ネット証券

【2021年最新】ネット証券おすすめランキング!初心者におすすめの証券会社を徹底比較

おすすめのネット証券を紹介

ネット証券は総合証券より手数料が安く簡単に取引できる為、投資家達から高い人気を得ています。

近年「投資」への意識が国内でも高まり「株式投資を始めてみたい!」という人が増加しています。

しかし、高い人気を得ているネット証券は数多く存在し「どこを選べばいいの?」と不安になってしまいますよね。

今回は、初心者におすすめのネット証券を紹介します。

各サービス別におすすめのネット証券も紹介するので、これから株式投資を始めようとしている人は参考にしてください。

ネット証券の口座開設の流れ!必要な物・審査にかかる時間から初心者におすすめの口座開設キャンペーンまで紹介

【初心者必見】おすすめのネット証券ランキング

おすすめのネット証券は下記の通りです。

  1. SBI証券
  2. 楽天証券
  3. auカブコム証券
  4. 松井証券
  5. マネックス証券
  6. GMOクリック証券
  7. DMM株
  8. SBIネオトレード証券
  9. LINE証券
  10. SBIネオモバイル証券

各ネット証券のサービス内容を初心者にも分かりやすく説明するので、ネット証券選びに困っている人は必見です。

【2021年最新】ネット証券の手数料を比較!各サービスの売買手数料や一番安いおすすめのネット証券口座を紹介

【1位】SBI証券

SBI証券
取引手数料 スタンダードプラン

  • 5万円:55円
  • 10万円:99円
  • 20万円:115円
  • 50万円:275円
  • 100万円:535円
  • 150万円:640円
  • 3,000万円:1,013円
  • 3,000万円~:1,070円
アクティブプラン

  • 100万円:0円
  • 200万円:1,238円
  • 300万円:1,691円
  • ※300万以上は100万円ごとに295円ずつ増加
取引ツール HYPER SBI(PC)
SBI証券 株アプリ
NISA / 積立NISA
iDeco
IPO
外国株式
  • 米国
  • 中国
  • 韓国
  • ベトナム
  • ロシア
  • インドネシア
  • シンガポール帯
  • マレーシア
単元未満株(1株) ○(S株)
株式投資以外の金融商品
  • 債券
  • FX
  • 先物・オプション
  • CFD
  • 金/銀/プラチナ
  • 保険

SBI証券は720万以上の口座数を誇るネット証券(SBIネオトレード・SBIネオモバイル含め)です。

取引手数料もアクティブプランだと合計約定金額100万円以下まで無料です。

SBI証券は全体的に業界トップクラスのサービスを提供しているので、ネット証券の口座選びにこまっている初心者は「とりあえずSBI証券を口座開設しておけば良い!」と多くの投資家が推奨しています。

また、特にSBI証券はIPO株の実績が多く、IPO株狙い投資にも対応しています。

  • SBI証券は圧倒的な口座数(約720万)を誇る人気ネット証券
  • IPOの取扱が多い
  • 手数料が業界最安値水準!

高い人気を誇っているネット証券会社で、SBIグループは信頼性も高いので「証券口座選びに困っている」人はSBI証券の口座開設を検討してみてください。

SBI証券の評判・口コミはやばい?口座数NO.1の理由やメリット・デメリットを徹底解説

【2位】楽天証券

楽天証券
取引手数料 超割コース

  • 5万円:55円
  • 10万円:99円
  • 20万円:115円
  • 50万円:275円
  • 100万円:535円
  • 150万円:640円
  • 3,000万円:1,013円
  • 3,000万円~:1,070円
いちにち定額コース

  • 100万円:0円
  • 200万円:2,200円
  • 300万円:3,300円
  • ※300万円以降は100万円ごとに1,100円
取引ツール マーケットスピード(Market Speed)
マーケットスピード 2
楽天証券 スマホサイト
iSPEED
NISA / 積立NISA
iDeco
IPO
外国株式
  • 米国
  • 中国
  • アセアン
単元未満株(1株)
株式投資以外の金融商品
  • 債券
  • FX
  • CFD
  • 金/銀/プラチナ

