IPO株

【IPO株の買い方】申し込みから購入するまでの手順や儲かる買い方を解説

IPO株の買い方完全ガイド!申込み方法・購入手順や買う時の注意点も解説

IPO株は普通の株と異なり、抽選に当たれば利益を出せる可能性の高い銘柄です。

抽選に当たるだけで利益を見込めるので、株初心者でもしっかり稼ぐ可能性があります。

しかしIPO株の倍率は高くIPO株を保有できる機会はほとんど無いので、しっかりIPO株対策をして挑む必要があります。

その内容だけ聞くと「IPO株って難しそう」と感じる初心者も多いですよね。

今回はIPO株の買い方について解説していきます。

当選確率を上げてIPO株を買う方法やIPO株を選ぶポイントなども紹介しているので、IPO株に興味がある初心者は参考にしてください。

IPO株は初心者でも投資できる?メリット・デメリットやおすすめの証券会社を紹介

株式投資におすすめの証券会社【2021年11月最新】
SBI証券
  • 国内株式 個人取引シェアNo.1
  • 手数料が業界トップレベルに安い
  • 丁寧なサポートが業界最高評価を獲得
手数料(1注文5万円まで) 55円(税込)
手数料(1注文10万円まで) 99円(税込)
取扱商品 NISA、IPO、投資信託
【完全無料】5分で申込完了!人気No.1&最高評価サービス

IPO株の買い方

IPOとは

IPO株の買い方は、各証券会社によって多少異なりますが、基本的な動作は同じです。

  1. Step1証券会社で証券口座を開設する
  2. Step2IPO株情報を入手
  3. Step3ブックビルディングに申し込む
  4. Step4 IPO株の抽選に参加
  5. Step5IPO株に当選したら購入意思を表明して投資開始

これから各手順を紹介するので、1つずつ確認していきましょう。

STEP1.証券会社で証券口座を開設する

まず、IPO株を取り扱っている証券会社で口座を開設しましょう。

各証券会社によってIPO株の配分が異なるので、なるべくIPO株を多く取り扱っている証券会社で口座開設しましょう。

取り扱いの少ない証券会社で口座を開設しても、更に当選確率が低くなるのでおすすめできません。

また、IPO株の配分がある証券会社の口座を複数所持することによって当選確率を上げる方法もあります。

ネット証券の口座開設方法と知っておくべきポイントを徹底解説!おすすめの証券会社ランキングも!

STEP2.IPO株情報を取得する

IPO株を買う口座を作成したら、次にIPO株に関する情報を取得します。

IPO株は毎日抽選を受けるのではなく、株式市場に上場する株がある時にIPO株の抽選が発生します。

どのような企業が上場するのかは東京証券取引所で情報を入手できます。

しかし東京証券取引所の情報は初心者にとって見にくいケースもあるので、口座開設した証券会社のニュース欄を見ることをおすすめします。

STEP3.ブックビルディングに申し込む

IPO株の情報を仕入れて申し込むべきIPO株を把握したら、ブックビルディングに申込みます。

ブックビルディングは、新規上場する株式の発行価格を決定する制度で、投資家達から事前に購入したい金額や株数・価格を募集し、IPO株の需要を測定する役割を持っています。

ブックビルディングに申し込むにはまず目論見書を確認し、購入希望するIPO銘柄のブックビルディングページで申込み、購入希望額と株数を入力すれば完了です。

購入希望額は特に指定されている金額を入力する必要はありませんが、IPO株の発行価格は仮条件の上限価格に設定されている場合がほとんどなので、仮条件に上限価格を購入希望価格に設定しないとIPO株の購入率が下がります。

