株式投資

株式投資初心者が知っておくべき基礎知識!利益を出す仕組み・株の購入方法や口座開設の流れを解説

株式投資 初心者

株式投資という言葉を聞くと「お金持ちが難しい取引をする」イメージを持っている人が多いです。

しかし近年、株式投資は様々な新サービスの登場によってとても身近な投資方法になりました。

現在は1万円~5万円程度の資産で株式投資を始める人も多く、学生や主婦なども気軽に始めています。

今回は株式投資初心者に、株式投資の基礎知識や株の購入方法を詳しく解説します。

株式投資初心者でも分かりやすく説明しているので株に興味がある人は必見です。

株の購入方法や投資を成功させるコツなども紹介するので、参考にしてください。

株初心者で小遣い稼ぎしたい人向けの少額投資手法3選!1万円から稼ぐコツや注意点も徹底解説

株式投資の基礎知識

株式投資を始める際に最低限知っておくべき基礎知識を紹介します。

手軽に始められるようになった株式投資ですが、基礎知識を身につけていない状態で始めると失敗してしまいます。

初っ端から資産を損失しない為にも、基礎知識を把握しておきましょう。

株とは?

では、そもそも株とはどのようなものなのでしょうか?

株は正式には株式と言います。

株式…株式会社が投資家から資金を集めたときに、資金と引き換えに発行する証 書

では、なぜ株式が発行されるようになったのでしょうか?

会社が何か事業を起こそうとすると大きな資金が必要になりますよね。

しかし、当然何十億という大きな資金を会社が独自で用意することはできません。

そこで、その資金を投資家から集めるかわりに、お金を出してくれた人々に証明書として株を発行するようになったのです。

「じゃあ投資家はお金だけ出してメリットないじゃん」と思いますよね。

投資家は、資金を出すことで会社が上げた利益の一部を還元してもらうことができるのです。

会社が発行する株を購入した投資家を「株主」と言います。

株主…会社の株を保有している投資家。会社のオーナー

株式投資で利益が出る仕組み

株式投資には利益を出す方法が大きく分けて3つあります。

  1. 値上がり益
  2. 配当金
  3. 株主優待

投資家は上記3通りの方法を活用して利益を出す戦略を立てます。

これから利益を出す方法3つを詳しく解説していきます。

それぞれメリット・デメリットが存在するので、ご自身の投資プランと相性が良いか確認しましょう。

値上がり益

値上がり益とは

値上がり益は通称「キャピタルゲイン」と呼ばれており、購入した株の価値が上昇することによって生まれる利益です。

買った時より株の価格が高くなり、売却すれば値上がりした分が利益になります。

例えば投資家Aさんが1口1,000円のB株を1,000口購入したとします。

後にB株が上昇し1口2,000円になったとします。

当初Aさんは100万円の資金で株を購入していましたが、株価が1,000円上昇したことによって200万円の株を保有したことになります。

株価が1,000円上昇した時点でAさんがB株を売却すれば100万円の資金が200万円になって返ってくるので100万円の儲けになります。

今回紹介した例の様に、株式投資は株の値上がりによる利益をメインにして投資します。

配当金

配当金

株式投資で稼げる方法2つ目は、業績に応じた利益で稼ぐ方法です。

株主には、会社が得た利益の1部が還元されます。

これを「配当」と言います。

配当…株主に対し、会社の利益の一部を還元すること

先程ご紹介した値上がり益が、保有している株の10%や50%と大きな利益を狙えるのに対し、配当は2,3%程度です。

少ないと思われるかもしれませんが、値上がり益は値下がりしてしまえば利益どころか損失につながってしまいます。

一方で配当は、会社の利益が大きく膨らめば増え、業績が悪くなれば減りはしますが、損失にはなりません。

つまり、配当は着実に利益を得られる方法と言えるのです。

ただ、1点注意していただきたいことがあります。

すべての銘柄で配当があるとは限りません。

会社の業績が悪くなりすぎると、配当がなくなってしまうケースもあるため注意が必要です。

株主優待

株式投資で稼げる方法3つ目は、「株主優待」で稼ぐ方法です。

株主優待とは具体的にどのようなものか皆さんご存知ですか?

株主優待…株主に対し、会社の利益を還元する制度。食事券や映画の鑑賞券、割引券や自社の製品など、企業によって種類は様々

先程配当は保有している株の2.3%程度の利益だとお伝えしましたが、配当に株主優待を加えた実質配当利回りが5%を超える銘柄も珍しくありません。

とてもお得ですよね。

株価の変動要因は?

