SBI証券

積立NISAならSBI証券!SBI証券の積立NISAのサービスとメリットを解説

積立NISAは貯金に比べて利回りがよく、投資のなかでもリスクが低いため、昨今注目されている資産運用方法です。

社会人になったことや子供が生まれたことをきっかけに積立NISAを始めようと考えている方も多いのではないでしょうか?

しかし、同じ積立NISAでも証券会社によってサービス内容は異なります。

そこで今回は、業界最大手であるSBI証券の積立NISAについて、初心者の方にもわかりやすく解説していきます。

SBI証券の口コミ・評判、メリット・デメリットを知りたい方は、ぜひこちらの記事も参考にしてください。

https://mane-toku.com/kabu/sbishoken-review/

積立NISAとは?NISAとは何が違う?知っておくべき4つのポイント

では、そもそも積立NISAとはどのような制度なのでしょうか。

積立NISAは、2018年1月から開始された長期の積立・分散投資を少額から行うことを支援する非課税制度です。積立NISAの商品は、金融庁が長期の積立・分散投資に適したと認めたもののみが投資対象となるため、失敗するリスクが非常に低いことが特徴です。

ちなみに、ここでいう分散投資とは「時間分散」のことを指します。

時間分散とは、投資するタイミングと金額をあらかじめ決めておき、そのタイミングになったら決めた金額を投資するというものです。

例えば、積立NISAでは多くの利用者が月単位で投資金額を決めて投資しています。

積立NISAは
「少額から投資可能」
「一定額まで税金がかからない」
「時間分散投資が簡単にできる」
という投資初心者に嬉しいメリットがそろっているため、非常に始めやすい制度となっています。

積立NISAとは?4つのポイントをご紹介

積立NISAは、投資初心者の方におすすめな制度だとおわかりいただけたのではないでしょうか。

では、具体的に積立NISAがどのような制度なのか、4つのポイントに分けてご紹介していきます。

【積立NISA:4つのポイント】

  1. 非課税となる期間が最長20年
  2. 非課税投資額は年間40万円
  3. 買い付けは定期的に継続したもの(積立)であること
  4. 対象商品は金融庁が認めた投資信託等

つまり、積立NISAは長期運用することで、メリットを得られる制度だということです。

短期で稼ぎたい方には不向きの投資制度だと言えるでしょう。

積立NISAとNISAは何が違う?徹底比較

ここまで読んでくださった方のなかには「積立NISAはNISAと何が違うの?」と疑問に思っておられる方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは積立NISAと普通のNISAは何が違うのか、制度を比較していきます。

以下の表にまとめたので、ぜひ参考にしてください。

積立NISA NISA
口座開設について 対象者 日本在住で20歳以上
必要提出書類 マイナンバー
金融機関変更
お取引について 取引主体者 口座名義人(ご本人)
非課税投資枠 40万円/年 120万円/年
非課税期間 最長20年 最長5年
口座開設期間 2037年まで 2023年まで
対象商品 金融庁が認めた投資信託等 上場株式、ETF、投資信託等
ロールオーバー 不可
払出期間 なし

簡単に言えば、積立NISAのほうがより長期の資産運用に向いている制度であるということです。そのため、積立NISAのほうがリスクも低く、株式投資の知識がなくても始めやすい制度であると言えるでしょう。

SBI証券のここがすごい!SBI証券積立NISAの3つのメリット

積立NISAが初心者でも気軽に始められる投資方法であるとおわかりいただけたのではないでしょうか。

しかし、実際に積立NISAを始めようと思っても「どこの証券会社でNISA始めればいいのかわからない」という方が大半ではないでしょうか。

そこでここからは、業界最大手であるSBI証券で積立NISAを始めるメリットやお得なサービスについて、徹底解説していきます!

SBI証券で積立NISAを始めるメリットは大きく分けて以下の3点です。

  1. 商品ラインナップが圧倒的に充実
  2. 積立方式のコースも豊富
  3. 積立NISAの専用画面が超便利

それぞれ詳しくご説明していきます。

メリット①商品ラインナップが圧倒的に充実

SBI証券積立NISAのメリット1つめは、商品ラインナップが圧倒的に充実していることです。

金融庁が現在認めている積立NISAの商品数159本に対して、SBI証券の取扱商品は150本です。ほぼすべての商品を取り扱っているということです。

選べる商品が多いということは、より多くの運用スタイルに対応できるということですね。

例えば、初心者の方は低リスク低コストの投資ができますし、ベテランの方はハイリスクハイリターンの投資ができるのです。

SBI証券では「草食派」「肉食派」とわけて説明されています。

SBI証券 積立NISA

圧倒的な商品ラインナップのSBI証券なら、自分の予算や運用方法に合った商品が必ず見つけられますよ。

メリット②積立方式のコースも豊富

SBI証券積立NISAのメリット2つめは、積立方式のコースが豊富なことです。

積立NISAとは定期的に定額を積み立てていくものです。

では、定期的とは具体的にどの程度の期間を指すのでしょう。

多くの方は、「毎月」というイメージが強いのではないでしょうか。

しかし、SBI証券では

  1. 毎日
  2. 毎週
  3. 毎月

の3つの積立コースのなかから選択することができます。

つまり、月ごとよりもより細かく時間分散投資をすることが可能だということです。

では、細かく時間分散投資をすることは具体的にどのようなメリットがあるのかご説明します。

皆さんは、ドル・コスト平均法をご存じですか?

