仕事で成果が出ない!成果の出ない人の特徴と成果をだすための方法を解説

仕事で成果が出ない!成果の出ない人の特徴と成果をだすための方法を解説

自分では一所懸命努力していても、なかなか仕事で結果を出せず報われないと思っている人もいるのではないでしょうか。

小さなときから勉強やスポーツを通じて、さまざまな努力をしてきた経験は誰でも持っています。

しかし努力しているだけでは、ビジネスの場において思ったような成果を出せず悩みになってしまうこともあります。

そこでこの記事では、仕事で成果を出せない人に共通する特徴と成果を出すための方法を解説します。

仕事がわからないことだらけでつらい!自分を変える手段を徹底解説します

仕事で成果が出ない人に共通する特徴

「遅くまで残って努力しているのに成果が出ない」「自分では周りよりも努力しているのに成果が出ない」など、自分ではできる限りの努力をしているのに成果が出ないことに、焦りや不安に感じている人も少なくありません。

自分では努力しているつもりでも、なぜか成果が伴わないそんな人にはいくつかの共通点があることを知っていますか?

この共通点を知るだけでも、今後努力の仕方を変えられ仕事の成果に繋がるかもしれません。

そこでここでは、仕事で成果が出ない人に共通する特徴を解説します。

努力の方向性が間違っている

努力をしていても、その努力の方向性が違えばいくらしても成果にはつながりません。

時間ばかりかけて努力していても、質が悪い努力ばかりしていてはまったく意味がありません。

本人は頑張って努力していてもその方向性を間違えてしまっていると、仕事の成果に繋がらず会社にとっての利益にもなりません。

いくら歩いても日本からヨーロッパには行けない、そのくらい方向性が間違っていることもあります。

上司から求められていない努力

努力の方向性が間違っている場合、それは上司から求められていない努力をしていることもあります。

会社や上司が何を求めているのか、それを正しく把握できていないと、いくら本人が努力をしたと思っていてもそれは努力の方向性が間違っていることになってしまいます。

自己満足で完了してしまう努力

努力したことに自分自身が満足してしまっている場合もあります。

時間をかけてすることで、一定の満足感を生んでしまい努力した気持ちになってしまうと、努力のベクトルが違い思ったような成果が出せないことは珍しくありません。

時間ばかりかけて質の悪い努力をしていると、このような事態に陥ります。

そうなると自分では努力しているのに、なぜ成果が出ないのかという気持ちになるのです。

何となくで行動している

何となくで行動している人も、仕事の成果には繋がりにくいでしょう。

仕事は「わからないけど何となくやってみよう」の精神では、目的がないまま努力しているため失敗に繋がりやすくなります。

そのような人に「なにをしたか」を聞くと、「とりあえず一回やってみた」など曖昧な回答しか得られないことが良くあります。

ビジネスにおいて目的や考えを持たずに「とりあえず、何となくやってみよう」という気持ちで行動を起こし努力した気持ちになっている人は、いくら努力しても成果には繋がりにくくなります。

他責思考で自分のミスを認めるのが苦手

自分で犯したミスを他人のせいにするような他責思考の人も、仕事では成果が出しにくいでしょう。

「働いている環境が悪い」「取り扱う商材が悪い」など他責思考のネガティブな感情を持って仕事をしている人は、どのような状況になってもその思考は取り払えません。

そのため悪いところばっかりに目が行って愚痴ばかりになってしまい、たとえ良い環境でも成果を出せないのです。

仕事に対する理想が高すぎる

仕事に対する理想が高過ぎる人も、成果を出しづらくなります。

理想を持って仕事することは大切ですが、理想が高すぎると心身が疲れてしまい仕事の成果にたどり着かないのです。

また仕事に対して理想が高すぎる人は、完璧主義の傾向が強く1つの仕事に時間がかかってしまいます。

仕事には完璧も大切ですがスピード感も非常に重要で、スピード感を持って仕事をしないと結果に結びづらくなります。

また完璧にやったと思った時に失敗すると、心も折れやすくなってしまうのです。

完璧を求めすぎると結果だけでなく、会社からの評価が下がってしまうこともあります。

多角的な物事のとらえ方ができていない

仕事においてものごとを多角的に捉えて進める能力は非常に重要です。

多角的とは1つの目的に対してさまざまな考え方から達成するための方法を考えることで、成果を出せない人はこれができず1つの方法が見つかった時点で考えることをやめてしまいます。

これでは競合など他の要因が想定できておらず、失敗したときの打開策もないためそこで終わりになってしまうのです。

自分が導き出した1つの答え=正解としか考えられない人は、より多くの案を出せる人よりも仕事の成果が出せないのです。

自分の向き不向きを把握できていない

自分の向き不向きを正しく把握できていない人も、仕事の成果が出せません。

ずっと努力をしてきても成果が出せないこともありますが、それはその人に向いていてない可能性も大いにあります。

理想の自分が本当に合っているのか、それはわかりません。

なりたいとなれるは別物なのです。

これを理解しておらず、いつまでも不向きなことに対して努力をしていても、一向に成果に結びつかないのです。

仕事で成果が出ない人が成果をだすための方法

仕事で成果を出せない人の特徴を解説しました。

現在仕事で成果を出せないことに悩んでいる人は、どれかに当てはまるのではないでしょうか。

仕事で成果が出せないと、何のために仕事しているのか・何を頑張ればよいかなど、ネガティブな気持ちになってしまい、仕事に集中できずさらに結果が出せない悪循環になってしまう可能性があります。