株価が変動する仕組みは、モノの値段が決まるプロセスと同じです。

買いたい人と売りたい人の需要と供給のバランスで決まります。

つまり業績の良い企業で多くの人が買いたいと思っている株は価格が上昇し、業績不振や不祥事など

 

株の購入方法

株式投資は株を購入して保有する事によって利益を得ます。

つまり株式投資は株を買う必要があります。

株の購入は、証券会社の証券口座が必須で証券会社を通して株を売買します。

株式投資が可能な証券口座の種類は大きく分けて2つあります。

  • 総合口座(現物取引)
  • 信用取引口座

総合口座は株の現物取引が可能で、一般的な株式投資に利用する口座です。

一方で信用取引口座はレバレッジが可能な口座で、持っている資金以上の資金を利用して投資することができます。

更に信用取引口座では株式投資を売る事によって株価が下落したタイミングで利益を得ることも可能です。

一見システムを見ると信用取引口座の方が利益を得られる用に見えますが、レバレッジはリスクが高くなる上に、株価の下落タイミングで利益を得る手法はスキルが必要なので初心者向きではありません。

信用取引はやめとけと言われている理由は?株式初心者が知っておくべきデメリット7選

【株式投資初心者必見】株式投資を始める流れ

株式投資をまだ始めたことの無い初心者に、株式投資を始める流れを紹介します。

「株式投資はなにが必要なの?」「証券の口座開設方法は?」と疑問に思っている人は必見です。

株式投資を始める際に重要な証券会社を選ぶポイントも紹介しているので、参考にしてください。

STEP1.口座開設する証券会社を選ぶ

まず、株式投資を始めるには証券会社の口座が必要になります。

証券会社の口座開設は、口座開設フォームで申込み本人確認書類を提出して審査通過すると完了します。

証券口座は複数持つことも可能で、ご自身の投資目的に合わせて様々な証券口座を組み合わせると投資効率があがるのでおすすめです。

証券口座は複数持つと便利!おすすめの使い分け方法やメリット・デメリットを解説

ネット証券での口座開設がおすすめ

株式投資には、対面取引とネット取引の2つの方法があります。

以下2つの違いを徹底比較します。

対面取引 ネット取引
取引方法 電話で証券会社の担当者に注文する WEB上の取引画面から注文する
メリット 担当者からアドバイスがもらえる 売買にかかる手数料が安い
デメリット 手数料が高い アドバイスはもらえない

ネット取引のほうが気軽に安く始められるため、ネット取引が一般的となっています。

証券会社の各種サービスを比較するポイント

証券会社には、それぞれ様々な特色があります。

手数料や情報提供サービス、取り扱う金融商品も証券会社によって全く異なります。

自分の投資スタイルと掛け合わせ、どのようなサービスを受けたいのか、株以外の金融商品で買いたいものは何か、を整理し最適な証券会社を選びましょう。

証券会社を選ぶ際のポイントは以下の4つです!

  1. 手数料
  2. 情報の充実度
  3. 取り扱い商品
  4. 経営の安全性

特に証券会社によって差がでるのは「手数料」です。

初心者の方は「20万~50万の株を1回買ったときに、いくらかかるのか」を基準に考えるとよいですよ。

STEP2.証券会社に口座開設を申し込む

自分に合っている証券会社を選べたら、2段階目です!

いよいよ口座を開設してみましょう。

口座の開設には、電話での申し込みとサイトでの申し込みの2つの方法があります。

どちらも説明に沿って手続きをすれば、2週間で確実に申し込みを完了できます。

審査もなくとても簡単です!

ここで、税金の手続きの際に大変重要となる口座の種類についてご紹介します。

株式投資で年間20万円以上の利益を上げると、税金がかかり確定申告が必要となります。

しかし、口座を開設する際に特定口座(源泉徴収あり)を選べば、確定申告が不要となるのです!

株式投資に利用できる口座は主に以下の3種類あります。

特定口座(源泉徴収あり)…証券会社が1年分の株取引をまとめた書類(年間取引報告書)を作成してくれる。確定申告不要

特定口座(源泉徴収なし)…証券会社が1年分の株取引をまとめた書類(年間取引報告書)を作成してくれる。確定申告は必要

一般口座…年間取引報告書を自分で作成し、確定申告もしなければならない

このように見ると、特定口座(源泉徴収あり)が一番楽だとわかりますね。

しかし、1点注意していただきたいことがあります。

株式投資での利益が年間20万円以下の場合です。

年間の利益が20万円以下の場合税金が免除されるため、源泉徴収ありの口座を選ぶと税金が自動的に引かれてしまい損をする場合があるのです。

確定申告は年末締めで行われるため、株式投資を特定口座で始めたいなら、年始に始め、確実に20万円以上の利益が出せるようにすることをおすすめします。

STEP3.投資先を決めて株を買う

口座を開設できたら株を買ってみましょう。

買い注文には「指値注文」と「成行注文」の2通りあります。

  • 指値注文…「株価がいくらになったら買う」と指定して注文する
  • 成行注文…「いくらでもいいから買いたい」と注文する。かなり高い確率で買える反面、思わぬ高値で取引が成立してしまう場合もあるため注意が必要

