SBI証券

SBI証券の手数料は?他社と比べてお得?どこよりもわかりやすく解説

SBI証券 手数料

SBI証券は、証券会社の中でも日本一の実績を誇っているのですが、手数料は他社と比べて安いのでしょうか?

株式投資では手数料によって利益が変わってきますので、手数料は安いに越したことはありません。

そこで今回は、SBI証券の手数料についてとSBI証券と他社の手数料を比較して、どこよりもわかりやすくご紹介します。

SBI証券の評判を知りたい方はこちらの記事を参考にしてください!

https://mane-toku.com/kabu/sbishoken-review/

そもそも手数料には種類があることを理解しよう

株式投資には「取引手数料」がかかるのですが、取引手数料といっても1種類だけではありません。取引手数料は大きく3つに分けることが出来ます。

  1. 売買委託手数料…株を売買するときにかかる手数料で株式投資行うなかで、最もかかってくる手数料
  2. 入出金手数料…口座にお金を入金、出金するときにかかる手数料
  3. 口座管理料…口座を持っていることでかかる手数料

さらに、取引手数料は証券会社によって異なり、総合証券とネット証券では大きく違いがあります。

特に「売買委託手数料」には大きな違いがあり、総合証券の場合は最低2,000〜3,000円、ネット証券の場合は最低100円以下になるので、売買委託手数料はネット証券の方が安い傾向にあります。

さらに、ネット証券では「口座管理料」が無料なことが多いため、株式投資の利益を少しでも上げることに繋がります。

株式投資におけるSBI証券の手数料一覧

SBI証券は、国内証券会社の中でも日本一とも言われるほどの実績と規模を誇っているネット証券になっており、知名度も国内トップクラスになっております。

そんなSBI証券の取引手数料は、1注文の約定代金に対して手数料がかかる「スタンダードプラン」と1日の約定代金合計額に対して手数料がかかる「アクティブプラン」があります。

取引手数料のプラン名は、証券会社によって異なりますので注意してください。

①スタンダードプラン手数料体系

1回の注文金額 かかる手数料
5万円まで 50円(税込55円)
10万円まで 90円(税込99円)
20万円まで 105円(税込115円)
50万円まで 250円(税込275円)
100万円まで 487円(税込535円)
150万円まで 582円(税込640円)
3000万円まで 921円(税込1,013円)
3000万円超 973円(税込1,070円)

現物取引のスタンダードプランの特徴は、1注文の約定代金に対して手数料がかかることです。

手数料も代金が上がっていくことに増えていきますので、手数料の把握もしやすいプランになっております。

さらに、1注文の約定代金が3,000万円を超えたときは、税込1,070円の定額になりますので、高額の注文をする際にはお得になります。

1日に数回の注文、もしくは少額の注文をする人には「スタンダードプラン」がおすすめです。

②スタンダードプラン 信用取引

1回の注文金額 かかる手数料
10万円まで 90円(税込99円)
20万円まで 135円(税込148円)
50万円まで 180円(税込198円)
50万円超 350円(税込385円)

信用取引のスタンダードプランは、現物取引のスタンダードプランと手数料が異なります。

50万円を超えると、手数料は税込385円の定額になり、現物取引よりもお得になります。

しかし、上記の手数料は「5,000万円未満」の場合になり、5,000万円以上の場合には、一切手数料はかかりません。

そして、現物取引のスタンダードプラン同様に、1日に数回の注文、もしくは少額の注文をする人におすすめです。

③アクティブプラン 現物取引 手数料体系

1日の注文合計金額 かかる手数料
50万円まで 0円
100万円まで 762円
以降100万円増毎に400円(税込440円)ずつ増加

現物取引のアクティブプランは、1日の約定代金合計額に対して手数料がかかるプランになり、1日の約定代金が50万円以下の場合は、手数料が0円になります。

スタンダードプランと違い、1日の約定代金合計に対して手数料が決まってくるため、1日の取引回数が多い人には「アクティブプラン」がおすすめです。

④アクティブプラン 信用取引 手数料体系

1日の注文合計金額 かかる手数料
50万円まで 0円
100万円まで 477円(税込524円)
以降100万円増毎に400円(税込440円)ずつ増加

信用取引のアクティブプランは、現物取引のアクティブプランよりも手数料が少し安くなります。

信用取引のスタンダードプラン同様に、上記の手数料は「5,000万円未満」の場合になり、
5,000万円以上の場合には一切手数料がかかりません。

1日の約定代金合計額が50万円以下の場合、もしくは5000万円以上の場合は手数料が0円になるということです。

現物取引のアクティブプラン同様に、1日の取引回数が多い人におすすめです。

必見!SBI証券で手数料を無料にできる方法が2つある!

