ゴミ収集員の年収ってどれぐらい?ゴミ収集員の年収と年収を高める方法をご紹介

ゴミ収集員の年収ってどれぐらい?ゴミ収集員の年収と年収を高める方法をご紹介

家庭や企業ででたゴミを収集する仕事として、「ゴミ収集員」があります。

ゴミ収集員は「3K(きつい、汚い、危険)」と言われることのある仕事で、肉体労働が求められます。

そんなゴミ収集員の「年収ってどれぐらいなんだろう?」と気になることがあるのではないでしょうか?

この記事では、ゴミ収集員の年収について解説します。

ゴミ収集員として年収を高くする方法や、ゴミ収集員のなり方などもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

20代におすすめ転職サイト ・エージェント比較ランキング! 【2022年版】

当サイトで人気の転職サイト
初めての転職ならdoda!求人数No.1の転職サイト
doda doda
公開求人数 40,000件以上
非公開求人 80%以上
対象エリア 全国
おすすめタイプ 着実なキャリアアップ

\はじめての転職ならココ!圧倒的求人数/

公式サイトはこちら

ゴミ収集員の年収はいくら?

ゴミ収集員の年収

ゴミ収集員は大きく「民間業者」と「公務員」に分けられます。

それぞれ仕事内容に変わりはないのですが、年収には違いがあります。

ゴミ収集員の年収は下記の通りです。

  • 民間業者:300万円〜350万円
  • 公務員:550万円〜600万円

このように、ゴミ収集員でも勤先によって大きく年収が異なるため、「ゴミ収集員の年収=〇〇万円」と伝えることは難しいです。

それぞれの年収について詳しくご紹介します。

民間企業のゴミ収集員の年収

ゴミ収集員 民間

民間企業のゴミ収集員の年収は、300万円〜350万円と言われています。

日本の平均年収は約430万円なので、日本の平均を下回っています。

20代では平均以下の年収しか得ることができず、30代で平均年収、40代で平均年収以上を得られるようになります。

「こんなにも年収が低いのか…」と思われたかもしれませんが、年収1,000万円以上を目指すことも可能です。

ゴミ収集員に関する資格である「特別管理産業廃棄物管理責任者」や「廃棄物処理施設技術管理者」などを取得していると、高収入を目指せる可能性があります。

民間企業のゴミ収集員は年収が低いですが、常に求人が募集しているので、目指しやすいです。

公務員のゴミ収集員の年収

公務員 ごみ収集

公務員のゴミ収集員の年収は、550万円〜600万円と言われています。

公務員では、「ゴミ収集員」という職種で採用されるのではなく、「技能労務員」と言われることが多いです。

自治体によっては「現業者・技能者・作業職」などと言われることもあり、技能労務員の試験に受けることで、公務員のゴミ収集員になれます。

技能労務員でも公務員には変わりないので、年功序列制度で、勤続年数が増えれば増えるほど、高収入を得られるようになります。

しかし、技能労務員に「課長・部長」といった管理職は存在しないので、年収1,000万円以上を目指すことは難しいです。

ゴミ収集員の年収が低い理由

上記でお伝えした通り、ゴミ収集員の年収はそれほど高くありません。

公務員のゴミ収集員は日本の平均を上回っていますが、公務員の中ではそれほど高い年収を得られるわけではないです。

そこで、ゴミ収集員の年収が低い理由として考えられるものをいくつかご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

ルーティンワークなため

ゴミ収集員の仕事内容は、決められた時間に決められたルートにあるゴミを収集することです。

ゴミを収集する以外のことはしないので、ほとんどがルーティンワークになります。

ルーティンワークは「自分で考えて行動する」という機会が少ないので、年収が低いと考えることができます。ルーティンワークである

「事務職・工場作業員・データ入力」などの仕事は、年収が低い傾向にあります。

また、企業にとってルーティンワークは、「誰でもできる仕事」と認識されることが多いので、年収が高くなりにくいと考えられます。

ゴミ収集員が「誰でもできる仕事」というわけではないのですが、そのように認識している企業は多いです。

学歴が問われないため

民間企業でも公務員でも、ゴミ収集員は学歴が問われません。

民間企業では、ゴミ収集員として働く体力があれば、高確率で採用されます。

公務員では、試験を受ける必要がありますが、難易度はとても低いです。

行政職に対して実施される公務員試験とは異なり、足し算や引き算ができれば、試験に合格できます。

このようにゴミ収集員では、学歴が問われないので、年収が低いと考えられます。

仕事に就くまでにしっかりと勉強する必要がある「薬剤師・医者」などは、年収が高い傾向にあります。

企業は学歴に対して年収を支払うことが多いので、学歴が問われないゴミ収集員は年収が高くなりにくいです。

当サイトで人気の転職サイト
初めての転職ならdoda!求人数No.1の転職サイト
doda doda
公開求人数 40,000件以上
非公開求人 80%以上
対象エリア 全国
おすすめタイプ 着実なキャリアアップ

