ネット証券

ネット証券会社の口座開設での審査基準とは?審査落ちの原因と対処法を解説

ネット証券会社の審査基準

ネット証券ではFXや株式といった取引をおこなうことができます。

投資をはじめるにあたって証券口座は必須となりますが、口座開設には審査があります。

今回はネット証券の口座開設での審査基準について詳しく解説します。

投資をはじめる人にとって口座開設の審査は不安要素の1つになっている人が多い傾向にあります。

「口座開設を考えているけど審査が不安」、「借金があるから審査に通るか不安」という人
は参考にしてください。

全ネット証券会社に共通する口座開設の審査基準

各ネット証券会社によって口座開設の審査基準は異なりますが、共通している部分もあります。

全ネット証券会社に共通している口座開設の審査基準をクリアしていない場合は、証券口座を開設することは不可能です。

ネット証券会社に共通する口座開設の審査基準

  • 反社会勢力でないこと
  • 金融業界の役員ではないこと
  • 余剰資金・収入がある

証券口座で投資をはじめる人の多くは、上記の基準を満たしているので問題ないでしょう。

各基準について詳しく説明します。

反社会勢力でないこと

暴力団に所属している人や国際テロリストに所属している人は、証券の口座開設をすることはできません。

詐欺やマネーロンダリングに悪用される可能性が高いことが理由で、銀行口座でも同じような基準を挙げています。

実際に反社会勢力の人たちが、自身の身分を公表して口座開設することはないのでバレずに口座開設している人もいます。

しかし証券会社側が、反社会勢力であると判明すれば即凍結となります。

金融業界の役員ではないこと

金融商品を取り扱っている仕事をしている人は、証券会社の口座を開設することができません。

金融商品取引法では、明確に禁止とされていませんが一般人と比べて有益な情報を得やすい立場にあるので証券会社が禁止しています

有益な利益が得られやすい状況は、インサイダー取引の可能性もでてきます。

日本証券業協会も、機証券会社の従業員や銀行の従業員が取引することを禁止していたので、金融業界で仕事をしている人は口座開設の申し込みをしても落ちる可能性が高いです。

余剰資金や収入があるか

余剰資金の金額や収入の金額に明確な基準はありませんが、全てのネット証券会社は余剰資金や収入面を見ています

投資は利益を得ることもありますが、損失することもあります。

損失によって生活できなくなる環境になってしまう人は口座開設することができません。

余剰資金や収入の基準は各ネット証券によって異なりますが、どの証券会社も余剰資金と収入面はみていることを把握しておきましょう。

各ネット証券会社の信用取引口座の審査基準

各ネット証券会社の信用取引口座の審査基準を紹介します。

ネット証券会社は上記で挙げている共通基準とは別に、独自の審査基準があります。

投資経験のない初心者だと口座開設の審査に落ちてしまう証券会社もあるので、口座開設するまえに確認しておきましょう。

SBI証券

SBI証券の口座開設の流れ
SBI証券の信用取引口座開設の審査基準は以下の通りです。

SBI証券の信用取引口座開設の審査基準

  • 年齢75 歳未満の成人であること(未成年は開設不可)
  • 当社より常時連絡がとれること
  • 信用取引のルール、「信用取引口座設定約諾書」、「信用取引に関する覚書」、および「信用取引の契約締結前交付書面」を十分に理解されていること
  • 十分な金融資産や証券知識があること
  • 株式の投資経験があること
  • 当社に既に口座開設されていること
  • 登録金融機関業務に従事されていないこと
  • 金融商品仲介業を営んでいないこと
  • 金融商品仲介業務に従事されていない
  • 証券担保ローン(コムストックローン・SBI証券またはSBISL証券担保ローン)をご契約されていないこと
  • FX株券担保サービスをお申し込みされていないこと

SBI証券の信用取引口座では、投資経験が必要となります。

投資経験が無い人や未成年は口座開設の審査に落ちてしまうので注意してください。

信用取引は現物取引よりリスクのある取引になります。

SBI証券では損失リスクに対応できる人のみ口座開設できる仕様となっています。

楽天証券

楽天証券

楽天証券の信用取引口座の審査基準は以下の通りです。

楽天証券の信用取引口座の審査基準

  • 総合取引口座または法人口座を開設している
  • インターネットをご利用になれる環境にある (仲介業者経由のお客様を除く)
  • ご自身のメールアドレスをもっている
  • 登録の電話番号に間違いがなく、常時連絡をとることができる
  • 他社を含め、信用取引あるいは一定の現物株式取引の投資経験がある
  • 金融資産が100万円以上ある
  • 年齢が80歳未満であること

