未経験でもホワイト企業に転職したい!転職すべき企業と対策を紹介します

未経験でもホワイト企業に転職したい!転職すべき企業と対策を紹介します

ブラック企業に対して、待遇や環境の良い会社のことをホワイト企業と呼びます。

ホワイト企業という言葉に馴染みがあっても、そもそもホワイト企業ってどんな会社のことを指すのか、自分のいる会社がホワイト企業なのかわからないという人もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ホワイト企業や業界の特徴や、未経験がホワイト企業への転職の難易度高い理由や転職の方法を解説します。

そもそもホワイト企業ってどんな企業?

ブラック企業に対する言葉として、ホワイト企業をよく耳にします。

待遇面や労働時間などの企業環境が良いということは知っているかと思いますが、どのような特徴があるとホワイト企業になるのかあまりよく知られていないため、自分の勤める会社がホワイト企業なのかどうかわからないというひともいるでしょう。

そこでここでは、ホワイト企業がどのような会社なのか一般的なものを紹介します。

ホワイト企業に転職したい人の完全ガイド!見極め方や職種を徹底解説

従業員の過ごしやすい環境を整えている

厚生労働省では、ホワイト企業の定義として「働く人の健康面などで安全かつ働き続けられるように労働環境を確保している」と定めています。

これを満たす企業を「安全衛生優良企業公表制度」で発表しており、これに乗っている企業は特に従業員が過ごしやすい環境作りが進んでいるとされているのです。

給与や福利厚生が充実している

福利厚生や給与が充実している会社もホワイト企業の一つの特徴です。

福利厚生には法定福利厚生と法定外福利厚生の2つがあります。

法定福利厚生とは、雇用保険や健康保険など必ずなければいけないもののことです。

一方で法定外福利厚生とは、企業が任意で用意しているもので住宅手当・産休・育休・慶弔休暇・共済会などがそれにあたります。

また給与面でも、従業員の生活が苦しくなるような低い水準ではなく、その地域で十分に生活できる水準で給与設定がされています。

従業員が働き続けたくなるような給与・福利厚生を用意しているのもホワイト企業と呼ばれる特徴です。

ワークライフバランスを取りやすい

ホワイト企業では、ワークライフバランスがとりやすいように残業時間などに配慮がされています。

ホワイト企業は36協定に定められた残業時間が守られており、平均で30時間程度になっています。

また休みも年間休日も105日以上となっており、退勤後のプライベート確保もしやすくワークライフバランスがとりやすいのです。

仕事だけでなくプライベートの充実もできるのが、ホワイト企業の特徴となっています。

離職率が低い

ホワイト企業の大きな特徴が離職率の低さです。

離職率が低いということは、会社を辞める人が少ないということで「この会社で働いていたい」と思っている人がたくさんいるということです。

それだけ従業員にとって働きやすい環境作りがされていると推測できます。

これだけですべてを難しいところですが、離職率が高く満船的な人手不足の会社よりも離職率の引く会社のほうがホワイト企業といえます。

女性が働きやすい制度が整っている

女性にとって産休と育休の取れる会社は、ホワイト企業といえます。

産休育休が取れるかどうかは、女性にとってライフプランにも大きく関わる部分で、ここを重視して転職活動する人もたくさんいます。

ここでチェックしておきたいのは、

  • くるみん認定:厚生労働大臣認定の子育てサポート企業
  • プラチナくるみん認定:くるみん認定企業よりさらに高水準の企業
  • えるぼし認定:女性活躍推進を積極的に行う優良企業