\はじめての転職ならココ!圧倒的求人数/

公式サイトはこちら

ゴミ収集員で年収を高くする方法

ゴミ収集員の年収はそれほど高くないので、「もっと年収を高くしたい」と考えている方は多いと思います。

上記でお伝えした通り、ゴミ収集員は年収1,000万円以上を目指すことができる仕事なので、ゴミ収集員で年収を高くする方法をいくつかご紹介します。

キャリアプランによって最適な方法が異なるので、自身のキャリアプランをイメージしながら参考にしてみてください。

1つの企業に勤務し続ける

民間企業・公務員、どちらのゴミ収集員でも、勤務し続けることが大切です。

特に、公務員のゴミ収集員では、勤続年数によって年収が高くなるので、勤務すればするほど年収が高くなります。

また、ゴミ収集員として経験を積むことで、キャリアアップできることがあります。

民間企業のゴミ収集員では、「課長・部長」といった役職が設けられていることが多いので、勤務し続けることで立場が高くなり、年収も高くなると考えられます。

今の年収に不満を抱いているかもしれませんが、勤務し続ければ年収は高くなります。

運転免許を取得する

ゴミ収集員は、ゴミ収集車・パッカー車などの車両を使ってゴミを収集するので、運転免許を取得することで年収を高められます。

運転免許がなければ、常にサブポジションでしか仕事ができないので、年収が高くなりません。

ただし、「普通運転免許」では、ゴミ収集車・パッカー車などの車両を運転できないです。

2017年3月11日以降より、免許改正が実施されて、普通運転免許では「2トン車」が運転できないようになりました。

2トン車を運転するには、「準中型免許」を取得しなければいけません。

普通運転免許を取得している場合は、1カ月〜2カ月程度で準中型免許を取得できるので、年収を高めたい方は目指してみてください。

公務員のゴミ収集員を目指す

上記でお伝えした通り、ゴミ収集員でも民間企業より公務員の方が高い年収を得られます。

そのため、民間企業に勤務している方は公務員へ転職することで年収を高くすることが可能です。

民間企業でも公務員でも、ゴミ収集員として仕事内容は大きく変わらないので、転職してもすぐに慣れることができます。

ただし、国は公務員のゴミ収集員を減らす計画をしていて、年々技能労務員の募集は少なくなっています。

募集人数は少ないにも関わらず、公務員のゴミ収集員を目指す方は多いので、とても倍率が高いです。

簡単に転職できるわけではないので、民間企業に勤務しながら、公務員への転職を目指すことをおすすめします。

公務員のゴミ収集員になるには?

公務員のゴミ収集員になるには、「公務員試験」に合格する必要があります。

上記でお伝えした通り、技能労務員の試験は難易度が低いので、ある程度勉強していれば、合格できます。ただし、準中型免許が必要になります。

準中型免許がなければ、一般的なゴミ収集車・パッカー車を運転できないので、免許の取得を応募資格として定めている市町村が多いです。

市町村によっては「中型免許」が応募資格になっている場合もあるので、応募要項をしっかりと確認するようにしてください。

技能労務員の試験では、学歴は問われないので、定められている免許を取得している方であれば、公務員のゴミ収集員を目指すことが可能です。

未経験でも転職できる年収の高い仕事

ゴミ収集員は「3K(きつい、汚い、危険)」と言われることのある仕事で、決して楽な仕事ではないのですが、年収は日本の平均よりも低いです。

そこで、未経験でも転職できる年収の高い仕事をいくつかご紹介します。

ゴミ収集員として働くことにこだわりがない方は、下記の仕事への転職を考えてみてください。

IT関連の仕事

IT関連の仕事とは、システムエンジニアやプログラマーなどを指します。

近年、IT業界は成長を続けていて、事業を拡大している企業が増えています。

ただし、人手不足を抱えている企業が多く、システムエンジニアやプログラマーの需要が高くなっているので、未経験でもゴミ収集員以上の年収を得ることができます。

IT関連の仕事では、ある程度の知識を身に付ける必要がありますが、経験は問われないことが多く、実績を残せば20代〜30代でも年収1,000万円以上を目指すことが可能です。

IT関連の仕事は、これからも需要が高まり続けると言われているので、ゴミ収集員の年収に不満を抱いている方におすすめの仕事です。

WEB業界の売上高・年収ランキング!ランキングに入っている企業に転職できる?

エンジニア・WEB業界人気の転職サイト
口コミ人気NO1!IT・WEB業界に強い転職エージェント
レバテックキャリア レバテックキャリア
公開求人数 1,000件以上
非公開求人 10,000件
対象エリア 関東・関西・福岡
おすすめタイプ 20代~30代のITエンジニア

公式サイトはこちら

不動産営業

不動産営業は未経験でも転職でき、ゴミ収集員以上の年収を得られる仕事です。

不動産営業では、「経験よりも結果」という評価方法を用いている企業が多いので、未経験者でも転職しやすく、高収入を目指しやすくなります。

また、インセンティブ制度を設けている企業が多いので、結果次第では年収1,000万円以上を目指すことが可能です。

営業職は転職市場で最も求人数が多いため、自分に合った求人を見つけやすい傾向があります。

コミュニケーション能力の高い人や、結果で評価されたい方には、不動産営業がおすすめです。

当サイトで人気の転職サイト
初めての転職ならdoda!求人数No.1の転職サイト
doda doda
公開求人数 40,000件以上
非公開求人 80%以上
対象エリア 全国
おすすめタイプ 着実なキャリアアップ

\はじめての転職ならココ!圧倒的求人数/

公式サイトはこちら

ゴミ収集員の年収は勤先によって異なる

この記事では、ゴミ収集員の年収についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

ゴミ収集員の年収は「民間企業:300万円〜350万円」、「公務員:550万円〜600万円」となっていて、大きく年収に差があります。

主な仕事内容に違いはないのですが、年収は250万円以上の差があるので、ゴミ収集員として高収入を得たい方は公務員を目指すと良いです。

しかし、ゴミ収集員は「3K」と言われることのある仕事なので、年収を高くしたいと考える方は、「IT関連の仕事・不動産営業」への転職をおすすめします。

ゴミ収集員で高収入を得ることは難しいので、未経験でも転職でき、高収入を得られる仕事を目指してみてはいかがでしょうか。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件