株式投資

長期投資におすすめの投資方法はどれ?おすすめの投資手法・金融商品や長期投資に最適の証券会社を解説

株式投資での長期保有関する情報を解説

投資には短期・中期・長期と手法が存在し、それぞれ取引する期間が異なります。

プロの投資家は「デイトレード」といった1日完結型の短期投資で利益を得ているケースが多く、中期・長期の投資は「長期的に運用するから利益にならないのでは?」と不安になる人も多いです。

今回は、長期投資を初心者にも分かりやすく紹介していきます。

長期投資は本業が忙しい人・主婦・学生でも稼ぐことができる、おすすめの投資方法です。

長期投資に必要な知識や、長期投資向けの証券会社を紹介するので必見です。

「長期投資ってなに?」「長期投資のやり方を知りたい」という人は参考にしてください。

初心者におすすめの資産運用とは?リスクを抑えて安全に利用できる資産運用方法を紹介

長期投資とは?

長期投資は、5年~30年と長期的に金融商品を保有して取引を完結する投資手法です。

短期投資の場合は、短期間で利益を見込める商品に投資して売買を繰り返しますが、長期投資は長期的に価値が上昇していくものを狙って利益を得ていきます。

長期的に保有する為、1回の取引で得るリターンは短期投資より大きくなります

ただし、リスクも比例して大きくなるので予想外に価値が下がってしまう場合は損切りする必要があります。

株式投資で勝つ確率を上げる方法はあるのか?考え方や勝率を上げる手法解説

5年~30年以上を目処に取引を完結する

長期投資は短期・中期より長期間投資する方法で、投資家によって取引を完結する期間は様々ですが、大体5~30年で1回の取引を完結します。

投資手法

  • 短期投資…数時間~1日で完結する取引手法
  • 中期投資…数日~数週間で完結する取引手法
  • 長期投資…数年~数十年で完結する取引手法

長期投資は長い期間金融商品を保有する為、FXや仮想通貨より株式投資や不動産投資の方が相性が良いです。

特に株式投資は少額からコツコツ運用できるので、投資初心者におすすめです。

1株から買える銘柄!1株1,000円以下で買えるおすすめ銘柄や購入時の注意点を解説

ファンダメンタル重視の分析が主流

長期投資はファンダメンタル分析をメインにして戦略を立てます。

直近の動きに沿った取引をしていく短期投資の場合、チャートの動きを読み取るテクニカル分析も混ぜて戦略を立てますが、長期投資は保有する期間が長いので経済状況の動きを見ることが重視されます。

長期投資できる商品

長期投資は様々な金融商品でおこなうことができます。

長期投におすすめの金融商品

  • 株式投資
  • 投資信託
  • ETF
  • ロボアドバイザー

これから長期投資可能な金融商品の紹介と、リスク・リターンについて詳しく説明します。

どのような商品があるのか、これから長期投資をする予定の人はしっかり把握しておきましょう。

【2021年最新】投資信託におすすめの証券会社・銘柄ランキング!選び方やメリットを初心者にも分かりやすく解説

株式投資

株式投資は企業が発行している株式を売買して利益を得る投資です。

株式の価値が将来的に上昇すると予想できる銘柄を長期投資することによって、大きなリターンを得る可能性があります。

株式投資は長期的に企業成長を分析して投資する長期投資もおすすめですが、1日の株価変動を分析して投資するデイトレードも可能です。

様々な投資手法で運用できるので、ご自身の投資プランに沿って柔軟に対応することができます。

長期投資をしながら短期投資にも手を付けたい人から、配当金等のインカムゲイン目的で長期投資したい人までおすすめできるので、これから長期投資を検討している人は利用してみてください。

