立花証券

【立花証券のIPOルール】資金や抽選方式、入金のタイミングを徹底解説

立花証券 IPO

立花証券は、手数料も安く情報も豊富なバランスがいい証券会社であると言われています。

SBI証券や楽天証券ほど知名度があるわけではありませんが、根強い人気があります。

そんな立花証券でIPO投資をすることはできるのでしょうか。

ここからは、立花証券のIPOについて、実績や申し込み方法、抽選方式や必要資金まで徹底解説していきます!

IPOとは?IPOについて簡単に解説

まずは、IPOとはどのようなものか、IPOの基本を簡単にまとめました。

IPOについて理解している方はとばしていただいて構いません。

IPO…Initial Public Offeringの略。(新規)株式公開と言われる。上場していない会社が株式市場に上場し、株式市場での売買を可能にすること。上場することで、投資家はこれまで非公開だった株を買うことができ、企業は株を買ってもらうことで事業資金を調達できるようになる

IPOの最大の魅力は、利益が簡単に出ることです。

新規上場する企業は資金がほしいため株が売れ残らないよう、公募価格を安めに設定します。よっぽどのことがない限り初値が公募価格を下回ることはないため、公募価格で購入し初値で売るだけで、利益を得ることができるのです。

知識がなくてもできるので、株初心者でも簡単に利益が出せるとして非常に人気の投資手法となっています。

人気が高い分、IPOを購入するには抽選に申し込んで当選することが必須となります。

当選することは非常に難しいため、当選確率を上げるには証券会社選びが非常に重要となるのです。

【IPO情報】立花証券の実績や抽選方式は?

では、立花証券のIPO情報を徹底紹介していきます!

立花証券

立花証券におけるIPOの魅力は、

  1. ネット配分が100%
  2. 1人1票の完全平等抽選
  3. 事前入金なし

の3点です。

事前入金がなく完全平等抽選制なので、資金が少ない株初心者の方でも当選できる確率が高くなります。

また、立花証券はそもそも口座を開設している人が少ないため、IPO抽選に申し込む人も少ないです。そのため、ライバルが少なく必然的に当選確率が高まります。

大変魅力的ですね。

投資家の口コミもあるにはあるのですが、他の証券会社に比べると少ないので、やはりライバルが少ないことが分かりますね。

立花証券IPOの抽選方式と基本情報

店頭配分 なし
ネット配分 30%
抽選方式 1人1票の
完全平等抽選
IPO取扱い数 0件

立花証券におけるIPOの抽選方式は、1人1票の完全平等抽選制となっています。

つまり、投資資金が少ない方が抽選に1口だけ応募しようが投資資金が豊富な方が抽選に300口応募しようが、当選確率は変わらないということです!

資金が少ない人や株初心者には非常に嬉しい制度ですね。

また、2019年のIPO取扱い数は0件ですが、その分IPO投資目的の投資家も少ないので当選はしやすいと考えられます。

立花証券のIPO取扱い実績(過去5年)

2019年 0
2018年 0
2017年 0
2016年 1
2015年 0

立花証券のIPO取扱い実績は、上記のようにかなり少ないです。

しかし、年によっては1,2件は取り扱うこともあります。

そもそもの口座開設数が少ないのに加えて、IPO目的の投資家がわざわざ数年に1回のチャンスのために立花証券で口座を開設することもないので、チャンスは少ない分、当選確率は高いです!

立花証券の手数料一覧

IPOを取引するのにも当然手数料はかかります。ここからは、立花証券の手数料をご紹介します。

立花証券の手数料プランは2種類あります。

  • 1約定ごと手数料プラン「個別コース」
  • 1日の約定合計代金ごとの手数料プラン「定額コース」

さらに、現物取引と信用取引がありますので、計4種類の手数料プランが立花証券には存在します。

立花証券の手数料プランについて詳しくご紹介します。

※税込み金額です。

現物個別コース

5万円まで 55円
10万円まで 88円
20万円まで 110円
50万円まで 264円
100万円まで 517円
150万円まで 627円
3000万円まで 990円
3000万円超 1,045円

現物定額コース

20万円まで 220円
30万円まで 330円
50万円まで 550円
100万円まで 990円
200万円まで 1,760円
300万円まで 2,640円
400万円まで 3,080円
500万円まで 3,300円
以降100万円増える度に 880円加算
手数料上限 88,000円

信用個別コース

サクソバンク証券の信用取引は完全無料「0円」です。

信用定額コース

サクソバンク証券の信用取引は完全無料「0円」です。
上記でもご紹介しましたが、現引、現渡による決済取引の手数料も無料になります。

立花証券IPOの申し込み方法と必要資金を解説

立花証券におけるIPOの実績や抽選方式はご理解していただけたのではないでしょうか。

ここからは、立花証券におけるIPOの申し込み方法と必要資金を解説していきますね!

立花証券のIPO申し込みに必要な資金は?

