内藤証券

【内藤証券IPOルールまとめ】必要資金や入金のタイミング、抽選方式や申し込み方法を徹底解説

内藤証券,IPO

IPOは、必要資金が少なく、知識がなくても始められるため、株初心者を中心に大変人気の投資方法です。

しかし、人気な分手に入れるのも非常に大変ですよね。IPO投資をする場合、どの証券会社から抽選に応募するかが非常に大切になってきます。

そこで今回は、内藤証券のIPOルールをまとめてご紹介いたします!

内藤証券におけるIPO投資に必要な資金や入金のタイミング、申し込み方法など、皆さんの疑問を徹底解説いたします!

IPO投資を始めようと考えている方必見です!

IPOとは?IPOについて簡単に解説

IPOについて簡単にまとめましたので、IPOの基本を確認したい方はぜひ参考にしてください。

IPO…Initial Public Offeringの略。(新規)株式公開と言われる。上場していない会社が株式市場に上場し、株式市場での売買を可能にすること。上場することで、投資家はこれまで非公開だった株を買うことができ、企業は株を買ってもらうことで事業資金を調達できるようになる

IPOの最大の魅力は、利益が簡単に出ることです。

新規上場する企業は資金がほしいため株が売れ残らないよう、公募価格を安めに設定します。よっぽどのことがない限り初値が公募価格を下回ることはないため、公募価格で購入し初値で売るだけで、利益を得ることができるのです。

知識がなくてもできるので、株初心者でも簡単に利益が出せるとして非常に人気の投資手法となっています。

人気が高い分、IPOを購入するには抽選に申し込んで当選することが必須となります。

当選することは非常に難しいため、当選確率を上げるには証券会社選びが非常に重要となるのです。

【IPO情報】内藤証券の実績や抽選方式は?

では、内藤証券のIPO情報を徹底紹介していきます!

内藤証券 の魅力は、中国株の取り扱い数が業界でもトップクラスなことです。

内藤証券は、中国株に力を入れている証券会社になりますので、取り扱っている中国株は業界でも1,2位を争うほどになっております。

内藤証券では、香港株のほど全ての銘柄を取り扱っています。さらに、香港上場の海外ETE・REITなども幅広く取り扱っています。

しかし、肝心のIPOに関しては現在取扱い数は少ないです。

詳しくご紹介していきますね。

内藤証券IPOの抽選方式と基本情報

店頭配分 なし
ネット配分 100%
抽選方式 1人1票の
完全平等抽選
IPO取扱い数 5件

内藤証券におけるIPOの抽選方式は、1人1票の完全平等抽選制となっています。

つまり、投資資金が少ない方が抽選に1口だけ応募しようが投資資金が豊富な方が抽選に300口応募しようが、当選確率は変わらないということです!

資金が少ない人や株初心者には非常に嬉しい制度ですね。

内藤証券のIPO取扱い実績(過去3年)

2020年 0
2019年 2
2018年 0

内藤証券のIPO取扱い実績は、2019年で2件です。大変少ないです。

SBI証券や楽天証券と比べると非常に少ない数字となっていますが今後どんどん取扱い数が増えていくことも十分に考えられます。

また、IPOの取り扱いが少ないということは、ライバルも少ないので当選しやすいと言えるでしょう。

内藤証券の手数料一覧

IPOを取引するのにも当然手数料はかかります。

では、内藤証券の手数料はいくらなのか、それぞれの項目に分けて詳しくご紹介していきます。

〇ネット取引による中国株手数料

取引市場 香港上海深セン
株式種類 ETFA株、B株、A株、B株
現地手数料 約定代金に乗じた額)
0.3577%~
0.55%~
0.578%~
0.55%~
0.5821%~
国内手数料 540円~
為替手数料 ±0.15円香港ドル
±0.20円人民元
±0.50円USドル
±0.20円人民元
±0.15円香港ドル
口座管理料 0円

その他支店取引での手数料、コールセンター取引での手数料など、取引方法によって手数料も変わってきます。

自分がどの取引をしたいのか、それによる手数料はいくらかかるのか調べておくことで、実際の取引でどの程度の手数料の出費が出るか把握できます。

〇支店取引(委託売買手数料)

ー国内上場株式委託手数料(税抜)※売り付け又は買い付けにつき(円未満は切り捨て)

100万円以下 約定代金の1.15%
100万円超500万円以下 約定代金の 0.80% + 3,500 円
500万円超1,000万円以下 約定代金の 0.60% + 13,500 円
1,000万円超3,000万円以下 約定代金の 0.45% + 28,500 円
3,000万円超5,000万円以下 約定代金の 0.25% + 88,500 円
5,000万円超1億円以下 約定代金の 0.10% + 163,500 円
1億円超3 億円以下 約定代金の 0.05% + 213,500 円
3 億円超の場合 約定代金の 0.01% + 333,500 円

〇支店取引(外国株式委託手数料)

売り付け又は買い付けにつき(円未満は切り捨て)

