法人営業は未経験でも転職できる?仕事内容から取得しておくべきスキルを解説

法人営業は未経験でも転職できる?仕事内容から取得しておくべきスキルを解説

未経験歓迎の法人営業の求人を見ると「自分にもできるかも」と、応募を意欲的に考える人もいます。

しかし応募前にどのような仕事なのか?転職するメリット・デメリットを知っておかないと、入社後にミスマッチを起こしてしまう可能性もあります。

そこでこの記事では、法人営業の仕事内容・なぜ未経験可能なのか、転職のメリット・デメリットなどを紹介します。

持っておくとよいスキルも紹介するので、入社前にぜひスキルを身に着けるのに役立ててください。

法人営業の仕事内容とは

法人営業とは、企業向けのBtoB営業のことを言います。法人営業という名前は知っていても、どのような業務を行っているのかまで知らないという人もいるのではないでしょうか。

法人営業は企業相手の営業を行うのが仕事で、ルート営業と呼ばれる既存顧客相手と、新しい取引先を開拓する新規開拓の2つがあります。

自社の看板を背負い代表として商品の魅力や特徴を伝え、購入してもらえるようにアプローチするのが仕事です。

ここでは法人営業の仕事内容を解説します。

新規開拓営業がメイン業務

法人営業のメイン業務は、企業や官公庁・病院などの法人・団体に向けての営業で、その多くが新規開拓営業となります。

新規開拓営業なので、それまで取引実績のない相手に電話でアポ取りし、実際に会って商品の魅力や特徴を伝え契約を取り付ける仕事となっています。

企業相手の法人営業なので、取り扱う金額も大きく即決というよりも、何度も商談を重ねて契約に結び付くことがほとんどです。

自社の商品を顧客にプレゼン

自社の商品を売るために、相手企業と会議や打ち合わせをして問題に感じていること・困っていることを聞き出します。

その情報をもとに、自社の商品の中で問題を解決する商品を提案し、どのような問題を解決するのか・誰にとって必要なのかなどのプレゼンをして、相手の購買意欲を誘います。

自社の商品の魅力や特徴だけでなく、なぜ顧客にとって必要なのかをうまく伝えられる資料作成スキルとプレゼンスキルが求められる仕事が法人営業です。

稀に既存営業も担当する

基本的には新規開拓営業ですが、稀に既存顧客に向けた営業を担当することもあります。

既存顧客相手の営業新規開拓とは全く別物で、すでに取引のある企業を定期的に訪問・連絡すること、自社商品購入後の成果を分析・評価・改善案の提案・新商品の紹介や営業がメイン業務となります。

新規開拓営業とは全く仕事内容が違うため、必要なスキル・向いている人も変わってきます。

複数人体制で営業を行うことも

BtoCと言われる個人向け営業は一人で営業を行っていますが、法人営業では1つの企業に対して複数の営業でチームを組んで営業を行うこともあります。

複数人で営業すると、皆で営業先の問題や解決を共有でき問題が起きたときに早期に対応できること、さらには他のチームメンバーの慎重を確認できるので、モチベーションを高く保てるなどのメリットがあります。

会社によって複数で営業を行う場合、個人で行う場合があります。

法人営業は未経験でも転職できる3つの理由

法人営業の業務は、個人向け営業の仕事とは異なり企業向けた営業を行います。

法人営業は求人を見かけることも多く、未経験歓迎している会社も少なくありません。

なぜ未経験でも転職できるのか、疑問に思う人もいるのではないでしょうか。未経験でも転職できる3つあります。ここでは、法人営業に未経験から転職できる3つの理由を紹介します。

