SMBC日興証券

【SMBC日興証券のIPOルール】資金や抽選方法、入金のタイミングを徹底解説

SMBC日興証券 IPO

SMBC日興証券は国内最大手の総合証券になっているのですが、インターネット取引にも力を入れていて多くの投資家から人気を集めています。

特に株式投資初心者から高い人気を集めていて、株式投資初心者に向けたサービスも充実しています。

そんなSMBC日興証券はIPO投資にも強い証券会社だとご存じだったでしょうか?

今回はSMBC日興証券におけるIPOの申し込み方法や抽選方法、取り扱い実績について詳しく解説していきます。

IPOとは?IPOの基本を解説

IPOについて簡単にまとめましたので、IPOの基本を確認したい方はぜひ参考にしてください。

IPO…Initial Public Offeringの略。(新規)株式公開と言われる。上場していない会社が株式市場に上場し、株式市場での売買を可能にすること。上場することで、投資家はこれまで非公開だった株を買うことができ、企業は株を買ってもらうことで事業資金を調達できるようになる

IPOの最大の魅力は、利益が簡単に出ることです。

新規上場する企業は資金がほしいため株が売れ残らないよう、公募価格を安めに設定します。よっぽどのことがない限り初値が公募価格を下回ることはないため、公募価格で購入し初値で売るだけで、利益を得ることができるのです。

知識がなくてもできるので、株初心者でも簡単に利益が出せるとして非常に人気の投資手法となっています。

人気が高い分、IPOを購入するには抽選に申し込んで当選することが必須となります。

当選することは非常に難しいため、当選確率を上げるには証券会社選びが非常に重要となるのです。

【SMBC日興証券のIPO情報】ルールと魅力を解説

では、SMBC日興証券のIPO情報について詳しく解説していきます。

SMBC日興証券

https://mane-toku.com/kabu/smbcnikkoshoken-review/

 

SMBC日興証券のIPOにおける魅力は以下の3点です。

  1. 完全抽選方式
  2. IPOの取り扱い実績が業界トップクラス
  3. IPO投資でもNISAに対応している

以上のように完全平等抽選制を設けているため、 SMBC日興証券での取引実績がなくても当選する可能性が大いにあります。

さらにIPO投資でもNISAに対応しているため、 IPO投資での利益を非課税にできます。

SMBC日興証券は投資経験が豊富な方にも初心者にもおすすめできる証券会社になっています。

SMBC日興証券IPOの抽選方法と基本情報

店頭配分 あり
ネット配分 15%~25%
抽選方式 10% 完全平等抽選/5% ステージ別抽選
IPO取扱い数 63件

SMBC日興証券では一般投資家に販売する10%は完全平等抽選になっているため、取引実績は一切関係ありません。株式投資初心者には嬉しい制度になっています。

ただ、SMBC日興証券では当選しなかった方を対象に「ステージ別抽選」を行うのですが、ステージ別抽選では取引実績が大きく関わってきます。

ステージごとの抽選票数は下記の通りです。

ブロンズ 1票
シルバー 5票
ゴールド 15票
プラチナ 25票

ステージ判定は預けている資金残高で変わってきます。

250万円以上 ブロンズ
1,000万円以上 シルバー
3,000万円以上 ゴールド
5,000万円以上 プラチナ

SMBC日興証券では完全平等抽選制を設けていますが、落選した後のステージ別抽選ではステージのランクが高い方が当選しやすいシステムになっています。

ただし新規口座開設をしてから3カ月以内は「ブロンズステージ」が保証されるため、SMBC日興証券で今まで口座開設したことがない方はステージ別抽選にも参加できます。

ただ、ステージ別抽選には「ダイレクトコース限定」で参加することができるので、総合コースの方は参加できません。

SMBC日興証券の取り扱い実績

SMBC日興証券の過去5年間の取り扱い実績は下記の通りです。

2019年 61
2018年 66
2017年 71
2016年 64
2015年 71

2014年から取扱数が50件を超えていて、IPOの取扱数は業界トップクラスになっています。

さらに主幹事を務めることも多いため、当選確率は他社よりも高いことが推測できます。

SMBC日興証券の手数料一覧

IPO取引でも手数料はかかります。手数料がかかるのはどこの証券会社も同じです。

それゆえ、手数料が安い証券会社を選んだほうが利益はその分高くなります。

そこでここからはステージ別抽選にも参加できる「ダイレクトコース」オンライントレードの手数料に絞って解説していきます。

ダイレクトコースの手数料は下記の通りです。

【ダイレクトコース】手数料

「オンライントレード」

10万円まで 137円
20万円まで 198円
30万円まで 275円
50万円まで 440円
100万円まで 880円
200万円まで 1,650円
300万円まで 2,200円
500万円まで 3,300円

SMBC日興証券は総合証券になるため手数料は少し高めに設定されているのですが、「ダイレクトコース」オンライントレードの手数料は業界最安値水準になっています。

さらに信用取引の手数料は「0円」無料に設定されているため、手数料の面でも魅力的な証券会社でしょう。

SMBC日興証券のIPO申し込み方法と必要資金を解説

SMBC日興証券におけるIPOの実績や抽選方式はご理解していただけたのではないでしょうか。
ここからはIPOの申し込み方法と必要資金について詳しく解説していきます。

SMBC日興証券のIPO申し込みに必要な資金は?

