マネックス証券

マネックス証券の手数料は高い?現物・信用取引手数料を他社と徹底比較!

マネックス証券 手数料

マネックス証券はネット証券の中でも人気がある証券会社になっているため、口座開設を考えている人が多いのではないでしょうか?

証券会社選びで大切になってくるのは「手数料」です。

株式投資には必ず「取引手数料」がかかってきますので、安いに越したことはありません。

この記事では、マネックス証券の手数料を他社と比較をしてご紹介します。

手数料以外にもマネックス証券の口コミ・評判、メリット・デメリットを知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

https://mane-toku.com/kabu/manexshoken-review/

そもそも手数料には種類があることを理解しよう

株式投資の「手数料」と言っても、1種類だけではありません。

株式投資で利益を上げるためには、手数料を少なくすることが肝心になってきますので、まずは手数料の種類について理解することが大切です。

株式投資における手数料は大きく3つあります。

  1. 売買委託手数料
  2. 入出金手数料
  3. 口座管理料

1つ目の「売買委託手数料」は、株を売買する時かかる手数料になっており、売買する度にかかるため、支払う頻度が多い手数料になっております。

2つ目の「入出金手数料」は、口座にお金を入金、出金するときにかかる手数料になっており、証券会社によっては負担してくれる場合もあります。

3つ目の「口座管理料」は、口座を持っていることでかかる手数料ですが、ネット証券の場合は無料になっていることが多いです。

株式投資における手数料の中でも「売買委託手数料」は、証券会社によって金額は変わってきますし、支払う頻度が多い手数料なため、安いに越したことはありません。

ネット証券の場合は、最低100円以下の売買委託手数料がありますが、総合証券の場合は最低でも2,000円〜3,000円の売買委託手数料がかかりますので、少しでも手数料を安くしたい方はネット証券がおすすめです。

株式投資におけるマネックス証券の手数料一覧

マネックス証券は国内株だけではなく、海外株も豊富に取り扱っており、米国株は「3,500名柄」以上を取り扱っております。

さらに、中国株も香港証券取引所に上場しているほぼ全ての銘柄を取り扱っており、その数はネット証券の中でもトップクラスです。

そんなマネックス証券の手数料は、

  • 1注文の約定代金に対して手数料がかかる「取引毎手数料コース」
  • 1日の約定代金合計額に対して手数料がかかる「一日定額手数料コース」

があり、「現物取引」と「信用取引」に分けることができますので、大きく4つの手数料プランがあります。

取引毎手数料コース【現物取引】

1注文の約定代金が
10万円まで 100円(税込110円)
20万円まで 180円(税込198円)
30万円まで 250円(税込275円)
40万円まで 350円(税込385円)
50万円まで 450円(税込495円)
100万円まで 「成行注文」1,000円(税込1,100円)/「指値注文」1,500円(税込1,650円)
100万円超 「成行注文」約定金額の0.1%/「指値注文」約定金額の0.15%

マネックス証券の現物取引「取引毎手数料コース」の、最低手数料は「税込110円」になっておりますので、小額の注文でも手数料で損をすることは少ないでしょう。

さらに50万円までは10万円単位で手数料が変わりますので、金額に見合った手数料を支払うことになりお得です。

1日に数回しか注文しない人は、「取引毎手数料コース」がおすすめです。

取引毎手数料コース【信用取引】

1注文の約定代金が
10万円まで 95円(税込104円)
20万円まで 140円(税込154円)
50万円まで 190円(税込209円)
100万円まで 355円(税込390円)
150万円まで 600円(税込660円)
200万円まで 800円(税込880円)
200万超 一律1,000円(税込1,100円)