です。

女性が働きやすいように産休育休制度があるだけでなく、女性が活躍しやすいような環境作りが行われているのは、ホワイト企業の特徴となっています。

教育制度が整っているため中途でも働きやすい

ホワイト企業では、新人教育制度や研修制度がきちんと整っており、中途採用の人も働きやすい環境作りがされています。

中途採用者に教育制度を設けるにはそれなりにコストがかかります。

しかしホワイト企業では、新人や中途採用者に長期的に活躍してほしいと考えており、教育制度にコストをかけています。

従業員のキャリアプランを真剣に考え教育に力をいれ、働きやすさを追及している会社がホワイト企業と言えるのです。

企業体制が透明化されている

企業体制が透明化されているのもホワイト企業の特徴です。

企業体制とは、事業内容だけでなく規模や経営状況などを指し、これを社員や外部の人に公にしている企業のほうがホワイト企業といえます。

現在どのような経営状況なのか、どのような子を事業として行っているのかを透明化しているため、社員だけでなく外部の人も情報を得られ安心できる企業だと言えます。

ホワイトといわれている業界の特徴

ホワイト企業の特徴を紹介しました。

ホワイト企業として人気の高い会社は、どれか一つだけというわけでなく複数の特徴に当てはまり、より従業員の働きやすさを追求しています。

そのような企業で働いている人は、働きやすくキャリア形成にも配慮がされているため、長く働きたくなるのです。

ただ残念ながらすべての業界でホワイトな環境というわけではなく、ブラックになりがちな業界も存在します。

転職するならホワイト企業を目指したいですが、探すのは簡単なことではありません。

そこで少しでも探しやすいように、ホワイトと言われている業界を紹介します。

参入障壁が高く市場が固定化されている

ホワイトな業界とされているのは、参入障壁が高いとされている業界です。

参入障壁とは、新たに他の企業がその業界に参入しても難しいということです。

新しい企業が参入するには難しいくらい法律が厳しいなどの理由で、参入障壁が高くなります。

参入障壁が高いということは新規参入がしづらいため、協業他社が生まれにくく安定した利益が期待できることになります。

利益が高く従業員に還元しやすいホワイト企業と言えるのです。

景気に左右されずに安定した利益を獲得している

景気に左右されない業界で安定した利益を獲得できるのも、ホワイト企業の特徴です。

たとえば鉄道・電力・ガス・通信などのインフラ業界は、社会の基盤となる事業を行っており景気にあまり左右されずに安定した利益を得られます。

また鉄道会社などは参入障壁も高いため、より安定して利益を確保できるのです。

BtoBのビジネスの基盤を持っている

BtoBのビジネス基盤を持っている業界も、待遇の良いホワイト業界と言われています。

BtoBとは、商品を企業に売るビジネスモデルのことを指します。

なかでも化学系業界は、転職倍率も低く待遇の良い企業が多くあるとされています。

化学系業界とは消費者の手に届く商品のもととなる素材を作り販売している業界です。

長年の研究成果と技術だけでなく、生産ラインを持たないと成功できない業過のため、参入障壁も高く比較的安定的な利益も期待できます。

このような理由から、BtoBのビジネス基盤を持つ業界も待遇の良いホワイト業界と言えるのです。

未経験からホワイト企業に転職は難易度が高い理由

ホワイト企業や業界の特徴を解説しましたが、未経験から人気の高いホワイト企業への転職難易度は高く決して簡単なことではありません。

経験者であっても簡単ではありませんが、未経験となるとその難しさはもっと上がります。

そこでここでは未経験からホワイト企業への転職の難易度が高い理由を解説します。この理由を理解し転職活動に役立ててください。

そもそも退職者が少ないので求人が出ない

そもそもホワイト企業は、待遇や給与・ワークライフバランスなど、さまざまな面で従業員の働きやすさを考えているため退職者が少ない傾向にあります。

退職者が少ないということは人材確保ができているため、求人を出す必要がありません。

転職したくても退職者が出ず求人が出ないため、転職の難易度が高くなるのです。

応募が殺到して経験者が優遇される傾向にある

求人があまり出ないと言いましたが、まったくでないわけではありません。

たまに出ることもありますが、ホワイト企業の求人には応募者が殺到することは容易に予想できます。

もちろん未経験者だけでなく職種経験者からの応募もあるでしょう。

そうなるとわざわざ未経験者を採用するよりも、経験者を採用したほうが企業側に取ってメリットがあるため、未経験者の転職は難しくなります。

たまに出る求人だからこそ応募が殺到し、未経験者にとって転職の難易度が上がってしまうのです。

未経験でもホワイト企業に転職する方法

未経験者はその求人の少なさから、ホワイト企業への転職は難しいと解説しました。

しかし絶対にできないというわけではありません。

少し狙う企業を変える・経験の棚卸しで転職に備えるだけで、転職に成功することもあります。

そこでここでは未経験でもホワイト企業に転職する方法を解説します。ぜひ転職活動の参考にしてください。

最初から大手企業を狙いすぎない

ホワイト企業と聞くと大手企業をイメージする人も多くいます。

もちろん大手企業の取り組みはテレビなどで取り上げられやすいため、目につきやすく転職する際に参考にする人もいるでしょう。

しかし大手企業というだけで求人倍率が高くなるため、未経験からの転職の難易度は高くなります。

ホワイト企業は大企業だけでなく、中小企業にもたくさんあります。

むしろ企業よりも業界を参考に探して転職活動をすると見つけやすくなります。

最初から人気の大手企業を狙うのではなく、中小企業などあまり競争率の高くない企業を選ぶのもの一つのポイントです。

ホワイト企業大賞にノミネートされているか

ホワイト企業大賞を参考に、ノミネートされている企業を選ぶのも良いでしょう。

ホワイト企業大賞とは、さまざまな評価のもと「社員の幸せと働きがい、社会への貢献を大切にしている企業」とし表彰する取り組みです。

これにノミネートされている企業は「社員の幸せと働きがい、社会への貢献を大切にする企業」であると認定されています。

大手企業だけでなく中小企業もノミネートされているため、自分では知らない会社を知る方法として有効な手段です。

まずはどのような会社があるのか情報を得る方法として利用をおすすめします。

現在の企業での経験を役立てられないかを模索してみる

転職する際には、現在いる企業で経験したことを役立てられないか模索してみてください。

未経験よりも少しでも経験があるほうが有利になります。

そのため役立つ経験をしていないか、じっくりスキルや経験の棚卸しをしてみてください。

経験が生かせる職種・業界はどのようなものなのか、それを見極めることで、転職しやすくなります。

転職エージェントにホワイト企業の求人はないかヒアリング

転職エージェントにホワイト企業求人がないかを聞くのも良い方法でしょう。

転職エージェントはたくさんの求人が保有しており、ホワイト企業の求人も数多くあります。

自分では見つけられないような非公開求人を持っていることもあります。

今の自分のスキルや経験が該当するような求人を紹介してもらえるように、転職エージェントを活用するのもおすすめです。

未経験でもホワイト企業に転職したいなら細かい情報収集を

未経験でもホワイト企業へ転職したい人に向けて、その特徴と対策を紹介しました。

ホワイト企業は人気が高く未経験からの転職は簡単ではありません。

それでも少しでも従業員の働きやすさを追求した企業で働きたいという希望を大切にし、転職を成功させるために細かい情報収集をして対策を講じてください。

ホワイト業界に転職する・経験を活かせる職種にするなどだけでも転職成功率は大きく変わってきます。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件