株は「安く買って高く売る」ことが何よりも大切です。

そのため、確実に自分が指定した値段で買える指値注文が一般的ですし、初心者の方におすすめです。

しかし、指値注文の場合、売り注文に対し買い注文が多い場合は、取引が成立しないことがあるため注意してください。

STEP4.売却注文で取引を完了させる

今度は、株を売ってみましょう。売り注文も買い注文と基本的には同じです。

ネット取引なら取引画面で「売りたい銘柄」「株数」を指定します。

株式投資では証券会社に手数料を支払わなければなりません。利益確定の際は手数料も計算に入れておきましょう。

また、売るときに大切なのが、「損切」をすることです。

損切…損が出ている株に見切りをつけて売ること

損切は、自ら損失を確定させるわけですから、慣れないうちは難しいです。

しかし、相場の読みが外れたときは損切をしないと損失がどんどん拡大してしまいます。

株式投資は取引時間に注意

株式投資は取引を行う時間が決められています。

国内の株を取引する場合、日本時間9時に取引が開始し、11時30分~12時30分まで休憩があります。

休憩後は15時まで取引可能となっており、15時になると取引所がクローズします。

FXの様に平日24時間取引可能の投資方法ではないので、取引時間は常にチェックしておきましょう。

またネット証券によっては24時間注文を受け付けている証券会社もあります。

日中にリアルタイムで取引が難しいという人は、夜間でも注文を受け付けているサービスを活用してみましょう。

株式投資初心者が投資を成功させるコツ

株式投資初心者が投資を成功させるコツを紹介します。

株式投資で成功させるには、株の価値が上昇する企業を先読みして投資する必要があります。

投資先は数千以上ある為「どの株を購入したら勝てるのかわからない」と困惑してしまう人も居ます。

これから紹介するコツは、上記の疑問も解消してくれるので必見です。

株式投資にセンスは必要?株で成功する人、しない人

身近な会社に投資してみる

まずは、身近な会社に目を向けてみましょう。

初心者の方は身近な会社の株を買うのが無難です。

例えば、自分が愛用しているものを作っているところや自分が頻繁に利用しているサービスなどです。

「もっと穴場的な株を買わなくていいの?」と思ってしまうかもしれませんが、よく知っているところであればその会社の変化を敏感に読み取ることができますよね。

「そんなことで株価が予想できるの…?」と思っている方!あなどるなかれ!実は何気ない情報こそが、株価の動きを見事に予見するものですよ。

業績を確認して損失リスクを抑える

投資先の企業の業績を確認することは、資産損失を事前回避する為にも重要です。

企業の業績を見て、一時的に業績が悪くなっているだけなのか長年業績が悪い状態なのか把握しましょう。

稀に業績関係なく上昇する株価もありますが、基本的に業績は株価に影響します。

業績が芳しくない企業に投資していると、倒産のリスクなども発生するので注意が必要です。

「営業利益」と「業績予想」を意識して銘柄を選ぶ

決算短信の中で最も注目してほしいのが「営業利益」と「業績予想」です。

営業利益…本業の儲けを表す。この増減が株価に大きな影響を与える
業績予想…会社側が立てる今後の業績の予想。ここが情報修正や下方修正されると株価は敏感に反応する

この2つは特に株価に影響を与えます。

初心者の方は難しいと感じてしまうかもしれませんが、とりあえず「営業利益」と「業績予想」さえしっかりチェックしておけば大丈夫です!

相場は常に未来を見て動くため、見逃さないようにしましょう。

配当金・株主優待内容を意識する

「株価が上がりそうだ」と予測が立てられる会社を見つけたら、その会社の配当や株主優待はお得かをチェックしましょう。

先程お伝えしたように、株式投資では、値上がり益以外に配当と株主優待でも稼ぐことができます。

どうせお金を出すなら、少しでもお得な銘柄を選びたいですよね。

自分のライフスタイルに合っていて活用できる株主優待かをチェックしましょう。

また、株主優待を受けるには、条件があることをご存知ですか?

