株主優待

第一屋製パン(2215)の株主優待はおすすめ?特典内容や到着日を解説

第一屋製パンの株主優待について解説

第一屋製パンはパンやお菓子の製造と販売をおこなっている会社で、主力商圏は全国各地にあります。

2017年頃までは売上高が上昇傾向でしたが、2021年現在は衰退しており、米飯事業も展開していましたが撤退しています。

今回は第一屋製パンの株主優待について詳しく解説していきます。

株主優待の特典内容や権利確定日について説明するので必見です。

これから第一屋製パンの株を購入しようと思っている人や、株主優待の内容を知りたいという人は参考にしてください。

第一屋製パン(2215)の株主優待内容

第一屋製パン

第一屋製パンの株主優待内容は以下の通りです。

第一屋製パン(2215)の株主優待内容

  • 100株以上:自社グループ会社商品詰め合わせ

第一屋製パンは株主優待で自社グループ会社商品詰め合わせを提供しています。

100株以上のみの設定となっているので、大口取引している投資家達が有利になる優待内容ではありません

第一屋製パンの株主優待特典を狙っている人は、100株購入で問題ありません。

100株以上の保有で貰える

第一屋製パンの株主優待は100株以上から対象となっています。

ミニ株や単元未満株での購入は対象外となっているので注意しましょう。

リスクを抑えて株主優待を獲得したいという人は、購入する株数を小分けにして毎月10株ずつ購入する手段があります。

10株の場合、少額で購入できるので株価変動があっても損失リスクを抑えて積み立てることができます。

第一屋製パンの株主優待は年に1回のみ

第一屋製パンの株主優待は年に1回のみとなっています。

年に1回ある権利確定日を逃してしまうと、次に株主優待特典を受取れるチャンスは翌年となってしまうので注意しましょう。

優良な株主優待を提供している会社は年に2回開催しているので、第一屋製パンは株主優待に力を入れていないことがわかります。

第一屋製パン(2215)の会社概要

不動産

第一屋製パンは東京都小平市に本社があり、主にパンやお菓子を製造販売している会社です。

パンの製造販売では、山崎製パンやフジパンなどが有名ですが、第一屋製パンは中堅グループに属しており売上高は業界6位となっています。

第一屋製パンの会社概要は以下の通りです。

商号 第一屋製パン株式会社
代表取締役社長 長細貝 正統
本店所在地 東京都小平市小川東町3丁目6番1号
電話 (042)348-0211(代表)
事業内容 各種パン類、和菓子、洋菓子、クッキー等の製造及び販売
資本金 33億556万7,500円
株式 東京証券取引所市場第一部に上場
創業 1947年6月2日
事業所本社
  • 横浜工場
  • 小平工場
  • 高崎工場
  • 金町工場
  • 大阪空港工場
  • 長野営業所
  • 岡山営業所
  • 新潟営業所
  • 名古屋営業所
関連
  • スリースター製菓株式会社
  • 株式会社ファースト・ロジスティックス
  • 株式会社ベーカリープチ
販路 関東、甲信越、中京、四国、関西一円に約20,000カ所の特約店鋪及び直営売店
売上高 240億円(連結) 2020年度実績
従業員数 1,551名(2020年12月末現在)
取引銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友信託銀行
  • 三井住友銀行

第一屋製パン(2215)の株主優待に必要な資金

少額での株式投資の始め方

第一屋製パン(2215)の株主優待に必要な資金は以下の通りです。

第一屋製パン(2215)の株主優待に必要な資金
株価 971
100株 97100円

第一屋製パンの株価は1000円以下となっている為、100株を10万円以下で購入することが出来ます。

少額購入できるので投資初心者におすすめできますが、株主優待内容が他と比較して良くないので第一屋製パンの自社商品に興味のない人にはおすすめできません

10万以下で購入可能

第一屋製パンは10万円以下の資金で購入することができます

しかし10万円以下の資金で株主優待を受けられる銘柄と比較すると、特典内容が劣るので株主優待目的の人にはおすすめできません。

少額投資で株主優待を目的にしている人は、1株単位から株主優待を受けられる銘柄をおすすめします。

ミニ株・単元未満株は株主優待を受け取れる?1株投資でも株主優待をもらえる銘柄や注意点を解説

第一屋製パン(2215)の権利確定日は12月末

第一屋製パンの権利確定日は12月末の1回となっています。

権利確定日前までに100株以上保有していないと、株主優待の特典を受けることができません

また、権利確定日と実際に株主優待特典が到着する日は異なります。

権利確定日に特典が貰えると勘違いしないように注意しましょう。

第一屋製パン(2215)の配当は無いので注意

第一屋製パンは配当金がありません

高配当目的で投資を考えている人にはおすすめできません。

今後配当金が発生する可能性もありますが、2021年現時点では配当利回りは発生していないので注意してください。

高配当目的の人は3%~5%程度の配当を提供している企業を選ぶことをおすすめします。

配当金の利回りってなに?株初心者にもわかりやすく解説

第一屋製パン(2215)の株主優待特典はいつ到着する?

第一屋製パンの株主優待特典は4月中旬に到着する予定です。

実際に株主優待が到着した報告をツイートしている投資家達が居ます。


運送業者の関係で到着が遅れることもあるので、株主優待特典を受け取るのは4月中と把握しておきましょう。

4月中旬

第一屋製パンの株主優待特典は4月中旬に到着します。

2020年に到着した内容は、定番のレーズンサンドでした。

実際に株主優待特典を受け取っている人たちのツイートを見ると、株主優待の内容は毎年変わる訳では無いようです。

第一屋製パン(2215)の株主優待に関する注意事項

注意事項

第一屋製パンの株主優待に関する注意事項をまとめました。

第一屋製パンの株主優待は他の株主優待内容と比べると劣っている印象があります。

自社商品が好きな人は別ですが、株主優待で得をしたいという人向けではないので購入する時は慎重に判断しましょう

株価の変動による損失に注意

第一屋製パンの株主優待は株を購入する必要があります。

株の価格は毎日変動しているので、購入している時より株価が下がると損失が発生します。

株主優待目的で購入しても株価がマイナスで結果損をしてしまうこともあるので、投資した資金管理は徹底しておきましょう。

株式投資で失敗する原因は?失敗する人の特徴と成功するためのポイント

権利確定日までに株を購入しよう

株主優待は権利確定日までに株を購入していないと受け取ることができません。

第一屋製パンの権利確定日は12月末となっています。

株主優待特典を受け取りたいという人は、12月末までに100株購入しておきましょう。

株式投資における権利確定日とは?権利確定日を初心者にもわかりやすく解説

第一屋製パンは株主優待目当てで購入するのにおすすめではない

第一屋製パンの株主優待は10万円以下の投資で受け取ることができますが、優待内容が他と比べて劣っているのでおすすめできません。

株価変動で利益を得る投資方法であれば購入を考えても良いと思いますが、単純に株主優待目的の人にはおすすめできないので注意しましょう。

第一屋製パンの株主優待は少額投資で受取れるが特典内容がイマイチ

第一屋製パンの株主優待は10万円以下で受け取ることができます

しかし特典内容が自社商品のみとなっているのでイマイチな印象を受けます。

毎年送られてくる商品内容が同じという点もマイナスなので、株主優待目的の人は第一屋製パンより優良な株主優待を提供している企業に投資することをおすすめします。

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力