この気持ちから脱出するためには、いち早く成果を出す必要があります。

そこでここでは、仕事で成果が出ない人が成果を出すためにできる方法を解説します。

上司や会社から評価される行動を振り返る

会社員にとって、成果をだすことは上司や会社からの評価に繋がります。

過去にどのような行動で評価してもらえたのか、それを振り返り良かった部分を自分で見つけてみてください。

もし自分が評価された経験がなければ、同僚や上司など評価されている人がどのような仕事の仕方をしているのか研究するだけでも、自分に必要なことが見えてくるはずです。

時間制限をつけて効率よく仕事をする

一つの仕事に時間をかけてしまっている人も、成果が出ないと解説しましたが、これに当てはまる人は時間制限を設けて効率よく仕事をこなすことを意識してみてください。

完璧主義・失敗を過剰に恐れてしまい準備に時間のかかっている人は、スピード感を持って仕事ができていません。

それでは1つの仕事に時間がかかりすぎてしまい、他の仕事をする時間が無くなってしまうため、1つの仕事に時間制限を設けて素早くこなせるような努力をしてみてください。

仕事で成果を出せる人=残業をたくさんしているとは限りません。

努力の質を高め効率よく仕事を回せるようになりましょう。

完璧に作業しようとせず都度確認を取る

完璧主義の人は、最初からすべてを完璧にしようとするあまり時間を取られてしまい成果を出しづらくしています。

すべてを最初から完璧にしようとするのではなく、上司やチームのメンバーに共有して確認を取って仕事を進めるようにしてみてください。

一人で会社を回しているわけではないため、自分だけで完璧に進めようとしても上手くいくことはほとんどありません。

それにかかわる人に都度確認しながら進めないと、取り返しのつかない失敗をすることもあります。

自分一人でやろうとせず、人と仕事をしている意識を持つようにしてください。

色んなことに挑戦してみる

不向きなことをしている人は、残念ですがどんなに努力しても成果が出せないことがあると解説しました。

不向きなことを続けていても、結果出せずネガティブになってしまうだけなので、自分には何があっているかを見極めるためにも、色々なことに挑戦することが大切です。

いろいろ試した中から自分に向いていることを見つけ、仕事にしてみると意外と結果がすぐに出ることもあります。

どんな努力をしても成果が出ないとなやんでいる場合は、転職も含め色々なことに挑戦してみることをおすすめします。

仕事に行かせるスキルを探してみる

仕事に活かせるスキルを習得するのも、成果を出せるようになる秘訣の一つです。

成果が出せないことの理由の一つに、知識不足やスキル不足があげられます。

これを解消するためには、成果に繋がるような知識を深めること・スキルを身に着けることが非常に重要です。

ここで注意が必要なのが、無駄な努力にならないように見極めることです。

まったく必要のない知識を学んでも成果には繋がりません。

どのような知識が成果に繋がるのか、成果の出ている人はどのような勉強をしているのかをしっかり把握し、知識を付けるための努力をしてみてください。

成果をだしている人の行動パターンを研究してみる

成果を出している人の行動パターンを県境して真似してみるのも、成果をいち早く出す方法の一つです。

成果を出している人の行動パターンを徹底的に研究し、どのような行動が成果に繋がっているのか、それを知りマネするだけでも成果が出ることがあります。

成果の出せない人の多くが、自分なりに努力をしているだけでそれが間違っているパターンが少なくありません。

まずは成果を出している人の行動パターンを真似して、そこから少しずつアレンジするようにしてみてください。

人間関係を見直してみる

人間関係を見直すことも大切です。人間関係が悪い職場にいるとそれだけで仕事に対するモチベーションが下がってしまいます。

自分にとってプラスに働く人間関係が築けていないと、仕事に集中できず成果にも繋がりにくいのです。

もし人間関係に悩みがあれば、まずはそこを見直して仕事に集中できる環境作りから始めてみてください。

自責思考を身に着ける

「成果が出ないのは職場のせい」など他責思考の人も、成果が出せません。

そのため他責思考ではなく、自責思考を身につけるようにしましょう。

自責思考とは、なぜこうなったのか原因は自分にあるのではないか?と考え、次の機会に反省を活かせる考え方です。

必要以上に自分を責めなくも良いですが、すぐに他人や環境などのせいにないで、まずは自分に原因があると考えるように思考を変えてみてください。

成果を出したいなら自分を見つめ直す時間を設けよう

仕事で成果が出せないとなやんでいる人もたくさんいます。成果が出せないのには、いくつもの理由がありあります。

成果が出ないことに悩んでいるのであれば、成果が出せない人の特徴で自分に当てはまるのはどれか把握し、それに対する対処法を試してみてください。

ただ向き不向きはあるので、一定期間努力しても成果が出ない場合は、不向きであると考え転職などの別の方向に目を向けてみてください。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件