株式投資

短期投資におすすめの投資手法・銘柄はある?長期投資との違いやメリット・デメリットを解説

短期投資におすすめの投資手法・銘柄はある?長期投資との違いやメリット・デメリットを解説

株式投資は長期的に運用している投資家が多く、投資信託やETFを併用しながら株を長期間保有する手法が一般的です。

しかし株式投資には短期投資で利益を狙う投資手法もあります。

短期投資は長期投資に比べて投機的な部分が目立ち「ギャンブル投資だから危ない」という印象を持っている人も多いです。

実際、短期投資は長期投資のように企業をじっくり分析する必要が無く売買期間が早い為、感覚的に取引しているように見られがちです。

しかし短期投資で稼いでいる投資家は、チャート上の緻密な分析によって売買を繰り返し、細かく利益を狙っています

今回は短期投資におすすめの投資手法や銘柄について詳しく解説していきます。

メリット・デメリットや長期投資との違いも説明するので、短期投資に興味がある人は参考にしてください。

株式投資に向いている人・向いていない人の特徴を紹介!性格やトレードの考え方を徹底解説

短期投資とは

短期投資・中期投資・長期投資に明確な定義は有りませんが、株式投資での短期投資は1日~1年以内に完結する投資で、中長期の投資は1年~10年の投資を指します。

短期投資は中長期の投資に比べて売買スパンが短いので、一回の売買で資産を一気に増やすことはできませんが、細かく資産をコントロールできるので万が一のリスクを回避することができます。