楽天証券は金融資産が100万円以上である必要があります。

ネット環境を利用できる場所も確保する必要があるので注意しましょう。

信用取引口座は、投資経験が必要なので、投資初心者は信用取引口座ではなく現物取引ができる口座開設をまず開設しましょう。

マネックス証券

マネックス証券

マネックス証券の信用取引口座の審査基準は以下の通りです。

マネックス証券の信用取引口座の審査基準

  • マネックス証券に証券総合取引口座をお持ちであること。
    未成年でないこと。
  • マネックス証券の定める「最低保証金」についてご理解いただいていること。
  • 信用取引の経験、又は現物株式の投資経験があり当社が別に定める基準を満たしていること。
  • 取引規定や約諾書などの必要書類を読み、各種ルールをご理解いただいていること。
  • お客様ご自身がインターネットをご利用できる環境にあること。
  • 常に、電話および電子メールにより連絡が取れる状況であること。
  • 氏名、住所、電話番号、生年月日、職業(勤務先を含む)、電子メールアドレス等が正しく登録されていること。

マネックス証券では特に金融資産に関する規定を明記していません

投資経験がある人でネット環境が整っていれば利用することができます。

ネット証券の口座開設の審査に落ちてしまう原因

ネット証券の総合口座の口座開設審査に落ちてしまう原因は以下の通りです。

ネット証券の総合口座の口座開設審査に落ちてしまう原因

  • 投資経験が必要
  • 余剰資金がない

基本的に信用取引口座では、投資経験の必要がありますが総合口座では投資経験の有無は規定にありません。

しかし証券会社によっては、現物取引においても投資経験のある人でなければ取り扱い不可能のところがあるので注意してください

投資経験が浅い

基本的に証券会社にある信用取引口座は投資経験が必要になります。

現物取引と違ってレバレッジをかけることができるので、損失リスクが高くなります

投資初心者が信用取引口座を開設すると、審査落ちしてしまう可能性が高いので、現物取引からはじめることをおすすめします。

資金不足

証券会社の総合口座でも資金面は審査基準にはいっています。

証券会社では口座開設の審査落ちした場合、内容を明確に開示してくれません。

しかし多くの審査落ちの原因は資金不足となっています。

余剰資金の確保や収入が不安定な人は、総合口座の審査にも落ちる可能性があります。

ネット証券の口座開設の審査に落ちない為の対策

ネット証券の口座開設の審査に落ちない為には、口座開設に申し込む前に事前確認する必要があります。

投資資金を保有しているか、収入面は安定しているか確認しておきましょう。

資金不足が不安な人は、一度資金をある程度貯めて口座開設するか、1株サービスをおこなっている証券会社で口座開設してみましょう。

正しい情報を記入する

当たり前のことですが、申込み内容に正しい情報を記入していないと審査に落ちます。

自分の名義で口座開設していない人は100%落ちてしまうので、正しい情報と自分名義で口座開設しましょう。

年齢を詐称しても本人確認書類の提出でばれてしまいます。

基本情報の記入ミスで審査落ちになることはありませんが、口座開設までに時間がかかってしまうので注意しましょう。

余剰資金や収入面を安定させる

資金面に不安をもっている人は、余剰資金を貯めてから口座開設をしましょう。

口座開設を申し込む際に余剰資金について回答する項目があります。

嘘の情報を記入して口座開設することもありますが、足りない資金で大損してしまった時に失敗してしまいます。

投資する資金は失っても生活できる資金ではじめるのが前提なので、ある程度資金を貯めてから口座開設することをおすすめします。

口座開設の審査に落ちても他のネット証券で口座開設できる

万が一証券の口座開設の審査に落ちた場合でも、他のネット証券で口座開設することができます

同じ証券会社で再び申し込んでも審査におちてしまう可能性が高いので、他の証券会社で口座開設しましょう。

ネット証券の口座開設の審査に落ちない為にも余剰資金は大切

ネット証券会社の口座開設の審査基準は、各ネット証券によって内容が異なります。

共通して見ている部分は余剰資金の有無なので、余剰資金をある程度保持した状態で口座開設しましょう。

また信用取引といった現物取引よりリスクの高い取引は、口座開設条件として投資経験が必要となっています

初心者がいきなり信用取引口座を開設するのは難しいので、最初は現物取引で利益を増やしていきましょう。

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力