IPO株

IPO株は初心者でも投資できる?メリット・デメリットやおすすめの証券会社を紹介

IPO株は初心者でも始められるか解説

IPO株は、証券取引所に上場する株式で、上場前に購入することができます。

上場する前にかった価格と、初値の差額で利益を得やすい株になっているので、初心者でも簡単に利益をだすことができます。

今回はIPO株の投資方法やメリット・デメリット解説します。

IPO株で投資をはじめたいけど、詳しくしらないという人は必見です。

IPO投資におすすめの証券会社も紹介しているので参考にしてください。

IPO投資は初心者でも簡単にできる

IPO株は普通の株式投資と違い、抽選が行われます。

抽選に当選して株を購入すると、高確率で上場した後の初値売却で利益をだすことができます

IPO株は普通の株式銘柄と違い未公開株となっているので、通常の株式銘柄のように購入することができません。

抽選に当選する必要がありますが、株を購入するだけで利益を出せる確率が高い為、投資家から高い人気を得ています。

IPO投資の3つのメリット

IPO株で投資するメリットを紹介します。

IPO株で投資するメリット

  • 利益を出せる確率が高い
  • 当たれば大きな利益を期待できる
  • 初心者でも簡単にはじめられる

IPO株は、通常の株式と違い難しい分析を駆使して投資する必要がないので初心者でも簡単に始められます。

利益を出す確率も高いので、

初値売却で利益をだすことができる

2015年~2020年のIPO株を購入したケースで、初値売却で利益を出すことができた確率は8割を超えています

2015年~2020年のIPO株案件
年代 新規上場案件 初値が公開株価を上回った案件 初値が公開株を下回った案件
2020年 91件 69件 22件
2019年 86件 76件 9件
2018年 90件 80件 10件
2017年 90件 82件 8件
2016年 83件 67件 15件
2015年 92件 82件 8件

2020年では91件中69件初値が公開株を上回っており、初心者でもIPO株を購入できれば利益をだせることがわかります。

ただし、初値が公開価格を下回るケースもあるので損失リスクも考えておく必要があります。

IPO株の初値売却で大きい利益を狙える

IPO株の初値売却は、利益率の大きい銘柄もあります。

大きく利益を狙えるIPO株を購入した場合、抽選に当選しただけで資金を増やすことができます。

2020年のIPO株で初値が大きく騰落した銘柄は以下の通りです。

2020年のIPO株で初値が大きく騰落した銘柄
IPO銘柄 公開前の価格 初値
ENECHANGE(4169) 600円 2400円
ビートレンド(4020) 2800円 10010円
MIT HD(4016) 610円 3590円