株式投資初心者が知っておくべき基礎知識!利益を出す仕組み・株の購入方法や口座開設の流れを解説

投資信託

投資信託は、投資家自身が取引して利益を上げるのではなく、プロのファンドマネージャーに資金を委託して運用してもらいます。

投資信託が運用している金融商品は様々で、株価の指数連動を目指すものもや原油・小麦などの先物の指数連動を目指すものなどがあります。

株式投資で個別銘柄投資をしている人は、リスクヘッジで投資信託を運用している人が多く、種類豊富な銘柄を1セットで投資できるので初心者におすすめです。

また難しい投資スキルを取得しなくても運用できるので、初心者に優しい投資方法です。

【2021年最新】投資信託におすすめの証券会社・銘柄ランキング!選び方やメリットを初心者にも分かりやすく解説

ETF

ETFは投資信託とほぼ同じ商品で、違いは上場しているかしていないかの差です。

ETFは投資信託と違い、証券所に上場しているのでリアルタイム取引を行うことができます。

ETFは個別銘柄と同じで、取引所がオープンしている間はリアルタイムで変動している価格をみて取引戦略を立てられます。

また米国ETFなどは運用コストも安く、投資信託より運用コストをおさえて運用できるので少額投資したい人にも向いています。

米国ETFのVOO・VTIはどちらが買い?構成銘柄やパフォーマンスを徹底比較

ロボアドバイザー

ロボアドバイザーは、資産運用アドバイスや実際の運用をAIに任せるサービスです。

ロボアドバイザーの種類は2種類あります。

  • アドバイス型
  • 投資一任型

アドバイス型は、資産運用のアドバイスをAIがしてくれるサービスで、資産運用を充実したサポートで支えてくれます。

投資一任型は名前の通り、AIが代行で運用を行ってくれるサービスで、初期設定でご自身の投資目標などを設定しておけば後はロボアドバイザーが自動的に運用してくれます。

個人で運用するより取引コストがかかってしまいますが、長期的に投資することによってプラスになる可能性が高く、高い技術を取得してなくても高い利益を見込めます。

おすすめのロボアドバイザーを徹底比較!選び方・始め方やメリット・デメリットも紹介

長期投資におすすめの証券会社

長期投資におすすめの証券会社を紹介します。

  • SBI証券
  • 楽天証券
  • auカブコム証券

各特徴やメリット・デメリットを詳しく紹介するので必見です。

【保存版】株初心者におすすめの証券会社を徹底紹介!証券会社選びのコツや始め方もご紹介

SBI証券

SBI証券

SBI証券は総合口座数が720万口座(SBIネオトレード/SBIネオモバを含む)を超えている人気証券会社です。

他のネット証券に比べて手数料を安く提示しており、運用コストを抑えながら長期投資で運用できます。

また銘柄も豊富で、外国株式も取り揃えています。

新興国の株式市場の長期投資をねらったり、高配当株でインカムゲイン狙いの長期投資をねらったりできるのでおすすめです。

SBI証券の評判・口コミはやばい?口座数NO.1の理由やメリット・デメリットを徹底解説

楽天証券

楽天証券

楽天証券は、長期投資向けのレポートが充実している証券会社です。

アナリストが長期的に良好な成績を残しているファンドを紹介してくれたり、成長株・割安株の紹介をしてくれるので投資初心者をしっかりサポートしてくれます。

また運用コストも安めに設定されている為、効率よく長期投資を行えます。

楽天証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

auカブコム証券

auカブコム証券

auカブコム証券は少額で長期投資したい人にとっておすすめの証券会社です。

大口投資になると、他のネット証券より運用コストが割高になってしまいますが、1株で積立投資を始めると買付手数料無料で運用できます。

少額運用で長期的に積立していきたいという人に最適の証券会社で、大手証券会社ならではの高い信頼性の元運用できるので、初心者も安心して投資を始められます。

auカブコム証券の評判・口コミはどう?メリット・デメリットや取引手数料・取引ツールを解説

長期投資で失敗しない銘柄の選び方

経歴

長期投資で株式投資を始める場合、色々な分析をして投資先を決めないと大失敗してしまう可能性があります。

長期投資は、長期間保有するので間違った銘柄に投資すると予想外に価値がさがって結局マイナスになってしまう可能性が高いです。

これから長期投資で株式投資を始めた時に、どのような分析が必要なのか紹介するので参考にしてください。

株の勉強は意味がない?意味がある勉強をする方法を徹底解説します

企業の業績に成長する見込みがあるか見極める

