「買い注文」や「売り注文」を出すことが可能だからです。

つまり、ネット証券であれば、取引が成立するのが平日の日中というだけであって、買い注文や売り注文といった注文は、ほぼ24時間かつ土日もすることができるのです!

ちなみに、取引時間後の注文は翌日の注文として扱われます。

また、「ほぼ24時間」とお伝えしましたが、それは前場終了時・後場終了時には注文が入り乱れるので受付を停止したり、システムメンテナンスの時間も注文ができないためです。

細かい時間は証券会社によって異なるので、ご自身の証券会社のホームページをチェックしてみてください。

後ほど、初心者の方におすすめの証券会社もご紹介しますので、ぜひそちらも参考にしてください。

ネット証券で時間外に注文を入れる時に覚えておいてほしいポイント

この記事を読んでくださっている方は、平日の日中は働かれている方がほとんどではないでしょうか。

平日の日中に取引ができない場合、取引時間外に注文をすることになりますよね。

そこで、ここからは取引時間外に注文を入れる時に覚えておいてほしいポイントを2つご紹介します。

仕事があるなら朝に注文するのがおすすめ

時間外に注文を入れた際、同じ値段で注文したら注文時間が早いほうが優先されます。

そのため、初心者の方は「早めに注文しなければ」と思い、夜に注文しがちです。

しかし、夜に注文するのはあまりおすすめできません。

なぜなら、株価は日本国内だけで決まるわけではないからです。

特にアメリカの株式市場は日本の株式市場に大きな影響を与えます。

つまり、投資を決定し注文をする前に、アメリカやヨーロッパの株式市場の動向を確認することで、取引での損失のリスクを低減させることができるのです。

先程ご紹介したように、ニューヨーク証券取引所では日本時間の朝6時まで取引されています。

そのため、朝にニューヨーク証券取引所での動向を確認することでアメリカの株価の変異が分かり、日本の株価をより正しく予測することが可能になります

日経平均先物を活用しよう

「日経平均先物」とは何か、皆さんご存知ですか?

日経平均先物…日経平均株価が上がるか下がるかを予想し、期日までに決済を行う先物取引。通常の株取引に比べて少額で始められ、夜間の取引に対応しているため日中働いている人でも時間を気にせず売買が可能

日本では朝の8時45分から取引が始まるのですが、ニューヨークでは日本時間の朝8時から、シンガポールでは日本時間の朝8時半から取引が開始されます。

つまり、これらの株価の動向をチェックすることで、日本の株価の動向もある程度予測することができるのです。

海外の株価の動向という最新情報を知ったうえで取引をすれば、「アメリカで下落している株を高く買ってしまった」といった失敗も避けることができます。

特に初心者の方は、経験も知識もどうしても足りないので、自己判断だけで投資を決断してしまうと大きな損失につながります。

まずは「損をしないこと」を第一に慎重に吟味して投資しましょう。

夜間でもリアルタイムで取引可能!PTSとは?

ここまで、時間外に注文をする際のポイントをお伝えしてきましたが、「やっぱりリアルタイムで取引したい」という方もいることでしょう。

実は夜間にリアルタイムで取引できる「PTS」という制度があります。

一体どのようなものなのか、またメリット・デメリットは何か、詳しく解説していきます。

PTSとは?取引時間が夜間になる

まずは、PTSがどのようなものなのかご説明していきます。

では、そもそもPTSとはなんなのでしょうか。

PTS…Proprietary Trading System、私設取引システム。証券会社が独自に持っている取引システムを使って、夜中まで取引ができる仕組み

つまり、証券会社によってPTSができるところとできないところがあるのです。

現在、PTS取引が可能な証券会社は以下の3社です。

  • SBI証券
  • 楽天証券
  • 松井証券

それぞれの証券取引所の詳しい取引時間は以下のようになっています。

証券会社 取引時間
SBI証券 ディタイムセッション 8:20~16:00
ナイトタイムセッション 17:00~23:59
松井証券 ディタイムセッション 8:20~15:30
ナイトタイムセッション 17:30~23:59
楽天証券 ディタイムセッション 8:00~16:00
ナイトタイムセッション 17:00~23:59

「日中働いているけどどうしてもリアルタイムで取引がしたい!」という方は、上記の3つの証券会社の中から口座を開設するようにしてください。

しかし、初心者の方には正直あまりおすすめできません、理由は後ほどPTSのデメリットでご説明させていただきます。

PTSのメリットとは?

まずは、PTSのメリットをご紹介します。PTSの主なメリットは以下の3点です。

  • 証券所に比べて有利な値段で取引ができる
  • 手数料が安い
  • 下落しそうな株をすぐに売却できる

それぞれ詳しく解説していきます。

証券所に比べて有利な値段で取引ができる

PTSのメリット1点目は、証券所に比べて有利な値段で取引ができることです。

PTSは、高く売りたいという方にはうってうけの仕組みです。

なぜなら、PTS取引では取引所と比べてより細かい単位での注文が出せるからです。

株を売買する際の価格の刻み幅を呼値といい、この値は株価によって決まっています。

例えば株価が3000~5000円なら5円単位での注文となります。

つまり、4000円の株に対して、4002円での売り注文は出せないのです。

しかし、PTSは呼値が小さいので、3000~5000円の株は0.5円単位で取引ができます。

少しでも高く売りたい、安く買いたいという場合には有利になります。

手数料が安くなる

PTSのメリット2点目は、手数料が安いことです。

株式投資では、取引をする際に必ず手数料を払わなければなりません。

必要経費はできる限り安くしたほうが利益も結果的に上がります。

例えば、SBI証券では通常の取引の際のコースと比べて5%も手数料が安くなります。

下落しそうな株をすぐに売却できる

PTSのメリット3点目は、下落しそうな株をすぐに売却できることです。

PTSは夜間に開いているため、悪材料の出た下落しそうな株を、翌朝を待たずに売ることができます。

夜間に事故が起こったり不祥事が発覚することで、翌朝株価が暴落することは株の世界では難しくありません。

つまり、PTSを利用することで、株価の暴落による資産の損失を防ぐことができるのです。

PTSのデメリットとは?

