LINE証券

【LINE証券IPO情報まとめ】LINE証券のIPO申し込み方法や抽選方式、必要資金を徹底解説

LINE証券 IPO

「IPO投資したいけど、どの証券会社がいいのかな」と悩まれている方は多いのではないでしょうか。

IPOは証券会社によって抽選方法や取り扱っている銘柄数が異なるため、証券会社選びが肝心です。そこで今回は、LINE証券のIPO情報について詳しく解説していきます。

ちなみにLINE証券の口コミ・評判、メリット・デメリットを知りたい人は、こちらの記事も参考にしてみてください。

https://mane-toku.com/kabu/linesyoken-hyoban/

そもそも「IPO」とは?投資するために必要な基礎知識

LINE証券のIPO情報をお伝えするまえに、そもそもIPOとはどのようなものかご存じでしょうか。

IPO投資するために必要な基礎知識を解説していきます。

IPOとは?企業が新たに売り出す株のこと

IPOとは、上記でも簡単にご説明したように、企業が資金を集めるために、上場することで自社の株を一般の個人投資家に買ってもらうことを言います。

つまり、企業がIPOを行う最も大きな理由は「資金を集めること」なので、株が売れ残らないよう最初に設定する株の価格は安く設定されています。

ちなみに、この最初に設定する株の価格のことを「公募価格」と言います。

公募価格…資金を集めたい企業が、証券会社と協議して決める上場前の一時的な株価

このIPOの公募価格が安いことは、投資家にとって非常に有利なことなのです。

詳しく説明していきます。

SBI証券IPO投資の最大の魅力は「利益が簡単に出ること」

では、IPOは投資家にとってどんな利益があるのでしょうか。

IPOとは、資金を集めたい企業が上場することだとお伝えしました。

そのため、上場する企業は資金を得るのが目的ですから、株が売れ残ったら資金が調達できず困るのです。そのため、株が売れ残らないように公募価格を安く設定します。

IPO投資は、この公募価格が安いことを利用して「利益を簡単に出す」ことができます

通常、よっぽどのことがない限りIPOで売り出された株は、上場後値上がりします。

そのため、IPO投資では上場前の株を公募価格で手に入れて、市場に売り出された日に初値で売ることで利益を出すのです。

ちなみに「初値」とは何かご存知ですか?

初値…上場初日の最初につく株価のこと

初値が公募価格を下回ることはよっぽどのことがない限りありえないので、銘柄や売買のタイミングで悩む必要なく利益を出すことができるのです。

つまり、IPOは「簡単に利益が得られる方法」なのです!

SBI証券でIPOを手に入れる方法は「抽選」

IPOは投資家にとってとても魅力的だとお分かりいただけたのではないでしょうか。

では、そんな魅力的なIPOはどうしたら手に入れることができるのでしょうか。

答えは「抽選で当選すること」です。

IPO株はご説明してきた通り、簡単に稼げるとても魅力的な投資方法なので、投資家に大人気です。

そのため、手に入れるには証券会社の抽選で当選しなければならないのです。

「え、そんなの絶対あたらないでしょ」と思われた方、残念ながらその通り、なかなか当たりません。

しかし、そんなIPO株の当選確率を上げる方法は存在しますので、後程詳しくご説明していきます!

LINE証券のIPO情報まとめ

I基礎知識についてお伝えしたので、LINE証券のIPO情報について解説していきます。

LINE証券は大手コミュニケーションアプリ「LINE」が2018年に設立した証券会社です。

2018年に設立したためネット証券の中では圧倒的に歴史が浅いですが、すでに多くの投資家から人気を集めています。

手数料
取扱商品
サポート
情報量
スマホ対応
注文方法
人気

IPOは取り扱っていない

LINE証券では、IPOを取り扱っていません。(2020年7月)

設立して間もないためIPOの取り扱いがないということが考えられるため、数年後にはIPOが取り扱われるようになっている可能性は高いです。

LINE証券が人気になればなるほど、IPOを取り扱う可能性は高まるでしょう。

LINE証券の取扱商品

IPOを取り扱っていないLINE証券が取り扱っている金融商品は何があるのでしょうか。

LINE証券が取り扱っている商品は下記の通りです。

  • 現物取引
  • 信用取引
  • REIT(リート)
  • 国内ETF,ETN
  • 単元未満株

LINE証券は海外株式も取り扱っていないため、さまざまな金融商品に投資したい方には向いていない証券会社です。

ただし、LINE証券は1株数百円から投資することができて、投資できる現物取引銘柄は「300種類」と絞られているため、知識がなくても大きく損をする可能性は低くなっています。

そのため、株式投資初心者にはおすすめです。

IPOを取り扱っているおすすめ証券会社

LINE証券ではIPOを取り扱っていないため、IPOを取り扱っている証券会社をいくつかご紹介します。

「IPOに投資したい」と考えている方は参考にしてみてください。

SMBC日興証券

SMBC日興証券は国内トップクラスの知名度と実績があるネット証券です。

SMBC日興証券から発信される投資情報は質が高く、dポイントを株式投資に利用できることなどから人気を集めています。

そんなSMCB日興証券はIPOに強い証券会社になっています。

2019年は国内のIPO銘柄の70%以上を取り扱っていて、主幹事としての実績もあります。
※主幹事とは割当比率が最も高い証券会社ということです。

さらに主幹事ということは、単純に取り扱っているIPO株の数も多いため、必然的に当選する可能性を上げることができます。

SMBC日興証券はIPOに強いとされています。

SBI証券

SBI証券は国内ネット証券No,1といっても過言ではないほどの知名度と実績を誇っています。

手数料も業界最安値水準に設定されていて、Tポイントもためることができます。

そんなSBI証券はIPOの取扱銘柄数が業界最多です。

上記でもお伝えしましたが、取扱銘柄数が多ければ多いほど当選率は高まります。

さらにSBI証券では、IPOの抽選に参加するために資金が必要ありません。

基本的に抽選に参加するためには資金が必要になるため、別の金融商品の取引を続けながら抽選に参加することが難しいです。

しかしSBI証券では資金を準備する必要がないため、「株式投資にあまりお金をかけられない」という方にはおすすめです。

https://mane-toku.com/kabu/sbisyoken-ipo/

マネックス証券

マネックス証券は「SMBC日興証券」や「SBI証券」と比べると、知名度や実績は劣ってしまいますが、米国株の取扱数が豊富なことから人気を集めているネット証券です。

そんなマネックス証券は「完全抽選方式」でIPOの抽選を行います。

完全抽選方式とは、申込数や過去の取引実績、預かり資産状況に関係なく、申し込みをしたすべての方に平等に抽選を行う方法です。

そのため、一度もマネックス証券で株式の売買をしていなくても当選する可能性があります。株式投資初心者の場合は「マネックス証券」がおすすめです。

https://mane-toku.com/kabu/monexsyoken-ipo/

IPO株に投資したい方はLINE証券以外のネット証券で始めよう

この記事ではLINE証券のIPO情報についてお伝えしてきましたが、LINE証券ではIPOの取り扱いがありません。

2020年7月現在は取り扱っていませんが、今後規模が大きくなるにつれて取り扱いに期待できるでしょう。

LINE証券の手数料は業界最安値水準に設定されていて、LINEアプリから株式投資を始めることができるため、今のうちに口座開設しておくことをおすすめします。

IPOを手にしたい方は上記でお伝えしたネット証券で口座開設して申し込みましょう。

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力