SMBC日興証券

ポイ株「日興フロッギー+docomo」のやり方・始め方を紹介!口座解説の流れやdポイント取得方法も解説

ポイント投資はポイントを利用した投資で、現金で投資しなくても株を購入できます。

近年様々なポイント投資が導入されていますが、最も注目を浴びているのが「ポイ株」のSMBC日興証券の「日興フロッギー+docomo」です。

日興フロッギー+docomoはSMBC日興証券の口座をドコモのdアカウントを連携させて、dポイントを使ったポイ株が可能です。

100ポイントから株の購入が可能になっており、docomoユーザーが気軽に始めやすい株式投資サービスになっています。

今回は、ポイ株「日興フロッギー+docomo」のやり方・始め方を詳しく解説していきます。

またポイ株で利用するdポイントの貯め方も紹介するので必見です。

現金投資が怖い人や、ポイ株に興味がある人は参考にしてください。

SMBC日興証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

ポイ株「日興フロッギー+docomo」とは?

ポイ株は、現金で投資するものではなく、買い物などで貯まるdポイントを利用した株式投資です。

dポイントはドコモが提供しているポイントで、dポイントカードは初期費用・年会費無料で作ることができます。

日興フロッギー+docomoはSMBC日興証券とドコモが連携しているサービスで、dアカウントと連携させることによって100ptから株の購入が可能です。

dポイントは、docomoの携帯利用やdカード支払いで得ることが出来ます。

docomoユーザーでなくてもdアカウントを取得すれば貯めて利用することも可能です。

dポイントで株を購入できる

ポイ株はdポイントを利用した投資なので現金を利用しません

よって株式投資初心者でも現金損失の不安無く気軽に投資することができます。

dポイントは1ポイント=1円で換算されている為、100ポイントから株を購入できます。

更に購入した株を売却した際、現金化できるのでポイントを活用して現金を増やすことも可能です。

株式投資でdポイントをもらうことも可能

日興フロッギー+docomoのサービスを提供しているSMBC日興証券は、dポイント加盟店になっている為、株式投資を行うことでdポイントをもらうことも可能です。

もらったdポイントが100ポイント貯れば、株を購入できるので資産運用の手助けになります。

100円から投資できる

通常の株式投資は100株単位から購入する為、大企業などの銘柄を購入するには数百万円単位の資金が必要です。

しかし、ポイ株「日興フロッギー+docomo」は100円単位から株を購入できるので、少額での資産運用が可能です。

またdポイントを活用した投資方法なので、dポイントを豊富に所有している人は現金投資する必要もありません

ミニ株での少額投資の始め方は?初心者でも安心して1万円から投資する方法や少額投資できるおすすめネット証券を紹介

ポイ株「日興フロッギー+docomo」の始め方

ポイ株の日興フロッギー+docomoを始めるには、事前準備が必要になります。

SMBC日興証券の口座開設とdアカウントを作る必要があるので、持っていない人は申込みましょう。

これからポイ株「日興フロッギー+docomo」の始め方を詳しく解説していくので、具体的にどうすれば良いのか知りたい人は参考にしてください。

SMBC日興証券で口座開設する

SMBC日興証券での口座開設方法は、公式サイトにアクセスして「口座開設」を選択します。

まず証券総合口座の申し込み画面が表示されるので、基本情報を入力しましょう。

基本情報は、名前・住所・職業などの情報を記入します。

申し込みを提出すると、本人確認書類を提出します。

証券会社の口座開設には、身分証明証の他にマイナンバーカードが必要になります。

マイナンバーカードまたはマイナンバー通知カードが無いという人は事前に準備しておきましょう。

本人確認書類を提出した後は、SMBC日興証券が審査をおこいます。

審査は約3日~1週間かかります。

申し込む人によって審査の時間が異なるので、大体1週間以内に返答が来ると思っておきましょう。

審査に通過すると口座開設の書類等が郵送されてきます。

ID・初期パスワードが記載されている書類が送付されているので、無くさないようにしましょう。

よりスムーズに口座開設したいという人は、2021年7月からはじまったスマホで簡単顔認証を利用すると最短即日で口座開設することができます。

【保存版】SMBC日興証券の口座開設の流れをどこよりも丁寧に解説

dアカウントと連携する

ポイ株はSMBC日興証券の口座開設後、dアカウントと連携しないと始められません。

dアカウントを持っていない人は、dアカウントの公式サイトから登録する必要があります。

dアカウントはdocomoユーザーでない人も登録可能で、メールアドレス・パスワードを設定するだけで作成できます。

SMBC日興証券の口座とDアカウントの連携後、株購入にdポイントを利用できるようになります。

SMBC日興証券「ポイ株」のやり方