中長期の投資に比べて投機的

中長期の投資は、企業の価値を分析して投資していきますが短期投資は株価の値動きを分析して投資を行います。

中長期の投資に比べて投機的な部分が多く、値動きの激しい銘柄を狙って売買を繰り返して利益を積み重ねます。

短期投資は数年後の見通しを付けて投資する必要がないので、ファンダメンタル分析よりテクニカル分析を重視する投資家が多いです。

キャピタルゲインで利益を積み重ねる

投資で利益を得る方法は大きく分けて2つあります。

  • キャピタルゲイン
  • インカムゲイン

インカムゲインは企業の配当金や株主優待で得る利益で、キャピタルゲインは株価の値幅によって得られる利益です。

中長期での投資は、インカムゲインでの利益を積み重ねて売却する時にキャピタルゲインの利益を得ます。

一方で短期投資はキャピタルゲインでの利益を積み重ねていきます

売買期間が短いので、短期投資はインカムゲインで利益を得ることは殆どありません。

短期投資と長期投資の違い

短期投資と長期投資の大きな違いは、分析する箇所です。

長期投資の場合、将来性のある企業に投資し配当金を貰いながら株価上昇を狙っていきます。

短期投資は企業の将来性を知る必要は殆ど無く、チャート上で推移しているローソク足を分析して短期的な動きを予想し利益を狙います。

短期投資はロジカルな分析が多く、相場状況に合ったテクニカル分析が異なる為、自己流の手法を見つけるまで何度もトライ&エラーする必要があります。

短期投資のメリット

短期投資には様々なメリットがあります。

一見長期投資の方が安全に見えますが、短期投資のほうがリスクを抑えられる部分が多く初心者向きでもあります。

投資リスクを抑える

短期投資は一回の取引期間が短い為、損失リスクを抑えることができます。

投資でのリターンとリスクは比例しており、大きな利益が見込める投資は大きな損失を生む可能性があります。

短期投資は売買期間が短く利益が少なくなりますが、リスクも抑えられるので資産をいきなりゼロにすることがありません。

挑戦できるチャンスが多い

短期投資は取引するチャンスが多く、失敗してもすぐやり直せます。

長期投資は一度間違えば数年~数十年間無駄にしてしまう結果になりますが、短期投資は何度でも軌道修正できます

挑戦出来るチャンスが多くなると、売買スキルも向上して投資家としての成長も見込めます。

長期投資よりリアルチャートでの実践が多くなるので、投資家として成功しやすくなります

企業分析が不要

短期投資は企業の行く末をじっくり分析する必要がありません。

直近の値動きをみて、チャート変動に合わせて売買していくので数年~数十年先の企業未来を予想する必要がありません。

チャート上での分析が必要なので、難易度は殆ど同じですがゲーム性が高くなるので、ロジカルにすすめて行きたいという人に向いています

短期投資のデメリット

魅力的な短期投資ですが、デメリットも存在します。

短期投資は長期投資に比べて、常に値動きを監視しする必要があるので投資手法によっては専業投資家にならないと難しいものもあります。

売買手数料がかかる

短期投資は何度も売買を繰り返す為、売買手数料が長期投資より多くかかってしまいます

証券会社によとては、1日単位で定額プランを扱っていたり月額制で提供してくれたりするので短期投資に合った証券会社で口座開設することをおすすめします。

日中チャートを見続ける必要がある

短期投資は日々の株価変動を見ながら投資する為、リアルタイムのチャート画面を使って分析する必要があります。

日本の株式で投資する場合は日中チャート画面を見ながら、売買タイミングを見る必要があるので投資の時間を作る必要があります。

日中働いているサラリーマンなどは条件が厳しく、専業向きの投資手法です。

テクニカル分析が必要

短期投資は企業分析はさほど必要ありませんが、チャート画面で分析するテクニカル分析が重要です。

テクニカル分析はテクニカル指標を使った分析で、分析方法によっては非常に難しい理論を展開するものもあるので、勉強する必要があります。

長期投資に必要なスキルとは別に、チャートを見て値動きを予想するスキルが必須になります。

三角持ち合いのだましパターンは?特徴を捉えて損失を回避する方法を解説

短期投資におすすめの投資手法

短期投資におすすめの投資手法

短期投資におすすめの投資手法を紹介します。

一般的に短期投資をする人はデイトレード・スイングトレードなどを主流に、自己流の分析方法を利用して売買を繰り返しています。

上記のような取引を主流にしている人達はトレーダーと呼ばれています。

デイトレード

デイトレードは1日で取引を終える手法で、市場がオープンしたと同時に株を購入して市場が閉まる前に売却します。

1日で売買を完了させるので、次の日に株を持ち越すことはありません。

また1日に何度も売買を繰り返していく手法をスキャルピングトレードと呼び、デイトレードより早いスパンで取引します。

デイトレードは、チャート上での値動きが重要になるのでテクニカル分析が必須です。

株クラとは?特徴やなり方を知らない人でもわかりやすく解説

スイングトレード

スイングトレードは数日から数週間ほど株を保有する投資手法です。

デイトレードと同じ観点から売買を判断して、株価変動で利益を狙います。

スイングトレードは、デイトレードより利益幅が多く、1日で動かない銘柄も対象にはいるので柔軟性に長けている投資手法です。

ただしデイトレード並に暴落リスクを回避することができないので、株価のチェックを怠らないようにしましょう。

投資信託は初心者こそやるべき投資!投資信託の基礎から商品・証券会社の選び方まで徹底解説

短期投資におすすめの銘柄

短期投資におすすめの銘柄を紹介します。

短期投資は短期間で動く銘柄が好ましいですが、取引参加者の少ない銘柄だとチャート分析できないので流通量の多い銘柄が前提です。

流動性の高い個別銘柄

その日その日によって異なりますが、流動性の高い個別銘柄を狙うと短期投資で成功する確率が高くなります。

テクニカル指標などを使って、トレンドが発生している個別銘柄をねらって購入するのも1つの手段です。

またチャート形状から変動パターンを見て、上下方向を予想すると勝率があがります。

レバレッジETF

レバレッジETFは、連動を目指している指数の2倍~3倍以上の値動きを目標にしている銘柄で、通常の指数より変動幅が激しくなります。

ボラティリティが非常に高いので、短期投資向きの銘柄です。

ただしボラティリティが高すぎると、短期投資でも大損失する可能性が高くなるのである程度リスクリワードを決めて購入を判断しましょう。

【初心者向け】ETFのおすすめ銘柄を紹介!米国・日本ETFのメリットや各銘柄の利率を比較

短期投資は株価変動によって利益を得る手法

短期投資は株価変動によって利益を得るのが主流です。

損失リスクを抑えて運用できるので、初心者にもおすすめできる手法ですが、日中チャートを見続ける必要があるので、本業が忙しい人は難しい部分があります。

また証券会社によって利益効率が異なってくるので、証券会社選びが重要になります。

短期投資を始めようと考えている人は、証券会社選びから慎重におこないましょう。

 

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力