ドル・コスト平均法…株式投資などの際に、定期的に一定金額分を買っていく方法。一定金額分を買うことにより、高値のときは少ししか買わず、安値のときに多く買うことができる

例えば、4か月間で1200円→1000円→1450円→700円と値動きをした銘柄を毎月1万円ずつ買ったとします。

各月に買える株は10株・12株・8株・20株で、1株あたり円で買ったことになりますよね。

つまり、株価が高い時にたくさんの株を買うことがなくなるのです。

今回の例でいえば、株価が1450円で手持ち資金の多くを使ってしまうことはありませんよね。

ドル・コスト平均法で投資することで、大きな損失のリスクを回避することができるのです。

このドル・コスト平均法を週、日単位でも行えるということは、月単位よりもさらに平均購入単価を標準化することができるということになりますよね。

つまり、SBI証券ならきめ細やかな「究極の時間分散投資」が可能になるのです!

さらに、SBI証券はNISA投資可能額枠を残らず使い切るための、「NISA枠ぎりぎり注文」という制度があります。

SBI証券 NISAぎりぎり枠

月末などにNISA投資可能枠(その月に投資可能な残り金額)が残っている際、その金額を使い切るように積立発注を行えるのです。

この制度によって、NISA投資可能枠を使いきるために積立設定金額を微修正する必要がなくなったため、より簡単に積立NISAを行うことができるようになりました。

特に株初心者の方には嬉しい制度ですよね。

メリット③積立NISAの専用画面が超便利

SBI証券積立NISAのメリット3つめは、積立NISAの専用画面が大変便利なことです。

SBI証券のメリットとして、商品のラインナップが豊富であるとお伝えしましたが、実際に商品を選ぶ画面がわかりにくかったら意味がないですよね。

また、商品を買っても管理ができるか不安と思っておられる方も多いのではないでしょうか。

しかし、SBI証券なら心配いりません。

SBI証券では、積立NISA専用の画面が用意されています。

専用画面では、つみたてNISA投資可能枠の利用状況がひと目で分かるグラフを表示。さらに、複数銘柄の積立設定が一括でできるなど、どなたでも使いやすい専用画面となっているのです。

SBI証券 積立NISA 管理画面

この管理画面なら、現在積み立てている商品、積み立て条件、NISA投資可能枠も一目で把握でき、初心者の方も安心して投資することができますよね。

SBI証券で積立NISAを始めよう!口座開設の方法と利用の流れを徹底解説

SBI証券での積立NISAは、多くのメリットがあるとおわかりいただけたのではないでしょうか。

では、実際にSBI証券での口座開設の流れと積立NISAの利用方法を徹底解説していきます。

一目で分かる!NISA口座開設と利用の流れ

NISAの口座開設方法には、WEBと書面の2通りがあります。

WEBのほうが最短2営業日と早く口座を開設できるので、非常におすすめです。

SBI証券 積立NISA 口座開設

徹底解説!SBI証券の積立NISA利用の流れ

SBI証券でNISA口座を開設することができたら、実際に積立NISAを利用してみましょう!

ここからは、以下4つのStepに分けて、SBI証券における積立NISA利用の流れを徹底解説していきます。

  1. 対象の商品を買う
  2. 積立金額を設定する
  3. 目論見書を確認する
  4. 設定内容を確認して完了する

詳しくご説明していきます。

①対象の商品を買う

積立NISA対象ファンドの中から、自分が買い付けたいファンドを選びます。

「つみたてNISA買付」タブをクリックすると、積立NISA専用管理画面にファンドが追加されます。

②積立金額を設定する

それぞれのファンドについて「毎日、毎週、毎月」の3つのうちどのコースにするのか、またいくら積み立てるのかを設定します。また、NISA枠ぎりぎり注文の設定も行うことが出来ます。

③目論見書を確認する

目論見書とは、投資判断に関わる重要事項のまとめ書類のことです。

買付予定のファンドだけでなく、ファンドを選ぶ際にも必ず目を通すようにしましょう。

④設定内容を確認して完了する

設定した内容に誤りがないか確認しましょう。
もし設定内容に誤りがなければ確定ボタンを押して完了です!

SBI証券で積立NISAを始めよう

いかがでしたでしょうか。

SBI証券は言わずもがな業界で最大手の証券会社です。

特に、積立NISAを始めたいという方は株に関してあまり多くの知識を持たない方が多いです。

そのため、初心者でも安心して利用できるSBI証券で積立NISAを始めるのは、非常に賢い選択であると言えるでしょう。

ぜひこの記事を参考にして、SBI証券でお得な積立NISAを始めてみてはいかがでしょうか。

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力