ここまで、PTSのメリットについてお伝えしてきましたが、実はPTSはあまりおすすめできる投資方法ではありません。

ここからは、PTSのデメリットについてお伝えしていきます。

主なデメリットは以下の2点です。

  • 差金決済になる場合がある
  • 流動性が低いため値動きが極端

それぞれわかりやすくお伝えしていきます。

差金決済になる場合がある

PTSのデメリット1つ目は、差金決済になる場合があることです。

そもそも差金決済取引とはなんでしょうか?

差金決済…同じ銘柄の株を何回か取引した際に、最終的な差額のみを取引する決済方法

差金決済は、通常の取引である現物取引では禁止されています。

しかし、PTSをする場合は差金決済を理解していないと、「売りたいときに売れず買いたいときに買えない」という事態が起こってしまいます。

では、差金決済がどのようなものか実際に例を出してご説明していきます。

  1. 10万円のA株を購入
  2. 同じ日に、A株を11万円の株価で売却=プラス1万円
  3. 同じ日に、A株を8万円で購入する=マイナス2万円

このとき、最終的に2万円のみを支払って株式をやり取りすると差金決済になります。

しかし差金決済は禁止されているので、取引ごとに、10万円支払い、11万円受け取り、8万円支払いしなくてはいけません。

そのため、10+8万円=18万円の買付余力が必要になるのです。

しかし、PTSでは特に差金決済に注意する必要があります。

なぜなら夜間取引は翌日分の取引として扱われるからです。

翌日の証券取引所での取引と合わせて差金決済になるかを考える必要があるのです。

大変複雑なため、初心者の方は特に避けた方が良いでしょう。

流動性が低いため値動きが極端

PTSのデメリット2つめは、流動性が低いため値動きが極端なことです。

流動性…株式などにおいて市場に出回る数の多さを表すもの

もともと、PTSは利用者が少ないです。

利用者が少ないということは、それだけ株の流動性が低くなります。

加えて、PTSの注文方法は指値注文のみとなっています。

指値注文…希望する売買価格(買いの場合は上限価格、売りの場合は下限価格)を指定して発注する方法

指値注文は、売る側と買う側の双方の希望の値段が合致しないと取引が成立しないため、成立しにくいというデメリットがあります。

つまり、利用者が少なく注文方法が指値のみになってしまうと、極端に高い値段や極端に低い値段で取引が成立してしまう場合が多くなるのです。

もちろん、PTSの値動きが極端な特性を活かして戦略を練ることもできるのですが、経験が浅いうちは手を出さないほうが良いでしょう。

株式売買初心者におすすめ!ネット証券Best3

では最後に、株式売買におすすめの証券会社をランキング形式で3つご紹介します!

株式売買初心者の方は、ぜひ参考にしてください。

1.SBI証券

SBI証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

初心者におすすめの証券会社第1位はSBI証券です。

名実ともに国内トップの最大手です。

SBI証券のおすすめポイントは、以下の3点です。

  • 取引数、口座数ともに国内第一位の名実ともにトップのネット証券
  • 証券会社のなかでもトップクラスでわかりやすく充実した情報
  • 豊富な種類の銘柄

SBI証券はネット証券のなかで最もバランスよく充実したサービスを受けられます。

とりあえずよく分からない方は、SBI証券にしておけば間違いはありません。

SBI証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

2.楽天証券

初心者におすすめの証券会社第2位は楽天証券です。

楽天証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

特に楽天会員の方にはとてもおすすめの証券会社です。

楽天証券のおすすめポイントは、以下の3点です。

  • 楽天会員の方は株取引で楽天ポイントを貯めることができる
  • 楽天会員なら30秒で口座開設完了!
  • 60万人が使用する超人気ツール

このように、楽天会員の方にはいいことだらけの証券会社です。

取引をすることでポイントが貯まるのは他の証券会社ではありえません。

楽天は証券以外にもお得がいっぱいですから、この機会に楽天会員になるのもおすすめです。

楽天証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

3.松井証券

初心者におすすめの証券会社第3位は松井証券です。

松井証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

松井証券は独自のサービスが充実しているため、コアな層から確実な人気を誇っています。

松井証券のおすすめポイントは以下の2点です。

  • 日計りでの信用取引時に売買手数料が無料になる「一日信用取引」が可能
  • 1日の売買代金50万以下なら手数料が無料

特に手数料が無料なのは、他の証券会社ではありえないサービスです。

初心者でいきなり1日50万以上取引する方はそうそういないでしょうから、初心者の方は実質手数料無料で株式取引ができるのです。

これほどお得なことはありません!

松井証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

株式売買はネット注文ならどの時間帯でも可能

いかがでしたでしょうか。

株式売買はネット注文ならどの時間帯でも可能です。

もちろんリアルタイムで取引できるのに超したことはないですが、注文はいつでも可能なので、ぜひ気軽にやってみてはいかがでしょうか。

ぜひ株式売買で成功者を目指しましょう!

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力