株主優待

ANA株主優待券を往復で利用する時どうすれば良い?使い方や注意するポイントを解説

ANA株主優待券を往復で利用する方法とは

ANAは国内でも有名な航空会社で、コロナショックにより株価は一時暴落しましたが、2021年現在は回復傾向にあります。

ANAは株主優待を毎年2回実施しており、優待内容の中に航空チケット割引する優待券があります。

今回はANA株主優待券を往復する時に利用する方法と使う時に注意するポイントを詳しく解説します。

ANA株主優待券を往復で利用したいと思っている人は必見です。

ANA株主優待券の入手方法も紹介しているので、入手方法を知りたい人も参考にしてください。

ANAホールディングス(9202)の株主優待内容とANAの株の買い方を徹底解説

ANAホールディングスの株主優待券とは

ANA

ANAホールディングスが株主優待特典として渡している株主優待券は、国内線の普通運賃を半分に割引することができます。

満3歳~11歳までは小児株主優待割引運賃に適応されますが、12歳以上の場合大人と同じ株主優待割引運賃となります。

航空チケットを割引価格で手に入れられるので、ANAを利用する人や旅行好きに最適の株主優待となっています。

国内線の運賃を50%割引できる

ANA株主優待券は普通運賃を半額できる上に、出発前であれば取消料は発生しません。

ANAホールディングスの株主でない人でも取得することができるチケットなので、株式投資をしていない人も利用できます。

ただしANA株主優待券は有効期限があるので、有効期限が切れる前に利用する必要があります。

国際線は適応していないので注意

ANA株主優待券は国内線のみ対象となっています。

国際線は半額運賃で利用することはできないので注意しましょう。

ANAの株主優待券は国内線のみ対象となっていますが、ANAグループ優待券は海外パッケージツアー商品優待があります。

パッケージグループツアーを割引することができるので、海外旅行でも有効活用したい人はANAグループ優待券を取得してみましょう。

ANA株主優待券を往復で利用する方法

航空チケット

ANA株主優待券を往復で利用するには、行き道・帰り道で利用する必要があります。

つまり1人あたり合計2枚必要になります。

ANA株主優待券は片道のみ適用されるので、往復で割引を使いたい場合は2枚用意する必要があります。

ANA株主優待券は2枚必要になる

ANA株主優待券は100株につき1枚貰うことができます。

上記のことから100株保有者は片道分しか割引くことができません。

ANA株主優待を2枚取得したい場合は200株以上保有する必要があるので把握しておきましょう。

ANA以外の航空機と併用する場合はANA株主優待券を片道分利用できない

行き道はANAだけど帰り道は他社航空を利用するという人は、ANA株主優待券を片道分しか利用することができません。

空席予約の関係で他社航空を利用する人は、他社が提供している空港を割引するには他社が提供している株主優待券が必要ということを把握しておきましょう。

ANA株主優待券を入手する方法

逆張りオタクとは

ANA株主優待を入手する方法は大きくわけて2通りあります。

ANA株主優待券を入手する方法

  • 100株以上株を購入する
  • 金券ショップやオンラインショップで購入

ANA株主優待券は、株を購入しなくても手に入れる方法があります。

使い道の無い投資家が売ったり金券ショップでお金に換金したりしているので、株を保有していない人は、優待券を購入する方法で入手しましょう。

100株以上購入して株主優待を受け取る

ANAの株主優待券を手に入れるには、100株以上の株を購入する必要があります。

ANAの株主優待を受ける為に必要な資金
ANAの株価 2578
100株に必要な資金 257800円

約30万円程度で株主優待特典を受けることができるので、ANAを頻繁に利用している人は検討しましょう。

ANAの株主優待は航空チケット半額割引する券以外にも提供している特典があります。

株主専用サイトもあるので、割引以外の特典も受け取りたいという人は、チケット購入ではなく株式投資をはじめることをおすすめします。

金券ショップやオンラインショップで購入する

ANA株主優待券は金券ショップやオンラインショップで購入することができます。

数年前は価格が高騰していましたが、2019年代に入ると約6000円で手に入れることができる状況になりました。

2020年以降はコロナショックによって利用者も減り、2021年現在も割安で入手することができます。

ANAを利用する予定の人達にとっては安く割引券を入手して航空チケットを半額できるチャンスとなっています。

ANA株主優待券を往復で利用する時の注意事項

ANA株主優待券を往復で利用する時の注意事項をまとめました。

ANA株主優待券を往復で利用する時の注意事項

  • 予約する前に入手しない
  • ANA以外でも対応している航空会社がある
  • 他社の航空チケットを利用する場合は他社が発行している株主優待も取得する

ANA株主優待を2枚入手する前に、航空チケットを入手できるか確認しておきましょう。

場合によっては満席で利用できない場合もあるので、ANAを往復で利用できると確信した後に準備しましょう。

事前に予約できるか確認しておこう

ANA株主優待を利用する前に、事前に予約できるか確認しておきましょう。

予約が取れず片道分は他社の航空会社で購入したという人が多くいるので、なるべくチケットを取得する前に予約は確定させておきましょう。

ANAコードシェア便はANA株主優待券を利用できる

ANAコードシェア便はANA株主優待券を利用することができます。

ANAコードシェア便を扱っている会社

  • エアドゥ
  • スターフライヤー

完全に他社の場合はANAホールディングスの株主優待券は利用できませんが、ANAホールディングスが運営している航空便は利用できることを覚えておきましょう。

他の航空機と併用する場合は他社が発行している航空株主優待券も取得しておく

航空系の株主優待券はANA以外もあります。

ANA以外の航空便も利用するという人は、他社が提供している株主優待券も取得しておきましょう。

各航空会社の株主優待券によって相場が大きく変わることがあります

株主優待券の価格や航空チケットの料金を考えて効率よく購入しましょう。

ANA株主優待券を往復で利用するときは2枚用意しておこう

ANA株主優待券を往復で利用する時は2枚必要ということがわかりました。

片道につき1枚消費するので、枚数が足りない人は近くの金券ショップやオンラインショップで入手することをおすすめします

株主優待券は、航空チケットを予約後でも記入して適用することができます。

ANA株主優待券を使う前に、チケット予約を取っておくと確実に利用できるのでおすすめです。

1枚しか持っていない場合は片道のみ割引が適用される

ANA株主優待を1枚しか持っていないという人は、片道しか割引できません。

ANA株主優待券は株主優待で特典を受け取ることもできますが、金券ショップ等から購入することもできます。

ANA株主優待券を割安で販売しているサイトもあるので、枚数が足りない人は購入しましょう。

航空チケットを割引する株主優待券は他社航空でも提供している

ANA株主優待券のように航空チケットが半額になる株主優待券を他社航空も提供しています。

JALはもちろんマイナー航空の優待券もあるので、自分の利用したい航空の株主優待を取得してみましょう。

2021年現在、コロナショックの影響で株主優待券は割安で購入することができます。

飛行機を利用する際にはなるべくお得にチケットを購入できるように、株主優待券が割安な時期に買うことをおすすめします。

しかし、株主優待券には有効期限があります。

有効期限を過ぎてしまうと割引することができないので注意して利用しましょう。

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力