JACリクルートメントに登録拒否される?断られる人の特徴と断られない方法を紹介

JACリクルートメントはハイクラスの求人を中心に取り扱う転職サイト・エージェントです。

これからJACリクルートメントの利用を検討している皆さんの中には、ハイクラス専門だから自分の経歴では登録を拒否されてしまうのではないかと不安に感じている方もいるでしょう。

結論、JACリクルートメントでは、登録自体を断られることはありません。

ただし一定の条件を満たしていないと、求人の紹介やサポートを断られてしまう可能性もあります。

そこで今回はJACリクルートメントで登録後に断られる人の特徴から、スムーズに利用開始するためのコツまで、徹底的に紹介していきます。

JACリクルートメントで登録を断られることはない

冒頭でも紹介した通り、JACリクルートメントでは、どの経歴を持っている人でも登録自体尾を断られることはありません。

日本で運営されている職業紹介サービスでは、職業安定法に定められている通り、バックグラウンドによってサービスの利用に制限を書けることはしません。

実際にJACリクルートメントでは登録自体は無料でできますし、誰でもネットから簡単にサービス利用申し込みはできるのです。

JACリクルートメントでは登録後に利用を断られることがある

JACリクルートメントでは利用登録自体は問題なくできるものの、登録後にコンサルタントから求人紹介やサポートを断られることがあります。

断わられるケースは、以下の通りです。

  • 条件が合わず紹介できる求人がない
  • サポート対象エリア外で対応出来ない
  • 専門的なスキルを持っていない
  • 年齢が若すぎる

以下で詳しく解説していきます。

条件が合わず紹介できる求人がない

JACリクルートメントで求人の紹介やサポートを断られるケースとして、みなさんの提示している転職条件とJACリクルートメントが紹介できる求人がマッチングせず、紹介できる求人がないことが挙げられます。

例えば皆さんの現在の年収が400万円なのに対して、希望年収が800万円で待遇のいい企業の求人を求めいる場合です。

JACリクルートメント側では、企業に対して優秀な人材を紹介して、転職成立後に紹介料を受け取る形で運営されています。

確実に条件に合わない人材を無理やり紹介したところで、企業からの信頼も失ってしまいますし、ただ転職者の皆さんに無駄な時間を過ごさせることになるのです。

双方のメリットにならないため、条件が合わない場合は登録後でも求人を紹介してもらえないこともあるのです。

サポート対象エリア外で対応出来ない

サポート対象エリア外で対応出来ない時も、登録後であっても求人の紹介がうけれられないこともあります。

都市部や地方の中核都市であれば、拠点もありますし紹介できる求人も多くあります。

しかし地方でも山間部やアクセスの悪いところでの求人紹介を依頼しようとすると、サポートできるエリアを超えてしまい、コンサルタントが綿密にサポートできない可能性があるのです。

