auカブコム証券

auカブコム証券(旧:カブドットコム証券)の手数料は?驚異の割引率が特徴!

auカブコム証券 手数料

カブドットコム証券は、5大ネット証券の1つになっており、多くの投資家から人気を集めている証券会社になっております。人気の理由は「手数料の割引サービス」です。
カブドットコム証券では、取引手数料を割引できるサービスを展開しており、割引率は驚異の数字になっておりますので、この記事ではカブドットコム証券の手数料について詳しくご紹介します。

そもそもauカブコム証券とは?どんな証券会社なの?

カブドットコム証券は、1999年に創業したネット証券会社になっており、2007年に三菱UFJフィナンシャルグループの一員になりました。

カブドットコム証券は、特殊注文機能などを数多く提供しており、手数料もお得なことから多くの投資から人気があります。そして、2019年に「カブドットコム証券」から「auカブコム証券」になりました。

知名度ではSBI証券や松井証券に劣る部分はありますが、カブドットコム証券も国内5大ネット証券の1つになっております。

カブドットコム証券の口コミ・評判、メリットデメリットを知りたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてください。

https://mane-toku.com/kabu/kabu-com/

【保存版】auカブコム証券の手数料一覧

カブドットコム証券は、手数料がお得なことから高い人気があります。

ネット証券の中でも珍しい「割引」制度を導入しておりますので、カブドットコム証券の手数料について詳しくご紹介します。

auカブコム証券の手数料は割引後がお得

カブドットコム証券には、手数料が割引されるサービスが導入されており、お得に株式取引を行うことが出来ます。

手数料は株式取引を行う上では、必ず支払うお金になっておりますので、割引サービスがあることは利益を少しでも上げることに繋がります。

カブドットコム証券の通常手数料と割引後の手数料を比較しますと下記の通りになります。

「基本手数料」

10万円以下 90円
20万円以下 180円
50万円以下 250円
100万円以下 990円

 

「割引後の手数料」

10万円以下 34円
20万円以下 68円
50万円以下 95円
100万円以下 376円

見ても分かるように割引後の手数料の方が圧倒的に安くなっております。

カブドットコム証券には7種類の割引サービスがあります。

詳しい割引種類は下記でご紹介しておりますので、参考にしてみてください。

【auカブコム証券】現物株式手数料一覧

カブドットコム証券の現物取引の手数料をわかりやすくまとめました。

通常手数料と割引後の手数料をご紹介しておりますので、比較してみてください。

基本手数料一覧

10万円以下 90円
20万円以下 180円
50万円以下 250円
100万円以下 990円

 

割引後の手数料一覧

10万円以下 34円
20万円以下 68円
50万円以下 95円
100万円以下 376円

 

【auカブコム証券】信用株式手数料一覧

カブドットコム証券は信用取引に発生する手数料は「0円」になります。

カブドットコム証券を利用されている全ての投資家が手数料に無料になり、信用取引をメインで株式投資を行っている方にはお得なサービスです。

しかし、「品受・品渡による決済」をした場合は、手数料が発生しますので、注意してください。

auカブコム証券の手数料の特徴

カブドットコム証券の手数料は、1日の約定合計代金に対する手数料プランが存在しません

1注文ごとの約定代金に対して手数料が発生するプランのみになります。

カブドットコム証券の手数料の最も特徴的なことは、「割引サービス」でしょう。

カブドットコム証券は7種類もの手数料割引サービスを展開しておりますので、多くの人が割引サービスを受けることが可能になり、割引後の手数料は業界最安値水準を下回っています。

詳しい割引サービスの種類は下記でご紹介します。

超お得!auカブコム証券7つの割引サービスを徹底紹介

上記でもご紹介しているように、カブドットコム証券には7種類の割引サービスがあります。

割引サービスは併用することも可能になりますので、参考にしてみてください。

①シニア割

シニア割とは、満50歳以上満60歳未満の投資家は2%割引、満60歳以上の投資家は4%割引とする割引サービスプランになっております。

対象となる取引は、「現物取引」になり、売買手数料が「2%~4%」割引されるというプランになります。

「満○歳」ということは現在の年齢になり、満50歳の誕生日の00:00以降に注文した取引から割引が適応されます。

②女子割

女子割は、言葉通り女性の投資家の「現物取引」売買手数料が「1%」割引される割引サービスプランになっております。年齢性制限はなく、女性であれば自動的に適応されます。

③NISA割

カブドットコム証券のNISA口座(一般NISA、つみたてNISA、ジュニアNISA)をお持ちの投資家の売買手数料を最大で5%割引とする割引サービスプランになります。