楽天証券は、楽天ポイントをお得に運用しながら資産形成できるネット証券です。

金融商品の取扱も豊富で、初心者向けのサービス「らくらく投資」が簡単操作で高い人気を得ています。

楽天証券のサービスは全体的に初心者でも簡単に運用できるものが多く、ポイントを使った投資も可能なので、楽天経済圏の人は口座開設を検討してみてください。

  • 楽天ポイントを貯められる・使える
  • 取引手数料が安い
  • PTS取引対応

魅力的なサービスが多い楽天証券ですが、1株は取り扱っていないので注意しましょう。

楽天証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

【3位】auカブコム証券

auカブコム証券
取引手数料 ワンショット

  • 5万円:55円
  • 10万円:99円
  • 20万円:115円
  • 50万円:275円
  • 100万円:535円
  • 100万円~:約定金額×0.099%(税込)+99円【上限:4,059円】
一日定額制

  • 100万円:0円
  • 200万円:2,200円
  • 300万円:3,300円
  • 400万円:4,400円
  • 500万円:5,500円
  • ※500万円超から100万円ごとに1,100円ずつ増加
取引ツール kabuステーション
auカブコム証券 スマホサイト
kabu.com for iPhone/Android/au
NISA / 積立NISA
iDeco
IPO
外国株式
単元未満株(1株) ○(プチ株)
株式投資以外の金融商品
  • 債券
  • FX
  • 先物・オプション

auカブコム証券は、三菱UFJフィナンシャル・グループとKDDIのネット証券で、旧カブドットコム証券の手数料サービスや高性能の取引ツールを活かしつつ、更にお得なサービスを提供しているので高い注目を浴びています。

取引手数料は主要ネット証券に合わせて、定額制では約定合計金額が100万円以下の場合無料になっています。

  • Pontaポイントで投資できる
  • 取引手数料が安い
  • プチ株の買付手数料が無料

初心者におすすめのサービスが豊富に揃っているauカブコム証券ですが、外国株式の取扱が無いので、外国株式で投資したい人向きではありません。

また、大口投資をしている人は手数料が割高になってしまう場合もあるので投資スタイルに合わせて口座開設を検討してみてください。

auカブコム証券の評判・口コミはどう?メリット・デメリットや取引手数料・取引ツールを解説

【4位】松井証券

松井証券
取引手数料 ボックスレート

  • 50万円:0円
  • 100万円:1,100円
  • 200万円:2,200円
  • 1億円:100万円単位で1,100円加算
  • 1億円~:110,000円(上限)
  • ※25歳以下は手数料が無料
取引ツール
  • ネットストック・ハイスピード
  • ネットストック・スマート
  • 株価ボード
  • テーマ投資ガイド
  • チャートフォリオ
  • 松井証券 株アプリ
  • 株touch
NISA / 積立NISA
iDeco
IPO
外国株式
単元未満株(1株)
株式投資以外の金融商品
  • FX
  • 先物・オプション

松井証券は創業90年の老舗ネット証券会社で、常に「業界初のサービス」を提供し続けているところが大きな魅力です。

25歳以下の場合、全ての取引手数料が無料になるので学生などにおすすめのネット証券です。

  • 25歳以下は手数料が無料
  • アクティブトレーダー向けのサービスが充実
  • 完成度の高いスマホアプリを搭載

松井証券は外国株式を搭載していませんが、2022年に取扱が予定されています。

今後も様々な新サービスに期待できるので、信頼性の高い老舗ネット証券で運用したい人におすすめです。

松井証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

【5位】マネックス証券

マネックス証券
取引手数料 取引毎手数料コース

  • 10万円:110円
  • 20万円:198円
  • 30万円:275円
  • 40万円:385円
  • 50万円:495円
  • 100万円:成行/1,100円 指値/1,650円
  • 100万円超:成行/約定金額の0.11% 指値/約定金額の0.165%
一日定額手数料

  • 100万円:550円
  • 100万超:300万円ごとに2,750円
  • ※月利用ボックス(約定金額300万円毎の売買)数:21回目~2,475円/121回目から1,815円
取引ツール
  • マネックストレーダー
  • マネックス証券アプリ
  • マネックストレーダー株式
  • トレードステーション米国株
NISA / 積立NISA
iDeco
IPO
外国株式
単元未満株(1株) ○(ワン株)
株式投資以外の金融商品
  • 債券
  • FX
  • 先物・オプション
  • 金・プラチナ