SMBC日興証券でIPO申し込みをする場合は事前に資金を入金しなくてはいけないのですが、申し込みをするIPO株によって資金は異なるため、明確に「〇〇円」とお伝えはできません。

ただし、一般的にIPO抽選の申し込みには5万円〜30万円が必要とされています。

高額なものでも50万円以下の金額で購入することができるため、30万円程度の資金があると希望するIPO株に申し込むことができるでしょう。

また、SMBC日興証券では抽選に申し込むタイミングで資金拘束されます。

他社の場合は当選してから資金拘束されることもあるため、抽選に申し込むタイミングで資金拘束されることはSMBC日興証券のデメリットになるでしょう。

資金拘束されることによって別の取引に影響が出る場合は、資金拘束がない「ライブスター証券」や「松井証券」で申し込むようにしてください。

SMBC日興証券IPOの申し込み方法

IPOの申し込み方法は下記の4ステップで完了します。

①「取扱銘柄一覧・需要申告」をクリックする

まずはSMBC日興証券にログインして上部メニューにある「取引」をクリックします。
取引の中の「取扱銘柄一覧・需要申告」をクリックしてください。

②銘柄を選択する

「取扱銘柄一覧・需要申告」をクリックすると取り扱っているIPO株の銘柄が表示されるので申し込みをする銘柄を選択しましょう。

選択すると取引にあたっての注意事項が表示されるので確認をして「次へ」をクリックしてください。

③数量や価格を選択

申し込みをした銘柄を確認して間違いがなければ、数量や価格を入力していきます。

もし入力した価格よりも公募価格が上回っている場合は申し込み「無効」になるので、注意してください。数量や価格の入力が完了したら「申告内容確認」をクリックしてください。

④需要申告をクリックする

最後に需要申告内容を確認して間違いがなければ「需要申告」をクリックしてください。
以上でIPO抽選の申し込みは完了です。

申し込みをした時点で口座に資金が入金されていない場合は、抽選に参加できないので注意してください。

初心者必見!IPO抽選の当選確率を上げる方法

上記でもお伝えしているようにIPO株は簡単に利益を出すことができる投資手法なのですが、その分人気があるため当選する確率は低いです。

ただしIPO抽選の当選確率を上げる方法があります。

IPOの当選確率は上げる方法は以下の3点です。

①資金を多く用意する

IPOの当選確率を上げる方法1つ目は、資金を多く用意することです。

IPO株に抽選するには資金はいりませんが、もしIPO株に当選したら当選分の株を買う資金は必要となります。

過去の統計から、約50万円もあれば大抵のIPO銘柄は購入できると考えることができます。

同時に複数IPO抽選がある場合もあるため、資金は多ければ多いほど抽選に参加でき、当選確率を上げることができのです。

②複数の証券会社で口座を開設して応募する

IPOの当選方法を上げる方法2つ目は、複数の証券会社で口座を開設することです。

IPO株は証券会社によって取り扱っている銘柄が異なるからです。

そのため、できるだけ多くのIPO株に当選するには、できるだけ多くの証券口座を開設するのが最も良い方法です。

のちほどIPO株に適した証券会社をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

③主幹事の証券会社から応募する

IPOの当選方法を上げる方法3つ目は、主幹事の証券会社の口座から応募することです。

先程、資金は多ければ多いほどいいとお伝えしましたが、実際そこまでの資金はなかなか用意できないですよね。

そこで、効率よく当選確率を上げる方法が、主幹事の証券会社からIPOに抽選することです。

主幹事の証券会社を見つけるには Yahoo!ファイナンスの新規上場銘柄一覧「引受証券」を確認してみてください。

IPOを取り扱う証券会社と割当比率が表示されるので、この割当比率が他より高い証券会社が、そのIPOの主幹事証券会社ということです。

IPOで売り出される株数は、各証券会社によって異なるのですが、最も多くIPO株を売り出しているのが主幹事なため、そこからIPO抽選には参加すれば当選数が多い分、当選確率を上げることができるのです。

SMBC日興証券でIPO投資を始めよう

いかがだったでしょうか?

SMBC日興証券でIPO申し込みをすると資金拘束されてしまいますが、完全平等抽選制を設けているため株式投資初心者におすすめの証券会社です。

さらに取り扱い実績は業界トップクラスになるので、当選する確率も高くなっています。

ぜひSMBC日興証券でIPO投資を始めましょう。

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力