SBI証券の手数料体系がどのようなものか、ご理解してただけたのではないでしょうか。

実は、SBI証券の手数料を無料にすることができる方法があるのをご存知ですか?

SBI証券の手数料を無料にすることができる方法は2つあります。

株式投資をやるうえで手数料は必要経費です。

必要経費である手数料が無料なほどお得なことはありませんので、ぜひ参考にしてみてください!

手数料を無料にする方法①アクティブプランにする

上記でもご紹介していきましたが、アクティブプランでは1日の約定代金合計額が50万円以下の場合は手数料が現物取引でも信用取引でも無料になります。

さらに、現物取引と信用取引は別々に計算をしてくれるため、実質約定代金合計額が100万円まで手数料が無料になります。

1日の約定代金合計額が50万円というのは、そう超える金額ではありませんので、株初心者であれば手数料無料で株投資を行うことができるでしょう。

手数料を無料にする方法②NISAを利用する

SBI証券では、「NISA」口座での取引になると、手数料が恒久的に0円になります。

通常のNISAでも、積み立てNISAでもジュニアNISAでも手数料は無料になります。

NISA口座を利用することで、「売買益」「配当益」「分配益」が非課税になりますので、税金も手数料も支払うことなく株式投資を行うことが出来ます

税金も手数料も支払わないことは、非常にお得ですよね。

しかし、NISA口座にはいくつか条件があり、条件は下記の通りになります。

  • 日本に住む20歳以上の方
  • NISA口座は1人1口座
  • 上場株式・株式投資信託への投資から得られる譲渡益・配当金・分配金が対象
  • 毎年120万円を新規入金額の上限とし、最大600万円が非課税投資枠
  • 非課税期間は最長で5年

以上のことがNISAの対象になりますので、注意してください。

SBI証券以外に手数料が安い証券会社は?証券会社の手数料を徹底比較

SBI証券以外にもネット証券は数多くあり、手数料が安い証券会社も多いです。

そのため、どの証券会社を利用すればいいのか悩まれることが多いと思いますので、SBI証券以外の証券会社の手数料を徹底比較していきます。

この記事では、利用頻度が高い「国内現物取引」に絞って比較していきます。

また主な証券会社すべての手数料を比較した記事もあるので、ぜひ参考にしてください!

https://mane-toku.com/kabu/syokenkaisya-osusume-tesuryo/

国内現物手数料(1注文の約定代金ごと)を徹底比較

証券会社名 1回の注文金額が
5万円まで 10万円まで 20万円まで 50万円まで 100万円まで
SBI証券 55円 99円 115円 275円 535円
楽天証券 55円 99円 115円 275円 535円
マネックス証券 ー円 110円 198円 495円 1000円
松井証券 1注文の約定代金毎の手数料プランはありません
岡三オンライン証券 ー円 108円 220円 385円 660円

比較してわかるように、SBI証券は業界最安値水準の手数料になっております。

楽天証券とは手数料が同じになっていますが、他社のネット証券と比べても圧倒的に安いことがわかります。

さらに、SBI証券は、5万円までの手数料も用意してくれておりますので、少額の取引をお考えの人でも安心です。

国内現物手数料(1日約定代金合計ごと定額手数料)を徹底比較

証券会社名 1日の注文合計金額が
5万円まで 10万円まで 20万円まで 50万円まで 100万円まで
SBI証券 ー円 0円 0円 0円 524円
楽天証券 ー円 0円 0円 0円 943円
マネックス証券 1日に何回取引をしても2,750円
松井証券 ー円 0円 0円 0円 1100円
岡三オンライン証券 ー円 0円 0円 0円 880円

SBI証券以外のネット証券でも、1日の約定代金合計額が50万円以下の場合は手数料が0円の事が多いですが、100万円までの手数料を比較したときはSBI証券が一番安くなります。

100万円までの手数料は、少なくても他社と350円以上の差があることになり、10日間株式投資を行うとすると、約3,500円もの差が生まれます。

1日の手数料で比較すると、少額の差かも知れませんが、月間や年間を通して考えると大きな金額になります。

株初心者こそ実績日本1のSBI証券で口座開設しよう

この記事では、SBI証券の手数料についてご紹介してきましたが、SBI証券の手数料は業界最安値水準になっております。

さらに、手数料を無料にする方法もありますので、SBI証券で株投資をすると無駄な支払いを無くすことも可能です。

手数料も業界最安値、実績日本1のSBI証券で口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力