マネックス証券は、米国株・中国株合わせて6,000銘柄超えの取扱があるネット証券です。

外国株に力を入れているネット証券なので、国内株式以外にも興味がある人におすすめです。

また米国株の手数料サービスがシンプルで安く、取引コストを効率的に抑えられます。

  • 米国株・中国株の取扱が豊富
  • 米国株の情報ツールが充実
  • 米国株式手数料がお得

マネックス証券は特に米国株式で資産運用したい人におすすめですが、国内株式は取引手数料が主要ネット証券に比べて割高になっているので注意しましょう。

取引ツールも豊富で高性能なアプリも搭載されているので、外国株式をメインに運用を考えている人は口座開設を検討してみてください。

マネックス証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

【6位】GMOクリック証券

GMOクリック証券
取引手数料 1約定ごと

  • 5万円:50円
  • 10万円:90円
  • 20万円:100円
  • 50万円:260円
  • 100万円:460円
  • 150万円:550円
  • 3,000万円:880円
  • 3,000万円~:930円
アクティブ

  • 100万円:0円
  • 200万円:1,238円
  • ※200万円以降は100万円ごとに+295円
取引ツール
  • スーパーはっちゅうくん
  • GMOクリック証券WEBサイト
  • はっちゅうくん
NISA / 積立NISA △※NISAのみ
iDeco
IPO
外国株式
単元未満株(1株)
株式投資以外の金融商品
  • 投信
  • 先物・OP
  • FX
  • 外為OP
  • CFD
  • 株BO
  • 債券

GMOクリック証券は株式投資の取引手数料が業界トップクラスの安さのネット証券です。

運用コストをとにかく下げたい人におすすめのネット証券で、FXなどの金融商品も充実しています。

株式投資だけでなく、他の金融商品もまとめて運用したいという人に最適のネット証券です。

  • FXの取引サービスも充実
  • 取引手数料が業界トップクラスの安さ
  • 取引ツールが使いやすい

GMOクリック証券は、手数料が安く初心者でも運用しやすいサービスを提供していますが、積立NISAの取り扱いがなかったり1株投資出来なかったりします。

ご自身の投資方針とサービス内容が上手くマッチしない場合があるので注意しましょう。

GMOクリック証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

【7位】DMM株

DMM株
取引手数料 取引毎手数料

  • 5万円:55円
  • 10万円:88円
  • 20万円:106円
  • 50万円:198円
  • 100万円:374円
  • 150万円:440円
  • 300万円:660円
  • 300万円~:880円
取引ツール
  • DMM株 STANDARD
  • DMM株PRO
  • PRO+インストールソフト
NISA / 積立NISA △※NISAのみ
iDeco
IPO
外国株式 米国のみ
単元未満株(1株)
株式投資以外の金融商品

DMM株は手数料が業界トップクラスの安さを誇るネット証券です。

更に米国株の取引手数料が0円と最安で、取引ツールも米国株に対応しています。

25歳以下の取引手数料も無料で提供しているので、学生などにもおすすめです。

  • 米国株の手数料が無料
  • 25歳以下の取引手数料が無料
  • 米国株対応の取引ツールを搭載

DMM株は米国株で資産運用を考えている人におすすめですが、国内株をメインに運用したい人はあまりメリットがありません。

手数料の安さは業界トップクラスですが、積立NISAの取扱いが無かったり1株投資サービスが無かったりするので注意しましょう。

DMM.com証券(DMM株)の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

【8位】SBIネオトレード証券

SBIネオトレード証券
取引手数料 一律(つどつど)プラン

  • 5万円:50円
  • 10万円:88円
  • 20万円:100円
  • 50万円:198円
  • 100万円:374円
  • 150万円:440円
  • 300万円:660円
  • 300万円~:880円
定額プラン

  • 100万円:0円
  • 150万円:880円
  • 200万円:1,100円
  • 300万円:1,540円
  • 300万以降100万円ごとに+295円
取引ツール NEOTRADE S
NISA / 積立NISA
iDeco
IPO
外国株式
単元未満株(1株)
株式投資以外の金融商品 先物

