株式投資

億万長者になるための3つのステップと5つのコツをわかりやすく解説

億万長者になる方法とは

億万長者になり、働かずに生活を送っている人は実在します。

じつはやり方次第で誰でも多額の資産を築くことを実現可能です。

しかし、ほとんどの人は継続どころか実行にすら移しません

億万長者になった人はほとんどいない一番の理由は、実際に行動に移して継続した人が少ないからです。

この記事では億万長者が持つ考えと行動を紹介し、3つのステップと5つのコツに分けて解説します。

貧乏な人が億万長者になる為の3つのステップ

逆張りオタクとは

貧乏な人が億万長者になるためには、以下3つのステップを行いましょう。

  1. 欲望をコントロールできるようにする
  2. 株式投資やFXなどで資産を増やす
  3. 資産が増えたら投資対象を不動産にする

貧乏な人は、まずはお金の管理から始めましょう。

基本的なことですが、収入以上の支出があるとお金を稼げない原則を知る必要があります。

お金が貯まった後は、金融資産の運用や不動産投資による不労所得の比率を増やします

労働以外の稼ぎ方を実践して初めて資産が構築できるのです。

億万長者を目指すからには、長期目線で投資を行わなければなりません。目先の利益を追っていても資産は増えないので、コツコツとお金を積み上げていきましょう。

【STEP1】欲望をコントロールできるようにする

お金持ちの人ほど欲求のコントロールに長けており、欲望のままに動いて資産を失うような真似はしません

衝動的な買い物やストレス発散のための暴飲暴食など、欲求のままに動いてお金がなくなる状況が起こらないように自身をコントロールしています。

もちろんギャンブルで一攫千金を狙うこともなく、楽して儲けたい欲に負けてお金を失うこともありません。

他には宝くじで儲けようとも考えません。なぜなら2億円が当たる確率は1,000万分の1なので、高額当選することはほぼないからです。

億万長者になるためには目先の欲求に振り回されてはいけません。自分のお金を管理して、収入が支出を上回らない状態を維持することが必要不可欠になります。

【STEP2】株式投資やFXなどで資産を増やす

億万長者になるためには、株式投資やFXなどで資産を増やすことが重要です。

なぜなら億万長者になるためには、長期間にわたってお金を生み出す仕組みが必要になるからです。

富裕層は約75%の金融資産を保持しており、現金は残りの約25%程度にしか所有していません。

現金を銀行に預けたままでいても、低い年利でお金を放置することになるため、他の利回りが高い資産に投資することは必然になるわけです。

金融資産に投資しないままお金を生み出すチャンスを逃すと、いつまでも億万長者にはなれないということです。

【STEP3】資産が増えたら投資対象を不動産にする

投資した金融資産から発生した利益が大きくなった場合、次の投資対象は不動産を増やしましょう。

その理由は、金融資産の株価の暴落や為替変動などのリスクを抑えるためです。

世界の情勢に影響される金融資産は、売却や購入のタイミングを間違えると、損失額を増やしてしまう恐れがあります。

一方の不動産投資は安定的に収益を見込めるため、中長期的な投資に適しているのです。住宅や土地から得られる利益で、安定した資産運用が可能になります。

また景気の影響を受けにくい点も、不動産投資の魅力です。金融のように経済指標に振り回されて神経を使いすぎずることもなく、利益を積み上げやすくなります。

ただし不動産は火災や地震などの天候に左右されることがあり、さらに家賃滞納や空き家などのリスクを抱えていることは忘れてはいけません。

億万長者になるための5つのコツ

じつは年収1,000万円は誰でも到達できる金額です。もちろん相当な努力量が必要になりますが、社会人からでも国家資格を取って、医師や弁護士になる人もいらっしゃいます。

