LINE証券

LINE証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較してメリット・デメリットを徹底解説

LINE証券 評判

大手コミュニケーションアプリ「LINE」が2018年に証券サービスを開始しました。

ネット証券の中では歴史の浅い証券会社になるのですが、スマホから取引できることや手数料が安いことから多くの人気を集めています。

この記事ではLINE証券の口コミやメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

LINE証券のひと目でわかるみんなの評価

手数料
取扱商品
サポート
情報量
スマホ対応
注文方法
人気

LINE証券の口コミ・評判

LINE証券の口コミをいくつかご紹介します。

スマホで簡単に株式投資ができる

LINEが証券サービスを開始すると耳にして、申し込んでみることにしました。
なんといってもメリットはスマホで簡単に投資できるというそのお手軽さ。
投資と言えばなんとなく、初期費用が数百万するようなイメージですが、1株単位で買う事が出来るのでとても安い。さらに、私はLINE Payサービスも普段から使っており、そこから直接買う事ができました。電車の中でなんとなくスマホを見ながら取引できるというのは、本当に気軽にできます。スマートフォンアプリのビッグネームですし、十分に信頼できます。

お得なキャンペーン満載

他の証券会社と比べて圧倒的に分かりやすいし、シンプルで使いやすいです。
サクサク簡単に手軽に売買できるので、かなり重宝しています。
3株もらえるキャンペーンやタイムセールなど超お得なキャンペーンもめじろ押しなので、そのために開設しておくのもアリだと思います。1株から買えるので投資初心者に良さそうなのと、使い勝手が本当に良いからわりと自分みたいな中級者にとっても便利な気がします。

シンプルで使いやすい初心者向けのネット証券

30歳を迎えて何か投資をはじめたいと思い、LINE証券をはじめました。
口座開設でいくらかキャッシュバックがあるので、その資金を使って気軽に投資ができます。
有名な株も、キャッチコピーの通り1株数百円から購入できるので、1株とはいえ株主になったと思うと嬉しいです。そしてちゃんと配当の書類が届いた時は感動でした。
他の証券会社もいくつか作ってみましたが、口座開設の簡単さと購入の簡単さには驚きました。毎日ポートフォリオでどのくらい増えたのか見るのが今では楽しみです。

LINE証券のメリット

LINE証券にはさまざまなメリットがあるのですが、中でも魅力的なメリットをいくつかご紹介します。

下記のメリットが魅力的に感じられた方は口座開設することをおすすめします。

LINE Pay・LINEポイントに対応

LINE証券は「LINE Pay」や「LINEポイント」で株式取引を行うことができます

そのため普段からLINEのサービスを利用されている方の場合は銀行入金する必要がありません。

若い世代の方でも気軽に始められる素晴らしいサービスです…!

さらにたまったLINEポイントは「1ポイント=1円」として利用することができるため、現金を使わずに株式投資を始めることができます。

取引手数料が業界際最安値水準

LINE証券では、現物取引の買付手数料はいつでも「0円」無料に設定されていて、売るときの手数料も業界最安値水準に設定されています。

現物取引の手数料は下記の通りです。

5万円まで 99円
10万円まで 176円
20万円まで 198円
50万円まで 484円
100万円まで 869円

他社の手数料と比較すると少し高くなるのですが、買付時の手数料が無料ということを考えると他社よりも安くなります。また、信用取引の手数料はいつでも「0円」無料です。

現物取引でも信用取引でもLINE証券で取引することによって手数料をお得できます。

LINE証券の手数料についてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事もぜひ参考にしてください。

https://mane-toku.com/kabu/linesyoken-tesuryo/

LINEアプリから取引が行える

株式取引を始めるために、特別なアプリなどをダウンロードする必要はありません

LINEアプリの「ウォレット」を選択すると「証券」という項目があるため、アクセスすれば取引を開始できます。

普段からLINEアプリを利用されている場合は慣れていると思うので、証券サービスを初めて利用される方でも簡単に取引を開始できるでしょう。

LINE証券のデメリット

LINE証券のメリットをお伝えしましたが、もちろんデメリットもあります。

口座開設しようか悩まれている方は比較して判断しましょう。

NISA口座に対応していない

LINE証券は「NISA」に対応していません

通常、株式や投資信託などの金融商品に投資することによって得た利益や受け取った配当の「20%」税金がかかるのですが、NISA口座を利用することで利益が非課税になります。

簡単にお伝えすると、税金を支払う必要がなくなる制度です。

LINE証券は、NISA口座に対応していません。

他社の証券会社では対応していることが多いため、NISA口座が対応していないことはLINE証券のデメリットになるでしょう。

IPO株を取り扱っていない

株式投資で利益を出す方法の1つとして「IPO株」が人気を集めているのですが、LINE証券では「 IPO株」を取り扱っていません

IPOとは、「新規公開株」や「新規上場株式」といわれる株式で、企業が上場し市場に株式を公開することを指します。非公開だった株式を投資家が購入できるようになるということです。

買って売るだけで利益が簡単に出るため、多くの投資家から非常に人気が高い株式となっています。

そんな「IPO株」を取り扱っていないことはデメリットになるでしょう。

https://mane-toku.com/kabu/linesyoken-ipo/

LINE証券はどんな人におすすめ?

LINE証券のメリット・デメリットをお伝えしてきましたが、どんな人におすすめの証券会社なのでしょうか?

LINE証券を利用するべき人の特徴をいくつかご紹介します。

普段からLINEアプリを利用されている人

LINE証券の特徴は「LINEアプリ」から取引ができることです。

そのため普段からLINEアプリを利用されていない人ですとあまり魅力的な証券会社になりません。

株式取引を行うため、わざわざLINEをダウンロードをして登録する手間を考えると、他社の証券会社の方が手軽に始めることができます。

普段からLINEアプリを利用されている方にはおすすめです。

初めて株式取引を行う人

LINE証券は初めて株式取引を行う人におすすめの証券会社です。

上記でもお伝えしましたが、LINEアプリから株式取引を行うことができるため、手軽に始められます。

さらにLINEポイントで株式を購入することもできるため、現金を利用せずに株式取引を行えます。

1株数百円から有名企業に投資することができて、投資できる銘柄は「300種類」と絞られているため、知識がなくても大丈夫です。

手数料を押さえて取引したい人

上記でもお伝えしましたが、LINE証券の手数料は業界最安値水準に設定されています。

そのため、他社の証券会社で取引をするよりお得に取引することが可能です。

ただし、他社の証券会社では「IPO株」も取り扱っていますし「NISA口座」にも対応しているため、手数料を最も重視される方にはLINE証券がおすすめです。

LINE証券の会社情報

会社名 LINE証券株式会社
事業所在地 東京都品川区西品川一丁目1番1号
登録番号 関東財務局長(金商)第3144号
設立 2018年6月1日
資本金 200億円

LINEサービスを利用されている人にはおすすめの証券会社

この記事ではLINE証券についてお伝えしてきましたが、LINE PayやLINEポイントをためている方にはおすすめの証券会社です。

スマホから株式取引を行えて、手数料も業界最安値水準になっています。

ただし、普段「LINEアプリ」を利用されていない方には、あまりおすすめできません。他社のネット証券で口座開設した方が、早く株式投資を始められます。

LINE証券は設立して間もないネット証券ですが、多くの人気を集めているためLINEアプリを利用されている方はぜひ口座開設してみてください。

LINE証券の口座開設方法はこちら!

https://mane-toku.com/kabu/linesyoken-kozakaisetsu/

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力