企業の成長を見極めるには、業績を見て分析します。

業績内容と株価の比率をみて割安性を算出し、長期的に保有するか判断する投資家もいます。

優良銘柄への投資が成功すると、配当金での利益も増配していくので得る利益が加速します。

株主優待や配当金も見ながら長期保有する銘柄を決めるのも一つの手段です。

長期保有優遇される株主優待があるか把握する

国内株式のみになりますが、株主優待といって年に1~2回株主に自社サービスや商品を提供して売上を還元する制度があります。

株主優待は権利確定日までに規定の株数を保有して優待を受けることが可能ですが、長期保有で優遇される株主優待もあります。

1~3年以上保有すると株主優待の内容が初期より1.2~2倍程変わるので、優待利回りも良くなります。

値上がり率を狙った長期保有をするとしても、株主優待制度の長期保有優遇を利用できるか否かは重要で、利益の大きさが変わってきます

現金支給での利益ではありませんが、有名なサービスを割引価格で利用できたり好きな商品を無料でもらえたりするので生活費用を抑えられます。

配当利回りの高い企業か把握する

配当利回りの高い企業は、長期保有している間にもらえる配当金が高くなり利益も上がります

配当金は企業の業績によって変わるので、毎回チェックしておく必要があります。

元から配当利回りの高い企業を選ぶと、受ける配当が多い状態で長期保有できます。

値上がり率ではないところでも利益を狙いたい人は、高配当株で投資しても良いでしょう。

長期投資におすすめの銘柄

世界的に有名な投資家「ウォーレンバフェット」が保有している銘柄は、多くの投資家達が信頼して乗っかり投資しています。

長期保有しても安定して運用できるので、初心者におすすめの銘柄です。

これから2つ銘柄を紹介するので、投資する候補の1つとして把握しておきましょう

コカ・コーラ

コーラ

日本でも人気の高いコカ・コーラは全世界に展開している清涼飲料の製造販売企業です。

現在株価が割高になっている状況ですが業績が良く、配当金が高く設定されています。

長期保有することによってインカムゲインを受けられる可能性が高いので初心者におすすめです。

アップル

iphone

スティーブン・ジョブスが創立したアップルは、現在「iphone」の販売によって大きく飛躍しました。

2021年現在大きな影響力を持っている企業をGAFAMと総称しており、アップルはその中の1つの企業として挙げられています。

世界的に有名なのでブランド力もあり、今後も伸びていくと期待されています。

長期投資のメリット

メリット

株式投資での長期保有は多くメリットがあります。

メリットを上手く活用できる人は長期投資に向いているので、長期投資をやろうか悩んでいる人は、メリットを最大限に活用できるか考えましょう

また株式投資は各投資家のライフスタイルによって最適の投資方法が変わってくるので、自分の生活環境も注視しながら把握しましょう。

日中忙しい人でも運用できる

長期投資は1年以上株を保有するので、日中何度も取引状況を確認する必要がありません。

国内株式の取引時間は9:00~17:00で日中働いているサラリーマンは頻繁に取引に参入することができません

長期保有での長期投資の場合、毎日取引参入する必要がないので、日中忙しい人でも取引することができます。

長期投資のデメリット

デメリット

長期保有で株式投資する魅力は多数存在しますが、当然デメリットもあります。

デメリットをカバーできる手法を見つけると、利益を継続的に上げることができるので、独自の取引ルールを確立してデメリットを上手くカバーできるようにしましょう。

長期保有でのデメリットが自分の投資方針と合わない場合は、他の投資手法で戦略を立ててみてください

大きな下落で不安になってしまう

長期保有は1年以上株を保有する状態になっている為、数年に1度レベルの下落期を耐える必要があります。

相場は再び上がる確証が無い為、損切りを設定して損失をなるべく抑える動きをします。

しかし長期投資は損切り幅も広めに取ることが多く、含み損を持っている状態でも決済しない事例が多いです

毎日含み損を持っている状況が長く続いてしまう可能性があるので、精神的に耐える必要があります。

長期投資はゆっくり運用できるからサラリーマンにおすすめ

株式投資での長期保有は、日中忙しいサラリーマンにも最適の投資方法ということがわかりました。

取引回数が少ないので、チャート状況を毎回チェックする必要が無くリターンも大きい可能性があるので初心者におすすめです。

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力