SBIネオトレード証券は元々ライブスター証券という名前のネット証券で、取引手数料がネット証券の中で最安値です。

また、SBIネオトレード証券はユーザーニーズに対して柔軟に答えてくれるネット証券なので、サービス改善が常に行われています。

高性能な取引ツールも搭載されているので、ユーザーニーズに随時応えてくれるネット証券でしっかり運用したい人におすすめです。

  • 取引手数料がネット証券の中で最安値
  • 高性能の取引ツール
  • アプリが使いやすい

SBIネオトレード証券は、取引手数料を抑えたい初心者におすすめですが、外国株や単元未満株の取扱が無いので、物足りなさを感じる人もいるので注意しましょう。

国内株式以外でも積極的に投資したい人には不向きなネット証券なので、気をつけてください。

SBIネオトレード証券(ライブスター証券)の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

【9位】LINE証券

LINE証券
取引手数料 いちかぶ

  • 最安値:0.2%~
  • 買付手数料0円
現物取引手数料

  • 5万円:55円
  • 10万円:99円
  • 20万円:115円
  • 50万円:275円
  • 100万円:535円
  • 150万円:640円
  • 3,000万円:1,013円
  • 3,000万円超:1,070円
取引ツール LINE証券アプリ
NISA / 積立NISA
iDeco
IPO
外国株式
単元未満株(1株) ○(いちかぶ)
株式投資以外の金融商品

LINE証券はいちかぶ投資に特化したネット証券で、手軽に投資をはじめたい人に最適です。

現物取引手数料も他のネット証券に比べて低めの手数料を提供しているので、100株投資する人にも対応しています。

  • スマホで手軽に始められる
  • 少額投資できる
  • 取引ツールが初心者でも使いやすい

手軽さに特化しているLINE証券は、積立NISA・NISAや外国株式の取り扱いがありません。

しっかり資産運用していきたい人や、大口投資する人にとっては物足りなさを感じてしまうので注意しましょう。

LINE証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較してメリット・デメリットを徹底解説

【10位】SBIネオモバイル証券

SBIネオモバイル証券
取引手数料 月額サービス料

  • 50万円:220円
  • 300万円:1,100円
  • 500万円:3,300円
取引ツール kabuステーション
auカブコム証券 スマホサイト
kabu.com for iPhone/Android/au
NISA / 積立NISA
iDeco
IPO
外国株式
単元未満株(1株) ○(S株)
株式投資以外の金融商品
  • ロボアド
  • FX

SBIネオモバイル証券は、Tポイントを使って株を購入できるネット証券です。

1株から投資できる為、気軽にポイント投資することもできます。

少額運用で資産運用していきたい人におすすめで、取引手数料が月額になっている為、アクティブトレーダーにもおすすめです。

  • Tポイントで投資できる
  • 取引手数料が月額制
  • 1株から投資できる

SBIネオモバイル証券は少額運用向きのサービスを提供していますが、取扱商品が少ないので、NISAや積立NISA口座で運用したい人にはおすすめできません。

また、SBIネオモバイル証券は取引していない状態でも取引手数料が月額制で発生してしまうので、頻繁に取引しない人は注意が必要です。

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の評判・口コミはどう?Tポイントで少額投資できるメリットも解説

おすすめネット証券のサービス内容を徹底比較

今回紹介したおすすめネット証券のサービス内容を比較した一覧表をまとめました。

証券名 NISA積立/NISA iDeco IPO 1株 外国株
SBI証券
楽天証券
auカブコム証券
松井証券
マネックス証券
GMOクリック証券 △※NISAのみ
DMM株 △※NISAのみ
SBIネオトレード証券
LINE証券
SBIネオモバイル証券