マネックス証券の信用取引「取引毎手数料コース」は、現物取引の最低手数料よりも安くなっており、全体的な手数料も現物取引よりも安くなっております。

さらに、200万円を超えると一律「税込1,100円」になるため、高額の注文になればなるほどお得なプランになっております。

現物取引同様に、1日の数回しか注文しない人は「取引毎手数料コース」がおすすめです。

一日定額手数料コース【現物取引】

マネックス証券の現物取引「一日定額手数料コース」では、

1日何回取引しても「税込2,750円」

になり、約定金額が300万円を超えると、また2,750円の手数料がかかります

そして、マネックス証券では1日の売買代金のうち約定金額300万円ごとの売買を「ボックス」という単位で呼んでおり、

  • 月間利用ボックス数が21回目からは「税込2,475円」
  • 121回目からは「税込1,815円」

になります。

「取引毎手数料コース」とは違い、一律2,750円と決められておりますので、1日の注文回数が多い方におすすめのプランになっております。

1日の注文金額と手数料を比較して「取引毎手数料コース」か「一日定額手数料コース」か決める必要があります。

一日定額手数料コース【信用取引】

マネックス証券の信用取引「一日定額手数料コース」は、現物取引と同様に、1日何回取引しても「税込2,750円」になり、約定金額が300万円を超えると、また2,750円の手数料がかかります。

ボックス制度も同様に、月間利用ボックス数が21回目からは「税込2,475円」、121回目からは「税込1,815円」になります。

手数料プランは月ごとに変更することができますので、あなたの投資金額を事前に考えてコースを変更しましょう。

マネックス証券以外に手数料が安い証券会社は?証券会社の手数料を徹底比較

マネックス証券の手数料についてご紹介してきましたが、他社と比べてのマネックス証券の手数料は安いのでしょうか?

総合証券と比べ、手数料が安いと言われているネット証券とマネックス証券の手数料を徹底比較していきます。

この記事では、利用頻度が高い国内現物取引に絞ってご紹介します。

国内現物手数料(1注文の約定代金ごと)を徹底比較

マネックス証券の国内現物手数料(1注文の約定代金ごと)の比較表は以下の通りです。

証券会社名 1注文の約定代金が
5万円まで 10万円まで 20万円まで 30万円まで 40万円まで 50万円まで 100万円まで
マネックス証券 110円 110円 198円 275円 385円 495円 1,100円
楽天証券 55円 99円 115円 275円 275円 275円 535円
ライブスター証券 55円 88円 106円 198円 198円 198円 374円
GMOクリック証券 96円 96円 107円 265円 265円 265円 479円
松井証券 1注文の約定代金毎の手数料プランはありません

マネックス証券の「取引毎手数料コース」を他社のネット証券と比較しますと、手数料は少し高いです。

しかし、マネックス証券の手数料は、50万円まで10万円単位で手数料が変わりますので、金額に見合った手数料にを支払うことになります。

多くネット証券会社は20万円〜50万円は同じ手数料と決めていることが多いため、損をする可能性もあります。

国内現物手数料(1日約定代金合計ごと定額手数料)を徹底比較

マネックス証券の国内現物手数料(1日約定合計)の比較表は以下の通りです。

証券会社名 1日の約定代金が
10万円まで 20万円まで 50万円まで 100万円まで
マネックス証券 1日に何回取引をしても2,750円
楽天証券 0円 0円 0円 943円
ライブスター証券 440円 440円 440円 660円
GMOクリック証券 234円 234円 438円 876円
松井証券 0円 0円 0円 1,100円

マネックス証券の「一日定額手数料コース」を他社のネット証券と比較しますと、少し高いです。

しかし、マネックス証券は300万円までは同じ手数料になりますので、把握しやすくなります。

数千円超えてしまい、多くの手数料を支払うなんてことはありませんので、1日の取引回数が多くても損をすることはないでしょう。

1日の約定合計代金がが少なすぎる人は、「取引毎手数料コース」を選択するようにしてください。

マネックス証券は手数料は高めだが外国取引には◎

この記事では、マネックス証券の手数料についてご紹介してきましたが、マネックス証券の手数料は他社と比較しますと、少し高いです。

しかし、投資家の投資スタイルによってはお得になるプランもあります。

さらに、外国株の取扱銘柄数は、業界最多水準になっておりますので分散投資や外国株にも投資をしたいとお考えの方は、マネックス証券で口座開設をしてみてはいかがでしょうか。