企業内で未経験でも活躍できるサポート体制が整っている

法人営業を募集している会社の中には、企業内で未経験でも活躍できるようにサポート体制を整えているため、転職可能となっています。

未経験採用していない場合、教育システムが整っておらず未経験で入社してきて活躍しようと思っても、業務を教えてもらえずなかなか業務を覚えられないこともあります。

しかし法人営業では、まずは先輩に同行して仕事を覚えるなど、サポート体制ができているので、未経験でも安心して仕事を覚えていけるのです。

どの企業でも営業職の採用を強化している

企業にとって自社の商品やサービス売る営業の仕事は必要不可欠です。

そのため営業職の採用を強化していることが多くあります、営業の数が多ければそれだけ多くの企業や団体に営業をかけられ、取引先を増やせる可能性が増えます。

特別な知識やスキルのいる営業以外、未経験でも採用をして人材育成し人材を育てることは、会社にとってメリットなのです。

経験を積めば活躍できる機会が生まれる

未経験でも法人営業に転職できるのは、最初に必要なスキルを求められることがなく、それでも経験次第で活躍できる機会が生まれるからです。

スキルな必要な仕事は、資格取得しておくことが条件になってしまいます。

しかし法人営業にスキルを必要としていることは少ないため、未経験でも応募ができさらに、経験や頑張り次第では普通の人がトップセールスマンになれる可能性もあります。

誰にでも平等な状態で仕事を始められるため、未経験でも転職できるのです。

法人営業に未経験で転職するメリット

法人営業は、未経験でもOKの求人が多くサポート体制を整えているため、頑張りと経験次第では未経験者でも活躍できる仕事です。

法人営業は個人営業とは違い企業を相手にするため、取り扱う金額が大きく会社に利益をもたらしていると実感を持ちやすい仕事です。

これ以外にも法人営業に転職するメリットがあります。

ここでは未経験から法人営業に転職するメリットを解説します。

他の職種よりもスキルを獲得しやすい

法人営業では、業務を通してさまざまなスキルが身につきます。

これは働く人にとって大きなメリットで、法人営業で培ったスキルを活かしてキャリアアップも目指せます。

法人営業では最初に特別な能力を求められることはありません。

しかし法人営業を続けていくためには、コミュニケーション能力はもちろん、資料作成スキル・傾聴力・プレゼン力など働くうえでどの仕事にも必要なスキルが必要となります。

法人営業時代は意識していなくても、実はかなりスキルが身についていたという人もいます。

このようなスキルを活かして別の仕事や独立も目指せるのは、未経験から転職する大きなメリットです。

成果によっては給与UPにつながる

法人営業には、契約が取れるとインセンティブを用意している会社もたくさんあります。

そのため頑張って契約を取れば給与がアップし、未経験でも高収入を期待できるのもメリットです。

年功序列の仕事では、実力があっても経験年数が少ないと給与アップはもちろん、昇給もしづらい環境で働かなければいけません。

その点法人営業は、実力社会のため成果を上げれば経験年数に関係なく給与アップや昇給も叶います。

そのため未経験で入社しても活躍し役職をもらえることもあり、これをモチベーションに頑張っている人もたくさんいます。

人脈を形成しやすい

法人営業は企業相手に仕事をするため、普通では会えないような経営者や役職者と会い商談を進めることになります。

そのため仕事を続けていると、自然と経営者や会社役員との人脈が形成されるのもメリットです。

このような人脈は次の取引先に繋がることはもちろん、自分が独立したいと思った時にアドバイスがもらえるなど、人生に大きく関わることもあります。

これは企業を相手にする仕事ならではのメリットと言えるでしょう。

法人営業に未経験で転職するデメリット

方品営業に転職するメリットは、業務に関するスキルが自然と身につくだけでなく、頑張り次第で給与アップや昇給も目指せる・人脈が広がるなどがあります。

もちろん働くことでもっと別のメリットを感じることもあるでしょう。ただメリットばかりではなく、デメリットともいえる辛さ・キツさも存在します。

ネガティブな気持ちになってしまいそうですが、デメリットを事前に頭に入れておくことで、実際仕事を始める前に心の準備もできます。

ぜひデメリットも気にしておいてください。

売り上げの数字で評価される

営業にとって売上数字がすべてと言っても過言ではありません。そのため評価も売上の数字が大きく関係してきます。

いくら売る努力をしていても、結果が付いてこなければ評価は上がりません。

逆に努力していなくても売上を上げていれば、給与アップなど高い評価を得られます。

完全実力主義だからこそ感じるプレッシャーの中で働くことは、デメリットといえます。