「SMBC日興証券で具体的にどうやってポイ株を使うの?」という人の為に、ポイ株のやり方を紹介します。

ポイ株は基本的に現金投資と同じ工程で株を購入します。

ただし、日興フロッギーで株を購入する時はリアルタイムでの購入が不可能です。

注文タイミングにもよりますが、株式市場が始まるタイミングで注文されるようになっているので注意しましょう。

株式投資での企業分析のやり方は?指標の見方や情報収集のやり方をわかりやすく解説

買いたい銘柄ページを開いて購入

まず、購入したい銘柄を選択します。

株初心者はどの銘柄を購入すれば良いのか分からないという人が多いので、まずは身近に利用しているサービスの企業を探して、株を購入してみましょう。

購入する株が決まれば、「買う」を選択して注文画面に移動します。

注文画面の「決済方法」で保有dポイントを選択

注文画面では決済方法・購入金額などを設定します。

「決済方法」の選択で保有dポイントを選択し、購入金額を設定します。

特段難しい操作方法は無いので、簡単にdポイントを選択できます。

画面下部にある「注文内容を確認する」を選択すると、設定した注文内容の確認画面が表示されるので、間違いが無いか確認しましょう。

間違い無ければ「この内容で注文する」を選択して決済完了します。

ちゃんと株を購入できるか調べるには、お取引履歴を見ると約定内容を見ることができます。

ポイ株に利用するdポイントの貯め方

dアカウント

ポイ株に必要なdポイントですが「株を購入する為にdポイントを貯める!」というより「お買い物とかしてたら勝手に貯まっている!」というのが理想的です。

ポイ株はポイントを使った投資で、現金投資せずに気軽に始められる所が最大の魅力なので、dポイントの為に現金を利用すると本末転倒です。

dポイントはdポイント加盟店での買い物やdポイントカードを利用することによって貯まります。

日常生活の中でもdポイントをしっかり貯めることができるので、様々な貯め方を把握して効率よくポイ株できるようにしましょう。

dカード決済を利用する

dカードやdカードGOLDなどのクレジットカードを買い物などで利用すると、決済額の1%のdポイントを取得できます。

またdカード特約店で利用すると、通常の決済で得たポイントに1%上乗せしてポイントを貰えるのでお得です。

JALやオリックスレンタカーなどが特約店になっているので、日常生活で利用している人はうまく活用してポイントを貯めましょう。

dマーケットで商品を購入する

dマーケットは、ドコモが運営しているネットショピングサービスで、買い物・旅行・音楽・ゲーム・電子書籍・動画など購入することができます。

ドコモユーザーでなくてもdアカウントを持っていれば利用することが可能で、サービスの利用料金100円=1ポイント獲得できます。

ネットで買い物を行なっている人は、dマーケットを利用することによってポイ株のポイントを貯められるのでおすすめです。

dポイント広場を利用する

dポイント広場は、ドコモが様々な企画やコンテンツを提供しているサービスです。

無料会員登録することによって、買い物は勿論くじやゲームなど利用することによってdポイントを獲得できます。

日常生活に必要な物を購入するだけでもdポイントを貯められるので、dポイントで本格的に資産運用したい人は生活ベースをdアカウントに寄せることをおすすめします。

キャンペーンを利用する

dポイントは定期的にサービスをおこなっており、キャンペーン開催期間中にキャンペーン条件を満たすとポイントを獲得できます。

またSMBC日興証券はdポイント加盟店であり、日興フロッギー+docomoを提供していることからキャンペーンを実施しています。

SMBC日興証券が提供しているキャンペーンは申し込みフォームからエントリーするだけで抽選に参加可能で、当選すればdポイントを獲得できます。

ポイ株は少額投資したいdocomoユーザーにおすすめ

ポイ株は少額投資したいdocomoユーザーにおすすめのサービスです。

dアカウントはドコモユーザーでなくても利用できますが、docomoユーザーの場合携帯料金を支払うことによってdポイントを獲得できるので有利です。

dポイントを使ったポイ株は、現金投資で運用しないので、損失しても精神的負担もすくなく初心者におすすめです。

資産運用をしたいけど損失が怖いという人は、ポイ株から始めることをおすすめします。

ポイント投資はdポイント以外にもある

今回はポイ株について説明していますが、ポイント投資はdポイント以外にも存在します。

SBIネオモバイル証券ではTポイント投資が可能で、Tポイントを使って株の購入が可能です。

また楽天証券は、楽天ポイントを理容して投資することが可能です。

今後も様々なポイントを使ったポイント投資が登場する可能性が高く、自分が貯めているポイントに合わせて投資先を決めるのも一つの手段です。

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の評判・口コミは?メリット・デメリットやサービスの特徴を解説

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力