各種サービス別おすすめネット証券

各種サービス別のおすすめネット証券を紹介します。

おすすめのネット証券は、各投資スタイルやライフスタイルによって異なります。

これからそれぞれのおすすめネット証券を分かりやすく解説するので、どのネット証券が自分にとって最適か探しましょう。

【2021年最新】投資信託におすすめの証券会社・銘柄ランキング!選び方やメリットを初心者にも分かりやすく解説

25歳以下におすすめのネット証券

25歳以下におすすめのネット証券は下記の通りです。

  • SBI証券
  • 松井証券
  • DMM株

上記3社は25歳以下の場合、取引手数料を無料にしています。

運用コストを抑えて投資できる環境は、利益効率を高くできるのでおすすめです。

25歳以下の人は、どの銘柄に投資したいかによって上記3社の中から選びましょう。

米国株や外国株に投資しようとしている人はSBI証券・DMM株が最適で、国内株式を安心して運用したい人は松井証券が最適です。

外国株式とは?投資するメリット・デメリットや国や企業の選び方を徹底解説

IPO株投資におすすめのネット証券

IPO株投資におすすめのネット証券は下記の通りです。

  • SBI証券
  • マネックス証券
  • 楽天証券

上記3社はIPO株の取扱実績が多く、中でもSBI証券がトップクラスです。

また、マネックス証券と楽天証券は完全抽選が100%になっているので、口座開設して日が浅い人でも当選チャンスがあります。

SBI証券は取扱実績の多いネット証券ですが、完全抽選が60%になっているので投資スタイルによって不利になってしまう場合もあります。

IPO株の買い方完全ガイド!申込み方法・購入手順や買う時の注意点も解説

1株投資におすすめのネット証券

1株投資におすすめのネット証券は下記の通りです。

  • LINE証券
  • auカブコム証券
  • SBIネオモバイル証券

auカブコム証券はプチ株で積立する場合、取引手数料が無料でお得に運用できます。

またLINE証券は1株投資の買付取引手数料が無料で、SBIネオモバイル証券は月額制の手数料になっている為、取引回数の多い人におすすめです。

TポイントやPontaポイントを使ったポイント投資もできるので、頻繁に利用しているポイントを有効活用して1株投資したい人も口座開設を検討してみてください。

1株から買える銘柄!1株1,000円以下で買えるおすすめ銘柄や購入時の注意点を解説

NISA・積立NISAにおすすめのネット証券

NISA・積立NISAにおすすめのネット証券は下記の通りです。

  • SBI証券
  • 楽天証券
  • マネックス証券

SBI証券のNISA口座は、取扱銘柄が豊富で様々な商品で運用できるのでおすすめです。

また、楽天証券は楽天ポイントをNISA口座でも利用可能で、楽天ユーザーに最適な環境です。

米国株式をNISA口座で運用したい場合は、マネックス証券で取引すると米国株の買付手数料を無料で運用できます。

上記のように投資スタイルによって最適の証券会社が異なるので、運用スタイルを確立してから口座開設することをおすすめします。

【株初心者必見】NISAとは?NISAの基礎をわかりやすく徹底解説

外国株式におすすめのネット証券

外国株式におすすめのネット証券は下記の通りです。

  • マネックス証券
  • SBI証券
  • DMM株

SBI証券は米国・中国株式は勿論、新興国の株式も豊富に取り扱っています。

新興市場にも興味がある人はSBI証券がおすすめです。

また米国株式をメインで運用したい人はマネックス証券がおすすめで、豊富な銘柄から運用戦略を立てることができます。

更に、米国株式を運用コストを抑えながら取引したいという人はDMM株が最適で、手数料無料で運用することができます。

米国ETFのVOO・VTIはどちらが買い?構成銘柄やパフォーマンスを徹底比較

ネット証券を選ぶポイント

初心者の方がどのように証券会社を選んでいけばよいか、丁寧にご紹介していきます!

初心者の方には複雑に感じられるかもしれませんが、意外とシンプルで簡単なので安心してください。

初心者は総合証券よりネット証券を選ぼう

そもそも、証券会社には「ネット証券」と「総合証券」の大きく分けて2種類の証券会社があります。

  • ネット証券…インターネット上で株の売買注文を出すことができる証券会社。約40社存在し、個人投資家の株の売買の主流はネット証券になりつつある
  • 総合証券…顧客対応窓口が設けられている店舗がある証券会社のこと。手数料は高いが、プロからのアドバイスを受けられるのが利点

つまり、簡単に言えばネット証券はネット上にある証券会社で、総合証券は実店舗がある証券会社です。

では、株式投資初心者の方にはどちらがおすすめかといいますと…

圧倒的に「ネット証券」です。

主な理由としては、3点です。

  • 現代の株式市場でネット証券が主流であること
  • ネット証券のほうが手数料が安いこと
  • ネット証券のほうが自由に取引できること

つまり、ネット証券のほうが気軽に株式投資を始められるのです。そのため、ネット証券で株式投資を行うほうが初心者の方にはおすすめです。

ネット証券と総合証券の違い

そもそもの前提として、ネット証券と総合証券の最も大きな違いは、プロからのコンサルティングを受けられるか受けられないかです。

ネット証券はすべて自己責任でやらなければならないため手数料が安く、総合証券はプロからのコンサルティングを受けられるため手数料が高く設定されています。

「初心者ならプロからのコンサルを受けられたほうがいいのは?」と思われるかもしれませんが、向こうも商売なので、本当に私たちのためを思ってコンサルしてくれるわけではありません。むしろ初心者は知識がない分、その営業マンの言うことだけを鵜呑みにしてしまう危険性もあります。