100万円以下 売買金額の 0.80%(買い付けのみ最低500円)
100万円超 300万円以下 売買金額の 0.70% + 1,000円
300万円超 500万円以下 売買金額の 0.60% + 4,000円
500万円超 1,000万円以下 売買金額の 0.50% + 9,000円
1,000万円超 3,000万円以下 売買金額の 0.40% + 19,000円
3,000万円超 5,000万円以下 売買金額の 0.35% + 34,000円
5,000万円超 1億円以下 売買金額の 0.30% + 59,000円
1億円超 売買金額の 0.25% + 109,000円

※外国株は、地域などによっても手数料が変わってきますので、知らない間に手数料だけ跳ね上がって大変なことになってしまった!などという事がないように、事前に確認しておくと、取引もスムーズに進みます。

この他にも、取引方法の数だけ手数料も変わってきます。

選択肢が多い分、手数料の計算なども複雑になってしまい、外国株だからこそ手数料も国内と同じようにはいかないのが現状です。

塵も積もれば大きな出費となってしまうので、手数料も十分把握したうえでお取引したいところです。

内藤証券口座開設方法の流れ

内藤証券は完全にネット証券というわけではなく、総合証券もネット証券も兼ね備えた証券会社です。

具体的には以下の3つの方法があります。投資スタイルよって一番自分に向いている方法を選ぶことができます。

  1. 支店
  2. コールセンター
  3. ネット

それぞれ詳しくご紹介していきます。

1.支店での口座開設方法

取引に関して全く分からない。始めてみたいけれども何をどう選べばよいのかわからないという方には、対面でしっかり向き合って相談に乗ってくれる支店がおすすめです。

スタッフも投資などに関する資格を持った方々ですので、相談すれば丁寧に教えてくれ、より自分に合ったスタイルの取引方法・口座開設などを行うことが出来ます

2.コールセンターでの口座開設方法

メールで文字を打つのが苦手な方や、店頭に行く時間が作れない方にはコールセンターもおすすめです。

電話で個人情報を伝えれば、口座開設資料を送ってもらうことが出来ます。

もし書き方などでわからない際には、電話で聞き、書き進めていくことが出来るので、時間がない方に大変おすすめです!

3.ネットでの口座開設方法

こちらの申し込みが1番最短で口座開設できる手段です。

必要事項は申し込みフォームへ入力し、送信すれば口座開設に関する資料を送ってもらうことが出来ます。

一刻も早く口座を開設したい場合には、ネットでの口座開設が最もおすすめです!

初心者必見!IPO抽選の当選確率を上げる方法をご紹介

IPOは簡単に利益を上げられる魅力な投資手法ですが、その分倍率も高く当選確率も低いです。そこでここからは、IPO抽選の当選確率を上げる方法をご紹介していきます。

①資金を多く用意する

IPOの当選確率を上げる方法1つ目は、資金を多く用意することです。

IPO株に抽選するには資金はいりませんが、もしIPO株に当選したら当選分の株を買う資金は必要となります。

過去の統計から、約50万円もあれば大抵のIPO銘柄は購入できると考えることができます。

同時に複数IPO抽選がある場合もあるため、資金は多ければ多いほど抽選に参加でき、当選確率を上げることができのです。

②複数の証券会社で口座を開設して応募する

IPOの当選方法を上げる方法2つ目は、複数の証券会社で口座を開設することです。

IPO株は証券会社によって取り扱っている銘柄が異なるからです。

そのため、できるだけ多くのIPO株に当選するには、できるだけ多くの証券口座を開設するのが最も良い方法です。

のちほどIPO株に適した証券会社をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

③主幹事の証券会社から応募する

IPOの当選方法を上げる方法3つ目は、主幹事の証券会社の口座から応募することです。

先程、資金は多ければ多いほどいいとお伝えしましたが、実際そこまでの資金はなかなか用意できないですよね。

そこで、効率よく当選確率を上げる方法が、主幹事の証券会社からIPOに抽選することです。

主幹事の証券会社を見つけるには Yahoo!ファイナンスの新規上場銘柄一覧「引受証券」を確認してみてください。

IPOを取り扱う証券会社と割当比率が表示されるので、この割当比率が他より高い証券会社が、そのIPOの主幹事証券会社ということです。

IPOで売り出される株数は、各証券会社によって異なるのですが、最も多くIPO株を売り出しているのが主幹事なため、そこからIPO抽選には参加すれば当選数が多い分、当選確率を上げることができるのです。

内藤証券のIPO取扱い数は少ない

いかがでしたでしょうか。

内藤証券は、外国株投資、特に中国株投資に強い証券会社です。中国株のエキスパートと言われるほどです。

しかし、IPOに関してはあまり強くないです。

また、その他の部分でもこれと言って他の証券会社より優れた部分もないため、IPOをたくさん行いたい方はもちろん、「中国株の取引きを中心にしたい!」という方以外にはあまりおすすめはしません。

IPOに取り組みたい方は、SBI証券などIPO取扱い数が多い証券会社を選ぶのがよいでしょう。

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力