サポート対象エリア外であることを理由に、転職を断られてしまうこともあるので、注意が必要です。

専門的なスキルを持っていない

専門的なスキルを持っていないときも、JACリクルートメントでは旧人の紹介を断られてしまう可能性があります。

JACリクルートメントでただ高年収を受け取っているだけではなく、通常の業務にプラスした専門的なスキルが必要になります。

専門的なスキルを持っていないと、転職活動で企業に売り込む武器がなくなってしまいます。

特に外資系で働きたいと言っているにもかかわらず、語学力を示す経験やスキルがないのは、求人紹介のしようがありません。

年齢が若すぎる

JACリクルートメントでは、年齢が若すぎても求人の紹介を受けられない可能性もあります。

まだ20代前半で登録しても、社会人経験が浅いのに加えて、企業が求めている年齢層の人材とは離れてしまいます。

管理職クラスや一定の社会人経験を積んでいる層を求めているケースが多いですから、紹介している企業マッチングしないがために求人紹介を断られてしまうことがあるのです。

JACリクルートメントで登録後に断られるときのパターン

JACリクルートメントで登録後に断られてしまう時には、下記の3つのパターンがあります。

登録後に電話面談を打診される

JACリクルートメントで登録後に利用を断られるパターンとして、登録後に電話面談を打診されることがあります。

利用登録後、今後の求人の紹介や転職の方向性を固めるために、担当のコンサルタントとの面談が必要になります。

一般的に登録後の面談は対面で行うことが多いのですが、登録時の情報から判断して求人の紹介が難しいとされた場合には、電話での面談を提案されるのです。

電話面談だと求人の紹介はおろか、今後の転職の方針を固めるのも難しくなってしまいます。

求人紹介のお断りメールが来る

面談後に求人紹介をお断りするメールが届くこともあります。

登録した情報や希望から判断して、求人の紹介を行うレベルに達していないと判断される場合、求人紹介をお断りするメールが来ることもあります。

登録後の転職サポートが遅い場合もある

求人を紹介されても、担当者からの転職サポートが遅くなるケースもあります。

JACリクルートメントに限った話ではありませんが、転職のコンサルタントは一人で同時並行で複数人の転職サポートを実施します。

もちろんいい企業に早く転職支援を行うことで、自分にも会社の成績にもつながっていきます。

コンサルタント側で支援する優先度を決めていきますので、登録後に求人を紹介してもらっても、転職サポートを後回しにされてしまうこともあるのです。

JACリクルートメントで確実に求人を紹介してもらうときのコツ

JACリクルートメントで確実に求人を紹介してもらうには、下記のコツもつかんでおきましょう。

  • 年収500万円以上になってから登録する
  • 求人数の多いエリアへの転職を希望する
  • 取扱い求人の多い職種で転職する
  • 20代後半になってから登録する
  • 在職中に利用登録をする
  • 希望条件と経験をマッチさせる
  • 職務経歴書は丁寧に記入する
  • 早く転職したいことをアピールする