  • 企業の権利確定日の3営業日前までに株主である必要がある
  • 権利確定日…企業の決算日。月日は企業によって異なる

株主優待や配当を受け取りたかったら、権利確定日の3営業日前までには、確実に株主になっておくようにしましょう。

損失が怖い人は少額運用から始める

株式投資で億以上稼いでいる人も、始めは失敗を経験しています。

失敗することは仕方無いことですが、失敗で全財産を失い投資を続行出来ない状態になると意味がありません。

株式投資初心者が株を購入する時は、ある程度金額を抑えて投資することをおすすめします。

また過度に損失を怖がってしまう人も少額運用で損失になれることをおすすめします。

少額運用は損失リスクを抑えられますが、同時に利益率も下がってしまうので、しっかり稼ぐことは出来ません。

しかし初心者がやりがちなミスを少額に抑えて、次に繋げることができます。

株式投資初心者が損失リスクを抑える方法

株式投資初心者が失敗してしまう大きな原因は「損失リスクを考慮していない投資」を続けていることです。

投資は利益を増やすことが重要ですが、増やした利益を1回の取引で失ってしまうと意味がありません

損失リスクを抑えることも利益を増やすことと同じレベルで重要になります。

これから株式投資初心者が損失リスクを抑える方法を紹介するので、資産を失わないためにも把握しておきましょう。

非課税制度「NISA」を利用して利益率を上げる

先程、特別口座(源泉徴収あり)を選ぶと、税金の確定申告をしなくても良いとお伝えしました。

しかし、さらにお得な「NISA」という方法があることをご存知ですか?

NISA株式投資や投資信託の利益や配当金に一定の非課税を設定した制度

つまり、そもそもの株式投資にかかる税金を0円にできる超お得な制度です!

もしNISAを利用しなかった場合約20%の税金がかかってしまいますから、初心者の方は利用しない手はありません。

ちなみに、税金とNISAについての詳しい説明はこちらの記事にありますので、ぜひ参考にしてください。

投資予算を最初に決めておく

株式投資以外の投資にも共通していることですが投資予算を最初に決めておきましょう。

余剰資金が有り余っている人が投資する分には問題ありませんが、余剰資金に限度がある人は、損失によって私生活が圧迫されない程度に投資予算を設定しましょう。

また私生活に利用する「生活費」を資金に利用するのはNGです。

生活に関わるお金を資金に投入すると、取引場面で冷静な判断が付かず大損失を引き起こしてしまうケースがあります。

損切タイミングを厳格に決めておく

損切のポイントは絶対に遵守してください。

そもそも損切とは何か皆さんご存知ですか?

先程もご紹介しましたが、一応もう一度ご説明します!

損切…投資家が損失を抱えている状態で保有している株式等を売却して損失を確定させること

株価はいつも予測通りに動くとは限りません。

万が一保有している銘柄の株価が下がってしまった場合、損切は損失を最小限に抑える最も有効な方法です。

しかし、特に初心者の方は「もう少し様子を見れば上がるかも…」と期待してしまい、結果的にどんどん損失が大きくなってしまいがちです。

このような状況を避けるためにも、投資する前に「〇円以下になったら損切する」と決め、必ず守るようにしてください

分散投資でリスクヘッジする

銘柄を選ぶときは、いくつかの銘柄に分けて買うようにしましょう。

資産分散の重要性を表した言葉に「卵は一つのかごに盛るな」という言葉があります。

卵を一つのかごに盛った場合、転んでしまうと全部の卵が割れてしまうからです。

株式投資も同様です。

投資銘柄を複数持つことで、たとえ一つの銘柄が大暴落したとしても他の銘柄の利益でカバーできるのです。

例えば、100万円の資産を投資する場合、

  1. A銘柄:100万円
  2. A銘柄:40万円、B銘柄:30万円、C銘柄:30万円

では、②の方がリスクを抑えることができるのです。

恐れず始めよう!株式投資は意外と簡単でシンプル

いかがでしたか?

株式投資は一見とても難しく、一部のお金持ちにしかできないものなのではないかと思ってしまいがちですよね(笑)

しかし、実際かみ砕いていけば、意外とシンプルで簡単だと分かっていただけたのではないでしょうか?

今回の記事を参考にして、ぜひ株式投資を始めてみてください!

基礎知識を理解した今の皆さんなら、リスク管理さえ徹底すれば大損することはありません。

株式投資を始めて、初心者から成功者に成り上がりましょう!

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力