上記のことからブックビルディングで申し込む際は上限価格がどうなろうと購入意思があることを示しておきましょう。

価格によらず購入意思があることを示す時は「ストライクプライス」で申し込むと良いです。

またブックビルディングの申込みを終えた時点でIPO株に使う予定の資金を予め証券口座に入金しておきましょう。

入金していないと抽選の対象外になってしまうので注意が必要です。

STEP4.IPO株の抽選

ブックビルディングの申込み期間後、IPO株の発行価格が決定しIPO抽選がスタートします。

IPO抽選の方法は各証券会社の抽選方式に応じでIPO株の配分が開始されます。

近年のネット証券は、IPO株を完全抽選方式にしており純粋な運で当選・落選が決められています

参加者も多いので当たる可能性が低く、当たれば良いいな程度に考えておきましょう。

またIPO株の抽選結果は当選・落選だけでなく補欠当選もあります。

補欠当選の場合当選者が辞退した場合繰り上げ当選となるので、補欠当選の時点ではまだIPO株は購入できません。

STEP5.IPO株の抽選に当選したら購入意思を表明する

IPO株の抽選結果で、当選した場合は購入の意思表示を表明しなければなりません。

購入の意思表示は一回しかチャンスがないため、購入意思を決定した後に変更は不可能です。

ちなみに購入の意思表示をしなかった場合は当選が無効になってしまいます。

補欠当選した場合で、繰り上げ当選した人も当選決定後、意思表示が必要になるので随時チェックしておきましょう。

株式投資におすすめの証券会社【2021年11月最新】
SBI証券
  • 国内株式 個人取引シェアNo.1
  • 手数料が業界トップレベルに安い
  • 丁寧なサポートが業界最高評価を獲得
手数料(1注文5万円まで) 55円(税込)
手数料(1注文10万円まで) 99円(税込)
取扱商品 NISA、IPO、投資信託
【完全無料】5分で申込完了!人気No.1&最高評価サービス

IPO株で儲かる買い方

IPO株は抽選に当選すれば利益を上げられる可能性の高い投資ですが、抽選に当選する可能性が非常に低いため、戦略を練る必要があります。

またIPO株でも上場日の初値がマイナスになっているケースもあるので、必ず勝てるものではありません。

IPO株での投資はシンプルで勝ちやすい手法ですが、様々な対策が必要なのでIPO株で投資を考えている人は、これから紹介する注目ポイントを把握しておきましょう。

IPO株が当たらないのはなぜ?当選確率を上げる6つのポイント

平等抽選方式の証券口座を開設する

IPO株の抽選方法は各証券会社によって異なり、大きく分けて優遇抽選・完全平等抽選のどちらかになります。

優遇抽選は、過去の取引や預かり資産額に応じてIPO株を優先的に分配してもらう人を決めます。

例えばIPO株の70%を優遇抽選で決めて、30%を平等抽選にする証券会社があったとすると、約7割の部分は頻繁に取引している大口投資家や長年利用してきた顧客などが当てはまり、残りの3割が新規口座開設者や少額運用している人達になります。

長年利用していた人や大口投資している人たちとって優遇抽選はメリットになりますが、新規口座開設して間もない投資家や少額運用している人達は当選確率が低くなるのでデメリットになります。

一方で完全平等抽選は完全に平等抽選してくれる制度で、コンピューターがランダムに抽選してくれます。

預かり資産や取引履歴が関係なく、平等に当選する機会が与えられるので初心者におすすめです。

取引実績のない人や投資資金の少ない人は、完全平等抽選を採用している証券会社で口座開設しましょう。

複数の証券会社でIPO株を申し込む

IPO株の当選確率を上げたい人は、複数の証券会社で口座開設することをおすすめします。

IPO株は各証券会社に分配されて、分配されたIPO株を証券会社が投資家に捌いています。

よって、証券会社の口座を増やせば増やすほど当選確率は上がります。

例えばIPO株をA(50株)・B(50株)・C(50株)証券会社に分配したとします。

ここでA証券会社しか口座開設していない人は50株の抽選しかうけることができません。

一方でA・B・C証券会社の口座をもっている人は150株分の抽選を受けることができるので当選のチャンスが高くなります。

ただし複数の証券会社で抽選を受けるにはその分用意する資金も増えるので、ある程度まとまった資金を用意できる人向けの方法です。

初心者は証券会社をどう選ぶ?失敗しない選び方やおすすめの証券会社もご紹介

各証券会社のIPO株に関するサービスを比較

各証券会社のIPO株の実績を比較しました。

証券会社 実績 抽選方式
2018年 2019年 2020年
SBI証券 86社 84社 85社 完全抽選70%
チャレンP30%
店頭配分あり
SMBC日興証券 66社 61社 52社 店頭90%
ネット10%
マネックス証券 50社 45社 50社 100%完全平等抽選
岡三オンライン証券 47社 37社 39社 100%完全平等抽選
楽天証券 11社 26社 38社 100%完全抽選
auカブコム証券 23社 24社 19社 平等抽選
松井証券 9社 21社 18社 70%完全抽選
GMOクリック証券 1社 0社 1社 100%完全平等抽選

株式投資におすすめの証券会社【2021年11月最新】
SBI証券
  • 国内株式 個人取引シェアNo.1
  • 手数料が業界トップレベルに安い
  • 丁寧なサポートが業界最高評価を獲得
手数料(1注文5万円まで) 55円(税込)
手数料(1注文10万円まで) 99円(税込)
取扱商品 NISA、IPO、投資信託
【完全無料】5分で申込完了!人気No.1&最高評価サービス

