マネックス証券

マネックス証券「ワン株」とは?メリット・デメリットや取引手数料・取引ルールを徹底解説

ワン株とはなにか解説

ワン株はマネックス証券が提供している単元未満株を購入できるサービスです。

単元未満株は1株から購入可能で、有名企業の株も1万円以下から投資できます。

少額投資できるサービスなので、初心者から高い人気を得ており、今後更に証券業界が力を入れるサービスと予想されています。

今回はマネックス証券「ワン株」とはどのようなサービスなのかくわしく解説します。

取引ルールや手数料を説明するので、これからワン株で投資をはじめようと思っている人は必見です。

サービス内容だけでなく、利用するメリット・デメリットも紹介するのでしっかり自分に合ったサービスか検討してください。

マネックス証券「ワン株」は単元未満株サービスの一種

ワン株

マネックス証券のワン株は単元未満株サービスの一種で、マネックス証券が取り扱っている殆どの銘柄を1株から購入できます。

単元株で取引する場合、有名企業の銘柄だと50万円~100万円あたり初期資金を用意する必要がありますが、ワン株の場合1株から投資できるので株価によってはワンコイン投資できます。

ミニ株・単元未満株のメリット・デメリットは?取引するときの注意点やおすすめの証券会社を解説

1株から有名企業の銘柄を購入できる

有名な企業や大企業は株価が高く、単元株で投資をはじめるにはハードルが高い内容になっていますが、ワン株投資の場合10万円以下ではじめられるので資金ハードルを下げられます。

ワン株は資金的にきついことを理由に有名企業の株の購入を諦める必要がなくなります。

有名企業の株を購入すると、利益だけでなく「有名企業の株主になった」ステータスも得られるので、利益面以外にもメリットがあります。

「買い足し」で株を貯蓄可能

ワン株は定期的に株を買い足すことによって、株を貯蓄していけます。

例えばA株の株主優待を受けたいBさんが居て、A株の株主優待内容が100株必要だったとします。

100株一気に購入すると100万円かかる内容で、Bさんは資金不足で単元株を購入できない状態です。

単元株での投資は資金不足となると購入が不可能になりますが、ワン株の場合1株から購入できるので毎月少しずつ買い足して結果的に100株保有することが可能です。

ワン株は単元化を目標に買い足しする運用方法も利用できるので、毎月少しずつ投資金を増やしたい人に最適です。

ワン株の取引ルール

マネックス証券「ワン株」の取引ルールは下記の通りです。

ワン株の取引ルール
取扱銘柄
  • 買付
  • 東証上場銘柄(マザーズ、JASDAQ含む)
  • 名証上場銘柄(セントレックス含む)
  • 売却
  • 東証上場銘柄(マザーズ、JASDAQ含む)
  • 名証上場銘柄(セントレックス含む)
  • 福証上場銘柄
  • 札証上場銘柄
非取扱銘柄
  • 売買単位が1株の銘柄
  • Q-Board銘柄(福証の新興市場)
  • アンビシャス銘柄(札証の新興市場)
  • 株式以外(ETF(上場投資信託)、REIT(不動産投資信託)ベンチャーファンドなど)
  • 外国株(東証マザーズ・JASDAQ上場外国株式を含む)
  • 監理銘柄、整理銘柄
  • 特設注意市場銘柄
  • 優先株
取引時間
  • 注文受付は午前11時30分まで
  • 11時30分から17時頃の間は、注文不可
  • 17時頃以降にいただいたご注文は、翌営業日分のご注文(名証・福証・札証が優先市場の銘柄は15時40分以降)
  • 非営業日の注文はすべて翌営業日分のご注文
注文方法 成行注文
特定口座の利用 可能