新規顧客開拓の段階で断られることが多くなる

基本法人営業は新規顧客開拓ですので、最初の電話で断られることがほとんどです。

新規顧客開拓では、商品の案内を兼ねてアポ取り電話から始まります。ほとんどの会社その段階で断り、中には営業とわかった時点でガチャ切りされることも珍しくありません。

毎日電話をしていてもこのような状態だと、精神的な負担が大きく疲れてしまう人もたくさんいます。

これは営業職なら味わうデメリットで、大きなデメリットです。

このような精神的な負担が大きい仕事だというのは、理解しておく必要があります。

他の営業社員とのライバル関係が生まれる

営業にとって同期・同僚は、一緒に頑張る同士ではなくライバルだというのもデメリットの一つです。

決して同僚との関係が良いとは言えない中で働く可能性もあります。

契約が取れて初めて評価される仕事なので、自分のことでいっぱいいっぱいになりがちで、また比べられてしまうこともあるため同僚にライバル意識を持ってしまっても不思議ではありません。

何でも相談しながら一緒に同期と頑張りたい!そんな気持ちでは心が折れてしまう仕事です。

営業に向いている人の特徴・共通点12選!自己適性チェックに活用しよう

法人営業に未経験から転職するときに持っておくべきスキル

法人営業は未経験からでも頑張り次第で活躍できる仕事だと解説しましたが、少しでも業務にスムーズに入れるように持っておくべきスキルがあります。

特別なスキルではなく、誰でもすぐに取り掛かりやすいため、入社までに勉強しておくことをおすすめします。

ここでは法人営業に未経験から転職するときに持っておくべきスキルを紹介します。

初対面の人とも何なく話せるコミュニケーション能力

営業にとって初対面の人とも話せるコミュニケーション能力は、必要不可欠です。

特に新規顧客開拓がメインの法人営業では、ほとんどの人が初めて会う人です。

そんな中でも相手にリラックスしてもらい、話やすい雰囲気を作れる人のほうが営業として成功しやすくなります。

まずは初対面の人とスムーズに話せるコミュニケーション能力を身につけましょう。

相手から好感を得るためのリサーチ力

営業する相手から商品に対して好感を得られるように、相手が何を必要としているのかリサーチできる能力も身につけておくとよいでしょう。

相手の話を聞き出せるヒアリング力とともに、リサーチする力を持っておくと、より相手に話を聞いてもらいやすくなり好感を得られやすくなります。

このような相手を知るためのリサーチ力も身に着けておきましょう。

論理的に考えられる思考力

法人営業では、論理的思考力がとても大切です。企業を納得させ契約に結びつけるには、なぜこの商品が相手企業にとって必要なのか、導入するメリットは?など具体的にプレゼンしなくてはいけません。

そのため論理立てて説明しなくてはいけません。

このような能力は業務を通じて身につくものでもありますが、事前に論理的な思考でものごとを考えられるようにしておくと、よりスムーズに業務入れます。

法人営業に未経験転職するのに役立つ転職サイト・エージェント

法人営業に未経験から転職する際には、転職サイト・エージェント活用がおすすめです。

転職サイトやエージェントを活用すれば、未経験OKの求人紹介を受けられるだけでなく、転職に関するサポートも受けられます。

たくさんある転職サイトの中からより自分に合うものを見つけるために、ここでは法人営業に未経験転職するのに役立つ転職サイト・エージェントを紹介します。

doda

dodaは、転職サイトとエージェントの両方を運営しています。

未経験歓迎の求人数も多く、優良企業の求人保有でも評価を得ています。

また職場環境や休日など条件から求人検索もできる多面、希望に合わせた求人を見つけやすいのも特徴です。

転職エージェントでは、求人紹介だけでなく転職に関する様々なサポートをしているので、未経験転職に不安のある人でも安心です。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、専任のスタッフがついて転職をサポートと高いマッチング力でスムーズな転職が叶うのが魅力です。

保有求人数は、7万件を超えており未経験OKの法人営業求人も数多く保有しています。

初めてでも安心の転職サイト・エージェントの一つで登録しておくのがおすすめです。

法人営業への未経験転職のメリット・デメリットをしっかりと把握しよう

法人営業への未経験転職に決して難しいことはありませんが、メリット・デメリットはあります。

どちらも必ず目を通し、事前に心構えをしておくと入社後のミスマッチを防げます。

気になったら法人営業に必要なスキルを身に着け、活躍できるように努力してみてください。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件