具体的なネット証券と総合証券の違いを以下の表にまとめたので、ぜひ参考にしてください。

ネット証券 総合証券
取引手数料 安い 高い
プロからのアドバイス なし あり
投資の情報 ・銘柄検索ツールと株式投資の基礎情報が充実 ・豊富で多種多様
・専属アナリストのレポートも読むことが可能
IPO ・機関投資家向け配分が多い
・取扱件数が少ない
・機関投資家向け配分が多い
・取扱件数が多い
外国株取り扱い本数 ・SBI証券、楽天証券、
マネックス証券の3社しか取り扱いがない
・多くの銘柄を取引できる
・大和は取扱本数が多い

このように比較してみると、ネット証券のほうが個人の権限が大きく、多くの銘柄を自由に取引できることがわかりますね。

また、株式の基礎情報も充実しているため株式投資初心者の方にはうってつけです!

少額投資が可能か

初心者の場合、株式投資に慣れていないこともある為、最初は少額投資から始めることをおすすめします。

そして、証券会社が少額運用に対してお得なサービスを提供しているか確認しましょう。

少額投資は利益率が低くなる為、本格的な資産運用というより練習投資になります。

しかし練習投資でも効率良く利益を取れる環境が適しているので、初心者は効率良く少額投資できる証券会社を選びましょう。

ミニ株での少額投資の始め方は?初心者でも安心して1万円から投資する方法や少額投資できるおすすめネット証券を紹介

取引手数料を抑えられるか

取引手数料は利益を左右する重要なポイントです。

割高な証券会社で運用すると、利益効率が下がり最悪の場合損失になります。

近年、どのネット証券も手数料が安くなっているので、その他サービスも見て総合的に判断することをおすすめします。

【2021年最新】ネット証券の手数料を比較!各サービスの売買手数料や一番安いおすすめのネット証券口座を紹介

おすすめネット証券に関するQ&A

おすすめネット証券に関するQ&Aをまとめました。

Q.手数料の安いおすすめネット証券を教えてください

Q.手数料の安いおすすめネット証券を教えてください

取引する商品によって手数料の安いネット証券会社は異なります。

  • 国内株式…SBIネオトレード証券
  • 米国株式…DMM株

取引手数料を確実に安く抑えたい人は、まず投資する商品を決めてから手数料を見比べることをおすすめします。

Q.学生におすすめのネット証券はありますか?

Q.学生におすすめのネット証券はありますか?

近年ネット証券会社では、25歳以下の人を対象に取引手数料を無料にしているサービスがあります。

学生で株式投資を始めたい人は、25歳以下を対象にした取引手数料無料サービスを実施している証券会社を選びましょう。

Q.NISA口座はどのネット証券にもありますか?

Q.NISA口座はどのネット証券にもありますか?

NISA口座は対応していないネット証券もあります。

NISA口座で運用を検討している人は、口座開設する前にNISA口座に対応しているか確認しましょう。

Q.スマホで簡単に投資できるおすすめネット証券は?

Q.スマホで簡単に投資できるおすすめネット証券は?

スマホで簡単に投資できるおすすめネット証券は下記の通りです。

  • SBIネオモバイル証券
  • LINE証券

上記2社は手軽に始められるサービスを提供しているので、スマホで簡単に投資をしてみたいという人は、口座開設を検討してみてください。

おすすめネット証券で楽しく株式投資を始めよう

今回紹介したおすすめのネット証券は、どのサービスも魅力的で株式投資初心者でも気軽に始められます。

各ネット証券の魅力的なポイントを見て、ご自身の投資プランに最適なネット証券を見つけましょう。

また、証券口座は複数開設できるので、運用になれてきたら色々なネット証券で試してみましょう。

証券口座は複数持つと便利!おすすめの使い分け方法やメリット・デメリットを解説

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力