IPO株が買えるおすすめの証券会社を紹介

IPO株が買えるおすすめの証券会社を紹介します。

平等抽選方式の多い証券や実績数の多い証券会社を紹介するので、IPO株を買いたい人は参考にしてください。

SBI証券

SBI証券IPO株おすすめ

SBI証券はネット証券の中でも口座数トップクラスの大手ネット証券で、IPO株の取扱い実績が年間で80社以上あります。

SBI証券の抽選方式は30%が完全抽選で、15%がポイント抽選となっています。

SBI証券のポイント抽選は、IPO株に申し込んで外れた人程当たりやすい仕様になっています。

IPO株に申し込んで外れた人は「1ポイント」獲得可能で、ポイント抽選ではポイントが高い人が優先的に当たりやすくなります

IPO株の抽選にはずれてもいずれ当たる方式になっており、多くのIPOを取り扱っているメリットもあるので、IPO株投資する最適の環境が整っています。

一部5%の裁量配分もありますが、始めたばかりの人や初心者でも当たりやすい方式になっているのでIPO狙いの人におすすめです。

楽天証券

楽天証券

楽天証券はIPO株の抽選を100%完全平等抽選でおこなっている為、始めたばかりの人でも当たるチャンスがあります。

誰にでも当選チャンスがあるので競争率が高くなりますが、資産額関係なく当たるチャンスがあるのでおすすめです。

また楽天証券はIPO株に力を入れており、年々IPO株の取扱実績が増加傾向にあります。

楽天証券は楽天ポイントを有効活用できる証券会社なので、楽天経済圏の人でIPO株投資したい人に最適の環境です。

SMBC日興証券

SMBC日興証券

SMBC日興証券はIPO株で主幹事を請け負うことが多く、IPO株を取り扱う機会の多い証券です。

完全平等抽選が10%と低くいデメリットがありますが、ダイレクトコースの投資家に対してIPO優遇特典が提示されている為、当選確率が最大25倍上がります。

IPO優遇特典はブロンズからプラチナまでステージが提示されており、ステージ判定条件はお預かり資産残高or信用取引建玉金額です。

ブロンズ シルバー ゴールド プラチナ
抽選獲得票数 1票 5票 15票 25票
条件①
お預かり資産残高
250万円以上 1,000万円以上 3,000万円以上 5,000万円以上
条件②
信用取引建玉金額
250万円以上 1,000万円以上 3,000万円以上 5,000万円以上

※条件①or②どちらかクリアしていれば良い/口座開設から3ヶ月間はブロンズ保証

プラチナステージの場合、25票分持つことができますが、口座に5,000万円以上入金する必要があります。

初心者にとって厳しい条件になっていますが、数千万円以上の資産を持っている人におすすめです。

IPO株の買い方に関する質問事項

IPO株の買い方に関する質問事項をまとめました。

IPO株の買い方に疑問を持っている人は参考にしてください。

株式投資で勝つ確率を上げる方法はあるのか?考え方や勝率を上げる手法解説

Q.IPO株を当たりやすくする方法はある?

Q.IPO株を当たりやすくする方法はある?

IPO株の当選率を上げる方法は大きく分けて2つあります。

1つは証券口座を複数開設して当選率を上げる方法で、2つ目は100%完全平等抽選を受けられる証券会社で口座開設することです。

ただしあくまでも当選確率を上げるだけであって、当選する方法ではないので注意しましょう。

Q.IPO株に強い証券会社はある?

Q.IPO株に強い証券会社はある?

IPO株に強い証券会社は、IPO実績を見ると確認できます。
2018年~2020年の実績をみるとSBI証券が一番IPO株を多く取り扱っており、申し込むチャンスが多いのでおすすめです。

SBI証券はIPO投資向き!SBI証券でIPOの申し込み方法・抽選方法・必要資金を徹底解説

Q.IPO株はなんで人気なの?

Q.IPO株はなんで人気なの?

IPO株は上場前に保有することが可能で、上場前に保有すると上場した時の初値より高確率で安い価格で購入できます。

上場した時の初値が安い状態でも、上場したばかりの企業なので長期保有で利益を狙うこともできます。

つまりIPO株は利益を出せる確率の高い株になるので、投資家達から高い人気を得ています。

IPO株の買い方は簡単!当選確率を上げて運用しよう

IPO株の買い方はシンプルなので、初心者でも気軽に参加できます。

IPO株の抽選にはずれても資金は戻ってくるので、損失を心配する必要もありません。

資金に余裕のある人は複数口座開設して当選確率を上げて参加してみましょう。

株式投資だけで生活できる?必要利益や株式投資生活を成功させる方法を解説

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力