2020年のIPO株では400%以上の騰落率をだしている銘柄もありました

100株購入している場合約30万円の利益になっているで、大きく上回れば購入するだけで利益を得られます。

IPO投資は始め方が簡単

IPO投資の始め方は簡単で、IPO株抽選に応募して当選すれば投資することができます

当選率が低いのが難点ですが、深く情報収集して分析する必要がないので初心者でも手軽にはじめることができます。

IPO投資の3つのデメリット

IPO投資はメリットが複数ありますが、デメリットも存在します。

IPO投資のデメリット

  • 当選率が低い
  • 資金がある程度必要

IPO投資は抽選に当選しなければ投資できないので、当選率を上げるために応募数を増やす必要があります。

応募数を増やすと必然的に資金が多くかかるので、少額でIPO投資するには難しいのが現状です。

IPO株の抽選に当たりにくい

IPO投資は、基本的に証券会社の抽選を受けて当たる必要があります。

IPO株は基本的に主幹事・幹事の証券会社に分配され、投資家は分配された株を抽選購入します。

各証券会社によって分配方法は異なりますが、証券会社を良く利用している人に分配する裁量分配をしている場合初心者がIPO株を取得できる可能性は低くなります

平等に抽選分配をしている証券会社でも、倍率が基本的に高いので、当選しにくいのが最大のデメリットです。

当選確率を上げる為にまとまった資金が必要

IPO株の購入に必要な資金は、証券会社によってことなりますが、公開前の価格によっては資金を100万円程用意する必要があります。

当選確率を上げる為に、複数の証券会社で応募すると2倍の資金を欠けて抽選する必要があります。

上記のようにIPO投資をするにはまとまった資金が必要となるため、少額資金で投資をはじめるには厳しい環境となっています。

しかし近年1株単位で申し込みできるIPO株サービスもでてきているので、少額投資死体人は検討してみるのも1つの手段です

IPO投資に最適な証券会社の選び方

IPO投資に最適な証券会社の選び方は、IPO株銘柄の取り扱いの多さと、主幹事になる割合の多さがポイントとなります。

IPO株の銘柄が豊富だと、抽選申し込みする機会が増えるので当選率もあがります

IPO株の銘柄選びも大切ですが、当選しやすい証券会社を選ぶことは1番大切なので把握しておきましょう。

IPO株の取り扱いが多い証券会社

IPO株を取り扱っていない証券会社も国内には存在します。

IPO投資をしたい人は、IPO株の主幹事証券会社・幹事証券会社を厳選して口座開設することをおすすめします。

IPO株の分配は主幹事証券会社に8割程分配され、幹事証券会社に残りの株を分配します

上記のことから、IPO株で投資をはじめるには主幹事証券会社・幹事証券会社での口座開設が必須となります。

IPO株の分配で主幹事にことが多い証券会社

IPO株が分配される割合は主幹事証券会社のほうが多く、幹事証券会社は少なくなっています。

主幹事証券会社での抽選は、分配されている株も多いので比較的当選する確率が高くなります

幹事証券会社でも、幹事になる回数が多い証券会社はIPO株の当選率が高くなるのでおすすめです。

裁量分配でなく平等抽選を実施している証券会社

裁量分配は、証券会社側が分配する投資家を決める制度で、個人で申し込むことができません。

裁量分配をおこなっている証券会社は、抽選分配もありますが割合が少ないのでおすすめできません。

特にネット証券は、完全平等抽選をおこなっていることが多いので初心者におすすめです

IPO投資初心者におすすめの証券会社

IPO投資初心者におすすめの証券会社を紹介します。

証券会社が独自に考えたIPO株サービスも魅力的です。

各証券会社によってメリットが異なるので、自分に合った証券会社を探してみましょう。

SBI証券

SBI証券

SBI証券はIPO実績のある証券会社で、「IPOチャレンジポイント」という独自サービスが魅力的な証券会社です。

IPOチャレンジポイントはIPO株抽選に外れた時に付与され、次回のIPO株抽選に当選しやすくなるシステムです。

ポイントが増えれば増えるほど当選確率は上がるので、継続的に購入していけばIPO株抽選に当選することができます。

IPO株の銘柄が充実しているので抽選する機会が多く、必ず当選させることができるのでおすすめです。

SBI証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

1株単位でIPO投資したい人はSBIネオモバイル証券がおすすめ

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の評判・口コミ

SBI証券とは別にSBIネオモバイル証券でもIPO株を申し込むことができます。

SBIネオモバイル証券の魅力的なポイントはIPO株を1株から申し込みできるところです。

SBI証券のIPO株を委託販売していることもあり、少額でIPO投資できるのでおすすめです。

楽天証券

楽天証券

楽天証券のIPO株は、完全平等抽選となっています。

裁量配分が一切ないので、初心者の人も平等にチャンスがあります。

近年楽天証券はIPOに力を入れている傾向があり、今後取り扱い銘柄が増える可能性もあります。

株式取引手数料も業界最低水準となっているので、取引コストも抑えられます。

はじめて投資をする人でも、平等な確率でIPO株を購入できるのでおすすめです。

楽天証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

SMBC日興証券

SMBC日興証券

SMBC日興証券は老舗証券会社で、100年以上の実績があります。

SMBC日興証券はIPO株の主幹事証券会社になることが多く、IPO株を多く分配しているところが魅力的です。

SMBC日興証券では取引コースによって、IPO株に落選した場合でも当選確率を最大25倍にすることもできるのでおすすめです。

大手証券会社なのでサポート体制も充実しているので、初心者におすすめです。

SMBC日興証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

IPO投資は初心者でも簡単にはじめられるからおすすめ

IPO投資は、初心者でも簡単に利益を上げられる投資方法です。

抽選に当選する必要があり、当選率が低いことが難点ですが、だれでも利益を得られるチャンスがあるのでおすすめです。

ただし、大きい利益を狙えるものの損失リスクも当然あります

元本割れになってしまうと、苦労して手に入れたIPO株で損失が発生してしまうので注意しましょう。

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力