ワン株は、マネックス証券が取り扱っている殆どの銘柄に対応していますが、売買単位が1株の銘柄は投資できないので注意しましょう。

取引は午前11時30分まで

ワン株は当日分の注文受付を11時30分までとなっています。

11時30分~17時の間は注文を受けておらず、17時以降の注文は翌営業日に注文受付されます。

注文を即日反映させたい場合は午前中に注文を済ませておく必要があるので、ワン株で投資する際は注文時間をあらかじめ決めておきましょう。

マネックス証券が取り扱っている銘柄は殆ど1株投資できる

ワン株は東証上場銘柄や名証上場銘柄などの投資が可能です。

しかし株式以外のREIT・ベンチャーファンドといった銘柄は取り扱っていません

株式初心者は問題なく利用できる種類を取り扱っていますが、投資する銘柄を事前に決めている人は口座開設前に確認しておくことを推奨します。

単元未満株の買取請求が可能

ワン株は単元未満株の買取請求ができます

買取請求は市場売却するのではなく、株主名簿管理人いわゆる信託銀行などに買取ってもらう方法です。

買取請求を希望する場合、書類を提出する必要があります。

提出書類は各種資料請求申込画面から請求が可能です。

買取請求は特定講座の譲渡損益には含まれないので留意しましょう。

ワン株の取引手数料は安い?

ワン株の取引手数料は約定代金の0.5%となっており、最低手数料が52円(税込み)になっています。

ただし上記の手数料は、インターネットからの買付のみ適用で、コールセンターなどから買い付ける場合は手数料が約定金額の1.0%になっています。

コールセンターでの買付より、インターネットで取引したほうが取引コストを大きくおさえられるので、少額投資する人はなるべくインターネットから注文しましょう。

マネックス証券の手数料は高い?現物・信用取引手数料を他社と徹底比較!

業界最安水準で提示している

マネックス証券の手数料は、主要ネット証券と比べると業界最安水準の取引手数料を提示しています。

SBIネオモバイル証券やLINE証券といった特殊なサービスを提供しているところ以外と比べると、取引コストを大きく抑えられるので利益効率を上げたい人におすすめです。

取引手数料は利益に直結する問題で、少額利益をコツコツ積立てたいと考えている人はマネックス証券のような少ない手数料を提示している所で口座開設しましょう。

ワン株のメリット・デメリット

マネックス証券「ワン株」のメリット・デメリットを紹介します。

単元未満株はメリットが大きく、特に初心者に大きいメリットが多数存在します。

しかし将来的に株式投資を本格化するとなるとデメリットが多く、人によってはワン株より通常サービスから始めた方が良い場合もあります。

【メリット】手数料が安く利益効率を上げて少額投資できる

ワン株のメリットは手数料が安く利益効率を上げて投資できる所です。

単元未満株を提供している証券会社は一律して少額投資できます。

しかし手数料の大きさによって利益効率が大きくかわり、長期間積立てていくとなると大きな差が生まれます。

マネックス証券は主要ネット証券の中でも手数料が低く、利益効率を上げて投資できます。

少額投資でもなるべく利益を多く増やしていきたい人におすすめできるサービスです。

【デメリット】本格的に投資したい人に不向き

ワン株は少額投資できる初心者向けのサービスですが、本格的に投資したい人とってはメリットが少なくなります。

銘柄も通常取引に比べて制限されている為、今後本格的に株式投資すると考えている人は他のサービスを利用しましょう

ワン株は手軽に投資をはじめられるコンセプトが強く、本格的にやる人にとっては物足りない内容になっています。

マネックス証券「ワン株」で取引する時の注意事項

注意事項

マネックス証券のワン株は手数料が低いといっても、だした利益によっては「手数料負け」する可能性があります。

取引できる時間帯も他の証券会社にくらべて少ないので、即日注文を反映したい場合は午前中に注文を入れる必要があります。

上記のように注意するべきポイントがいくつかあるので、しっかり抑えてワン株投資で失敗しないように注意しましょう。

手数料負けに注意しよう

手数料負けはワン株だけでなく、他の単元未満株サービスの問題にもなっています。

利益額より手数料が高くなると、手数料負けが発生して結果的に資金を失ってしまうので注意しましょう

手薄料負けしない為には、売買する利益幅の調整をする必要があります。

どのくらいの利益幅で売却注文するのか事前に決めて運用しましょう。

取引時間を事前把握して投資しよう

ワン株の注文受け付け時間は11時30分までとなっています。

11時30分以降は注文できても翌日に反映されるので、当日の市場に参加できません。

注文方法も成行注文と限定されているので、直近の動きに左右されるデイトレスタイルはおすすめできません。

マネックス証券「ワン株」は少額投資できるから初心者におすすめ

マネックス証券のワン株は少額投資可能で、シンプルに資産運用を進められるので初心者におすすめです。

買い足しで株を貯蓄して、株主優待を最終的に狙う方法も可能なので、色々なやり方でワン株を攻略してみましょう。