しかし年収1,000万円以上からは個人の才能に依存することが多く、周囲の人間を巻き込んでビジネスを行えるかが重要なポイントです。

不労所得を構築することが億万長者になるために必須なので、自分以外の人の協力や資産運用の仕組みを構築して稼ぐことを意識しましょう。

年収1000万円までは根性でなんとかなる

年収1,000万円は誰でも達成可能なので、ひたすら仕事量を増やして稼ぐことは実現できます。

例えば医師や弁護士などは年収1,000万円以上の人が多いです。勉強量次第によりますが、30歳を超えて試験に合格する人もいらっしゃいます。

また公認会計士や税理士などの仕事も、平均年収が1,000万円を超えており、こちらも努力すれば1年で合格する可能性があります。

他にはブログやアフィリエイトなどといったIT関連の資産を作り、月収で100万円以上の不労所得を得ることが可能です。

どの仕事も稼げるようになるまで相当な努力が必要になりますが、年収1,000万円は不可能な数字ではありません

コツコツと努力を重ねることで稼げるようになります。

年収1000万円以上からはセンスが必要

年収1,000万円以上を稼ぐ場合は、努力に加えて先天的なセンスが求められます。

例えば人脈作りやリーダーシップなど、周囲の人間を巻き込んでビジネスを作り上げる素養などが必要です。

なぜなら年収1,000万円以上を稼ぎたいなら、自分だけの力では限界があるためです。

とくに上場企業の取締役や開業医などは、高いコミュニケーションの能力を持っている人が多く、「人間力」のような能力が求められます

他にも独立して事業を興している人や企業の重役などが該当します。ビジネスは人から好かれやすい人の方が、努力と根性で結果を出す人よりも稼ぎやすいのです。

そのため努力では身につきにくいセンスを持った人でないと、年収1,000万円以上を稼ぐことは難しいといえます。

ある程度資産を増やしたら無駄な努力をやめる

努力と根性だけでなく、センスを持って稼いだ人が資産を持った後は、無駄な努力を省く必要があります。

無駄な努力とは、自分が「努力」と感じてしまうことのほとんどです。一部の天才たちは、努力を努力と思わないほど自然体なまま積み上げを行います。

そのため負担がかかっている状態を自覚する行動を避けて、明確にした夢に必要な努力に集中することを意識しましょう。

また一人で稼ぐには限界があるため、ビジネスの仕組みを構築したり、資産運用でお金を増やしたりする戦略を考えることをおすすめします。

忙しい状態を作らずに稼げる仕組みを構築すると、無駄な努力に時間を割かずに利益を積み上げられます。

必要以上に脳を使わない

億万長者はなるべく脳を使わない習慣で生活しています。脳を使わないとは、「やりたいことしかやらない」を実践することです。

つまり自分の心に素直になり、やりたくないことを考えない状態で生きることで、脳を使わない生活が送れるわけです。

例えば、周囲の環境に合わせて自分の感情を押し殺して生活することを避けて、必要以上に気を遣わない生き方を選ぶ必要があります。

日本人にありがちな集団倫理に従い、善人になっていてはストレスがたまる一方です。

ストレスを感じながら生活すると心が疲れて体調に異変が生じるため、負担が少ない環境を選ぶことを意識しましょう。

少額から投資をはじめる

資産を増やすには、投資を行わなければなりません。ただし最初から高額な投資を行うと損失を増やしてしまうので、少額投資から始めましょう。

投資には市場の分析や投資の手法など多くを学ぶ必要があるので、少ない投資額のトレードで経験を積むほうがよいです。

そのため資金が増えた場合でも、FXや信用取引などのレバレッジで高額な利益を狙うことは避けましょう。損失額を増やす前に、トレードに慣れることを優先です。

他には1万円から始められる「ミニ株」や、運用益や配当金が非課税になる「iDeCo」や「NISA」などから始めることをおすすめします。

億万長者になろうと思っている人が注意すべきポイント

欲求のままムダ遣いをしているとお金が貯まらないまま、資産運用を行うことができません。

資産運用を行うためには、まずは資金を貯める必要があります。

お金を貯められない人は資産が増えないので、投資する資金を用意できません。

そもそも収入が多い人ほど投資に回せる資金が多くなるので、億万長者になりやすいです。

しかし年収が低い人でも億万長者になれないわけではなく、継続した努力によって資産を増やすことは十分に可能です。

ただし、資産を増やすには相当な忍耐が必要になります。

お金持ちになっても無駄遣いをしていると億万長者にはなれない

仮にお金持ちになった場合でも、ムダ遣いの習慣がついているとお金はあっという間になくなります。

例えば年収1,000万円を超えた段階で満足してしまい、散財することが楽しくなってしまう人は、億万長者にはなれません。

なぜなら億万長者になるためには、無駄な支出を省かなければならないからです

高級な飲食店やブランド品に囲まれた生活を送っていても、収入より支出の額が増えてしまうだけです。

億万長者のほとんどは倹約家であり、高級車を何台も所有したり豪邸に住んだりはしていません。見栄やプライドにはお金をかける価値がないと知っているのです。

億万長者になるためには、お金を生み出してくれる資産に投資することが重要です。ムダ遣いを続けている人は、資産を積み上げることは難しいといえます。

収入が少ない人より収入が多い人の方がなりやすいことを把握しておこう

億万長者になるためには、資産を増やすためのお金が必要です。つまり収入が多い人の方が、億万長者になる確率は高くなります。

そのため医者や弁護士などの高額納税者に該当する人たちは、億万長者になりやすいといわれています。

金融資産や不動産などの資産の購入資金が貯まりやすく、仮に投資で損失が出た場合でも本業の収入があれば投資の資金を用意するまで時間はかかりにくいです。

しかし、収入が少ない人でも億万長者になる可能性は十分にあります。収入が少ない場合でも、自己管理と資産管理を徹底することで資産運用の利益を上げることは可能です。

普段から質素な生活を心がけて、ある程度お金が貯まった場合でも資産運用に回せる強い意志があれば、億万長者になることは夢ではなくなるでしょう。

継続して努力する必要がある

億万長者を目指すからには、支出を減らして貯金することや資産運用などの継続した努力が必要不可欠になります。

そもそも投資の資金を貯める段階で挫折する人も多いので、資産運用ができないまま支出を増やし続ける可能性が高いです。

なにより金融資産の運用は、常に変動している株式市場の日々更新される情報を仕入れて、市場の分析やレートの変化を見定めて投資を行わなければなりません。

また不動産投資は金融資産より高額な投資になります。

利率の高い不動産を得るためには、購入資金を用意しなければなりません。

欲求の管理から不動産の運用を始めるには、様々なハードルを乗り越えるための努力が必要不可欠です。億万長者になる道のりは、けっして簡単ではないことは覚えておきましょう。

億万長者になる方法やコツはあるが重要なのは本人の意思

億万長者になるには3つのステップや5つのコツがありますが、最終的に必要になるのは自分の強い意思です。

実際ほとんどの人が簡単には億万長者になれずに途中で諦めてしまいます。年収1,000万円は多くの人が到達できない理由は、単純に努力を継続する意思が足りないのです。

結局は努力を続ける人間のみお金は稼げるので、本気で億万長者になりたいのであれば、諦めない姿勢を大事にしましょう

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力