以下で詳しく解説していきます。

年収500万円以上になってから登録する

JACリクルートメントで登録・求人紹介を断られないためには、年収500万円以上になってから登録することをおすすめします。

ハイクラスの転職サイトでは、求人の紹介をおこなうにあたっても、ある程度転職者の年収にも制限を設けています。

基本的に紹介されている求人のなかでも最も低い年収は最低限ないと、求人の紹介が難しくなってしまいますので、注意が必要です。

そのため最低でも年収500万円以上の求人を探すようにしましょう。

求人数の多いエリアへの転職を希望する

JACリクルートメントで確実に求人を紹介してもらうには、求人数の多いエリアへの転職を希望することも大切です。

基本的にどのサービスも全国の求人を取り扱っているとアピールしているものの、やはり都市部の方が企業数も多いですから求人数も相対的に増えていきます。

求人の多い首都圏や関西地方での転職を希望しておくと、求人の不足を理由に求人の紹介を断られる可能性が低くなります。

取扱い求人の多い職種で転職する

JACリクルートメントで求人の紹介を断られないためには、取扱い求人の多い職種で転職することも大切です。

JACリクルートメントが公式サイトで公開している転職決定者の職種では、下記の3つが特に多い職種として挙げられています。

  • 営業
  • 技術系
  • 管理部門・バックオフィス

つまり営業職、エンジニア関連、管理職として転職したい旨を伝えておくと、条件にあう求人を紹介してもらえる可能性が高くなります。

20代後半になってから登録する

JACリクルートメントで求人紹介を断られないためには、20代後半になってから登録することも大切です。

実際に公式から公表されている資料を確認してみると、JACリクルートメント経由で転職に成功している人は、20代後半から40代までの年齢幅に収まっています。

20代前半で登録して転職に成功している層は非常に少ないため、20代後半になってから登録することをおすすめします。

在職中に利用登録をする

JACリクルートメントを利用するときには、在職中に利用登録をすることも大切です。

離職してから転職サイトに登録すると、働いていた期間からブランクが生じてしまいます。

生じたブランクの期間を転職先の企業側に説明するのも大変ですし、企業側川の心証も悪くなってしまう可能性もあります。

またコンサルタントとしてもブランクのある人材を紹介できる求人がない場合、転職を断ることもあります。

希望条件と経験をマッチさせる

JACリクルートメントで求人紹介を断られないためには、みなさんが転職先に求める条件とこれまでの経験をマッチさせることも重要です。

経験がないのにも関わらず、求人を紹介してほしいと言っても、紹介できる求人がないために求人紹介を断られてしまうことになります。

希望条件と経験をマッチさせておくことで、コンサルタントも紹介できる求人をピックアップしやすくなります。

希望条件と経験をマッチさせることで紹介してもらえる求人の幅を広げることもできます。

職務経歴書は丁寧に記入する

JACリクルートメント登録時には、みなさんの所幾無経歴を記録する必要もあります。

職務経歴書を記入するときには、丁寧に作りこんでおくことをおすすめします。

コンサルタントは職務経歴書を参考に求人を紹介できるかを判断します。

どうせ口頭で簡単に説明すればいいと、適当に内容を書いているとせっかくいい経歴があっても紹介される求人の質が低くなってしまうこともあります。

早く転職したいことをアピールする

どうしても転職したい!という場合は、早く転職したいことをできるだけアピールしましょう。

コンサルタントも早く転職したと意欲的な転職者は、優先的にフォローしてくれる傾向にあります。

紹介できる求人が少ない状況でも、早く転職したいことをアピールすることで、転職できるように最大限動いてくれる可能性もあるのです。

JACリクルートメント以外の転職サイトも複数登録しよう

JACリクルートメントには一定レベルの年収と経験が求人紹介時には必要になりますので、中にはたまたま条件に合致しない方や、条件に合致していてもいい求人に出会えなかったという方もいることでしょう。

ハイクラス専門の転職サービスは数多くありますから、他の転職サイトも複数登録しておくことをおすすめします。

各転職サイトごとに転職サポートしてくれるコンサルタントは異なりますし、紹介してくれる求人も異なります。

JACリクルートメントでは紹介されなくても、他の転職サイトでは気になる求人が発見できる可能性もあるためです。

複数登録しておくことで、いつでも本命に切り替えることができるので、いちいち登録し直すタイムロスも軽減できます。

JACリクルートメント以外におすすめハイクラス転職サイト・エージェント

以下では、JACリクルートメント以外におすすめのハイクラス転職サイト・エージェントを紹介していきます。

ビズリーチ

ビズリーチ 画像

ビズリーチはスカウト型の転職サイト・エージェントです。

登録後に入力する職務経歴書の内容に沿って、ヘッドハンターや企業から定期的にスカウトを受け取れます。

中には採用意欲の高いプラチナスカウトを送信してくれることもあるため、自分にマッチングしている企業を受動的に探すことも可能です。

またプラチナスカウトを送信してくれた企業をチェックして、現在の自分の市場価値を確認できるので、他のハイクラス転職サイトを利用するときにも役立つでしょう。

有料会員登録をすると、利用できる幅も広くなりますので、本格的に使ってみたい方は検討してみてください。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト 画像

リクルートダイレクトスカウトは、大手転職サービス運営のリクルートが運営している、ハイクラス専門の転職サイト・エージェントです。

登録後に経歴を記入しておくだけでスカウトが送信されてきますので、自分で求人を検索しなくていいのも嬉しいですよね。

またヘッドハンターの指名制度もあるので、希望している業界に専門性のある担当者についてほしいときにも役立ちます。

時間をかけてじっくりと利用できるので、長期的にハイクラス転職をすすめていきたい方は、ぜひ利用を検討してみてください。

リクルートダイレクトスカウト詳細ページ

JACリクルートメントの特徴を踏まえて利用しよう

いかがでしたか?

JACリクルートメントは、登録自体を断られることはありませんが、登録後の求人紹介や転職サポートを断られてしまうことがあります。

求人紹介の条件や、コンサルタントに転職を応援したいと思ってもらえるような振る舞いを心がけていきましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件