割引率はNISA口座の継続年数によって異なり、NISA口座は最長5年間と決められておりますので、最大「5%」割引になります。1年目で「1%」、2年目で「2%」と1年継続年数が増えれば割引率も1%増えるというプランになっております。

「つみたてNISA」の場合は、最長で20年口座を持っておくことが可能になりますが、最大割引は「5%」になりますので、注意してください。

④株主推進割

株主推進割は、割引の対象になっている銘柄を注文した際の売買手数料が「10%」割引になる割引サービスプランになります。

対象となる銘柄は下記の通りです。

  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • KDDI
  • 池田泉州HD
  • 中京銀行
  • ジャックス

上記の銘柄は全て「10%」割引になります。

⑤株主優待割

株主優待割は、保有株数・保有期間に応じて現物株式取引手数料を0.5%~最大15%まで割引される割引サービスプランになりますが、カブドットコム証券で「KDDI」の株式を保有していることが条件になります。

半年単位で割引率は高くなり、保有している株数も多ければ多いほど割引率が高くなります。「40,000株」以上を2年間以上保有している場合のみ「15%」割引が適応されます。

⑥kabu.comカードでキャッシュバック

kabu.comカードでキャッシュバックは、kabu.comカードを保有している投資家が対象になり、毎月の取引手数料の一定料率がキャッシュバックされる割引サービスプランになります。

一般カードの場合は「1%」、ゴールドカードの場合は「1,5%」が現金でキャッシュバックされます。

⑦auで株式割

auで株式割は、カブドットコム証券のサイトにてau IDを登録することにより、現物株式(プチ株、積立は対象外)の売買で、手数料が「1%」割引される割引サービスプランになります。

簡単にお伝えしますと、auユーザーの場合は手数料が「1%」割引されるということです。

最後に!カブコム証券も含めた5大ネット証券の手数料を徹底比較

この記事ではカブドットコム証券の手数料についてご紹介してきましたが、他社のネット証券の手数料と比較しますと、お得なのでしょうか?

5大ネット証券と言われている「SBI証券」「楽天証券」「松井証券」「DMM証券」の計5つの証券会社で比較していきます。

下記の比較表は税抜き価格で表示しております。

1注文ごとの手数料を徹底比較

証券会社名 1注文の金額が
5万円まで 10万円まで 20万円まで 50万円まで 100万円まで
カブドットコム証券 90円 90円 180円 250円 990円
SBI証券 50円 90円 105円 250円 487円
楽天証券 50円 90円 105円 250円 487円
松井証券 1注文ごとの手数料プランなし
DMM証券 50円 80円 97円 180円 340円

1日定額の手数料を徹底比較

証券会社名 1日の注文の合計金額が
5万円まで 10万円まで 20万円まで 50万円まで 100万円まで
カブドットコム証券 1日定額の手数料プランなし
SBI証券 0円 0円 191円 429円 762円
楽天証券 0円 0円 191円 429円 858円
松井証券 0円 0円 300円 500円 1000円
DMM証券 1日定額の手数料プランなし

自分の投資スタイルに合わせて一番お得な証券会社を選ぼう

上記でカブドットコム証券の手数料と他社の手数料を比較してみましたが、業界最安値は「SBI証券」と「楽天証券」になりました。

しかし、カブドットコム証券の魅力は「手数料の割引サービス」です。

通常の手数料が他社よりも高くても、割引率が高い方の場合は業界最安値の手数料で取引することが可能になります。

割引サービスプランに当てはまる方は、カブドットコム証券での取引がお得になりますが、あまり当てはまらない方は他社のネット証券で取引した方がお得になります。

大切なことは、自分の投資スタイルに合わせることになるため、まずは自分の投資スタイルを考えましょう。

割引が超お得なカブドットコム証券で株式投資を始めてみよう

カブドットコム証券の手数料についてご紹介してきましたが、手数料の割引サービスが非常にお得なプランになっており、割引後の手数料が業界最安値になっております。

割引プランに合わせた株式投資を行うこともできますので、利益を上げやすくなります。

手数料が割引されるサービスを展開している「カブドットコム証券」で、株式投資を始めてみてはいかがでしょうか。

株式投資におすすめの証券会社3選
  1. SBI証券
    国内株式の取引シェアNo.1!手数料が安くリーズナブルに始められる
  2. 楽天証券
    新規口座開設数3年連続No.1!圧倒的な使いやすさが初心者から人気
  3. GMOクリック証券
    最低水準のコストと充実の取引ツール・サポート体制が魅力