立花証券におけるIPOの申し込みに必要な資金について解説いたします。

まず、IPO抽選に必要な資金は申し込みをするIPO株によって異なるので、はっきりと「〇円」とお伝えすることはできません。

しかし、一般的にはIPO株の申し込みには5万円~30万円程度の資金が必要です。

高いものでも50万円以下の金額で買うことができますので、30万円程度あれば、十分余裕を持ってIPO投資が行えると言えるでしょう。

では、それらの資金はIPOに申し込むどの段階で拘束されるのでしょうか?

このIPO申し込みの際の資金拘束のタイミングは、証券会社によって異なるのですが、今回ご紹介している立花証券の場合、抽選に申し込む段階では資金は拘束されません。

IPO株を買う「購入申し込み」を行った時点で拘束されます。

つまり、立花証券からであれば、お金を準備せずに無料(0円)でIPO抽選を受けられるのです!

資金が十分にない方でも気軽に申し込むことができますね。

立花証券の口座開設方法を4ステップでご紹介

それでは、実際に立花証券で口座を開設するにはどうしたらよいのでしょうか。

ここでは立花証券における口座開設方法を以下の4ステップでご紹介します!

  1. 口座開設申し込み
  2. 個人情報や取引情報の入力
  3. 書類への記入・捺印
  4. 口座開設完了

それぞれ詳しく解説していきます。

①口座開設申し込み

立花証券で口座開設をする場合には、インターネットから手続きする方法と店舗で手続きする方法の2つがあります。

インターネットから口座開設する場合にはまず、立花証券のサイトを開き「インターネットから口座開設」というボタンをクリックしましょう。

店頭で申し込む場合には、印鑑・本人確認書類・銀行口座情報・個人番号確認書類を持参します。店頭での受付は9~14時までなので注意が必要です。

②個人情報や取引情報の入力

個人情報の入力、勤務先や取引先情報の入力などをして、間違いがなければ送信ボタンをクリックします。

店頭の場合には、スタッフから取引の仕組みなど説明を受け、書類に記入・捺印をすることで受付が完了し審査がおこなわれます。

③書類への記入・捺印

インターネットからの申し込みでは、申し込み後に立花証券から口座開設書類が送られてきます。

必要事項を記入・捺印をし、本人確認書類や特定取引を行う者の届出書などと一緒に返送してください。

④口座開設完了

インターネット、店頭申し込みどちらの場合でも、書類確認後に登録手続きが行われ、口座番号などが記載された完了通知が簡易書留で郵送されます。

受け取ったら口座開設は完了です。

以上で立花証券の口座開設は完了です!とても簡単ですよね!

初心者必見!IPO抽選の当選確率を上げる方法をご紹介

IPOは簡単に利益を上げられる魅力な投資手法ですが、その分倍率も高く当選確率も低いです。そこでここからは、IPO抽選の当選確率を上げる方法をご紹介していきます。

①資金を多く用意する

IPOの当選確率を上げる方法1つ目は、資金を多く用意することです。

IPO株に抽選するには資金はいりませんが、もしIPO株に当選したら当選分の株を買う資金は必要となります。

過去の統計から、約50万円もあれば大抵のIPO銘柄は購入できると考えることができます。

同時に複数IPO抽選がある場合もあるため、資金は多ければ多いほど抽選に参加でき、当選確率を上げることができるのです。

立花証券だけでなく、例えばSBI証券や楽天口座からも申し込むことができるということです。

②複数の証券会社で口座を開設して応募する

IPOの当選方法を上げる方法2つ目は、複数の証券会社で口座を開設することです。

IPO株は証券会社によって取り扱っている銘柄が異なるからです。

そのため、できるだけ多くのIPO株に当選するには、できるだけ多くの証券口座を開設するのが最も良い方法です。

③主幹事の証券会社から応募する

IPOの当選方法を上げる方法3つ目は、主幹事の証券会社の口座から応募することです。

先程、資金は多ければ多いほどいいとお伝えしましたが、実際そこまでの資金はなかなか用意できないですよね。

そこで、効率よく当選確率を上げる方法が、主幹事の証券会社からIPOに抽選することです。

主幹事の証券会社を見つけるには Yahoo!ファイナンスの新規上場銘柄一覧「引受証券」を確認してみてください。

IPOを取り扱う証券会社と割当比率が表示されるので、この割当比率が他より高い証券会社が、そのIPOの主幹事証券会社ということです。

IPOで売り出される株数は、各証券会社によって異なるのですが、最も多くIPO株を売り出しているのが主幹事なため、そこからIPO抽選には参加すれば当選数が多い分、当選確率を上げることができるのです。

ちなみに、立花証券が幹事を務めるのはなかなかないです…残念。

立花証券のIPOは当選確率が高いことが魅力

いかがでしたでしょうか。

立花証券はIPOの取り扱い数自体はかなり少ないです。

しかし、立花証券はそもそもの口座開設数が少ないうえ、IPO投資目当てに口座を開設する人もほとんどいないので、実は当選確率が高い狙い目の証券会社であると言えるでしょう。

立花証券は手数料が比較的安いことも魅力の一つなので、ぜひこの機会に立花証券で口座を開いてみることをおすすめします!

立花証券でIPO投資を始めてみましょう!

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力